2016年12月05日

おこじょ 熱々のラードが浮いた「札幌MISO」、濃厚魚介系つけ麺、生揚げ醤油

新潟市西区に、今年9月オープンの「おこじょ」へと行ってきました。

okojo_1.jpg


場所は、赤なおじみそらがあった場所です。


以前は、カウンター席とテーブル席という構成でしたが、改装されテーブル席が小上がり席へと変わっていました。

okojo_2.jpg


お子様椅子などもあり、子連れの方なども行きやすくなったのではないでしょうか。


注文し待っていると、他のお客さん達から歓声が上がっていました。

okojo_3.jpg


見てみると、厨房の中で火柱が上がっていますあせあせ(飛び散る汗)


私が注文したラーメンが調理されていた様です。

程なくやってきた一杯がこちら

札幌MISO

okojo_4.jpg

okojo_5.jpg


凄まじいまでに熱々の油がたっぷりと浮いています。
ファイアーは伊達ではありませんね手(パー)

スープは、かなり濃い味噌風味が印象的です。
熱々の油のインパクトに加え、香ばしさもあります。

麺はつけ麺でも使われそうなガッシリ太麺です。
熱々かつ濃厚なスープの迫力に負けない力強さを持った麺ですね。

チャーシューはレア系の豚チャーにしっとり鶏チャーでした。
熱々の油に漬かればレア感は即座に失われそうですが、恐らくはそれを回避する目的で、丼のふちにかける様に盛り付けてありました。
穂先メンマ、挽き肉などのトッピングも美味しかったです手(チョキ)


続いての一杯はこちら

生揚げ醤油

okojo_6.jpg

okojo_7.jpg


傳右衛門の生揚げ醤油を使用しているとの事です。
魚介系出汁がかなり強めに効いていました。
麺は少し柔らかめで独特のツルツル質感の多加水細麺でした。
小麦の外側の部分も使用していると書かれていましたが、確かにそういう見て目でした。

関東で、生醤油を用いたラーメンを提供する人気店を何店か食べましたが、厚みと深みある出汁感をみせつつも、醤油をガッツリと前に出し、香りの強い鶏油でコクと風味を出すというお店が多かった印象です。それに対し、こちらのお店の一杯は、強い魚介出汁がメインとなり、そこに醤油風味が折り重なる様に深みを出していました。
今までの傾向から見ると、新潟の人達には醤油の味をストレートに前に出した一杯は、まだ受け入れられない可能性があるので、こちらの店主の選択はちょうど良いところをついているのかなと感じました。


続いてもう一品

濃厚つけ麺

okojo_8.jpg

okojo_9.jpg

okojo_10.jpg


麺が沈まない程の強烈な粘度です。

okojo_11.jpg


トロみの強いつけダレが太麺にたっぷりと絡みつきます。

okojo_12.jpg

関東で数年前より流行している王道系スタイルの濃厚つけ麺ですね。

強烈なまでの粘度のスープはインパクト抜群です。
ただ、トロみの割りにはそこまで重たくはなく、ガッツリとした濃厚感ながらも食べやすい仕上がりですぴかぴか(新しい)
また、濃厚なスープには、苦味を感じる程の魚介出汁が、かなり強めに効かされていました。

麺は関東の人気店などで良く見かけるタイプのガッシリ食感かつ分かりやすい程の小麦風味が目立つ極太麺です。


唐揚げ2個200円

okojo_13.jpg


餃子が売り切れだったのでこちらを注文しましたが、熱々カリカリで美味しかったですぴかぴか(新しい)


他地域の味を取り入れそれを高いレベルで再現するといった、こちらのお店の店主の力量が現れた3杯だったかなと思います。


おこじょの詳細
posted by BBSHIN at 00:39| Comment(2) | 新潟市西区

2016年12月04日

分水駅近く「ライオン食堂」の背脂醤油中華そば

燕市、分水駅近くにある「ライオン食堂」へと行ってきました。

lionsyokudou_1.jpg

lionsyokudou_2.jpg



中華そば

lionsyokudou_3.jpg

lionsyokudou_4.jpg


王道スタイルな燕系背脂醤油ラーメンですexclamation×2

背脂は有りか無しかの選択が可能らしく、有りを選んでおきましたが、そこまでたっぷりではなく、程良い量の背脂が浮いていました。
スープ自体はあっさり清湯で、煮干し等の魚介も効いていたでしょうか。
醤油風味が色濃く出たスープです。

麺はモッチリ多加水です。
固さはそれ程ないものの、太さによる歯応えとツルツル系の質感がスープと良く合っていました。

とても美味しい一杯でした手(チョキ)


味噌ラーメン

lionsyokudou_5.jpg


赤味噌系でかなり濃い味噌風味が印象的です。
スープ自体は醤油同様にあっさり系です。
上にのった野菜は炒めではなく、スープで煮るタイプでしょうか。
浮き油が目立たず、濃い味噌味とは対照的なあっさり感でした。



お店に入る前からカレーの匂いが漂い、とても美味しそうだったので、もう一品注文してみました。

カレーライス(800円)

lionsyokudou_6.jpg


家庭的で昔ながらの食堂スタイルなカレーライスです。
とても美味しかったでするんるん


ライオン食堂の詳細
posted by BBSHIN at 18:06| Comment(1) | 燕市