2014年04月11日

麺家 太威

新潟市東区に新規オープン「麺家 太威」に行ってきました。
場所は木戸病院のすぐ近くです。

dai_1.jpg


ラーメン

dai_2.jpg

dai_3.jpg


スープは豚骨醤油で、トッピングや油なども含めかなり家系的な一杯です。
一般的には濃厚コッテリの部類に入りそうですが、家系的な感じからすると軽めに感じます。
この系統であればもう少し濃度高めの方が良さそうかなとも思いましたが、奥さんは「この位のスープの濃さの方が食べやすくて美味しい」と言ってました手(パー)

トッピング無しのノーマルのラーメンでほうれん草たっぷり、チャーシュー、ネギ、海苔と豪華な盛り付けですねぴかぴか(新しい)


テーブル備え付けのニンニクを入れて、ガツンとした味に変化させてもオッケーですひらめき

dai_6.jpg



野菜ラーメン

dai_4.jpg


普通のラーメンと同じスープだと思いますが、炒め野菜の味と油がスープ全体の印象を変えるので、ラーメンとはまた違った味わいとなります。
油の感じが変わる事で、家系的ではなくなるので、普通のラーメンと同じ感じの味でたくさん野菜を食べたければ「ほうれん草ラーメン」の方を選択すると良いでしょう。
こちらは、炒め野菜のボリュームを楽しめるラーメンだと思います。


キャベチャー丼

dai_5.jpg


正に家系のサイドメニューですねぴかぴか(新しい)

しっかりと定番の味を出してました。
とても美味しかったです手(チョキ)



麺家 太威の詳細
posted by BBSHIN at 23:20| Comment(0) | 新潟市東区

2014年04月10日

麺爆怒門

先週、市役所近くにオープンしたばかりの新店「麺爆怒門」に行ってきました。

menbakudomon_niigata_1.jpg


上越市の麺爆怒門からの暖簾分け店との事です。
ちなみに麺爆怒門とは、以前ラーメンバトルでも食べに行った「麺屋義次」の姉妹店で、二郎インスパイア系のラーメンを出しているお店らしいです。

しかし、こちらのお店のラーメンは二郎インスパイア系ではなく、「基本」「豚骨醤油」「つけ麺」の3本立ての様です。


とい事でまずは、基本から


怒門ラーメン基本

menbakudomon_niigata_2.jpg

menbakudomon_niigata_3.jpg


こってり感があり、インパクトのある一杯ですねひらめき

多めの背脂が浮いており、その下には濃厚な動物系スープが隠れています。
浮いた油と白湯の油のWパンチは破壊力抜群です。
といっても、油は口当たりまろやかで、甘味とコクを感じさせつつもギトギト感はありませんるんるん

お店に圧力鍋が置いてあったので、何に使うかを聞いてみると背脂の下処理に使っているそうですぴかぴか(新しい)
背脂の臭みを出したくないので、仕込みにはこだわっているとか。


ニンニクを入れて良いかを聞かれたので、普通に入れてもらいましたが、結構な量が入っています。
スープに強烈なアクセントを与えるので、入れる場合はいきなり混ぜずに、少しずつレンゲで混ぜながら食べていくと味の変化を楽しめるでしょう
ちなみにお昼時は、さすがにニンニク抜きにする人が多い様です。

麺は歯応えのある中太麺です。
茹で加減固めというよりは、かん水多めでコシを出しているか、それとも作り方か、といった印象を受けましたが、麺についてまでは聞いていないので真偽の程は分かりません。
スープと良く合う美味しい麺でした手(パー)



味濃い目が好きな人はテーブル備え付けのラーメンタレで味を濃くする事が可能です。

menbakudomon_niigata_4.jpg



豚骨醤油

menbakudomon_niigata_5.jpg

menbakudomon_niigata_6.jpg


家系にも似た豚骨醤油ラーメンです。

油が軽い事もあり、基本に比べてスープの感じが良く分かります。
麺は基本と同じ位の太さの麺ですが、基本程の固さではなく、少しモチっとした食感の麺です。


こちらのお店、トッピングメニューが無く、また、チャーシューメンや味玉ラーメンといった様なトッピング追加系も無く、シンプルなメニュー構成となっています。
そのかわりに今回食べた2杯のラーメンは、ノーマルでもトッピング多めのちょっぴり豪華な盛り付けとなっていました。
お店の中はカウンターのみのシンプルなつくりで、多くても2人、基本は一人で切り盛りする感じなので、スムーズな営業をする為の工夫なのかなと思いました。



肉こしょう丼

menbakudomon_niigata_7.jpg


運ばれてくると、胡椒の香りが漂い、食欲を刺激します。
ラーメンのサイドメニューとしてはピッタリの一品でした。
ご飯物メニューは他にもチャーシュー丼、卵かけご飯、ライスがありました。


今度上越に行った際には、二郎インスパイア系の方も試してみたいですねわーい(嬉しい顔)


麺爆怒門の詳細
posted by BBSHIN at 22:08| Comment(2) | 新潟市中央区

ノガミ

南魚沼市の「ノガミ」に行ってきました。

nogami_1.jpg


入り口に券売機があります。


スタンダードな正油ラーメンを注文しました。

正油ラーメン

nogami_2.jpg

nogami_3.jpg


王道スタイルの生姜醤油ラーメンです。

チャーシューはコレ系のラーメンに良くあるタイプで、いかにもな感じです。

こういうタイプのラーメンだと大抵ほうれん草がのってますが、こちらのラーメンにはカイワレがのっていました。
生姜の効いた濃い目の醤油味のスープとカイワレは予想外に相性が良いですぴかぴか(新しい)

モッチリツルツル麺もスープとピッタリです手(チョキ)


塩ラーメン(半)

nogami_4.jpg

半ラーメンは280円からとかなり低価格です。
量は通常の半ラーメンよりも少なめで、お子様ラーメン位の量ですが、食べ歩きで一度に色々なお店を巡る時、お腹が空いてない時に他の人の食事についていく時などにピッタリなボリュームだと思います。



ノガミの詳細
posted by BBSHIN at 00:20| Comment(0) | 南魚沼市

2014年04月08日

麺や一晃亭 MISOバジル

長岡市の「麺や一晃亭」へと行ってきました。

ikkoutei_201404_1.jpg


今回の目的は期間限定の「MISOバジル」です。

「MISOバジル」の期間限定情報はこちら


MISOバジル

ikkoutei_201404_2.jpg

ikkoutei_201404_3.jpg


丼の表面からはバジルの香りが漂いますぴかぴか(新しい)

バジルソースの香ばしさがパスタなどのイタリア料理を想像させますね〜

スープは、味噌ベースらしいですが、表面に浮く油の強いインパクトにより、味噌が引き立て役になっていると感じました。

トッピングの溶けるチーズでくるんだチャーシューがとても美味しかったでするんるん

麺は細麺でしたが、変更可らしいです。

イタリアンテイストなラーメンというより、むしろ、本格イタリア料理店がラーメンも作ってみた、的な仕上がりの一杯だという印象ですひらめき
恐らくこちらのお店の店主、パスタなどを作っても一級品を提供出来るのではないかと思います手(パー)

某ラーメン漫画のコンテストであれば「イタリアンテイストに寄り過ぎている」と高得点がつかないかもしれませんが、実際食べる側からすればその辺りは関係なく、単純に「美味しい」 そんな一杯でした手(チョキ)


野菜タンメン

ikkoutei_201404_4.jpg


あっさりと飲みやすいスープには野菜の美味しさが溶け込んでいます。

タンメンというと、野菜が柔らかくなっていたり、薄味だったり、白っぽさがメインの色合いだったりする事が多いですが、こちらのお店のタンメンは、野菜がシャキっとしっかりとした歯応えを残しており、色とりどりの配色がとても綺麗です。
味も特別な部分がある訳ではなく、パッと見は普通のタンメンと見えるかもしれませんが、素材選びや配分、調理なども含め、バランス感覚が秀逸な一杯だと思いました手(チョキ)


麺や一晃亭の詳細
posted by BBSHIN at 21:00| Comment(0) | 長岡市

麺屋 紅らい

協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

※3月以前に寄せられた情報なので、価格等は古いかもしれません


以下マーロウさんの感想

↓↓↓↓


三条市にある、「麺屋 紅らい」に行って来ました。

kourai_1.jpg


ラーメンの他、うどん、そばもありました。


営業スタイルはセルフサービスの様です。
そうとは知らず席に座っていると、

「すみません、うちはセルフサービスでして......」

と言われたので、レジに向かい、注文しお金を払うと、番号札を渡されました。
席に戻って、しばらくすると番号が呼ばれ、注文したラーメンを取りに行きます。


小生が頼んだのは「背油中華」

kourai_2.jpg

kourai_3.jpg


値段は500円という、とてもリーズナブルな価格設定。
ネギは入れ放題。
麺は太麺。
背油の量はそれほどがっつり入っていないので、あっさりしていました。



ちなみにこちらのこのお店、製麺工場直売店ということで、ラーメンを食べていく以外にも、持ち帰りの麺や、スープの販売もしている様です。

kourai_4.jpg



麺屋 紅らいの詳細
posted by BBSHIN at 01:17| Comment(0) | 三条市

2014年04月07日

麺や一晃亭の「追い煮干し中華」についての取材記事を掲載しました。

長岡市、寺泊港近くにある「麺や一晃亭」の看板メニュー「追い煮干し中華」についての取材記事を掲載しました。

麺や一晃亭の「追い煮干し中華」について


以前から取材したいと思っていましたが、なかなか仕込み取材のタイミングが合わず、当初は電話取材でのピックアップ掲載していました。

電話取材での記事


仕込み取材をしてみると、話に聞いていた内容と大体同じ感じではありましたが、プロの手さばきを見れたのはとても参考になりました。

また、醤油と煮干しで分からなかった煮干し混じりの動物系スープの濃さも何となく分かりました。
もう少しあっさりめなのかと思ってましたが、想像してたよりも濃く、魚介スープ・タレ・油と合わさり深みのある味に仕上がっているのだなと思いました。


まだ食べた事が無いという方は、ぜひ一度お試し下さい。
食べてみる価値ありの逸品かと思われます手(チョキ)
posted by BBSHIN at 01:07| Comment(0) | 日記

2014年04月06日

青桐 だぶる醤油ラーメン

長岡市、長岡駅近くにある「青桐」

aogiri_201404_1.jpg


先月掲載したインタビュー記事取材の際、営業中に行って食べてからお話を伺いました。

青桐へのインタビュー記事


だぶる醤油ラーメン

aogiri_201404_2.jpg

aogiri_201404_3.jpg


だぶる醤油の「だぶる」とは、鶏スープと魚介スープのWスープという意味の様です。

スープ表面から漂う、焦がし香味油の香ばしい香りがとても鮮烈でしたぴかぴか(新しい)
食べてる時は何の油か良く分かりませんでしたが、話を聞いてみると焦がしラードとの事です。
この油がかなり重要な役割を担っていると感じました手(パー)

麺は中太の縮れでツルツルモチモチ系です。
印象的な香りを放つ油を適度に持ち上げてくるので、麺自体も飽きる事なく美味しく頂く事が出来まするんるん


鶏骨醤油ラーメン

aogiri_201404_4.jpg


濃厚な鶏の旨味のある鶏白湯スープです。
ただ、濃厚鶏白湯といっても、トロトロとトロみのある白湯スープではなく、旨味が詰まったタイプのスープだと思いました。
食後の取材でモミジの使用について聞いてみると不使用との事でした。

卵を産み終えた放し飼いの雌鶏を使用しているとの事ですが、肉の旨味を十二分に出しているスープだという印象です。

青桐の特徴的なスープを味わいたいなら、まずこれを注文してみるべきかなと思います。


青桐の詳細
posted by BBSHIN at 23:01| Comment(0) | 長岡市

期間限定情報 麺や一晃亭「MISOバジル」

長岡市、寺泊港近くの「麺や一晃亭」の期間限定情報です。

今回は、今までとは全く異なる趣向の一杯です。

その名も

「MISOバジル」

ikkoutei_201404.jpg


麺や一晃亭の「MISOバジル」についてはこちら
posted by BBSHIN at 01:07| Comment(0) | 日記

2014年04月04日

麺マッチョ

新潟市東区に4月5日オープンの新店「麺マッチョ」
(場所はナイルだるま2イエナ跡地です)

men_macho_1.jpg


前日の試食会に招かれ行ってきました。


リニューアルされた店内

men_macho_2.jpg


イエナ時代にあった座敷はなくなりテーブル席となっています。


カウンターはそのまま使用しています。

men_macho_3.jpg

men_macho_4.jpg


黒烏龍茶が無料となっています。

men_macho_5.jpg


油の多いコッテリとしたラーメンには黒烏龍茶が嬉しいですね〜ぴかぴか(新しい)



野菜等の無料トッピングは、「ちょい増し」から「マッチョ増し」まで増量無料となっています。

メニューには野菜トッピングの増量比較写真が掲載されています。

men_macho_6.jpg


ラーメン(麺普通盛り200g)を野菜増し増し、ニンニク増し、あぶら増しで注文しました。

men_macho_7.jpg

men_macho_8.jpg


かなりのボリュームに驚きですあせあせ(飛び散る汗)

かつお節は「増し」にしていないけど結構のっているのですねひらめき

ボリュームがあり、しっかりとした美味しさの二郎インスパイア系ラーメンだと思います手(パー)


スープはサラリとした白湯スープで、動物系旨味の印象が強く、背脂のコク、甘みがプラスされています。
タレの印象よりもスープと脂の動物系の旨味が上回っているという印象です。

また、脂は塩分の感じ方を緩やかにさせるのと、野菜増しの水分もあってか、今回の注文であれば「カラメ増し」位でちょうど良かったかもしれません。
人の好みは人それぞれだと思いますが、こういうラーメンは少々しょっぱく感じる位の方が美味しく、また、タレを増やす事でタレの旨味も強くなり、より美味しくなる気がしますぴかぴか(新しい)


チャーシューについては質問しませんでしたが、豚バラのロールチャーシューを分厚く切ったものだと思います。
部位については、マルシン精肉で買った肉を使い自分でチャーシューを作った時と似た食感だったので多分合ってると思いますが、間違ってたらゴメンなさいたらーっ(汗)
柔らかく、美味しいチャーシューですねるんるん


つけ麺、野菜増し、鰹増し

men_macho_9.jpg


スープは甘酸っぱいタイプです。

鰹はつけダレの器に入っており、自然と鰹出汁も加わります。
麺の上に置いてもらう事が可能であれば、セルフ追い鰹的な味変も可能かもしれませんね。

器には他にもゴロゴロとしたチャーシューと半味玉が入っていました。

つけ麺の野菜は「増し」までとの事で、野菜は別皿でやってきます。
写真を見ても分かるとおり、結構な量が入っています。



様々な無料トッピングと、それぞれの量を数段階で変更出来るので、何度も通い自分好みのバランスを見つける楽しみがあるお店だなと感じました手(チョキ)
レベルの高いノウハウを持っての出店だという印象ですね。

次行く時は、「ラーメン野菜増し、カラメ増し」で注文し、もう一人は「カレーつけ麺野菜増し」と無料の「ライス」を注文してみようと思います手(パー)


メニューも多く、注文もバリエーションが豊富なので、オープン当初は、オペレーションが落ちつくまでは若干バタつく事も予想されます。
食べ切れない程の「増し」を注文し、長時間奮闘する人とかもきっといると思います(^^;)
といっても、時間とともにお店も客も慣れていく事でしょう手(パー)


今回の試食会では私が最後の参加者だった事もあり、食後に厨房を少し見せてもらえたので、取材記事を書く事としました。

麺マッチョへの取材記事


麺マッチョの詳細
posted by BBSHIN at 23:21| Comment(0) | 新潟市東区

2014年04月03日

拉麺家 さかいや

南魚沼市、塩沢駅近くにある「拉麺家 さかいや」へと行ってきました。

sakaiya_1.jpg


しょうゆラーメン

sakaiya_2.jpg

sakaiya_3.jpg


あっさりとした飲みやすいスープは、動物系と香味野菜の味が広がってる様な感じがします。
生姜とかでしょうか?

麺は縮れ細麺でした。

普通のあっさりラーメン的な仕上がりの一杯ですが、しっかりとした美味しさがありました手(パー)



人気の「ねぎ味噌ラーメン」

sakaiya_4.jpg

sakaiya_5.jpg


たっぷりのネギがのっていますあせあせ(飛び散る汗)

ネギの下にも、たっぷりの野菜や肉が隠れており、普通の味噌ラーメンでも具沢山な事を予想させます。

麺は醤油と同じかどうかを忘れてしまいましたが、メモ帳に「味噌は中細麺」と書いてあったので、多分味噌の方が太かったと思います。

シンプルに美味しい昔ながらの味噌ラーメンでしたぴかぴか(新しい)


食後、お店がある商店街を散歩してみましたが、この辺りは「三国街道塩沢宿 牧之通り」というらしく、昔の街並みを再現しています。

sakaiya_6.jpg


塩沢郵便局

sakaiya_7.jpg


銅メダリスト小野塚彩那選手を称える張り紙がいたるところに貼ってあります。

sakaiya_8.jpg


美味しいラーメンを食べた後に、綺麗な街並みを眺めながら歩くと幸せな気持ちとなります。
とても良い街だなと思いました手(チョキ)



拉麺家 さかいやの詳細
posted by BBSHIN at 21:25| Comment(0) | 南魚沼市

つか乃間 鶏鍋

新潟市中央区、県庁近くにある「つか乃間」

tsukanoma_201404_1.jpg


昼はラーメンがメイン、夜は居酒屋として営業しつつ、シメのラーメンも楽しめるお店です。


まずは、生キャベツ(250円)

tsukanoma_201404_2.jpg


塩と辛味噌があったので辛味噌を選択しました。

甘みが強く、シャキっとした歯応えが美味しかったです。


特製チキン(650円)

tsukanoma_201404_3.jpg


二人で食べてちょっと多いかな位の量でした。
カリっとしてて、かかってるタレの味も良く美味しかったでするんるん

ライスとスープをつければ豪華な定食になりそうですひらめき

夜の定食850円とかあれば嬉しいのですが、そういう営業スタイルではなさそうですね。


鶏鍋(700円)

tsukanoma_201404_4.jpg

tsukanoma_201404_5.jpg


700円とは思えないボリュームです。
1人前から可と書いてあったので一人前にしましたが、間違って2人前を持ってきたのではないかと思った程です。
ポン酢につけて美味しく頂きました手(チョキ)


プラス180円で麺を注文すると、スープを追加してくれた上にネギとタレがついてきます。

tsukanoma_201404_6.jpg


美味しい塩ラーメンとなりました手(パー)



鍋を麺でしめた上に鶏そばも注文しました。

tsukanoma_201404_7.jpg

tsukanoma_201404_8.jpg


ガッツリ鶏出汁の出たあっさりスープというよりは、程よい出汁感に印象的なタレと油といった一杯かと思います。

シンプルで美味しい鶏そばですねぴかぴか(新しい)

ちなみに、日によるかもしれませんが、夜は麺メニューがこれ一品となっている様です。
店員さんに確認したところ、昼にはある味玉トッピングなども夜には残念ながら無いそうです。
ラーメンを楽しみたいのであればお昼に、色々な料理のバリエーションをリーズナブルな価格で楽しみたいのであれば夜に行ってみてはいかがでしょうか?
交通手段があるのであれば飲み行くも良いかと思います。



値段設定についてですが、会計がいくらになるかなどは特に考えずに適当に注文してるので、食べた料理の量と質からすると、お酒を飲まなかったといえど3,000円位はいくかなという感触でしたが、会計は2,380円というお手ごろ価格でしたひらめき

財布に優しいリーズナブルな価格は嬉しいですねるんるん


つか乃間の詳細
posted by BBSHIN at 01:20| Comment(0) | 新潟市中央区

2014年04月01日

ラーメンショップ東港店 営業時間変更?

先週、聖籠にあるラーメンショップに行ってみたところ、早い時間に営業を終了していました。

rashop201403_1.jpg


なんども冬期は営業時間を変更しているとか?

rashop201403_2.JPG


火曜日〜金曜日 10:00〜17:00
土日祝 10:00〜19:00

との事ですが、「冬期」がいつまでを指しているかは調べてないので分かりません。

今度早い時間帯にお店に食べに行ってみたいと思います!
posted by BBSHIN at 19:49| Comment(0) | 日記

3月以前の食べ歩き情報の掲載について

いつも、当ブログ、HPをご覧頂きありがとうございます。

本日より消費税が増税となり、メニューの変更を行ったお店が多いと思いますが、現在3月以前でHP,ブログ未更新となっているお店が10件程あります。

その際は、お店詳細の更新日付は「3月31日」付とし、トップページと更新履歴には実掲載日を記入いたします。

例として、本日掲載した「らー麺 天心」をご覧下さい。

らー麺 天心の紹介ページ

掲載したのは、本日4月1日ですが、更新日付は3月31日としています。
あくまで「2014年3月時点の情報」という様に捉えて頂ければと思います。

それでは、今後とも当サイトをよろしくお願い致します!
posted by BBSHIN at 19:35| Comment(0) | 日記

蓬来軒、東横、円満のクーポン期間を延長

当サイトクーポンコーナーに掲載中の以下の3店が期間延長となりました。

皆様のラーメン食べ歩きに是非ご活用下さい!


蓬来軒のクーポン

東横のクーポン

円満のクーポン
posted by BBSHIN at 19:17| Comment(0) | 日記

らー麺 天心 焼みそこく麺

南魚沼市の「らー麺 天心」に行ってきました。

tenshin_201403_1.jpg


以前こちらのお店で食べた麻婆麺、ぶいこつ醤油麺などがとても美味しかったので、他のメニューも試してみたいと思ってました。


この日は大根の醤油漬けが無料でした。

tenshin_201403_2.jpg


甘じょっぱく美味しかったです。



ソチオリンピックで銅メダルを獲得した小野塚彩那選手の大きな写真がサイン入りで置いてあります。

tenshin_201403_3.jpg


南魚沼市を色々と巡りましたが、いたるところに小野塚選手の功績を称えるポスターや旗などがありましたひらめき


焼みそこく麺

tenshin_201403_4.jpg

tenshin_201403_5.jpg


運ばれてくると丼からは、エビの香りが広がります。

飲んでみると濃厚なスープはエビの出汁がしっかりと出ていましたぴかぴか(新しい)

スープはとろみが強く、少しザラつき感がありますが、重たいスープではありません。
どろっと濃厚風なのに軽さがあります。
ザラつきは、骨粉なのか、エビを殻ごとくだいたものなのか、お店の人に聞いた訳ではないので分かりません手(パー)

肉にもエビの味がしみており、全体からエビ味のする印象的な一杯でしたるんるん


昔中華そば

tenshin_201403_6.jpg

tenshin_201403_7.jpg


あっさりシンプルながら、上質の一杯でしたぴかぴか(新しい)

こちらも美味しかったですね手(チョキ)



らー麺 天心の詳細
posted by BBSHIN at 07:46| Comment(4) | 南魚沼市