2014年05月11日

荒川剣龍峡 新発田市の登山

新発田市、月岡温泉を超えたところに登山口がある「荒川剣龍峡」を登ってきました。

arakawakenryukyo_1.jpg


この季節は緑がたくさんで気持ち良いですね〜

arakawakenryukyo_2.jpg


山頂からの景色

arakawakenryukyo_3.jpg


休憩しながら食事を取る事としました。

友人がボンベコンロを持ってきていたので、ベーコンとウインナーを焼いて食べる事に。

arakawakenryukyo_4.jpg


コンビニおにぎりと一緒に食べました。


シメにはやはりカップ麺です。

大阪府の「彩色ラーメンきんせい」監修の「燻製風鶏塩ラーメン」

arakawakenryukyo_5.jpg


バーナーでお湯を沸かし、注いで待つ事3分

arakawakenryukyo_6.jpg



景色をバックに麺リフトを撮影しようと思いましたが、いつもうまくいきません。

arakawakenryukyo_7.jpg


景色をバックにするには、カップを持ち上げる必要がありますが、カメラを左手、箸を右手で持っているので物理的に不可能です。
膝でカップ麺を固定するという手もありますが、こぼしてしまっては元も子も無いので諦めました。

しかし良く考えてみたら、一緒に行った友人に持ってもらえば良かったと後で後悔しました。

味の方は、昔のカップラーメンと比べ、かなり美味しくなっていると感じます。
麺はやはり乾麺ですから、限界があるにせよ、スープがとても美味しいです。
あとは、後入れの油です。
一口目のインパクトをイメージ付ける香味油に関しては、ラーメン店とほぼ変わらない工夫が出来ると思うので、その辺りもカップラーメンの進歩に繋がっているかと思います。


たくさん食べ幸せな気持ちになり、後は下山だけと思っていましたが、ここから先も登りが何度もあり、結構大変でした。
この山、ここであまりくつろいでしまうと、後が大変かもしれません(^_^;)

この山についての登山についての詳細は、別ブログを参照して下さい。


荒川剣龍峡登山についてのブログ記事


荒川剣龍峡登山の詳細
posted by BBSHIN at 23:32| Comment(0) | 日記

2014年05月10日

麺屋 しょうじ

上越市、高田駅近くにある「麺屋 しょうじ」へと行ってみました。

syouji_1.jpg


こちらのお店の店主は新潟市の吉相出身との事です。
果たしてどんなラーメンが出てくるのでしょうか?

らーめんは「あっさり」と「こってり」の2種類があるらしく、「あっさり」を選択しました。

らーめん(あっさり)

syouji_2.jpg

syouji_3.jpg


トッピングとしてチャーシュー、メンマ、味玉、ほうれん草、岩海苔、刻みタマネギがのっており、かなり豪勢な盛り付けです。

スープは魚介が強めに効かせてあり、かなり好みの味でするんるん

岩海苔にスープが染みていくにつれ、磯の風味がスープに与えられていきます。
また、タマネギのシャキシャキ感が良く、スッキリとした味わいが良い箸休めとなります。


店員さんがラーメンとともに、辛味噌を出してくれました。

syouji_4.jpg


これを溶かす事でスープに辛味が加わり、最後まで飽きずに楽しむ事が出来ます。

トッピングも含め、トータルで満足度の高い一杯でした。
美味しかったです手(チョキ)


麺屋 しょうじの詳細
posted by BBSHIN at 23:28| Comment(0) | 上越市

吉相 上越店

上越市、直江津駅近くにある「吉相 上越店」へと行ってきました。

kissou_joetu_1.jpg


新潟市の吉相(女池店物見山店)と同じ名前ですが、支店とかではない様です。
暖簾分けとかなのでしょうか?

ラーメンは新潟市のお店同様、「あっさり」「こってり」があり、両方食べてみる事にしました。

まずは「こってり」

kissou_joetu_4.jpg

kissou_joetu_5.jpg


背脂がたっぷりと浮いています。
スープの濃さというより、浮いた油でコッテリ感が強めになっています。

麺は中太麺でした。
入り口辺りに製麺室があったので恐らく自家製なのでしょう。

具はたっぷりのモヤシとチャーシューがのっています。

新潟市のお店と全く同じではないかもしれませんが、だいぶ近い味だと思いました。


あっさり

kissou_joetu_2.jpg

kissou_joetu_3.jpg


油がこってりより少なめですが、こちらもそこそこの油が浮いているので、少しこってり感があります。

麺はこってりよりも細めの中細麺です。

個人的にはこってりよりもあっさりの方がシンプルで好みの味でしたねぴかぴか(新しい)



吉相 上越店の詳細
posted by BBSHIN at 22:03| Comment(0) | 上越市

麺や一晃亭 追い煮干し中華

長岡市、寺泊港近くにある「麺や一晃亭」

ikkoutei_201405_1.jpg


先日のインタビュー記事の際に作ってもらった追い煮干し中華についてです。


動物系スープと魚介系スープのWスープに煮干しを加え「追い煮干し」をしています。

ikkoutei_201405_2.jpg

ikkoutei_201405_3.jpg


そして出来上がり

追い煮干し中華

ikkoutei_201405_4.jpg


動物系、魚介系、醤油ダレ等、バランス感覚が素晴らしい一杯ですねぴかぴか(新しい)

煮干し風味が際立っていますが、かといって煮干し一辺倒ではなく、色々な味わいが絡みあっていますぴかぴか(新しい)

写真撮影などで時間をかけたりと、普段とは若干違うペースで作った一杯だったと思いますが、冷静に作る店主の技術はさすがです。


麺や一晃亭へのインタビュー記事はこちら


麺や一晃亭の詳細
posted by BBSHIN at 17:33| Comment(2) | 長岡市

らぁ麺 武者気

長岡古正寺SCにある「らぁ麺 武者気」へと行ってみました。

mujaki_1.jpg


店内には、だるまやグループから独立したお店のTシャツやつなぎが飾ってありました。

ら麺 のりダー
麺や燈花
中華そば 石黒
俺のラーメン ジョー

やはりだるまやグループ出身の方が開いたお店なのでしょうか?


注文したのは「辛味噌らぁ麺」です。

mujaki_2.jpg

mujaki_3.jpg


あっさりめのスープに味噌の風味が強く出ています。
上にのった辛味噌を溶かしながら食べる事で味の変化を楽しめます。

たっぷりのモヤシやチャーシューがのり、青海苔がかかっていました。

ちゃーしゅうや武蔵に良く似た味噌ラーメンですね。


らぁ麺

mujaki_4.jpg

mujaki_5.jpg


こちらもちゃーしゅうや武蔵と良く似たあっさり醤油ラーメンです。
異なる点としては、魚介(煮干し?)が強く効かせてある点です。
個人的には万人受けするバランスの取れたものより、こういう特徴のあるラーメンの方が好きですね。
美味しいラーメンでした。



らぁ麺 武者気の詳細
posted by BBSHIN at 16:20| Comment(0) | 長岡市

麺屋 衝動 営業時間が変更となりました

新潟市西区の麺屋 衝動の営業時間が変更となりました。

今まではお昼営業のみでしたが、今後は19:00〜23:00の夜営業のみとなります。

定休日も変更となり、今後は日曜祝日となるそうです。



当サイトクーポンコーナーにも参加中です。

画面提示、または、印刷版で煮玉子サービスとなります。

クーポンはこちら
↓↓↓
http://noodles.bbshin.net/coupon/syoudou.html
posted by BBSHIN at 11:23| Comment(0) | 日記

ラーメン むつみ

長岡市、旧川口町にある「ラーメン むつみ」へと行ってきました。
場所は魚沼方面から17号線を小千谷に向かう途中の右側にあります。

mutsumi_kawaguti_1.jpg


お店のお勧めの「あさりバター塩ラーメン」を注文してみました。

mutsumi_kawaguti_2.jpg
mutsumi_kawaguti_3.jpg


スープは白濁しており、バターの香りが強いです。
一口飲むと、あさり出汁がかなり出ています。
たっぷりのあさりがのっているので、恐らくこのあさりの煮汁と通常のラーメンのスープのブレンドなのでしょう。
バターの風味が強く出ており、若干のこってり感はありますが、スープ自体はあっさりとした塩味です。
お店の前の看板に「豚骨」と書いてあったので、軽く白濁させたサラリとした豚骨スープなのでしょう。
または豚骨スープとあさり出しのWスープで薄くなっているのかもしれません。

麺は普通の縮れ細麺です。
あさりとバターの印象が強く、麺は控えめな感じでした。

パスタ風の仕上がりの美味しいラーメンでした。
テーブル備え付けのニンニクを少し入れると更に香ばしさが増して良いかと思います。


ラーメン むつみの詳細
posted by BBSHIN at 11:07| Comment(0) | 長岡市

2014年05月07日

麺爆怒門のクーポンを追加しました!

新潟市中央区の新店「麺爆怒門」と上越市の本店の2店舗が当サイトクーポンコーナーに参加する事となりました。


麺爆怒門(新潟市中央区)のクーポン

麺爆怒門(上越市)のクーポン


当サイトは上越情報が少ない為、新潟市に比べると上越のユーザが少ないと思われます。
その為、今後は上越地域の情報も積極的に掲載していきたいと考えております。

今回のクーポンが上越在住の方、他地域にお住まいで上越を訪れる方、のお役に立てば幸いですぴかぴか(新しい)
新潟市中央区、市役所前のお店の方も是非ご利用下さい手(パー)
posted by BBSHIN at 23:49| Comment(0) | 日記

手打らーめん 勝龍 みそチャーシュー

GWに小千谷市の人気店「手打らーめん 勝龍」へと行ってきました。

syoryu_201405_1.jpg


お店の前には以前は無かった自動販売機が置かれています。

syoryu_201405_2.jpg


自販機には店名の他に、店主と龍が描かれていました。


注文したのは味噌チャーシューです。

syoryu_201405_3.jpg

syoryu_201405_4.jpg


薄切りのチャーシューと挽き肉がたっぷりとのり、上に見える水菜の他、下にモヤシ、キャベツ等の野菜がのっており、かなりボリュームたっぷりの一杯です。

麺は縮れた感じの太麺です。

スープはサラリとした食感の動物系スープで、味噌の風味が前面に出ています。
器の上層部に2〜3ミリの油の層があり、コッテリ感ある仕上がりとなっています。


勝肉メン

syoryu_201405_5.jpg


ごっつい角煮、水菜、ネギ、モヤシ等がのっています。

スープはあまり体験した事が無いバランスとなっていました。
動物系スープに塩ダレを基本に、香味野菜の風味が強烈に効いています。主にニンニクでしょうか?
あとは、胡麻も入っていたかと思います。


2杯ともボリュームとインパクトがあり、麺も大盛り無料となっています。
ガツンとしたラーメンは体育会系の方々に人気がある事でしょう。

ちなみにこちらのお店、テレビなどで放送され「ドッカンポーズ」が有名です。
タイミング合えば写真を撮らせてもらえないか頼んでみようと思ってましたが、GWのお昼時という事もあり、お店にはかなりたくさんのお客さんがいたので断念する事としました。
機会があれば、またチャレンジしてみたいと思います。



手打らーめん 勝龍の詳細
posted by BBSHIN at 20:39| Comment(0) | 小千谷市

2014年05月06日

ニューハルピン

上越市、直江津駅近くにある「ニューハルピン」へと行ってきました。

newharbin_1.jpg


駐車場が向かいの月極を借りていて、1〜7、18〜27となっています。

ちなみに、こちらのお店の店主はバイク乗りらしく、仲間が集うのか、駐車場にはゴツいバイクが何台も止まっていて、お店の中にもそれらしき格好をしたお客さんが何人かいました。


こちらのお店には、以下のルールがある様です
・追加注文は無い様にする
・餃子単品での注文は不可(焼く時間がかかる為)

注文時は自分でメモ帳に何をたのむかを書き、お店の人に渡します。
厨房ではその紙をベースにラーメン作り、会計を行っている様なので、追加注文が入るとそこが崩れてしまうのでしょうか。
あと、満席で並んでいる人も多い為、回転を早くするという意味もあるのかと思います。


注文したのは「らーめん」です。

newharbin_2.jpg

newharbin_3.jpg


パっと見、「昔ながらの中華そば」といった感じもあるルックスですが、食べてみると店主のアウトロー的な雰囲気がそのままに出た様な味わいとなっています。

スープは、白濁というよりは半濁位な感じですが、乳化具合とは裏腹に動物系出汁が強く出たスープです。
そこに、スープを取る際に出てきた豚の油と思われる油が浮いており、豚の強烈な香りが漂ってきます。
といっても嫌な臭みではなく、これぞ正に「豚」と感じさせる香りです。

麺は色が白く、縮れた中太麺で、固めの食感です。
茹で加減で固くなっているというより、しっかり茹でても固くなりそうな麺だと思います。
かん水が多いのでしょうか?
上越市で豚の香りが強いスープのお店で良く見かけるタイプの麺でした。



塩らーめん

newharbin_4.jpg


タレが風味付けしてくれる醤油とは違い、塩の方は豚臭を更に強く感じます。
個人的には塩より醤油の方が好みですね。

ちなみに人気メニューの一つは「たんめん」らしく、野菜を一緒に煮込む事で、甘みが加わり、かつ、香りを抑えてくれると思うので、次の機会に試してみたいと思いますひらめき



ニューハルピンの詳細
posted by BBSHIN at 20:58| Comment(0) | 上越市

新潟2−1清水

本日開催されたアルビレックス新潟のホームゲーム、清水エスパルス戦。

結果は2−1で新潟が勝利るんるん

とても良いゲームでしたぴかぴか(新しい)


撮影した写真を掲載します。


試合前のゴール裏の様子

20140506_1.jpg


先制点の瞬間

20140506_2.jpg


喜ぶ選手達がゴールを決めた田中 亜土夢選手に集まります。

20140506_3.jpg


一旦は同点とされますが、川又選手のクロスボールを清水DFカルフィンヨンアピン選手が芸術的な弧を描くオウンゴールを決め、2−1で新潟が勝利となりました。
ヨンアピン選手は高さと強さの固い守備で良いプレーをしていましたが、最後に良い仕事をしてくれましたね(^^;) まあ、あれは仕方無いですよね。可哀想ではありますが、新潟からすれば嬉しい限りです。


試合終了後の整列、握手

20140506_4.jpg


ヒーローに選ばれた田中 亜土夢選手と川又 堅碁選手にはハッピーターン一年分が贈呈されました。

20140506_5.jpg


決勝のオウンゴールをお膳立てした川又 堅碁選手

20140506_6.jpg


先制点を決め、2試合連続ゴールの田中 亜土夢

20140506_7.jpg


今年のアルビレックス新潟は今までで一番強いといっても過言ではないと思います。
まだ良くなる余地を残しつつも、なかなかの結果を残しているという状況なので、今後に更なる期待が持てると思います。


ちなみにこの試合では久しぶりの3万人オーバーの35,533人の観客が入りました。

20140506_8.jpg


ゴールデンウィークという事もありますが、大勢の観客が入るホームゲームの雰囲気は最高ですねぴかぴか(新しい)
また、4万人を超えるビッグスワンがみれたら嬉しいですね。
今年は楽しいサッカーが観れると思うので、ホームゲーム開催時には、ぜひお友達を連れビッグスワンまで手(チョキ)
posted by BBSHIN at 18:02| Comment(0) | アルビレックス

アルビレックス必勝祈願応援のぼり旗をビッグスワンスタジアムに掲出

アルビレックス新潟のホームゲーム開催時、ビッグスワンに「新潟ラーメン.com」と書かれた応援のぼりを出すというのを2012年、2013年とやってきましたが、今年も掲出する事とし、本日開催された清水エスパルス戦からスタジアムに掲げられました。

のぼり旗は2種類ありました。

鈴木 武蔵選手、成岡 翔選手、川又 堅碁選手、守田 達弥選手

nobori_2014_1.jpg


レオ シルバ選手、田中 達也選手、大井 健太郎選手、大野 和成選手、キム ジンス選手、田中 亜土夢選手

nobori_2014_2.jpg


過去2年間の、のぼり旗に関する記事は↓

のぼり旗(2012年)

のぼり旗(2013年)


ちなみに、のぼりはまだ募集していると思いますので、
「スタジアムに自社の社名入りの旗を出したい」
「社名入りの旗を会社に置きたい」
という場合は申し込んでみてはいかがでしょうか?

3万円1口で旗を4枚用意してもらえます。

2枚をスタジアムに出され、2枚が自社用に送られてきます。
(4枚とも自社に掲示してもオッケーです)
posted by BBSHIN at 17:27| Comment(0) | アルビレックス

東港ラーメンショップ

聖籠町、バイパスの蓮野インター近くにある「東港ラーメンショップ」へと行ってきました。

ramen_shop_higashikou_1.jpg


ラーメン

ramen_shop_higashikou_2.jpg

ramen_shop_higashikou_3.jpg


ラーメンショップは各店で味が違うと言いますが、こちらのお店のラーメンはお店で食べたもとだいぶ違うと感じます。
といっても、基本的な部分はほぼ同じで、しっかりと丁寧に仕事をしている分、美味しくなっているのだと思います。

麺は少し柔らかめに茹でられており、適度な噛み応えとなっています。
個人的には食感的な部分で固茹での方が好きですが、一般的には麺はしっかりと茹でた方が美味しくなると言われています。
こちらのお店の店主の調理を見ていましたが、茹でながら一本ずつ取り出し自分で食べてチェックしていました。
同時に何食か茹でたり、前の麺を上げた直後だったりすると、設備によっては湯温が下がるので、厳密には茹で時間は一定ではなくなります。都度自分の舌で確かめているのでしょう。

スープは白濁したサラリとした豚骨スープに、醤油ダレ、背脂が浮いています。
動物系の旨味、醤油の風味、タレの旨味、背脂のコクなどのバランスが良く、とても美味しい一杯でした。

カウンターに座り寸胴が見えたのですが、営業用の寸胴で白濁したスープを炊きつつ、背脂が浮いていました。
背脂は乳化用とスープに甘みとコクを与える他、提供時に取り出して手網でチャッチャし、スープに浮く背脂としても活用されていました。


カウンターには定番のラージャンとニンニク、酢、ラー油などが置いてあります。

ramen_shop_higashikou_4.jpg



東港ラーメンショップの詳細
posted by BBSHIN at 12:49| Comment(0) | 聖籠町

2014年05月05日

麺爆怒門 (直江津)

上越市、直江津駅のすぐ近くにある「麺爆怒門」へと行ってきました。

menbakudomon_1.jpg


最近、新潟市中央区の市役所近くに麺爆怒門がオープンした事で、上越市のこちらのお店の存在を知り、気になっていたので行ってみる事としました。

麺爆怒門(新潟市中央区)での食べ歩き記事


テーブルには取り皿、レンゲ、ニンニク、酢などが置いてあります。

menbakudomon_4.jpg


ネットで調べたりなどの事前情報では、こちらのお店では二郎インスパイア系が人気との事だったので、注文する事としました。


爆ラーメン(野菜増し)

menbakudomon_2.jpg

menbakudomon_3.jpg


野菜増し、あぶら増しが無料との事で、油は普通にし野菜だけ増量にしてみましたが、かなりの迫力ですね〜あせあせ(飛び散る汗)

スープはしょっぱさはそこまでではなく、背脂・タレ等の甘み、そして程よい旨味と食べやすい仕上がりとなっていまするんるん


たっぷりのモヤシ、キャベツは、そのままでは食べずらいので、一旦別皿に退避する事としました。

menbakudomon_5.jpg


茹で野菜は一旦よけておき、後で丼に戻してスープをくぐらせて食べます。

ボリュームがあり、食べやすく美味しいので人気が出るのも納得の一杯でした手(チョキ)



油そば

menbakudomon_6.jpg


器の底にタレがあるので、具や油などを混ぜながら食べて行きます。

テーブル備え付けの酢やニンニクなどで味に変化を与えても良いでしょうぴかぴか(新しい)


店内の張り紙

menbakudomon_7.jpg


「らーめん基本」についての説明が書いてあります。

「1970〜90年代初頭にかけて、環状7号線沿いにあったお店「土佐っ子ラーメン」。
環七ラーメン激戦区の礎を築いたお店でもあり、その代表格でもある。
背脂チャッチャ系ラーメンの元祖とも言われ、一時期はその絶大な人気ぶりに環七に土佐っ子ラーメンによる渋滞が出来たほどと言われている。
そのラーメンを食べ、ラーメンの凄さと奥深さに感銘を受け、
「何時かあんなドキドキするラーメンを作りたい」
と、試行錯誤し今風のアレンジした渾身の一杯」



別メニューに「豚骨醤油ラーメン」なるものもありました。

menbakudomon_8.jpg


お店を出た後、義次店主に話を聞いてみたところ、直江津のお店の方では最近特に「激・肉玉そば」と「豚骨醤油ラーメン」に力を入れている、との事でした。

また行く機会があれば試してみたいと思います手(パー)



麺爆怒門の詳細
posted by BBSHIN at 23:40| Comment(0) | 上越市

えちご川口温泉

越後川口インター近くのお勧め温泉情報です。

今回お勧めする日帰り温泉施設は「えちご川口温泉」です。

露天風呂

echigokawaguti_201405_3.jpg


えちご川口温泉の詳細

ブログ記事
posted by BBSHIN at 22:36| Comment(0) | 日記

糸魚川にいます

現在、糸魚川市にいます

昨日は上越市で食べ歩きをし、五軒のお店を巡りました
当初、そのまま富山に行こうと思い、富山市のビジネスホテルを探してましたが、ゴールデンウィークということでどこも空いていなく日帰りにしようと思っていたところ、当日ふと連絡した糸魚川市の民宿が素泊まり可という事だったので、糸魚川で一泊する事としました

これから富山市を目指し、2、3軒食べた後、余裕があれば再び上越市で食べたいと思います
せっかく富山に行くのでもっと富山で、とも思いましたが、基本的に新潟をメインに紹介していきたいと考えているので、富山は控えめにしたいと思います

では、行ってきます!
posted by BBSHIN at 09:36| Comment(0) | 日記

2014年05月04日

らーめん 極

魚沼市、堀之内インター近くにある「らーめん 極」へと行ってきました。

goku_1.jpg


まずは券売機に「当店おすすめ」と書いてあった「黒とんこつ」を食べてみることに

黒とんこつ

goku_2.jpg

goku_3.jpg


濃厚な動物系スープ、麺は自家製という太麺です。
香ばしいマー油がかかっており、更にニンニクチップがのっています。

トッピングは固めの食感が特徴的なチャーシュー、メンマ、もやしなどです。

店内の説明書きに
「豚骨醤油は博多豚骨と横浜家系のいいとこどりをしたようなクリーミーでコクのあるらーめん」
とあったので、博多っぽいものを想像していましたが、麺の太さ、ニンニクチップ、マー油など、熊本ラーメンに近い印象を受けました。

スープは確かにコクがありクリーミー、そして、麺はそこまでスープを吸わず、むしろはじくタイプですが、スープの味が強く、マー油もインパクトがあるので、むしろこの位がちょうど良い質感だと思われます。

かなり満足度の高い一杯でしたぴかぴか(新しい)


らーめん

goku_4.jpg

goku_5.jpg


生姜風味の動物系と魚介系のスープで、昆布やらカツオ節やら使ってるとの事ですが、飲んでみてそういった細かい部分は分かりませんでした。
印象としては、深みのある醤油味で、何か分からないけど動物形の出汁は良く出ていて、生姜がしっかりと効いている、といったものでした。

こういうラーメンは魚沼、南魚沼あたりで良くみかけるタイプですが、その中でもこちらのお店のものはトータルバランスが良く、レベルの高い一品だと思います。


濃厚豚骨を食べた後に黒烏龍茶が無料サービスは嬉しいですね〜るんるん

goku_6.jpg


お願いすると紅生姜、ニンニクを別皿でくれます。
(酢とラー油もお願いするともらえます)

goku_7.jpg


テーブル備え付けのニンニクや紅生姜は、器に入れる際にスプーンやミニトングをスープにつけてしまうお客さんが散見されます。
また、量が多い事で時間が経過してしまい、劣化が進んでいる事も多々あります。
ですので、こちらのお店の様に、手間がかかってもこうやって別出しにするやり方は、無駄にたくさん使われる事を防げて経済的な他、衛生面でも良い手法だと思います手(パー)


今回食べた2杯は、ともに美味しく、コンセプトもハッキリとしており、とても良いお店だと思いました。

この日はお客さんが他にいなかったので、帰り際にラーメンについてのこだわりなどを聞ければと思ったのですが、私が食べ終わる寸前に2組のお客さんが入ってきたので、話しかけるのは諦めました(^_^;)

また、近くに行く機会があれば食べに行きたいですねひらめき



らーめん 極の詳細
posted by BBSHIN at 02:57| Comment(0) | 魚沼市

ラーメンショップ 白根店

旧白根、8号線沿いにある「ラーメンショップ 白根店」へと行ってきました。
場所は新潟市中心部から8号線を走り、イオンなどを少し越えた辺りの右側にあります。

ramen_shop_shirone_1.jpg


看板メニューだというネギミソラーメンを注文してみました。

ramen_shop_shirone_2.jpg

ramen_shop_shirone_3.jpg


スープ表面に浮いた背脂とネギに絡んでいる多めの油でかなりコッテリとした味わいとなっています。

麺はツルモチな中細麺でした。


+350円で餃子、ライス、キムチセットにしました。

餃子

ramen_shop_shirone_4.jpg


ライスとキムチ

ramen_shop_shirone_5.jpg


ライスはセルフで盛り付けです。
キムチは油が絡めてあるのか、コッテリとした味わいとなっており、初めて食べるタイプでした。


ラーメン

ramen_shop_shirone_6.jpg


背油の浮いたライトな豚骨醤油スープです。
といっても、動物系スープの感じは分からなく、醤油、タレの旨味、背脂のコクがメインとなっていたかと思います。



テーブル備え付けのおろしニンニクとラージャン

ramen_shop_shirone_7.jpg



ラーメンショップ 白根店の詳細
posted by BBSHIN at 00:17| Comment(0) | 新潟市南区

2014年05月03日

麺屋 しま

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は三条市にある「麺屋 しま」です。

以下マーロウさんの感想

↓↓↓


東三条駅から歩いて500mほどにある「りとるたうん」内の「麺屋 しま」に行ってきました。

shima_1.jpg


ラーメンを注文したお客に限り、ライス無料というサービスがあります。

shima_4.jpg


小生が入店したのは、開店してすぐの時間だったのか、お客がは小生一人でした。


奥のカウンター席に座り、味噌ラーメンを注文。

味噌ラーメン

shima_2.jpg

shima_3.jpg


すり鉢のような器からニンニクの匂いがきいています。
味噌は白味噌でしょうか?
甘みのあるスープです。

細切れになった叉焼のあぶり加減も絶妙です。
そして、背油が入っています。


お酒も充実していて、深夜まで営業しており、夜は居酒屋としても利用できる他、飲んだ後の〆の一杯でも立ち寄れるお店だと思います。



麺屋 しまの詳細
posted by BBSHIN at 13:48| Comment(0) | 三条市

寿美吉(すみよし)

新潟市中央区、古町エリアで深夜営業をしている食堂「寿美吉」へと行ってきました。

sumiyoshi_1.jpg


ラーメン

sumiyoshi_2.jpg

sumiyoshi_3.jpg


スープは透き通っており、かなりあっさりしています。

麺はモチモチの中細麺で、スープからすると歯応えあり過ぎる気もしますが、この地域の昔ながらのお店では時折見かけるタイプの構成です。

シンプルに美味しい一杯だと思います手(パー)

値段も550円と、お手頃価格です。

古町で遅くまで飲んだ後のシメの一杯にいかがでしょうか?


カレーライス

sumiyoshi_4.jpg


家庭的で心温まる味わいです。


メニューも色々あるので、近くに住んでる人で「自炊が面倒」という人には嬉しい食堂なのだと思います。
この日は店内でつまみとビール、シメにラーメンを注文している人、自転車で訪れて夕食を食べていく人などのお客さんがいました。



寿美吉の詳細
posted by BBSHIN at 10:33| Comment(0) | 新潟市中央区