2018年05月20日

きどりらーめん 醤油味の濃厚鶏白湯「次男むらさき」

新潟市東区の「きどりらーめん」へと行ってきました。

kidori_201805_1.jpg


5年ぶりにお店に訪れると、長男、次男、紅と名付けられた3つの鶏白湯というメニュー構成となっていました。

まずは当時はなかった品から

次男むらさき

kidori_201805_2.jpg

kidori_201805_3.jpg


濃厚な鶏白湯スープに醤油味という一品です。

元々臭みはそれ程ないスープに、醤油が風味付ける事でより食べやすくなっているかなと思いました。

トッピングとしては、鶏チャーシューに加え、ラーメンには珍しい、おかひじき、はじかみといった品がのっていました。



続いてはこちら

長女 紅

kidori_201805_4.jpg


長男が白味噌ベースなのに対し、こちらは赤味噌となっており、いかにも味噌鶏白湯な仕上がりです。

濃厚味噌が食べたいという方にお勧めですね。


そして定番のこちら

長男きどりらーめん

kidori_201805_5.jpg


前述の通り、白味噌という事で、「いかにも味噌ラーメン」という味にはなっていません。
風味を加えつつ、鶏白湯の味を殺さず鶏風味も楽しめるバランスになっているかと思います。
逆にモロに鶏っぽいスープが苦手な人は長女の方が食べやすいかもしれませんね。


各種調味料を用い味の変化が可能です。

kidori_201805_6.jpg

生姜パウダー、カレーパウダー、ガーリックパウダー、七味唐辛子、胡椒、醤油ダレ、味噌ダレ、ラー油が置いてありました。


味噌ダレ

kidori_201805_7.jpg


シメにご飯を注文し、残ったスープ具材を投入し雑炊としても良いでしょう。

kidori_201805_8.jpg


トーストもあります。

kidori_201805_9.jpg


濃厚スープとトーストというのは面白い組み合わせですね。

各種調味料、ライス、トーストなどをうまく使い、飽きる事なく最後まで美味しく頂ける構成となっています。


きどりらーめんの詳細
posted by BBSHIN at 09:17| Comment(0) | 新潟市東区

2018年05月19日

拉麺 蓮華 背油入り醤油スープとクリーミーな坦々麺

竹尾インター近く、はなみずきの「拉麺 蓮華」へと行ってきました。

renge_1.jpg


場所は麺五郎があった場所です。


注文したのはこちら

醤油ラーメン

renge_2.jpg


新潟市に多いタイプの背油正油スープの一杯です。


スープ

renge_4.jpg


たっぷりの背油でコッテリに見えますが、スープ自体はあっさりめです。
こうしたスタイルのラーメンでは、魚介系出汁がハッキリしていたり、強い旨味が加えられている事が多いですが、そうした部分は比較的穏やかな仕上がりになっていたかと思います。


麺は多加水でツルツルモッチリの太麺でした。

renge_3.jpg


チャーシュー、モヤシ、タマネギなどがのっており、それらに背脂醤油スープを絡めて食べると美味しかったですね。


担々麺

renge_5.jpg


クリーミーなゴマ風味が効いたスープに程よい辛味のラー油が多めに浮いています。

醤油ラーメンには無い独特な苦味が印象的でした。
苦味は、胡麻のまろやか感を打ち消すレベルで、こうしたバランスの担々スープを飲むのは初めてでした。


ミニチャーシュー丼(120円)

renge_6.jpg


担々麺と合わせるライスがわりにこちらを注文しました。

ライス100円というお店も多い中、このミニチャーシュー丼120円はかなりお得価格かなと。


拉麺 蓮華の詳細
posted by BBSHIN at 02:06| Comment(0) | 新潟市東区