2013年04月13日

春紀 メギスらーめん

柏崎市高柳町の「新潟県立こども自然王国」でお風呂に入った後、すぐ近くにある「春紀」へと向かいました。

haruki_201304_1.jpg


こちらでは、店主イチオシの一杯コーナーに「メギスらーめん」を掲載する為に取材にやってきました。

店主イチオシの一杯「メギスらーめん」について


メギスらーめん

haruki_201304_2.jpg

haruki_201304_3.jpg


前回も感じましたが、盛り付けがとても綺麗ですぴかぴか(新しい)

動物系を使用せず、メギス出汁のみで作られているというスープを飲むと、「メギスは魚出汁だけで十分ラーメンとしていける」という事がすぐに分かりますひらめき

決して単調ではなく、味わい深いながらも、豚や鶏などの動物系を使っていない事から、しつこさが全くありません手(パー)

過去に食べた塩や醤油ラーメンは、いかにも「淡麗」という感じで淡い味わいのスープでしたが、こちらは出汁感の主張が強烈です手(グー)

そして、そのチャーシューの味を邪魔しないチャーシューもさすがですグッド(上向き矢印)


この日3軒目のラーメンだというのに、スープがあまりに好みの味だったので残すのがもったいなく完食です手(チョキ)

haruki_201304_4.jpg


素晴らしい一杯でしたるんるん


たまりじょうゆらーめん

haruki_201304_5.jpg

haruki_201304_6.jpg


名前の通り、たまり醤油が強調された一杯です。
スープの出汁よりも、たまり醤油の風味を楽しむという一杯ですね。
醤油ダレの強烈さからか、麺の雰囲気も若干変わって感じます。

ちなみにメギス出汁は、このたまり醤油や、味噌と合わさった時も出汁感を失わない強烈さがあるとの事です。
お客さんの要望で、メギスらーめんのタレを変えて出す事もあるのだとか。
でも、最初に食べるなら、やはりノーマルをお勧めしたいですねぴかぴか(新しい)


春紀の詳細
posted by BBSHIN at 18:09| Comment(5) | 柏崎市

麺や力 汁なし麻婆麺

女池インター近く、新幹線の高架下にある「麺や力」へと行ってきました。

menyatikara_201304_1.jpg


力といえば、まずはコレ

無料のライスともやし

menyatikara_201304_2.jpg


ラーメンがやってくる前に、うっかりライスを食べ過ぎてしまわない事が重要です手(パー)

今回はお腹が空いていたのでついご飯1杯ともやし一皿を食べてしまいましたたらーっ(汗)


通常メニューの他に限定メニューが置いてあり、見てみると「麻婆麺」と「汁なし麻婆麺」があるとの事です。
2人で行ったので両方注文してみました。


まずは麻婆麺

menyatikara_201304_3.jpg

menyatikara_201304_4.jpg




こちらは「汁あり」の方ですが、これを「汁無し」と名付けても問題無い程のド迫力の麻婆あせあせ(飛び散る汗)

たっぷりの麻婆豆腐の下に少なめのスープが入っていますひらめき

味噌の味がするとろみの強い麻婆豆腐が、太い平打ち麺にガンガン絡みつきます手(グー)


こちらのお店の醤油ラーメンはあっさり細麺の正統派タイプだったので、その麺とスープの上に麻婆豆腐がかかる昔ながらの麻婆麺スタイルを想像していましたが、予想外の突破力を持った今回の一杯が出てきたのは嬉しい誤算でした。


汁なし麻婆麺

menyatikara_201304_5.jpg


見た目は、汁有り、汁無しでほぼ一緒です。


普通に撮影すると2杯の違いが全く表現出来なかったので、レンゲですくうカットも撮影しました。

汁有り

menyatikara_201304_6.jpg


汁無し

menyatikara_201304_7.jpg


ラストは、再び無料のライスを持ってきて2杯のラーメンそれぞれに投入しましたが、想像通りというか、この麻婆豆腐とご飯が合わない訳がありません手(パー)
汁無しの方の残った麻婆豆腐にご飯を投入すると、ちょっと高めの中華料理店で麻婆飯として販売しても通用しそうな美味しさでしたるんるん



汁なしの方は構造上、自然と完食してしまいます。

menyatikara_201304_8.jpg


今日の2杯は味が良くインパクト抜群で両方とも良かったですが、特に「汁なし麻婆麺」の方は秀逸な一杯でした手(チョキ)


麺や力の詳細
posted by BBSHIN at 05:08| Comment(0) | 新潟市中央区

2013年04月12日

麺や来味 はまぐり塩らぁ麺 和だし濁り塩らぁ麺

麺や来味の期間限定ラーメンを食べにやってきました!

menyaraimi_201304_1.jpg


去年食べてかなり美味しかった「はまぐり塩らぁ麺」が5月末までの期間限定で再登場したと聞き楽しみにしていました。

前回食べたのはちょうど一年前でしたね。
はまぐり塩らぁ麺についての記事(2012/4/11)


はまぐり塩らぁ麺

menyaraimi_201304_2.jpg

menyaraimi_201304_3.jpg


スープを口に含むとフワ〜とはまぐりの味が口の中に広がりますグッド(上向き矢印)
去年食べたものより、少ししょっぱくなったと感じましたが、それに合わせてはまぐり出汁のインパクトも強くなった様に思えますひらめき

不思議なのが、多めのスープ飲むと、最初に広がるハマグリの味の後に、もう一度強めのハマグリ味が遅れてもう一度やってくる事です。
味覚は人それぞれなので、自分だけがそう感じるのか、他の人もそう感じるのか、興味があるところです。

上にのっているデッカイはまぐりも食べ応えがあり美味しいでするんるん


期間内にもう一度食べに行きたいと思う程、お気に入りの味でしたるんるん



和だし濁り塩らぁ麺

menyaraimi_201304_4.jpg

menyaraimi_201304_5.jpg


動物系の濃度もそこそこに、魚介のインパクトが強いスープだと感じました。

個人的にこちらのお店では、ちゃっちゃ麺だけはあまり好みでなく、濃厚系はあまり期待していなかったのですが、濁り塩はかなり旨かったですわーい(嬉しい顔)

麺は、程よくスープが絡み食感も良いです。
濃厚系、淡麗系と色々なスープと合わせても合いそうな万能な麺だと思います。


あと一応補足しておきますが、ちゃっちゃ麺の方も背脂系が好きな方にはお勧め出来る一杯かと思われます手(パー)



麺や来味の詳細

期間限定ラーメン情報はこちら
posted by BBSHIN at 01:01| Comment(2) | 新潟市東区

2013年04月11日

一心亭 大ばかねぎラーメン

新潟駅前にある本場博多の豚骨ラーメンを出すお店「一心亭」
最近お気に入りのお店です。

isshintei_201304_1.jpg


九州旅行で一心亭本店に行った事で、新潟に帰ったらこちらのお店に行こうと思っていました。


まずは餃子で乾杯ビール

isshintei_201304_2.jpg


ゆでもやし(150円)

isshintei_201304_3.jpg


すもつ(350円)

isshintei_201304_4.jpg


珍しく日本酒を注文

八海山

isshintei_201304_5.jpg


九州ゆでギョウザ(300円)

isshintei_201304_6.jpg


1本70円の串揚げ

isshintei_201304_7.jpg


シメにラーメンを注文です。


大ばかねぎラーメン

isshintei_201304_8.jpg

isshintei_201304_9.jpg


濃厚な豚骨スープは、独特な豚骨臭が楽しめるものの、嫌な臭みがありません。
本場の雰囲気をしっかりと出しつつも、新潟の人に受け入れられるラインの見極めが抜群だと感じます。
店長さんは若い方ですが、なかなかのやり手だと思います手(パー)


替え玉も注文

isshintei_201304_10.jpg


1軒で居酒屋からシメのラーメンまで堪能出来る素晴らしいお店ですねグッド(上向き矢印)



一心亭の詳細
posted by BBSHIN at 20:47| Comment(0) | 新潟市中央区

2013年04月09日

博多拉麺 KAZU

博多豚骨ラーメンのお店として雑誌で良く紹介されている柏崎市の「博多拉麺 KAZU」へと行ってきました!

hakata_kazu_1.jpg


麺は細麺、太麺が選択可能だったので、両方を試してみる事に。

まずは、一番シンプルな「特とんらぁ麺」を細麺で注文です。

hakata_kazu_2.jpg

hakata_kazu_3.jpg


クリーミーな豚骨スープは、臭みがなく食べやすいですぴかぴか(新しい)

豚骨ラーメンならではの極細麺は、スープとの馴染みが良いですグッド(上向き矢印)

チャーシューは肉厚で歯応えがあり、濃い目の味付けとなっていました。

キクラゲ、ネギなどの具も「いかにも」という感じがして良かったです手(パー)


ちょっと前に九州に行って豚骨ラーメンを何軒か食べてきましたが、昔ながらのお店というよりは、比較的食べやすい人気店の味に似ていて、その辺りのお店よりも更に食べやすく臭みを処理していると感じましたひらめき

新潟の豚骨ラーメンの中で、上位にくいこんでくるレベルだと思いますわーい(嬉しい顔)


辛とんらぁ麺(太麺)

hakata_kazu_4.jpg

hakata_kazu_5.jpg


メニューには「KAZU流担々麺」と書いてありましたが、「辛味噌豚骨ラーメン」というタイトルが合いそうな一杯でした。

豚骨スープに、辛味噌を少しずつ溶かしながら食べると、徐々に味の変化を楽しむ事が出来まするんるん

モチモチ太麺と豚骨スープの組み合わせは絶妙でした手(チョキ)
醤油使って鶏油入れれば家系みたいな感じになりそうです。
チャーシューも若干そっち系でしたし。

飲みやすいスープに仕上げたり、メニューにモチモチ太麺を加えたりと、博多ラーメンを新潟県民に受け入れやすい形で紹介してくれてる良いお店だなと感じましたひらめき


博多拉麺 KAZUの詳細
posted by BBSHIN at 19:40| Comment(0) | 柏崎市

2013年04月07日

麺場 風雷房

柏崎市にある「麺場 風雷房」へと行ってきました。

furaibou_1.jpg


店内は満席で7〜8人の行列が出来ていました。
かなりの人気店だという噂は聞いていましたが、本当らしいですね。

ちなみに、お店の前に貼り紙がしてありましたが、現在は夜の営業をしていないらしく、いずれ夜営業も再開させたい的な事が書いてありました。


店内には小麦粉の袋が置いてあり、自家製麺だという事を伺わせます。

全粒粉、傾奇者

furaibou_2.jpg


カウンターの上には工事用のスクリューが置いてあります。

furaibou_3.jpg


お店の人に質問すると、白湯スープ作りのかくはんに使用しているとの事です。
この手法はラーメン漫画の「ラーメン発見伝」に載っていて、自分でも試してみたいと思っていましたが、実際に実践しているお店もあるのですね。
今度見せてもらいたいものです手(パー)


飲み物は水ではなく、ジャスミン茶とウーロン茶のブレンドらしいです。

furaibou_4.jpg


淡麗、濃厚のスープに、醤油、塩、味噌とあり、迷いましたが、濃厚醤油と淡麗塩にすることに


まずやってきたのは「濃厚醤油らーめん」です。

furaibou_7.jpg

furaibou_8.jpg


鶏白湯スープらしいですが、醤油ダレ、香味油等、それぞれが主張していて、食べた事が無いタイプの味でした。

麺はツルツルの自家製中麺です。
スープの持ち上げはそこそこの麺ですが、複雑な味わいのスープは少量絡むだけで十分だと感じさせますぴかぴか(新しい)

焦がしタマネギ等の香味油が良い仕事をしていました手(パー)



淡麗しおらーめん

furaibou_5.jpg

furaibou_6.jpg


あっさり、スッキリしたスープですが、深い味わいを感じます。
濃厚同様、油の使い方がとても上手いという印象です。

麺は、濃厚と同じらしく、スープの絡みを考えるとあっさりスープには合わないのではと予想していましたが、私の予想は見事に裏切られました。
スープがそれ程馴染まないタイプの麺ですが、香味油やスープとの相性はバッチリですグッド(上向き矢印)

濃厚、淡麗ともにおろし生姜がのっていましたが、淡麗の方は生姜が溶けると劇的に味が変化します。
あまり溶かさない様に食べながら終盤味を変えて食べる、というやり方もありでしょう。

とても良いお店でした手(チョキ)


麺場 風雷房の詳細
posted by BBSHIN at 19:11| Comment(0) | 柏崎市

悠華居ランチ 韓国かぼちゃ入り黒酢スブタ

お昼に西区の悠華居へと行ってきました。

yukai_201304_1.jpg

普段は夜に行ってたので、ランチタイムに行くのは初めてでした。



注文したのは「悠華居ランチ」(980円)です。

yukai_201304_2.jpg


以前のインタビュー記事で、珍しい野菜をたくさん使っているというのを書きましたが、今回は「韓国かぼちゃ」を使った黒酢スブタとの事です。
他にも金針菜なども使っているかと思われます。


インタビュー時に撮影した「韓国かぼちゃ」

yukai_201304_5.jpg


一風変わった食感、味を楽しめる美味しい酢豚でしたるんるん


食後に杏仁豆腐とドリンクがつきます。

yukai_201304_3.jpg


一緒に行った人が食べた「サーラータン麺」

yukai_201304_4.jpg


私も以前食べましたが、酸味が食欲を刺激する美味しいスープだったのを覚えています。
これを食べた人も「美味しい」と言っていましたグッド(上向き矢印)


悠華居の詳細
posted by BBSHIN at 14:49| Comment(0) | 新潟市西区

2013年04月06日

はしもとや

サイトパートナー フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。


以下、マーロウさんのコメントです。


三条市にあるはしもとやに行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

hashimotoya_1.jpg

国道8号線→石上大橋方面から行く場合は、石上大橋を渡り2つ目の交差点を左折すると、約100m位先の右手に、第二産業道路三条市街から行く場合はパチンコN-1の交差点を右折です。

明るくポップな外観に、喫茶店風のアットホームな雰囲気がいい感じ(^^)


俺はビーフカレーラーメンを注文。
ただのカレーラーメンじゃなく、ビーフカレーというところに注目してしまいました。

hashimotoya_2.jpg

hashimotoya_3.jpg


見た目は豪勢ですが、味も負けておらずおいしいです。かぼちゃやパプリカなど、夏野菜の甘みがカレーの辛さを中和しています。大き目のビーフも柔らかくてよく煮込まれており、
まだまだ寒いですから、こんな時期にカレーラーメンはぴったりですね。体が温まります。


サインはお笑い芸人のサンドウィッチマンや、伊勢みずほアナウンサー、新潟住みます芸人のバックスクリーンです。

hashimotoya_4.jpg


はしもとやの詳細
posted by BBSHIN at 13:52| Comment(2) | 三条カレーラーメン

九州ラーメン食べ歩き まとめ

ここ最近、九州ラーメン食べ歩きの記事を連続して書いていましたが、3週間かけてやっと書き終わる事が出来ましたぴかぴか(新しい)

今回巡ったラーメン店は数えてみると21軒でしたひらめき
旅館でも豪勢な食事が朝、夕と出てきたので、カロリー過多状態となり、新潟に戻ってきた日は体重が4キロも増えていて、体重を戻すのに3週間かかってしまいましたたらーっ(汗)


各ブログ記事へのリンクを貼っておきます。
(ラーメン以外も含め)


【初日】

○福岡県
博多一幸舎 博多本店
長浜屋台 一心亭 本店
魁龍 博多本店

○大分県
地鶏ラーメン 福助
(旅館)ゆふいん泰葉 温泉記事


【2日目】

○大分県
つけ麺 らー麺 はぐるま
トラの夢
(観光)別府地獄巡り
(旅館)別府温泉 ホテルニュー松実
Furari
手のべ冷麺専門店 六盛


【3日目】

○大分県
(ラーメン以外)「とり天」「だんご汁」

○福岡県
大砲ラーメン 本店
久留米ラーメン 清陽軒

○熊本県
黒亭
埼陽軒
(観光)熊本城
いっぷくラーメン
(旅館)熊本人吉温泉 清流山水花 あゆの里


【4日目】

○鹿児島県
らーめん小金太
薩摩らーめん家 おこば
(旅館)砂むし温泉 白水館


【5日目】

○鹿児島県
(温泉)砂むし会館「砂楽」
くろいわラーメン 本店
(観光)桜島
鹿児島ラーメン豚とろ 天文館本店
餃子の王将 中央駅店
(温泉)お乃湯


【6日目】

○福岡県
博多だるま 博多デイトス店
長浜ナンバーワン 博多デイトス店
博多新風 博多デイトス店


他県のラーメン文化に少しずつでもふれた事で、新潟のラーメンに対する見方にも良い変化があるのではないかなと感じています。


あと、個人的には達成感で一杯ですが、「新潟のラーメンの情報が見たい」と思って当ブログを見にきてくれている方々には、全く無関係な記事を延々と続けてしまい申し訳ない気持ちで一杯ですたらーっ(汗)

今後はたまに県外の情報を入れる事もあるとは思いますが、基本的には「新潟のラーメン」の魅力を伝えるという事を最優先に活動していきたいと思いますので、温かい目で見守って頂けたら幸いですぴかぴか(新しい)
posted by BBSHIN at 02:25| Comment(0) | 日記

博多新風 博多デイトス店(福岡県)

九州食べ歩きのラストは博多デイトス店内にある「博多新風」です。

hakata_shinpu_1.jpg


こちらのお店は、黒マー油入りの豚骨ラーメン、普通の豚骨ラーメン、和風だしと豚骨のWスープの3種類を提供しています。
豚骨ラーメンは何杯か他のお店で食べてきたので、こちらでは黒と和風豚骨にトライする事にしました手(パー)


新風麺

hakata_shinpu_2.jpg

hakata_shinpu_3.jpg


黒いマー油がたっぷりと浮いたラーメンです。
今回の旅でマー油的なものが浮いていたのは熊本ラーメンでしたが、熊本では麺が博多のものと比べて太いという大きな違いがありました。
豚骨+マー油というのは新潟でも幾度となく食べてきましたが、やはりこの組み合わせは相性バッチリですグッド(上向き矢印)
このスープとマー油が麺に絡む事で、ブツンと噛み切れる博多ラーメン特有の食感だけでなく色々な風味を楽しむ事が出来ます手(チョキ)



和風豚骨

hakata_shinpu_4.jpg

hakata_shinpu_5.jpg


メニューの説明書きに「Wスープ」とあったので、もう少し豚骨濃度の低いさっぱり系の豚骨魚介が出てくるかと思いきや、黒ラーメンとさほど変わらない高い豚骨濃度のスープに、更に魚介もしっかりと効いているという不思議なバランスのラーメンでした。
魚粉がそのまま入っているというよりも、濃い目の魚介ダシを少量入れたか、実はWスープではなく、豚骨スープで魚介ダシを取ったのか。
お店の人に質問したかったですが、繁盛店のお昼はそれどころではなさそうだったので、「まあ、いいか」という結論に至りました。


「新風」という店名通り、新しい博多ラーメンを出しているお店だなと感じました。
美味しかったです手(チョキ)


博多新風 博多デイトス店の詳細

posted by BBSHIN at 01:38| Comment(0) | 福岡県

2013年04月04日

長浜ナンバーワン 博多デイトス店(福岡県)

博多デイトス内での2軒目に選んだお店は「長浜ナンバーワン」です。

nagahama_no1_1.jpg


こういう人気店は各店、だいたい有名人がたくさん訪れていたりしますが、こちらのお店も例に洩れず多くの有名人が訪れている様です。

nagahama_no1_2.jpg


奥田民生、キマグレン、アンガールズ等、そうそうたる面々がこちらのお店でラーメンを食した様ですひらめき


ラーメン

nagahama_no1_3.jpg

nagahama_no1_4.jpg


濃厚ながら食べやすい豚骨スープは、こういう人気店に共通していえる事ですが、博多デイトスにあるお店の中では、ストレートな豚骨そのままの味が一番出ていると感じました。

九州でも昔っぽい豚骨と今っぽい豚骨があると感じましたが、こちらのお店は昔っぽいテイストを出つつも、その中間位の雰囲気を出しているという印象です。

とても美味しいラーメンでした手(パー)


長浜ナンバーワン 博多デイトス店の詳細
posted by BBSHIN at 23:47| Comment(0) | 福岡県

2013年04月03日

博多だるま 博多デイトス店(福岡県)

九州旅行の最終日、鹿児島中央駅から新幹線で博多駅へと移動し、福岡空港に行くまでの間、博多駅で買い物や昼食を取る事にしました。

博多駅には「博多デイトス」という商業施設があり、その一角には「博多めん街道」というスポットがあります。
東京駅の東京駅一番街「東京ラーメンストリート」みたいなものですね。

そこでは、博多一幸舎が一番人気で長蛇の列となっていましたが、初日に本店の方に行っていたので、こちらでは「博多だるま」で食べる事にしました。

hakatadaruma_deitos_1.jpg


こちらのお店も少し行列が出来、お昼時は常時満席となっていて、人気っぷりを伺わせます。



ラーメン

hakatadaruma_deitos_2.jpg

hakatadaruma_deitos_3.jpg


濃厚で旨味たっぷりなスープが美味しいですぴかぴか(新しい)

味のタイプは違いますが、一幸舎と同様に濃厚なスープながらも飲みやすい仕上がりが人気の理由かなと思います。
こういうラーメンは、豚骨に慣れない観光客などにも容易に受け入れられる事でしょう手(パー)

こちらの地域特有の極細ストレート麺は、スープの馴染みも良く、噛み切る食感がなんともいえません。

美味しかったですグッド(上向き矢印)


博多だるま 博多デイトス店の詳細
posted by BBSHIN at 23:37| Comment(0) | 福岡県

2013年04月02日

お乃湯 鹿児島県

九州最後の夜は、翌日の朝早く新幹線に乗る事も考え、鹿児島市内の比較的駅に近いホテルに泊まる事にしました。
という事もあり、お風呂は日帰り入浴施設に行く事にいい気分(温泉)


選んだのは「お乃湯」という温泉です。

onoyu_1.jpg


パっと見、住宅街にある普通の銭湯ですが、お湯が沸かし湯ではなく温泉という事にビックリです。

調べてみると、県庁所在地としては、泉源の数が全国で一位だとか。
普通の街中のスーパー銭湯が、掛け流しの温泉だったりするのです。


写真がブレてしまいましたが、中はこんな感じです。

onoyu_2.jpg


水風呂、サウナ、打たせ湯などが、ありますが驚きはコレ

onoyu_3.jpg


飲泉が出来るだけでなく、水風呂の注ぎ口の水、蛇口の水、シャワーの水、全部が飲めるらしいです。

水風呂に入りながら、注がれる水をコップで飲んでる人の他、ポリタンクで持ち帰ってる人までいました。

私も水を飲んでみましたが、とても美味しい水でした。
甘味が入っている訳ではないのですが、口当たりが甘くやわらかいというか。
こういう良い水でスープとか料理作ってみたいですね。


【お乃湯】

住所 : 鹿児島市小野3-5-27
TEL : 099-229-5835
posted by BBSHIN at 20:57| Comment(0) | 温泉銭湯等のお風呂

餃子の王将 中央駅店(鹿児島県)

九州旅行に行くと決まった時、鹿児島出身の先輩より

「鹿児島に行くなら「王将」で天津飯を食べてみてくれ」

と言われたので、アドバイス通り行ってみました。

「餃子の王将 中央駅店」

kagoshima_osyo_1.jpg


何故九州まで行って、全国どこにでもある王将に行ったかというと、全国各地に王将がある中で、鹿児島の王将だけは、本家「餃子の王将」とは別の経営にも関わらず、唯一「餃子の王将」を名乗っている、という事で珍しいので行ってみろとのアドバイスがあったからです。

ちなみ、店内は超満席で、空くのを待ってる人がいる位です。
客の回転も速いので、待ってればすぐ空くのを分かっているのでしょう。



営業スタイルもかなり変わっています。

席につくなり、店員さんから

「餃子のご注文は!?」

と聞かれました。

「何を注文するか迷ってます」

と回答すると

「とりあえず餃子のご注文は?」

と再度聞いてきます。



という事で餃子1皿注文しました手(パー)

kagoshima_osyo_2.jpg


メニューにラーメン類が「担々麺」しかないので、ラーメンは他に何があるかを聞くと、担々麺しかないとのことです。

担々麺

kagoshima_osyo_3.jpg

kagoshima_osyo_4.jpg


こちらの担々麺、比較的薄いスープに辛味が入り、麺は恐らく乾麺です。
お世辞にも、こだわりを持ってるとは思えないラーメンですが、こちらのお店の真骨頂はラーメンでは無い様です。
周囲を見渡しても、誰一人ラーメンを注文していません。


先輩のアドバイス通り、天津飯も注文してみました。

kagoshima_osyo_5.jpg


こちらの天津飯、結構ボリュームがあり、480円という低価格の割に美味しいでするんるん
全体的に、この天津飯と同様の価格設定で、安さと美味しさが人気の秘密なのかなと思いましたぴかぴか(新しい)
餃子は200円でしたし。


鹿児島オンリーの餃子の王将。
機会があれば行ってみてはいかがでしょうか?ひらめき


餃子の王将 中央駅店の詳細
posted by BBSHIN at 01:01| Comment(0) | 鹿児島県