2017年09月25日

鶏白湯が人気の「ゴチソウラーメン 雷電」が提供する至極のあっさり中華そば

加茂市の「雷電」へと行ってきました。

raiden_201709_1.jpg


今回はホットペッパーが運営する「メシ通」の取材で伺いました。

メシ通掲載の記事はこちら

メシ通では、こちらのお店の一番のウリである鶏白湯に主眼をおいた記事を掲載させてもらいました。


ただ、今回の食レポで個人的に一番の収穫は、初めて食べるこちらの一杯の美味しさを知れた事でした。

中華そば

raiden_201709_2.jpg

raiden_201709_3.jpg


あっさりながらも深い味わいのスープが最高に美味しいです!

しっかりとしたボディ感の動物系清湯に加わる、醤油の風味、旨味。
表面の油は香味油と聞いていましたが、動物系の油も浮いているのでしょうか?
スープ由来か脂由来なのか、香り、風味の良さだけでなく、一口目のコク深さが印象的でした。

麺は加水率の高い中細麺です。
モチモチと弾力感のあるタイプで、深みあるスープを適度に持ち上げ、スープとマッチしつつ、麺自体もしっかりと主張しています。

とても美味しい一杯でした手(チョキ)


もう一杯はこちら

京都ネギバカ醤油らーめん

raiden_201709_4.jpg

raiden_201709_5.jpg


たっぷりとのった九条葱が迫力抜群です!

スープは、あっさり系の醤油清湯で、適度に背脂が浮いています。

ネギは、新潟でよく食べられている普通のネギとは違い、辛味などもないので、これだけの量が入っても食べやすく、最後まで美味しく頂けます。

といっても、この量が入れば、スープに浸かる事で、徐々にスープに味の変化が加わっていきます。


お好みで醤油ダレをプラスし、味を濃くして食べる事も可能です。

raiden_201709_6.jpg


タイトルにもある様に京都のラーメンをイメージして作られた一杯だと思いますが、あちらで食べたものは醤油風味が強い事もあり、ネギによる味の変化はそれ程感じなかった記憶があります。
ただ、あまりに醤油が濃いとしょっぱ過ぎて、さっぱり食べやすいラーメンの多いこちらの地域には合わない可能性もあります。
そうした意味では、デフォルトを適度な醤油感にしつつ、お好みでガツンとした醤油風味を楽しめるこちらの一杯は土地柄にあった優しいスタイルなのかなと思いました。



定番の鶏白湯醤油

raiden_201709_7.jpg

raiden_201709_8.jpg


濃厚な鶏白湯に加わる醤油ダレの風味。

鶏由来のコラーゲンによるネットリとした粘度の高さ。
しっかりと旨味が抽出され深みのあるコクを実現した濃度の高さ。

麺はそうしたスープをしっかりと持ち上げる低加水のストレート細麺でした。

新潟の鶏白湯の先駆者ともいわれるこちらのお店が提供する一杯は、とても美味しかったでするんるん


サイドメニューのヤキメシ55号(400円税抜)

raiden_201709_9.jpg

熱々の状態でやってきて、自分でもんじゃ焼きの際に使うようなヘラで生卵を混ぜて加熱しながら食べます。

ヤキメシという品名と京都ネギバカラーメンを提供している事から、醤油食がガッツリと出たものを想像していましたが、予想とはまた違った美味しい一品でした。
機会があれば是非お試し下さい。


ゴチソウラーメン 雷電の詳細
posted by BBSHIN at 08:40| Comment(0) | 加茂市

2017年09月23日

おこじょのオンリーワンな一杯「純のどぐろ」

新潟市西区の「おこじょ」へと行ってきました。

okojo_201709_1.jpg


今回の目的はPRコーナーで掲載していたのどぐろラーメンです。

のどぐろラーメンのPR情報

純のどぐろ

okojo_201709_2.jpg

okojo_201709_3.jpg


スープはかなりの魚介感です。
白濁系のスープには、のどぐろの味で染まっており、正に「鮮魚系白湯」という仕上がりです。

鮮魚系白湯というと、魚の出汁だけでなく、魚の油もコラーゲン質と共にスープに溶け込む形となるなるので、かなり魚臭そうなイメージですが、こちらのスープは強い出汁感の割に嫌な臭みがほとんどありません。

適度な濃度の動物系白湯と共にのどぐろをガッツリと煮込み、動物系と魚介系をうまく共存させた様なスープです。
魚には油とコラーゲンがあり、特にのどぐろのな脂がのった魚は、それのみでもぐつぐつと煮込めば白湯となるのですが、それだけではどうにもボディが弱く、また、しっかりと下処理をしたとしても魚特有の臭いが際立つ事が多かったりします。
そうした中、こちらの一杯は、しっかりとしたベースがありつつ、のどぐろ風味をガツンと前に出ており、バランスが秀逸だと思います。

麺はバッツリ系食感のストレート中細麺でした。
以前食べたメニューのものよりも、固めで歯切れの良いものになっていた気がします。


お好みでスダチを絞る事で、味に変化を加える事が出来ます。

okojo_201709_4.jpg


+200円の「のどぐろ用お茶漬け」を注文しました。

okojo_201709_5.jpg


残ったスープをかけて食べると、とても美味しかったですね。


茶漬けとして食べると自然と完食となります。

okojo_201709_6.jpg


さすがの美味しさでした手(パー)
東京で食べた鮮魚系白湯の名店のものよりも完成度が高いと感じました。


もう一杯はこちら

青森風煮干し中華チャーシュー

okojo_201709_7.jpg

okojo_201709_8.jpg

以前きた時は限定メニューとして提供していましたが、レギュラーに昇格した様です。
(かわりにつけ麺と生揚げ醤油ラーメンがなくなっていました)


チャーシュー麺にすると、豪快な骨付きの肉がのってきます。

okojo_201709_9.jpg


レアチャーシューと鶏チャーシュー

okojo_201709_10.jpg


スープは、煮干出汁がガッツリと効いていました。

苦味などを抑えつつも、たっぷりの煮干しを丸ごと詰め込んだ様なインパクトある飲み応えとなっています。

麺はバツバツとしたストレート中細麺でした。

こちらもとても美味しかったです。


唐揚げ2個(200円)

okojo_201709_11.jpg


純のどぐろ、煮干し中華ともに、新潟では他で食べられないスタイルかと思います。

機会があれば是非お試し下さい。


おこじょの詳細
posted by BBSHIN at 20:33| Comment(0) | 新潟市西区