2013年05月08日

タケちゃんラーメン

新津の信濃バレーという広場でサッカーをした後、亀田駅周辺のラーメン屋にナビをセットすると、いつも通る道にラーメン屋があり気になっていました。

名前は「タケちゃんラーメン」というお店です。

takechan_1.jpg


三条小須戸線を小須戸方面から新潟県庁方面に向かい亀鶴橋を渡って50メートル位のところにあるT字路を右折したところにあります。


この日は、九州ラーメン巡りで23杯食べて帰ってきた翌日で、ラーメン以外を食べたかったので、友人が食べた「タンメン」を紹介します。

takechan_2.jpg

takechan_3.jpg


少しもらいましたが、昔ながらのラーメン屋的なスタイルのタンメンでなかなか良い感じですぴかぴか(新しい)

友人と共通の感想としては「塩分控えめ」という事です。
二人とも運動した直後で体が疲れていたという事もありますが、それでも薄味だったかなと感じます。
しかし、塩分控えめというのは体に優しいですよねグッド(上向き矢印)
最近のギトギトでしょっぱいラーメンは厳しくなってきた方などには、もってこいのラーメンかなと思います。

ただし、「薄味」といっても「スープが薄い」という訳ではありません手(パー)
恐らく、スープ自体はさっぱり系の昔ながらのスタイルだとは思いますが、野菜等の各種素材の旨味がスープに溶け出しているので、甘み、旨味などがしっかりとしています。


野菜いため

takechan_4.jpg


タンメンとは対照的に、濃い味付けです。
塩分濃度にはかなりの差がありますね。
各種調味料などの旨味も感じ、ご飯が進む野菜炒めでしたぴかぴか(新しい)



餃子

takechan_5.jpg


醤油ラーメン、味噌ラーメンも気になるお店です。
上記2品を食べた感じでは、恐らく期待出来るかなと思います手(パー)


タケちゃんラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 01:03| Comment(0) | 新潟市江南区

2013年05月07日

新潟1−1甲府

5月6日、ゴールデンウィーク最終日のアルビレックス新潟対ヴァンフォーレ甲府戦

試合前のスタジアム内

20130506_1.jpg


この応援のぼり旗を探す為にスタジアム内をくまなく周りました。

20130506_2.jpg


小さな事ではありますが、こういった所に名前が載るのは嬉しいですね〜るんるん


キックオフ直前

20130506_3.jpg



序盤に甲府に先制され、追いかける展開となりましたが、後半はほぼ新潟ペース


何度も攻め上がりをみせるDFキムジンス選手の決定的なシュートは、惜しくもGKに阻まれてしまいました

20130506_4.jpg


普段はプレー中の写真は撮らないのですが、とっさに手が動き、かなり良いカットが撮れましたぴかぴか(新しい)

「ゴール裏で写真撮ってる暇があるなら応援しろ」
と思う方もいるかとは思いますが、意外にしっかり応援しながら写真を撮るすべを身に付けつつあります手(パー)
ただし、歓喜の瞬間に周囲が熱くはしゃいでいても、一人もくもくと喜ぶ選手サポーターを撮影している自分がいますたらーっ(汗)

「ラーメンは好きだけどアルビレックスは良く分からない」
という人達に、少しでもアルビレックス新潟の良さを分かってもらう事が自分の使命と、勝手に思って頑張っていますパンチ


そして、歓喜の瞬間は訪れました。

20130506_5.jpg


喜ぶ選手達

20130506_6.jpg


ゴールを決めたのは川又 堅碁選手ですグッド(上向き矢印)

20130506_7.jpg


その後も惜しいシーンはいくつか作りましたが、結果は残念ながら引き分け。
勝ち点1を分け合う形となりました。

20130506_8.jpg


試合終了後の選手達

20130506_9.jpg


次の試合では、きっと勝ってくれる事でしょう手(パー)

序盤、調子の悪かった新潟ですが、最近調子が上向きつつありますグッド(上向き矢印)
posted by BBSHIN at 20:12| Comment(0) | アルビレックス

2013年05月06日

ラーメンつり吉 小千谷店 鰹薫る梅しお

小千谷市にある「ラーメンつり吉 小千谷店」へと行ってきました。

turikiti_odiya_201305_1.jpg


この日は、3軒目で最初の1軒で2杯食べたので4杯目のラーメンとなりました。

さすがにお腹がいっぱいだったのですが、つり吉小千谷店さんからは期間限定「鰹薫る梅しお」の情報をもらっていたので、帰り道に寄る事としました。

鰹薫る梅しおのPR情報


鰹薫る梅しお

turikiti_odiya_201305_2.jpg

turikiti_odiya_201305_3.jpg


まず、運ばれてきた瞬間に漂うカツオの香り。
これは、香味油から漂うものみたいです。
厚削り節から油に旨味を抽出し、ラストに追い鰹をして香りをプラスしたとかひらめき

スッキリとしていながらも、しっかりとした旨味のあるスープに、カツオ油の風味がプラスされ奥ゆきのある味わいでするんるん

のっかってる花かつおもスープに漬け込んで食べると良いですね〜

梅干は最近耳にする事の多い田上町の江部ファームの梅干を使用しているらしく、こちらにもカツオ節が加えられカツオ練り梅となっています。

カツオの香味油、カツオ練り梅、花カツオと「カツオ三重奏」の一杯です手(パー)

梅のスッキリとした清涼感が良く、お腹いっぱいの体でも美味しく頂く事が出来ましたグッド(上向き矢印)


こちらのお店の醤油ラーメンは、昔ながらの「いつ食べても美味しい」という様な質と安定感の高い一杯ですが、今回の期間限定ラーメンは創作系のラーメン屋で出てきそうな創意工夫に溢れた一杯です。

5月末までの期間限定らしいので、今のうちにぜひ手(チョキ)


ラーメンつり吉 小千谷店の詳細
posted by BBSHIN at 11:38| Comment(0) | 小千谷市

ラーメン 味平

魚沼市にある「ラーメン 味平」へと行ってきました。
以前行った時は臨時休業だったので、再トライとなります。

ajihei_1.jpg


味平ラーメン

ajihei_2.jpg

ajihei_3.jpg


かなり醤油が効いたラーメンです。

チャーシューは柔らかく、味付けも良いですね〜グッド(上向き矢印)
奥さんは
「脂身の無いチャーシューで好みだった」
との感想です。

メンマは甘い味付けが特徴的でしたぴかぴか(新しい)


店主に聞いてみると、醤油ダレにこだわっているらしく、チャーシューを作る時のタレを使用しており、凝縮されたダシが入っているとのこと。

以前は、大手メーカーの醤油を使っていたそうですが、長岡の星野本店の醤油に切り替えたとか?
写真を撮り忘れましたが、暖簾のところに「白雪」と書いてあったかな?
こちらの醤油は味に深みがあるので、化学調味料に頼らなくても良いそうです。
スープは豚メインに鶏ガラも用いた動物系スープです。

「昔ながら」の飽きのこない味の一杯でした手(パー)


ラーメン

ajihei_4.jpg


ラーメン 味平の詳細
posted by BBSHIN at 10:43| Comment(0) | 魚沼市

麺の春雪 現在はお昼営業のみ

冬に行ってみて臨時休業中だった「麺の春雪」が復活したと聞き夕方に行ってみようと思いましたが、今はお昼のみの営業との事で、残念ながら今回も食べる事は出来ませんでした。

また中越遠征に行った際に、再トライしてみたいと思います手(パー)

夜営業再開等の情報が入りましたら、またブログ等で告知致します。
posted by BBSHIN at 10:11| Comment(0) | 魚沼市

2013年05月05日

らー麺 天心

「南魚沼に美味しいお店がある」という噂を聞いていて、ずっと気になっていた「らー麺 天心」へと行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

場所はかなり分かりにくいところにあります。
ナビを使用しましたが、「目的地周辺です」と言われるも、お店を見つける事が出来ません。
電話番号検索をすると「サンフジヤ」と出てきて、店名も出てきません。

周辺をウロウロしているうちに「サンフジヤ」とビルの上に書いてある事に気づきました(^^;)

tenshin_1.jpg


黒い軽自動車で隠れてお店が見えなく、気づかなかった様です。


お店の前はこんな感じです。

tenshin_2.jpg


まずは麻婆麺を食べてみることに

tenshin_3.jpg

tenshin_4.jpg


めっ、、 メチャ旨いあせあせ(飛び散る汗)
このクラスの麻婆麺を食べるのは初めてかも??爆弾

見た目も綺麗ですが、何より味が良いですね。
程よい辛味にコリコリとした食感の肉がなんともいえません。
高級な中華料理屋の麻婆豆腐の様な感じですが、麺が濃厚ラーメンに合いそうな力強い太麺です。
こういう組み合わせもアリなのかと驚かされる一杯でした手(パー)

色々な食材が使われてそうですが、実際食べても何を使ってるかなどは良く分からず「トータルで旨い」と感じさせられます。


ぶいこつ醤油麺

tenshin_5.jpg

tenshin_6.jpg


動物魚介が程よくバランスを取れたスープで飲みやすいですね。
麻婆麺よりも少し細めの麺は、比較的固茹でで歯ごたえが好きなタイプでした。
スープと良く合う麺だと思います。

油の様な肉の様なものが入っていて、
「どこかで似た食感のものを食べた事があるけど一体なんだろう?」
と思い店主に聞いてみると、ヒントだけ教えてくれましたひらめき
「テレビで見た富士宮やきそばで同じ事をしていた」
との言葉を頼りに調べてみると、少し分かった気がします。

私が似ていると感じたのは、九州の福岡県久留米市で食べた久留米ラーメン 清陽軒大砲ラーメン 本店で食べた豚骨ラーメンにのってた「カリカリ」かな??
といっても、久留米で食べたものはガツンと「油!」という感じでしたが、こちらのものはしつこくなく食感が良かったです。
(↑↑この感想、自分の質問を店主にうまく伝える事が出来ず、食い違っていたりなどの可能性もあり、的ハズレかもしれません その場合は温かい目でご指摘下さい手(パー)



テーブルにはニンニクとラー油があります。

tenshin_7.jpg


このラー油は、かなり良い物ですね手(パー)
自宅に欲しい位です。

でも、ニンニクはどこに使うのかが謎です。
今回食べた限りでは、一品一品しっかりとした味なので、ニンニクの必要性は皆無と感じ使用しませんでした。


二人で2杯を交互に味わいながら食べましたが、
「新潟市からは、なかなか頻繁にはこれないし、このまま帰るのはもったいない」
と思い、もう一品注文することに。

元々数軒巡る予定だったので、お腹はある程度は空けておきたかったのですが、今回はしょうがないですね手(パー)


そして注文したのは「天麺」です。

tenshin_8.jpg

tenshin_9.jpg


まず、見た目からしてハンパじゃないですね爆弾

素ラーメンを「ドンっ」と出してくるところからして、よっぽど自信があるのでしょう手(パー)

飲んでみると、あっさりながらもかなりの旨味を感じます。
少し龍馬軒で食べた上湯麺に似てると感じました。
表面の油多めで熱々のインパクトが強烈だったあちらとはまた違い、あっさりながらも飲んだ瞬間に口に広がる旨味を感じます。
鶏ガラや豚骨などは使わず肉からとった旨味らしく、一般的なラーメン屋さんのスープとは一線を画す味ですね。

トッピングなど無しで、素ラーメンで十分いける一杯だと思いましたが、せっかくついているので皿のものを入れるとコレがまたなかなか良し。
奥さんは「ラー油はそれ程辛くなく、入れると味の変化が楽しめていい」と言ってました。


3杯とも美味しかった〜グッド(上向き矢印)

個人的には天麺が一番気に入りましたが、もし「お勧めは?」と聞かれれば大抵の人を満足させてくれそうな「麻婆麺」を薦めると思います。



お土産にお持ち帰りの「小南包」(1,800円)を購入しました。

tenshin_10.jpg


一日限定10個でネット販売もしてるとか?


まだ行った事が無い方は是非一度行ってみて下さい手(パー)



らー麺 天心の詳細
posted by BBSHIN at 23:38| Comment(2) | 南魚沼市

とりかん

ラーメン屋さんではありませんが、五泉市にある有名な鶏料理のお店「とりかん」へと行ってきました。

torikan_1.jpg


先々週の日曜日に行きましたが、かなりの人気っぷりで15人位が店内で待っていました。


人気のかつ重と半ラーメンのセット

torikan_2.jpg

torikan_3.jpg


かつ重はやわらかいお肉に味が良く染み込んでいて美味しかったですねぴかぴか(新しい)

ラーメンの方は、無難な感じのラーメンではありますが、半ラーメンのセットで食べるものとしては、食べやすくちょうど良い感じでしたるんるん


友人が食べたチューリップ定食

torikan_4.jpg


カリッカリに揚がってて美味しかったです


ごま手羽

torikan_5.jpg


鶏が美味しかったので、お土産に鶏から揚げを購入しました。

小間切

torikan_6.jpg


とりかんの詳細
posted by BBSHIN at 11:03| Comment(2) | 五泉市

登山 菱ヶ岳−五頭山を縦走 

久しぶりの登山です。

今回は阿賀野市の菱ヶ岳に登ることにしました。

hishigatake_201305_2.jpg


「山頂にはまだ雪が残っている」
という噂は聞いてましたが、8〜9号目あたりからはずっと雪でした。

hishigatake_201305_4.jpg


かなり危険な場所もあります。
足を滑らせでもしたら一巻の終わりですね爆弾

hishigatake_201305_6.jpg


山頂に到着

hishigatake_201305_7.jpg


お昼ごはんのカップラーメン「シーフードヌードル」

hishigatake_201305_10.jpg


2時間半で登るつもりが4時間かかってしまい、ハンパなく疲れた体で食べるカップラーメンはメチャクチャ旨いですね〜るんるん

一流店のラーメンより美味しいのではないか? と思う程です手(パー)


山頂で合流した方々とともに、菱ヶ岳 → 五頭山の縦走路を進みます。

hishigatake_201305_12.jpg


縦走路から見た景色

hishigatake_201305_14.jpg



菱ヶ岳−五頭山について詳細を掲載した登山ブログ記事
posted by BBSHIN at 00:26| Comment(0) | 日記

2013年05月04日

杭州飯店 タンメン

燕三条食べ歩きの2軒目として「杭州飯店」に行ってきました。

kosyuhanten_201305_1.jpg


私が注文したのは「タンメン」です。

kosyuhanten_201305_2.jpg

kosyuhanten_201305_3.jpg


もやし、たまねぎ、白菜、ニンジン、きくらげ等の野菜がたっぷりとのっています。
野菜は炒めてある様で、タマネギ等が少し焦げた香ばしさがスープ全体に広がり、また、野菜の甘みもスープに移り、絶妙な味わいとなっていまするんるん

たっぷりの背脂がかかった醤油ラーメンも美味しいですが、これも当たりですねひらめき
普通の中華以外では、カレーそばとコレのどちらにするか迷ってしまいそうたらーっ(汗)


友人は中華そばを注文しました。
(2軒目でお腹いっぱいだったらしく麺少なめにしてもらいました)

kosyuhanten_201305_4.jpg


私ももらって食べましたが、これは相変わらず旨いですね〜グッド(上向き矢印)
スープと背脂とタマネギの醸し出すハーモニーに、ついついレンゲでスープを飲みすぎてしまいます。

タマネギは100円で増量出来るみたいなので、今度は「タマネギ中華」を注文してみたいと思います!


店主と息子さんにも軽く挨拶したところ、独立した加茂の成龍の事を薦めて頂きました。
また今度行ってみたいと思いますダッシュ(走り出すさま)



杭州飯店の詳細
posted by BBSHIN at 14:37| Comment(0) | 燕市

5月6日アルビレックス新潟ホーム戦 対ヴァンフォーレ甲府

昨日の清水エスパルス戦に川又選手のJ1初ゴールもあり快勝したアルビレックス新潟。

ゴールデンウィーク最終日の5月6日(月)には、ホームのビッグスワンにてヴァンフォーレ甲府戦が開催されます。
ぜひ、次も勝って連勝して欲しいものです。


ところで、昨シーズンの終盤にも企画された「必勝祈願応援のぼり旗」が今年もスタジアムに登場します。

昨年、当サイトも企画に賛同し応募しましたが、今年も参加する事と致しました。

そして出来上がったのぼり旗がコレ!

albirex2013nobori.jpg


こののぼり旗が、5月6日からのホーム戦全試合に掲出される予定となっています。

ちなみに、まだ申し込み枠は余っている様で、5月31日までに申し込めば、7月6日からのホームゲームに掲出される様です。
(1口3万円で2枚はスタジアム、2枚は自社掲示用)

※アルビレックス新潟公式HPの4月28日のニュース参照


5月6日のホームゲーム、ヴァンフォーレ甲府戦
連勝を目指すアルビレックス新潟を観に行ってみてはいかがでしょうか?
posted by BBSHIN at 11:43| Comment(0) | アルビレックス

麺屋 空の期間限定「麻婆麺」

横越の麺屋 空の期間限定情報が入りました!

今回のメニューは「麻婆麺」とのこと。

麺屋 空の期間限定「麻婆麺」についてはこちら


情報によると、この麻婆麺は汁無しだとか?

汁無しの麻婆麺というのは、「Dining Table 悠華居」「麺や力」で食べてみましたが、両方とも美味しかったので、今回の麺屋空にも期待しています手(パー)

悠華居の麻婆麺についてのブログ記事
麺や力の麻婆麺についてのブログ記事
posted by BBSHIN at 10:27| Comment(0) | 日記

2013年05月03日

真空極細熟成麺 三条望月家 長浜26ラーメン

三条市、国道8号線沿いにある「真空極細熟成麺 三条望月家」へと行ってきました。

motidukiya_201305_1.jpg


こちらのお店にくるのは2度目ですが、以前は東京屋台風の醤油ラーメンを食べていたので、今回は豚骨系のラーメンを食べてみたいと思っていました。
豚骨ラーメンは一緒に行った友人が食べたいと言っていたので、私は豚味噌ラーメンを注文しました。


豚味噌ラーメン

motidukiya_201305_3.jpg

motidukiya_201305_2.jpg


濃厚動物系スープのインパクトが強いですねひらめき
味噌ラーメンというと、味噌の味が大半を占めるケースが多いですが、こちらの味噌ラーメンは、スープが力強く「味噌が風味をプラス」という印象です手(パー)


長浜26ラーメン

motidukiya_201305_4.jpg

motidukiya_201305_5.jpg


豚骨ラーメンは、濃度の高い豚骨スープ、麺は博多の低加水ストレート細麺です。
スープを飲むと動物系のコクにかぶせる様な香ばしさを感じますぴかぴか(新しい)
そう、ちょっと前に行ってきた熊本ラーメンを麺を博多のものに変えた様な雰囲気です。

聞いてみると、入り口のところにある大凧には加藤清正(初代熊本藩主)が描かれてあり、パッと見や「長浜26」というタイトルから長浜ラーメンを出しているかと思いきや、熊本を意識しているとの事です。

濃厚な豚骨スープに焦がしニンニクの組み合わせは正に熊本ラーメンですひらめき
熊本の人気店のラーメンは、福岡県のものと比べると、麺が太めと感じましたが、こちらのお店はそこの部分は博多仕様な感じです。
先日の九州遠征ではそういうお店には当たりませんでしたが、こういうスタイルのお店もきっとたくさんある事でしょう手(パー)


替え玉は現金で100円となっています。

motidukiya_201305_6.jpg


今回は仕込み取材までは至りませんでしたが、色々とお話を聞く事を出来ました手(チョキ)

スープは2つの寸胴を用い、たっぷりの豚骨を何日もかけて仕込むとの事。
下茹でした血抜きをしたゲンコツを一本一本丁寧に洗い斧で割り、骨がボロボロになるまで煮込むそうです。
定休日はありますが、毎日スープに火をかけなくてはいけなから、休みなくお店に出ているとか。

また、豚骨は2〜3週間もの間寸胴に入り、煮込まれ続けているらしいです。
「その日仕込んですぐに出すスープも良いですが、こういうラーメンもあるという事も知ってもらいたい」
と語る店主の作る一杯を食べに行ってみてはいかがでしょうか?



真空極細熟成麺 三条望月家の詳細
posted by BBSHIN at 01:08| Comment(2) | 日記

丸榮製粉 製粉工程についての取材記事

製粉工程についての取材記事を掲載しました。

取材に応じてくれた製粉会社は新潟市江南区、亀田駅近くにある「丸榮製粉」さんですひらめき


東横、また、最近話題の新店イエナ等、その他多くの自家製麺を作る人気店に小麦粉を卸している会社です。


丸榮製粉の製粉工程についてはこちら
posted by BBSHIN at 00:45| Comment(0) | 日記

2013年05月02日

蒲原ラーメン きぶん一

月岡温泉にある人気店「蒲原ラーメン きぶん一」へと行ってきました。

kibuniti_1.jpg


かなり人気がある様で、店内は満席、外でもピーク時で20人程が並んでいました。


注文したのは「肉ラーメン」です。

kibuniti_2.jpg

kibuniti_3.jpg


もの凄いチャーシューの量ですあせあせ(飛び散る汗)

チャーシューは薄めで柔らかく、味も濃くないので、スープに浸して食べる事にしました。

スープの方は濃度低めの豚骨スープで、麺の方はスープからすると予想外のツルツルした細麺です。
「替え玉」もある様なので、九州っぽい麺かと思ってました。


蒲原ラーメン

kibuniti_4.jpg


絵的にはほぼ九州豚骨ですねひらめき



蒲原ラーメン きぶん一の詳細
posted by BBSHIN at 10:48| Comment(0) | 新発田市

2013年05月01日

麺作 赤シャモジ

道の駅加治川の向かいにある「麺作 赤シャモジ」へと行ってみました。
どさんこ荒川店と同じ経営とのこと。

akashamoji_1.jpg


17時前に到着したので、空いてる様なら色々と話でも聞こうかと思ってましたが、駐車場は満車、店内の待合席では数人が並んでいますあせあせ(飛び散る汗)


まず、注文したのは「特製しょうゆらーめん」です。
当初は普通の「しょうゆらーめん」を注文していましたが、メニューの写真を眺めるうちに「特製」が食べたくなり厨房を見ると、まだ盛り付け前だったので店員さんに変更可能か聞いてみたところ、快く変更に応じてくれました。

「特製しょうゆらーめん」

akashamoji_2.jpg

akashamoji_3.jpg


とろみのあるかなり濃厚な動物系スープからは魚介の風味もしますぴかぴか(新しい)
魚粉も入ってるかな?
麺はツルツルモチモチ系の平打ち麺で、元々持ち上がりの良いとろとろスープが麺同士の絡まりと共にたっぷりと絡まってきます。
このタイプの麺はあまり好みではないのですが、インパクトあるスープとの相性はなかなか良いのかなと感じます。

チャーシューは赤みを帯びたレアチャーシューですひらめき
最近流行りのタイプですねグッド(上向き矢印)

メンマ、塩麹味玉など、トッピングからもこだわりを感じます。


つけ麺

akashamoji_4.jpg

akashamoji_5.jpg


こちらのつけダレもかなり濃厚でとろみがあります手(パー)

麺は力強いツルモチ麺です。

濃厚なスープとコシの強い麺の組み合わせは最高でするんるん

出来れば醤油ラーメンをこの麺でも食べてみたかったですねひらめき
(または荒川店の担々麺の麺でも)


濃厚な醤油らーめんのスープを飲んだ瞬間

「ここの店は一味違う」

と感じ、他のメニューも試してみたいと思い「淡麗らーめん」を半ラーメンで注文しておきました。


淡麗らーめん(塩)※ハーフ

akashamoji_6.jpg

akashamoji_7.jpg


若干スープを減らしながら、うまく盛り付けてくれていますねわーい(嬉しい顔)
盛り付けの難しい半ラーメンの見た目がしっかりしていると、なんだか嬉しいですね〜
具が完全に沈んでる時もありますしね

スープはあっさりながらも、タレと油でなかなかインパクトある仕上がりとなっています。


三品食べてみて、こちらのお店の個人的一押しは「つけ麺」です。
といっても、他の2品も美味しく、更に定食、丼物、一品料理などたっぷりのメニューを取り揃えています。
普通、これだけのラーメン、つけ麺を出してたら、それだけでも十分勝負しそうなものですが、更にメニューを充実させている事も、人気の秘密なのかもしれませんねひらめき


麺作 赤シャモジの詳細
posted by BBSHIN at 00:23| Comment(0) | 新発田市