2013年11月13日

お食事処 たかとり

田上町にある「お食事処 たかとり」に行ってみました。

takatori_1.jpg


こちらのお店、かなりメニューが豊富です。
ラーメンの他にも、とんかつ定食、お刺身定食、天ぷら定食などの定食類、天重、かつ丼、カレー、チャーハンなどのご飯物、お刺身・小鉢付きの各種御膳、各種セット、一品料理など、何度きても楽しめそうなメニュー構成です。


角煮が人気という噂を聞いていたので、角煮入りのラーメンを注文してみました。


特製角煮担々麺

takatori_2.jpg

takatori_3.jpg


かなりデカい角煮がのっています。

箸で簡単に切れる程柔らかく、味も良く染みていて美味しいですねぴかぴか(新しい)
人気になるのも納得です。

スープは少しだけ辛めで、あっさり味でした。
昔ながらのお店の担々麺で良くあるタイプですね。

麺は自家製で手打ちとの事です。
台の上に麺帯を置き、竹棒の一端を縛り、もう一方に足をかけて生地を延ばしていくとか。


焼肉定食

takatori_4.jpg



ちなみにこちらのお店、前を通る度にいつも車がたくさん停まっていて、この日も多くのお客さんが入っていました。
定食で千円ちょっとと少しお高めな価格設定なのですが、色々な料理が美味しく食べられるという事で人気となっているのでしょう。



お食事処 たかとりの詳細
posted by BBSHIN at 20:50| Comment(0) | 田上町

麺や来味 期間限定情報「海老の西京白味噌らぁ麺 帆立載せ」「こってり辛ネギ盛らぁ麺」

麺や来味の期間限定情報をお知らせします。

今回は2杯の限定ラーメンについて掲載しました。


海老の西京白味噌らぁ麺 帆立載せの詳細

こってり辛ネギ盛らぁ麺の詳細
posted by BBSHIN at 00:30| Comment(0) | 日記

2013年11月12日

くるまやらーめん 新発田バイパス店

新発田市インターから7号線を村上方面に走ると左側にある「くるまやらーめん 新発田バイパス店」へと行ってきました。

kurumaya_shibata_1.jpg


ライスと餃子が無料だったので、餃子を注文しました。

kurumaya_shibata_5.jpg


スタミナラーメン

kurumaya_shibata_2.jpg

kurumaya_shibata_3.jpg


ニンニクがガッツリと効き、かなりしょっぱく濃い目の味噌味です。

そこにたっぷりのモヤシがのり、バターが少しずつ溶けてきます。
生卵、わかめの組み合わせが良いですね。
(この日はワカメがちょっとしょっぱめでした)

くるまやのスタミナラーメンは昔から好きでちょくちょく食べているのですが、どこどなくチープな雰囲気を漂わせつつも、刺激的な美味しさがあり、常習性がある一杯だと感じます。


塩バターラーメン

kurumaya_shibata_4.jpg


スタミナ同様、ニンニクがガッツリと効いた塩味のスープは、基本的にはあっさりなのだと思いますが、刺激的な味わいが特徴的でした。



くるまやらーめん 新発田バイパス店の詳細
posted by BBSHIN at 23:58| Comment(0) | 新発田市

2013年11月10日

幸風圓

サイト協力者からのラーメン情報です。

今回のお店は新潟市秋葉区の「幸風圓」です。


以下、マーロウさんの感想です。



秋葉区にある、幸風園に行ってきました。

koufuen_1.jpg


場所は原信の裏にあります。
近隣では評判のお店だそうです。
駐車場もほとんど空きがありませんでした。

厨房では店主がゴルゴ13のような顔つきで黙々と仕事をしており、ちょっと怖かった・・・^^;


俺が頼んだのは普通のラーメンです。

koufuen_2.jpg

koufuen_3.jpg


チャーシュー、メンマ、ネギという、オーソドックスな盛り付け。
麺は中細ちぢれ麺に、あっさりした優しい味わいでした。
丁寧に作っているなぁ〜という印象ですぴかぴか(新しい)


俺は今回食べませんでしたが、丼物がかなりのボリュームの様です。
丼を頼んだお隣の席の方は、出てきた丼を見たときは驚いてましたあせあせ(飛び散る汗)


幸風圓の詳細
posted by BBSHIN at 18:45| Comment(1) | 日記

ラーメン店でスタンプを押すたびにサービスが三段階にステップアップする超お得な本

コンビニでラーメン本が売ってたので買ってみました。

「ラーメン店でスタンプを押すたびにサービスが三段階にステップアップする超お得な本」

sandankai_2013.jpg


かなり長いタイトルです。

文字数は39文字もあり、AKB48の76文字のタイトルのシングルにせまる勢いです。

こちらの本、タイトルの通り同じ店でスタンプを押す毎に3段階でサービスがステップアップしていきます。

例えば、1回目は100円オフ、2回目は200円オフ、3回目は300円オフといった形です。

中には3回目はラーメン1杯無料特典としているお店も結構あるので、お得な一冊かと思われます。

「気に入ったお店には何度も通いたい」

そういう方にお勧めの一冊かと思われます手(パー)
posted by BBSHIN at 17:04| Comment(0) | 日記

らーめん わたなべ

新潟市中央区、上近江のパワーズフジミがあった場所に最近オープンしたばかりの新店「らーめん わたなべ」に行ってみました。

watanabe_oomi_1.jpg


お店に入るとフワ〜っとスープの香りが漂います。



らーめん

watanabe_oomi_2.jpg

watanabe_oomi_3.jpg


シンプルな昔ながらのあっさりラーメンです。

かなりスッキリとした味わいで、スープ表面に油がほとんど浮いていません。

ダシ感は醤油の風味と混じり分かりにくくなっていますが、飲み進めるにつれて旨いと感じてくるタイプで、実に素朴な味わいですひらめき

少し抑え目な仕上がりしてあり、「味か香りか、あと一味欲しい」と感じさせますが、ついついとスープを飲んでしまいます。

麺類を注文すると半カレーが200円のサービス価格となります。

watanabe_oomi_4.jpg


家庭的な味わいで美味しく、量もラーメンのお供にちょうど良いです。
これで200円はお得ですねるんるん

ラーメンの少し控えめな味、カレーセットが安い事からすると、セットで食べてちょうど良い位のバランスにしているのかなと感じました。



味噌ラーメン

watanabe_oomi_5.jpg


炒め野菜からの香ばしさ、甘味などがスープに移り、また、醤油ラーメンとは違い、油が浮いているので若干のコッテリ感があり、スープも最後までアツアツです。

あっさり味噌ラーメン好きにお勧めしたい一品です。



らーめん わたなべの詳細
posted by BBSHIN at 09:14| Comment(0) | 新潟市中央区

2013年11月08日

らーめん 風伯

万代のラブラ2の向かいにオープンしたばかりの新店「らーめん 風伯」
共進軒と同じ通りにあります。

fuhaku_1.jpg


魚介豚骨しょうゆ

fuhaku_2.jpg

fuhaku_3.jpg


豚骨と魚介のWスープらしく、表面には背脂らしき油が浮いています。
見た目は油がきつそうに見えましたが、実際はそれ程でもありませんでしたぴかぴか(新しい)

キタカタグループという事で、無尽蔵の様な強い旨味のスープをイメージしていましたが、魚介の風味も含め旨味は程ほどで、全体的にバランスの取れた一杯となっていました。


白味噌野菜

fuhaku_4.jpg

fuhaku_5.jpg


白味噌スープはまろやかな飲み口です。
野菜も結構入り、麺も太麺なので食べ応えがあります。


つけ麺・海老豚骨

fuhaku_6.jpg

fuhaku_7.jpg


今回食べてみた3品で一番個性的な一杯だと感じましたひらめき

バランス取れた仕上がりで万人受けしそうな魚介豚骨と白味噌野菜とは違い、海老の風味が強烈な印象を与えるつけ麺です。

濃厚なスープは、縮れ太麺に良く絡みます。

インパクトがある味わいなので、最後まで飽きる事なく食べる事が出来ました手(パー)



らーめん 風伯の詳細
posted by BBSHIN at 23:22| Comment(2) | 新潟市中央区

2013年11月07日

らーめん ヒグマ 塩沢店

サイト協力者のサラリー麺さんからのラーメン情報です。

今回のお店は南魚沼市の「らーめん ヒグマ 塩沢店」です。

以下サラリー麺からのコメントです。



17号シリーズ第2弾

今回は、らーめんヒグマ 塩沢店のレポートです。

いつも休みの時とかち合ってしまい、今回やっと営業中に出会うことができました。
月曜定休日で、今日は、祝日なので営業してました。

higuma_shiozawa_1.jpg


天気も良く、写真右側に写る山々も綺麗ですね。
民家を改造したようなたたずまいだったので、店内も民家風なのかと思いましたが、
かなり改造されており美しく綺麗でした。店主、女性スタッフみんな良い感じでした。

休日のお昼ということもあり家族連れや作業着のおじさん、草野球チームのメンバーが集団で
来店しており、にぎわっていました。


店内ではまず、食券を購入します。
今回は、気分的に味噌、朝から何も食べていなかったので特盛(麺2倍)にしました。


味噌チャーシュー 特盛 麺2倍 950円です。

higuma_shiozawa_2.jpg

higuma_shiozawa_3.jpg


麺は、中太のやわらかい麺でした。
スープは、特徴に書いてあるようにしょっぱいです。
かなりしょっぱいので「東横」のように割るためのスープが欲しいところです。
今、これを書いていて気付いたのですが、割りスープをもしかしたら頂けたのかもしれません(汗)
そんなことがよく見たら店内の張紙に書いてありました。

味噌味のスープと麺がわりと絡まず、麺を口に運び、すぐレンゲでスープを口に流し込むといった食べ方をしました。
さらに乱切りのチャーシューを適時、口に放り込みます。
歯ごたえ的には、もうちょいチャーシューに厚みが欲しいところです。

でも、総じて美味しかったです。
麺2倍はやはりきつく、途中で満腹感に達し、普通盛りにしとけば良かったと後悔…
さすがにスープは全部飲めなかったです。

次回は、醤油味、塩味も食べてみようと思います。




らーめん ヒグマ 塩沢店の詳細
posted by BBSHIN at 20:57| Comment(0) | 南魚沼市

2013年11月06日

ラーメンWalker新潟 2014 2013/11/8発売

「ラーメンWalker新潟」が11月8日発売予定となっています。

発売前に表紙画像を入手しましたので掲載致します。

ramen_walker_2014.jpg


紙面ではラーメンウォーカーの百麺人と読者が選ぶランキングが掲載されます。
私も投票とコメントの投稿をしました。


ランキング結果が気になりますねひらめき


でも、表紙画像を良く見ると、、、


画像を見れば分かる方も恐らくいる事でしょうたらーっ(汗)


でも、「画像を見ても分からない」という方は発売してのお楽しみです。
アップで見るのは控えましょう手(パー)


私も実際中身は読んでないので、内容に関しては手に入れてからのお楽しみですぴかぴか(新しい)

皆様のラーメンライフのお供にいかがでしょうか?


ラーメンWalker新潟 2014の詳細
posted by BBSHIN at 23:35| Comment(0) | 日記

2013年11月05日

饗 くろき (東京都)

東京都千代田区、秋葉原駅近くの「饗 くろき」へと行ってきました。

kuroki_1.jpg


「くろき」の「き」は変換候補に出ないので平仮名にしましたが、実際は「七」が三つある漢字です。

開店直後に行きましたが、開店前から並んでいた人もいた様で店内は既に満席、店外に二人並んでいました。

一人という事もあり、前の二人より先にカウンター席に通されました。


注文したのは「塩そば」です。

kuroki_2.jpg


麺は細麺、平打ち麺が選べたので、細麺にしました。

kuroki_3.jpg


魚介ダシの香る極上スープは、香り、旨味、後味など非のつけどころがありません手(パー)

細麺はシュコシュコとした歯応えが良く美味しい麺ですが、繊細なスープの味を邪魔する事はなく、バランス感覚が素晴らしいですグッド(上向き矢印)

赤みがかったチャーシューは低温で焼き上げた焼き豚との事で、香りと肉の旨味がたまりません。

カリっとした揚げごぼうが良いアクセントとなります。
「揚げ」といっても、スープの味を全く邪魔せず、浸して食べる事で、それ自体が美味しくなっていると感じます。


七味唐辛子と乾燥梅干し

kuroki_4.jpg


絶品スープはそのままでも飽きる事がない味わいなので、味の変化は必要無いと思いましたが、あえて乾燥梅干しを試したところ、とても面白い変化をしてくれましたるんるん
梅とあっさり塩スープは合いますね手(パー)

とても美味しかったです手(チョキ)

今度は濃厚スープの味噌も試してみたいですねぴかぴか(新しい)


饗 くろきの詳細
posted by BBSHIN at 20:56| Comment(0) | 東京都

先輩との東京食べ歩き

当ブログに「タチの悪い先輩」として度々登場する先輩との東京ラーメン食べ歩き。

これは本来予定されたものではなく、初日は東京で食べ、二日目は千葉県を巡る予定となっていました。
その為に、効率的な電車の利用、休憩時間、飽きずに連食する為に同じ系統を続けないなど、1ヶ月以上前から考えていました。

そして初日の夜、先輩からは

「浜松町にきたら忍八に行ってみて」

と言われていたので、浜松町で飲んだ後に忍八へ向かう際に、ふと先輩に電話してみたところ、急遽合流する事になり、その後予定した赤坂のロックンロールワンまでついてきてくれました。

翌日、千葉を巡るつもりでいたのですが、先輩が

「明日の千葉巡り、オレも行くぞ手(パー)

と言ってきたので、千葉まで先輩を引っ張り出すのは申し訳ないと思い、先輩の家に比較的近い高田馬場駅で一、二杯食べてから千葉に予定より少し遅れて千葉に行こうと思っていました。

そして、渡なべで食べた後、

「二日連続で付き合ってくれてありがとうございました。それでは駅までご一緒します」

的な感じのつもりだったところ、先輩から

「次はどこ行こうか?」

ときたので、東京Modsにも同行してもらう事としました。


東京Modsのつけ麺がボリューム感あり、ヘビーだった為、少し休憩した後に1、2杯食べて新潟に帰ろうと思っていたところ、先輩から

「さすがにすぐはきついけど、休憩して次行こう」

ときたので、千葉は白紙にし、都内で以前より行こうと思っていたお店「ホトトギス」に切り替える事にしました。
ここまできたら、先輩の熱意に対し、こちらも全力で応えるしかありません爆弾

今回、先輩と一緒に二日間で5杯巡りましたが、コレってかなり凄い事だと思います。

私の場合は、ラーメン情報を集め伝えたいという目的と、美味しいラーメンをたくさん食べたいという願望を持って巡っていますが、先輩からすると2杯目以降は全くメリットの無い行為ですからねたらーっ(汗)

「一見、意味が無いと思われる事にもアツくなれる」

という事の大切さを学ぶ事が出来た気がしますぴかぴか(新しい)


忍八のブログ記事

らぁめん家 ロックンロールワンのブログ記事

渡なべのブログ記事

東京Modsのブログ記事

そばはうす 不如帰のブログ記事
posted by BBSHIN at 00:12| Comment(0) | 日記

2013年11月04日

そばはうす 不如帰 (東京都)

幡ヶ谷駅近くにある「そばはうす 不如帰」へと行ってきました。

hototogisu_1.jpg


店内はカウンターのみのつくりで、14時過ぎでしたが満席。
3〜4人がお店の中に立って待っていました。
閉店時間のちょっと前ではありましたが、私達が入って程なくするとスープ切れ閉店となった様です。
危なく間に合わないところでしたが、ギリギリでセーフだった様ですたらーっ(汗)
なかなか行けないので、ラッキーでしたねるんるん



塩そば

hototogisu_2.jpg

hototogisu_3.jpg


スープは、豚清湯、和風出汁、ハマグリのトリプルスープとの事です。
出汁感がハンパなく、あっさりながらも主張が強いスープですグッド(上向き矢印)

正直、トリプルスープとっていも、私の味覚ではそれぞれの素材の味を感じ取れる訳ではなく、だいたいは「ハマグリ」のスープだと感じます。
そこに、何か良くは分からないけど、複雑に重なっているという位にしか分かりません。
でも、その複雑な感じが何ともいえず良いですねぴかぴか(新しい)

トリュフオイルなども使われている様です。

素人目線で想像すると、ハマグリの味の個性を前面に出しつつ、豚と和風ダシで2種類の旨味のベースを作っている、といった形でしょうか。


このブログの読者はほぼ新潟の方々だと思いますが、新潟の皆様にハマグリラーメンといえば、麺や来味の期間限定「はまぐり塩らぁ麺」となるかと思います。
ハマグリの出汁感でいえば麺や来味の方がシンプルで格段に強く、今回の不如帰は、はまぐりダシに色々なものが折り重なっているという印象です。


上にのってる塩漬けラードは、脂感はそれ程なくサッパリとした味わいです。
知らずに食べれば何かの刺身かなとも思ってしまうかもしれません。



醤油そば

hototogisu_4.jpg




そばはうす 不如帰の詳細
posted by BBSHIN at 23:38| Comment(0) | 東京都

Q太郎

上越市、高田駅周辺で飲んだ後、シメに万里でラーメンを食べ、宿泊先のビジネスホテルでゆっくりしていると、ふと頭に

「夜の高田駅周辺にくるチャンスは滅多に無いのでは?」

とよぎり、事前に調べておいた店に地図を片手に向かう事にダッシュ(走り出すさま)

しかし、地理感覚が無く、携帯をホテルに忘れてしまった為GPSも使えず、なかなかお店を見つける事が出来ず1時間程彷徨うハメになってしまいました。

夜中で疲れていた上に、お酒もまわり段々ぐったりとしてきて、さすがに心が折れそうになり、諦めて帰ろうかと思ったところ、ふと目にラーメン屋らしきお店が飛び込んできました。

Q太郎

qtarou_1.jpg


狙いのお店ではありませんでしたが、平日の深夜にも関わらずほぼ満席となっています。

時計を見ると深夜2時をまわっていました。
(後で知ったのですが、基本は夜1時閉店らしく、お客さんの入り次第で閉店時間を延ばす事もあるとか)


注文したのは「台湾ラーメン」です。

qtarou_2.jpg

qtarou_3.jpg


あっさりとしたスープは、結構な辛味があります。

店主に聞いてみると、具材をスープで煮込む際に、鷹の爪を入れており、入れるタイミングによって辛さ調節が可能だとか。

辛味の効果で体がポカポカと温まり、じんわりと汗がにじんできました。
歩き疲れ、消耗しきった体に嬉しい一杯でした手(チョキ)

ちなみに、普通のラーメンは豚骨を使ったあっさりスープに、鶏油が浮き、麺は細麺で飲んだ後のシメ向きの一杯との事です。
つけ麺は太めの平打ち麺、また、レギュラーメニューではなさそうですが、極細麺の支那そばもあるらしいです。


Q太郎の詳細
posted by BBSHIN at 21:34| Comment(0) | 上越市

コマチスタンプラリー 30軒制覇を断念・・

8月から始まったコマチスタンプラリー

去年は30軒制覇し、10杯サービスを受ける事が出来ましたが、今年は30軒に行く事が出来ず断念する形となりました・・


今回のスタンプラリー参加カード

komachi201311.jpg


バトルと重なった事もあり20軒が精一杯でした・・


ただ、ラリーで初めて訪れた笑美寿亭天龍軒など素晴らしいお店の存在に気付く事が出来たのは収穫だと思っています。

今年は残念ながら断念する形となりましたが、次回チャレンジする時はしっかりとコンプリートしたいと思いますパンチダッシュ(走り出すさま)
posted by BBSHIN at 12:33| Comment(0) | 日記

中国家庭料理 万里

上越市の高田駅前で飲んだ後、駅のすぐ近くにある「万里」へと行ってみました。

banri_1.jpg


お通し

banri_2.jpg


まずは餃子をつまみに一杯

banri_3.jpg


シメにラーメンを注文しました。

banri_4.jpg

banri_5.jpg


澄んだスープはかなりあっさりしています。
醤油味もそれ程主張せず、かなりシンプルな仕上がりとなっていて、正に「〆のラーメン」ですねぴかぴか(新しい)


ジャージャー麺

banri_6.jpg


モチモチでうどんの様な食感の麺の上に、肉味噌・キュウリがのっています。

終盤になり酒も良い感じにまわり記憶も曖昧ですが、肉味噌は甘辛の味付けだったと思います。

肉味噌と麺を混ぜながら食べると美味しかったですねぴかぴか(新しい)


中国家庭料理 万里の詳細
posted by BBSHIN at 01:50| Comment(0) | 上越市

2013年11月03日

東京Mods (東京都)

東京食べ歩き2日目の2軒目に選んだお店は、高田馬場駅近くの「東京Mods」です。

tokyomods_1.jpg


以前よりこちらのお店のつけ麺「ベジ割り」が気になっていました。
新潟のラーメンバトルのテーマが「野菜」という事もあり、色々な野菜の使い方を味わっておきたいと思いまして。


つけ麺

tokyomods_2.jpg

tokyomods_3.jpg


濃厚動物系スープは豚・鶏を使っているらしいです。
ガツンとくる濃厚さがありながらも、旨味が強く飲みやすいつけダレですね。

麺はツルツルモチモチの極太で、スープの絡みはそれ程でもないですが、スープの味が強いので少しの絡み具合でも十分だと感じます。


最後の麺をつけダレに入れたところで、

「麺を少し残し、ベジ割りをお願いする」

的な説明文に気付き、麺入りの状態で、ベジ割りを依頼する事となりましたたらーっ(汗)


ベジ割り後

tokyomods_4.jpg


日替わりで色々な野菜を使うらしく、この日使われる野菜はトマトでしたひらめき

ベジ割りをすると、つけダレは一気に冷たくなり、冷製トマトスープの様になりました。

個人的には、ベジ割りにする事で、スープがゆるくなり麺との絡みが悪くなるので、麺は食べ切ってからの依頼でも十分かなと思いました。
あと、手間がかかるかもしれませんが、温かいトマトスープの様にしてくれると嬉しかったかなと。

しかし、後入れで野菜を追加し清涼感ある後味にしつつ、体にも良いという発想はとても素晴らしいと思いましたぴかぴか(新しい)


先輩が食べた「らーめん」

tokyomods_5.jpg



東京Modsの詳細
posted by BBSHIN at 23:59| Comment(0) | 東京都

櫻食堂

新潟市西区に今年9月オープンしたばかりの新店「櫻食堂」へと行ってきました。

sakurasyokudou_1.jpg


この辺りは侍元やことぶきなどの人気店が揃うかなりの激戦区です。
その様な立地に果敢にも挑む新店が出すラーメンは果たしてどの様なものなのか、かなり気になっていました。
また、当サイト掲示板ユーザーからの評価も高かったので、期待感が高まりますグッド(上向き矢印)



Wラーメン
タイトルの「W」とはホワイトスープのWらしいです

sakurasyokudou_2.jpg

sakurasyokudou_3.jpg


運ばれてきたラーメンを見ると、確かに白っぽい感じです。
見た目からすると、自分の経験からの想像で濃度低めの豚骨魚介かと思いましたが、スープを飲んでみると予想外の味わいですひらめき

スープはあっさりだけどコク深く、口に広がる魚介の香りも実に良い感じですぴかぴか(新しい)
表面の油は鶏とアゴ油とのこと。

麺は表面がツルツルしていて、うまく表現出来ませんがモチモチとしているというよりは、噛み切る時にムニュっという様な食感の麺で、スープとも実に良く合っています。


また、岩海苔から溶け出す磯の香りが、変化を与えて最後まで飽きさせませんるんるん

そして完食手(チョキ)

sakurasyokudou_4.jpg


AGラーメン

sakurasyokudou_5.jpg


AGはスープに使われている飛魚の別名「アゴ」の事らしいです。

こちらもWラーメンとはまた違った方向で、あっさりながらも旨味たっぷりのスープが特徴的でした。

2杯を食べてみて、かなり美味しいと思ったので、ノーマルの櫻ラーメン、味噌ラーメン、つけ麺などにも興味が沸きました。

また、昼時はカレーが500円、上越風豚汁の豚汁定食が600円というリーズナブルな価格設定が嬉しいですねるんるん

カレーには動物系の軟骨、小骨から取ったゼラチン質を使っていると書いてありましたが、ラーメンスープを取る時の出汁ガラの有効活用でしょうか?
実際に見てないから何とも言えませんが、素材を余すところなく使うという発想は好きですねぴかぴか(新しい)
ぜひランチタイムに伺ってみたいものです手(チョキ)



櫻食堂の詳細
posted by BBSHIN at 02:14| Comment(0) | 新潟市西区

BSN水曜見ナイト「新潟ラーメン王国」

現在イオン新潟西で開催中のBSNの「水曜見ナイト企画」の「新潟ラーメン王国」

3杯食べた初日に引き続き、2度目の訪問となりました。

2013niigataramenookoku_1.jpg


初日は天候に恵まれたなかった事もあり、それ程人が入っていませんでしたが、その日に放送された水曜見ナイトの効果もあってか翌日以降は大盛況が続いている様です。

今日も寒い夜の屋外だというのに、多くの人が集まっていました。


一軒目に選んだお店は宮城県仙台市にあるお店「五福星」です。

2013niigataramenookoku_2.jpg


こちらのお店には、過去2度訪問していました。

2010/7/25の記事
2011/9/8の記事

元気に接客する奥様を見かけ、「以前新潟から訪れた者です手(パー)」とお話すると、、

さすがに私の顔までは覚えていなかった様です(^^;)
3年間で2回だけ、それも5分程ですからねたらーっ(汗)

その時のシチュエーションを伝えるとギリギリ思い出してくれてた様子??

結局また撮影させてもらいましたカメラ

2013niigataramenookoku_3.jpg


桜エビの低温焙煎 全粒粉つけ麺

2013niigataramenookoku_4.jpg

2013niigataramenookoku_5.jpg


濃度はそこそこで味濃い目のつけダレは、桜エビが風味をプラスしとても良い感じですグッド(上向き矢印)
全粒粉を使っているという麺は茶色がかっていて、見た目通り歯応え・食感が良い麺です。

ラスクにのったトッピングの熟玉は、以前も食べた事がありますが、相変わらずの美味しさでするんるん

ゴッツい豚肉が2枚のっています。
懐に余裕があれば数量限定の牛タン(1,000円)やトンテキ(700円)を注文するのも良いでしょう。
こちらの地域の牛タンは美味しいですからね〜


次は「赤備」です。

2013niigataramenookoku_6.jpg


豚鶏ラーメン

2013niigataramenookoku_7.jpg

2013niigataramenookoku_8.jpg


濃い目の動物系スープに浮いた油がコクとコッテリ感を演出しています。

麺はパツパツと切れる食感が特徴的なストレート細麺です。
濃い目の味のスープが程よく馴染みます。



丸め×潤

2013niigataramenookoku_9.jpg


背脂煮干ラーメン

2013niigataramenookoku_10.jpg

2013niigataramenookoku_11.jpg


背脂中華、野菜トッピングといった感じの一杯です。

今回はしょっぱさが控えめで、油によるマイルド感、野菜のスッキリとした後味が特徴的でした。



新旬屋 麺

2013niigataramenookoku_12.jpg


山形鶏中華

2013niigataramenookoku_13.jpg

2013niigataramenookoku_14.jpg


あっさりだけどコクのあるスープは、クセになる味わいです。

トッピングの海老ワンタンも美味しかったですぴかぴか(新しい)

麺はツルツル細麺で、特徴をそれ程感じない麺ですが、印象的なスープの良さを引き立てていると感じます。


勝龍×暁天×なおじ

2013niigataramenookoku_15.jpg


水曜見ナイト ドッカンバージョン! なおじと小千谷細貝兄弟みそまみれ!

2013niigataramenookoku_16.jpg

2013niigataramenookoku_17.jpg


濃い目の味わいの味噌ラーメンです。
器の表面には全体の雰囲気を決定付ける油がたっぷりと浮いています。
麺は中位の太さの平打ちで、柔らかい食感の麺でした。

トッピングを追加する事で、ガッツリドカ盛りラーメンにする事も可能な様です。



今回は開催期間が長い事もあり、予定を合わせて2回行く事が出来、全店巡る事が出来ましたぴかぴか(新しい)

出店側は通常営業の人員を割いたり、休業したりと負担が大きいかもしれませんが、食べる側としてはスケジュール調整がしやすいので嬉しいですよねるんるん
運営側としては3連休の週末に狙いを絞りつつも、初日に水曜見ナイト生中継という狙いのスケジュールかもしれませんね。


イベントはまだ日、月と二日間残ってますので、この三連休イオン西に行ってみてはいかがでしょうか?


BSN水曜見ナイト「新潟ラーメン王国」の詳細
posted by BBSHIN at 00:46| Comment(0) | グルメイベント

2013年11月02日

渡なべ (東京都)

先輩と共に夜中に忍八ロックンロールワンと食べ歩いた後、先輩から「明日はどこに行くんだ?」との一言。

私が

「千葉食べ歩きを計画しています」

と言うと、

「よし、じゃあオレも行く手(グー)

との事爆弾


お世話になった先輩を遠くまで引っ張り出すのは申し訳無いと思い、一ヶ月かけて計画したスケジュールを全て白紙にし、予定を都内食べ歩きに変更し高田馬場にある有名店「渡なべ」へと行く事に。


渡なべ

watanabe_1.jpg


らーめん

watanabe_2.jpg

watanabe_3.jpg


濃厚動物系スープに魚介が強烈に色づけされた様なインパクト抜群のスープですぴかぴか(新しい)
動物系のパンチ、魚介の風味がうまく共存しており、強い旨味を感じさせつつも、クドさ・エグさも無くバランスの良い仕上がりです。
ストレートの中太麺もスープに良く合っています。

こういうスタイルのラーメン、今では多くの店で見かけますが、こちらのお店の完成度はさすがですねグッド(上向き矢印)

全国のラーメンを食べ歩く人からのお勧め情報も入ってましたが、情報に偽りはありませんでした手(チョキ)



先輩は限定の「鶏と貝の塩ラーメン」を注文しました。

watanabe_4.jpg


鶏と貝の出汁がしっかりと出ていて、あっさりながらも出汁感がたっぷり出ている極上の淡麗系塩ラーメンですぴかぴか(新しい)

ただ、鶏は分かるものの、貝は一体何の貝なのかが判別出来ませんたらーっ(汗)

「何の貝かは分からないけど、貝が美味しい」

的な会話をしていると、店員さんが

「何の貝だか分かりますか? 実は使ってるのは「しじみ」だけなんですよ」

と教えてくれました。
話を聞いて飲んでみると、確かにしじみの味がする気がしますひらめき
凡人の舌はアテになりませんね・・

美味しいスープに幸せを感じつつも、「しじみ」という特徴的な食材を判別出来なかった事に落ち込んでいると、店員さんが

「混ざっているし温かいうちは分かりにくいかもしれませんね。 スープが冷めると良く分かりますよ」

と優しいフォローを入れてくれましたるんるん


ラーメンも美味しく、店員さんも優しい。
実に素晴らしいお店です手(パー)


渡なべの詳細
posted by BBSHIN at 13:42| Comment(0) | 東京都

喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店

新潟駅南にオープンしたばかりの新店「喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店」へと行ってきました。

kura_ekinan_1.jpg


こちらのお店、だいぶ前の話ですが以前古町モールにあったと記憶しています。

15〜6年前、ギター片手に古町モール7番町で下手な弾き語り路上ライブを毎日の様にやっていた頃、同じ様に路上に集まる仲間達と演奏後にラーメンを食べに行ってました。
細かい味は忘れましたが、深夜で疲れた体でもスルっと食べられるラーメンだった印象が残っています。

気付くと閉店していて寂しい気持ちとなりましたが、長野県の須坂東インター近くでも支店を見かけ懐かしい想いを感じていました。
ただ、長野まで行くなら当地の個人店を食べたくなるので、対象外となってしまいますたらーっ(汗)

そうして10数年の月日が流れましたが、この度、新潟駅南けやき通りに復活オープンとなりましたひらめき

ずっと食べたいと思っていたので嬉しいですね〜るんるん

今回復活オープンするまで知らなかったのですが、調べてみると「蔵」は「無尽蔵」と同じキタカタグループだったのですね


喜多方ラーメン

kura_ekinan_2.jpg

kura_ekinan_3.jpg


スープはあっさりめですがコクと旨味は強めです。
しょっぱさは程々でバランス良い仕上がりだと思います。

以前のものはもう少ししょっぱめで、醤油をメインに感じさせるラーメンだったと曖昧な記憶が残っていますが、実際のところはなんともいえません。

お昼ご飯に、飲んだ後に、両方楽しめるタイプのラーメンだと思いましたひらめき


+200円で餃子セットに

kura_ekinan_4.jpg


いつも醤油と酢で食べますが、今回は半分を味噌ダレで食べてみました。

1皿で2品食べた様なお得な気分になります手(パー)



会津 喜多方ラーメン 蔵の詳細
posted by BBSHIN at 12:36| Comment(0) | 新潟市中央区