2014年05月03日

きんしゃい亭 新発田店

新発田インター近くにある「きんしゃい亭 新発田店」に行ってきました。

kinsyai_shibata_1.jpg


※食べに行ったのは消費増税前なので、お店紹介ページの価格は古いものと思われます。


ラーメン

kinsyai_shibata_2.jpg

kinsyai_shibata_3.jpg


新潟市民にはお馴染みとも言える豚骨ラーメンで、スープはコッテリとした豚骨スープにストレート細麺です。
麺量は替え玉を前提とし、少な目となっています。


高菜、紅生姜、ニンニクなどを加えて味の変化も楽しめます。

kinsyai_shibata_5.jpg


塩豚骨ラーメン

kinsyai_shibata_4.jpg


今でこそこういう豚骨ラーメンは、新潟でも各所で食べられる様になりましたが、20年前の新潟市ではこちらの系列店でしか食べられなかったと記憶しています。
初めてこのスープを飲んだ時、白湯スープの濃厚さにド肝を抜かれたのを覚えています。
そういう事もあってか、懐かしさを味わいたいという意味も込め、たまに食べたくなる味だったりします。


きんしゃい亭 新発田店の詳細
posted by BBSHIN at 02:19| Comment(0) | 新発田市

2014年05月02日

中国飯店 瑞鳳 牛肉のオイスターソース炒め

久しぶりに集まる友人達と「中国飯店 瑞鳳」に行ってきました。

zuihou_201405_1.jpg


今回は人数が6人だったので、豊富なメニューでそれぞれが美味しいこちらのお店をチョイスしましたひらめき



まずは私が食べた「牛肉のオイスターソース炒め定食」(950円)

zuihou_201405_2.jpg


レバニラ炒め定食(850円)

zuihou_201405_3.jpg


麻婆豆腐定食(850円)

zuihou_201405_4.jpg


チャーシューメン大盛り

zuihou_201405_5.jpg

zuihou_201405_6.jpg


大盛りにすると200円増しになります。
器が大きく、かなりスープ量が増えるので200円増しも納得のボリューム感となります。

スープはあっさり醤油味、麺はスープに合うシンプルなタイプの中華麺です。
ゴツいチャーシューが柔らかく仕上がっており、美味しかったですぴかぴか(新しい)


五目ラーメン(大盛り)

zuihou_201405_7.jpg


こちらの器が大きくなり、スープ、五目あんが増えている様に見えます。
かなりボリュームたっぷりの一杯ですね。


餃子

zuihou_201405_8.jpg


モチモチ皮のジャンボ餃子です。
美味しかったですね〜手(チョキ)

全部少しずつ食べてみましたが全体的に美味しく、どれを食べても安定感ある美味しさのお店だと思いましたぴかぴか(新しい)


中国飯店 瑞鳳の詳細
posted by BBSHIN at 20:53| Comment(2) | 新潟市中央区

麺屋しゃがら 三条店

サイト運営パートナーのフィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は三条市にオープンした新潟市の人気店「しゃがら」の3号店「麺屋しゃがら 三条店」です。


以下マーロウさんの感想

↓↓↓


新潟市東区の人気店、「しゃがら」が、三条市にもオープンしました。

syagara_sanjo_1.jpg


オープン当初から現在でも大盛況です。
この日も店外で待つお客さんがいました。


小生が食べたのは醤油ラーメン。

syagara_sanjo_2.jpg

syagara_sanjo_3.jpg


麺は太麺でもちもちした食感です。
スープは和風醤油。

叉焼のとろとろ具合が絶妙です。
もやしがたっぷり入っており、盛りが良いところが特徴です。

背油がたっぷりと入ってコッテリとしていて、盛りが良く、また、値段が安く大盛り10円、特盛り20円だったりと、安価でがっつりと食べたい人には最適ですよねひらめき


麺屋 しゃがら 三条店の詳細
posted by BBSHIN at 18:14| Comment(0) | 三条市

麺や 麺五郎 竹尾店

竹尾インター近くにある「麺や 麺五郎 竹尾店」へと行ってきました。

mengorou_takeo_1.jpg


万代にもお店があり、こちらは2号店となっています。


注文したのは「こってり背脂らーめん」です。


こってり背脂らーめん

mengorou_takeo_2.jpg

mengorou_takeo_3.jpg


サラっとした醤油味のスープに背脂がたっぷりと浮いてコッテリ味となり、たっぷりのモヤシがのっていたりと、いかにも新潟市で人気が出そうなタイプです。

スープは以前万代で食べた時よりも、強い旨味が加えられている印象です。

タレの旨味と背脂の甘みとコク、とても分かりやすく印象的な美味しさでするんるん


にぼしらーめん

mengorou_takeo_4.jpg

mengorou_takeo_5.jpg


こちらは、こってり背脂よりも細い麺となっていますが、背脂でこってりさせてるところは共通しています。

スープはタイトルの通り煮干しが強烈に効いており、丼が運ばれてきた瞬間から、強い煮干し臭が漂っていました。
煮干しは臭みすら感じるレベルまで強調してあり、好き嫌いが分かれそうですが、好きな人にはたまらない臭いと味だと思います。
私の場合は、煮干しの嫌な部分を抑えつつ、この位の煮干し出汁が出てれば言う事無しだと思いましたが、一緒に行った友人は「香りは凄いが特に気にならない。美味しいと思う」と言ってました。



麺や 麺五郎 竹尾店の詳細
posted by BBSHIN at 00:19| Comment(0) | 新潟市東区

2014年05月01日

らあめん お〜や ホタテらぁめん

当サイト新潟ラーメン人気投票でグランプリに輝いた「らあめん お〜や」へと行ってきました。

ooya_201404_1.jpg


今回の投票では、多くのラーメン通の方が色々なお店を投票してくれました。
個人的には行った事がないけど他の方々からの評価が高く気になっていたお店なども多く含まれており、とても有益な情報が集まったと思っています。
そんな中、グランプリを取った「お〜や」は新潟のラーメンフリークの方々のハートをつかんできているのだなと感じました。

今回はちょうどホタテらあめんのPR情報ももらっていのでそちらを食べる事に。


ホタテらぁめん

ooya_201404_2.jpg

ooya_201404_3.jpg


あっさりとしており、ホタテ出汁を緩やかに感じる繊細なスープです。
具の貝柱有り無しで、有りは1,000円弱と少しお高めでしたが、そちらを選択しました。
具にもホタテがあり、油、スープにもホタテが含まれており、ホタテずくしの一杯となっていますが、スープを飲んだ感じでは、ほたてメインの味構成にはなっていないと感じます。
素人考えでは、特に限定ラーメンの場合は、印象的なホタテ油でインパクトを出せば、もっと瞬間的な旨さを出せると思いますが、お〜や店主は比較的バランス重視の組み立てをする傾向にあります。


定番のラーメン茶漬け

ooya_201404_4.jpg


岩海苔がスープに磯の香りを与えます。
残しておいた貝柱も含め、かなり贅沢な茶漬けとなります。

ほぼ定番のコースとなっていますが、トータルで美味しく、贅沢な気分になれまするんるん


友人が食べた鶏らぁめん

ooya_201404_5.jpg


ooya_201404_6.jpg


らあめん お〜やの詳細
posted by BBSHIN at 10:20| Comment(0) | 新潟市中央区

くらよし

刈羽村にある「くらよし」に行ってきました。

kurayoshi_1.jpg


昼は別メニューでやってるらしく、ラーメンがメインで他にも定食などがありました。

メニューにはラーメンとみそラーメンの部分に「美味しくなりました」と書いてあったので注文してみる事に。

ラーメン

kurayoshi_2.jpg

kurayoshi_3.jpg


スープはあっさりで濃い目の醤油味です。
動物系出汁の感じがストレートに伝わるスープでしたぴかぴか(新しい)

少し縮れた麺は自家製らしく、スープに合う良い麺でした。

三角に切られたメンマやチャーシューなどのトッピング美味しかったです。

シンプルながらも、うまくまとまっており、これで500円というのは驚きです手(チョキ)
淡麗系人気店のメニューの一つとして700円位で紛れ込んでいたとしても、全く違和感なく注文すると思います手(パー)


味噌ラーメン

kurayoshi_4.jpg

kurayoshi_5.jpg


濃い目の味噌味で、スープはあっさりタイプでしょうか。
味噌の風味を強く活かした感じです。

唐辛子も浮いており、ほんの少しの辛さがあります。
辛みが足りない人用に唐辛子を出してくれたので、お好みでふりかけて食べると良いでしょう。

麺はツルモチの太麺です。

寒い冬に体が温まりそうなタイプの一杯でしたぴかぴか(新しい)


くらよしの詳細
posted by BBSHIN at 07:03| Comment(0) | 刈羽村