2014年10月19日

秀楽

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は新潟市西区の「秀楽」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

新潟市西区にある、秀楽に行ってきました。
坂井輪公民館前交差点そば、道路沿いにあります。

syuraku_1.jpg


お店の中は、座敷のみの横長になっております。

小生は端っこの席に座り、ラーメンと半チャーハンのセットを注文しました。

チャーハンラーメン(750円)

syuraku_2.jpg

syuraku_3.jpg


セットの中にはラーメンとチャーハンの他、漬物と煮浸しがついていました。

ラーメンは薄い飴色のあっさりした味わいです。
炒飯はきれいに盛られており、細かく切られた叉焼が印象的でした。
全体的に、さらっと食べられるし、十分お腹いっぱいになるボリュームでした。

このサービスでお値段750円というのは、嬉しい価格です。
チャーハンセット以外にも、

カレーライスラーメン(750円)
ギョーザ定食ラーメン(750円)
かつ丼ラーメン(750円)

などのセットがあり、また、

ギョーザ定食(580円)
カレーライス(580円)
中華丼(630円)
野菜炒め定食(700円)
レバニラ定食(750円)

など、色々なご飯物が揃っています。
(記載した以外にも、まだ何品かのご飯物があります)

豊富なメニューがリーズナブルな価格で食べられる良いお店だなと思いました。


秀楽の詳細
posted by BBSHIN at 13:11| Comment(2) | 新潟市西区

ビッグスワンスタジアムグルメ 新潟0−0甲府

昨日行われたアルビレックス新潟のホームゲーム、ヴァンフォーレ甲府戦

試合前、早い時間帯からスタジアムに行き、スタジアム内外のグルメを楽しむ事にしました。

まずは、「からあげ屋 いちむら」

20141018_1.jpg


江南区横越のテイクアウト店の他、移動販売にて唐揚げを売っているお店です。


名物のブラックチキンを購入してみました。

20141018_2.jpg


「竹炭と米粉でカラっと揚げ、秘伝のタレと黒ゴマで味付けした」という唐揚げはとても美味しかったですねぴかぴか(新しい)


田中亜土夢選手が描かれたコップ付のジュースも購入しました。

20141018_3.jpg


とん八は大行列が出来ています。

20141018_4.jpg


皆さんのお目当てはこの豚串です。

20141018_5.jpg

ノーマル、ガーリック、黒こしょうの三種類の味があります。



瀧ずし

20141018_6.jpg


ラーメン

20141018_7.jpg

20141018_8.jpg


あっさり醤油味で煮干し等の出汁でしょうか?
麺はモチモチの太麺です。

サッパリしてて食べやすく、美味しかったですねるんるん



続きまして、無尽蔵などのラーメン店を運営しているキタカタグループ

20141018_9.jpg


スタジアム限定「中華そば」

20141018_10.jpg

20141018_11.jpg


旨味の強い醤油味のスープに、油が適度に浮きコクたっぷりの一杯です手(パー)



新潟グランドホテル

20141018_12.jpg


四川麻婆丼

20141018_13.jpg


ピリ辛でトロみの強い麻婆豆腐がかかっています。
とても美味しかったです手(チョキ)


この日はNSGカレッジリーグサンクスデーでした。

NSGの学生達が大集合!

20141018_14.jpg


試合は、残留を目指す甲府が最低でも勝ち点1を奪い切る為に、ガッチリと引いて守りを固め、新潟がそれを崩しきれず、結果は0−0の引き分け。

20141018_15.jpg


試合後のゴール裏

20141018_16.jpg


ドロドロのドローゲームではありましたが、何度も試合を観ていると、こういう試合もたまにはあるものです。

残りの試合もあとわずかです。
前節の様な、楽しい試合を観れる事を期待しますグッド(上向き矢印)


posted by BBSHIN at 08:57| Comment(0) | アルビレックス

2014年10月18日

新福菜館 本店 (京都府)

京都駅近くにある老舗店「新福菜館 本店」へと行ってきました。

shinpukusaikan_1.jpg

shinpukusaikan_2.jpg

場所は「第一旭」の隣にあります。

第一旭についてのブログ記事

2店並んだ立地で、両方に行列が出来ているのは、なかなかお目にかかれない光景かなと思います。
歴史が深く、地域を代表する老舗店が並んでいるというは凄い事ですよね。


注文したのは中華そば(並)です。

shinpukusaikan_3.jpg

shinpukusaikan_4.jpg


見た目からも分かる程、かなり濃い目に醤油が出たスープです。
麺はストレートの中太麺で、スープが馴染みやすいことと、醤油の強さもあって、麺にスープの色が染み込んでいました。
少ししょっぱめのあっさりとしたスープは、見た目程のしょっぱさではなく、食べやすく美味しいですね。
このお店にくる前に行った「ますたに」と「第一旭」が油や出汁の印象が強かったのに対し、こちらのお店は醤油の風味が際立ったスープでした。

恐らく醤油ダレで漬けたと思われるチャーシューは、味が良く染み込んでおり、スープの味を邪魔せず、美味しかったですね。
ネギもたっぷりとのっていました。

今回は連食の関係で注文しませんでしたが、京都出身の方の話では、こちらのお店は焼き飯も美味しくお勧めとのこと。
色が黒っぽく、かなりしょっぱそうに見えるけど、そこまではしょっぱくなく、比較的濃い目の味付けがたまらないそうです。


新福菜館 本店の詳細
posted by BBSHIN at 10:04| Comment(2) | 京都府

2014年10月17日

京都 たかばし 本家 第一旭 (京都府)

京都駅近くにある「京都 たかばし 本家 第一旭」へと行ってきました。

daiitiasahi_1.jpg


こちらのお店は全国のラーメンを食べ歩くフリークの方から
「まずはおさえておくべき」
と薦められ、また、京都出身の40代中盤の方からも
「京都に行くなら、とりあえず第一旭は行ってみるべき
京都では昔から知名度の高い人気店で、自分も学生の時に足しげく通っていた」
との情報をもらっていたので、行ってみる事としました。


ミニラーメン

daiitiasahi_2.jpg

daiitiasahi_3.jpg


この後の食べ歩きを考え、ミニラーメンを選びましたが、予想外のしっかりとした盛り付けに驚きです。
チャーシューも何枚も入っていますし、これで550円は凄いですね。

醤油味のあっさりスープは、油が程よく浮き、コクとコッテリ感がプラスされています。
飲んだ瞬間に印象的な味わいを感じる旨味たっぷりのスープです。

麺は少し柔らかめの中細ストレート麺で、スープに馴染みやすいタイプの麺です。
京都で多くのお店で食べた訳ではないので、ハッキリとは分かりませんが、数店食べた感じでは、こういう麺が多い地域なのかなと思いました。
ツルツルモチモチ麺が主流の新潟の人達にはあまり馴染みの無いタイプの麺かもしれませんね。
個人的にはとても好みのタイプの麺でしたぴかぴか(新しい)

ネギは九条ネギがたっぷりとのっていました。
今回は普通にしましたが、ネギ増しも無料とのこと。

このラーメンを見て、京都出身の方が、新潟でネギラーメンを食べて
「何で白いネギがのっとんねん! ネギラーメンゆーたら緑のネギがワサーっとのったやつやろ!」
と驚いていたのを思い出しました。

他には、その方は良く、このラーメンをおかずにご飯を食べていたそうです。
「ラーメンライス」は定番の食べ方ではありますが、京都出身の方の話を聞く限り、この地域ではその傾向が更に強いのかなと感じました。
そういえば、関西ではお好み焼きとご飯を一緒に食べるという話も聞きますしね。


こういう風に普段食べられないラーメンを食べられたりするのは、県外ラーメン食べ歩きの楽しみの一つですよねるんるん
とても美味しいラーメンに大満足ですグッド(上向き矢印)


餃子

daiitiasahi_4.jpg


こちらも美味しかったです手(チョキ)


テーブル調味料(辛子味噌等)

daiitiasahi_5.jpg



京都 たかばし 本家 第一旭の詳細
posted by BBSHIN at 19:09| Comment(0) | 京都府

2014年10月16日

ますたに 京都拉麺小路店 (京都府)

京都ラーメン食べ歩き2日目。

購入したばかりのノートPCでブログに「あっぱれ屋」で食べた記事を掲載したところ、

「京都駅の伊勢丹10Fにラーメンストリートがある」

という情報が寄せられました。

元々予定はしていませんでしたが、せっかく情報をもらったので寄ってみる事に。

京都拉麺小路

masutani_isetan_201410_1.jpg


大阪 上方ざんまい屋

masutani_isetan_201410_2.jpg


札幌 すみれ

masutani_isetan_201410_3.jpg


徳島 ラーメン東大

masutani_isetan_201410_4.jpg


博多 一幸舎

masutani_isetan_201410_5.jpg


博多 一幸舎に関しては博多の本店に行った事があるので、今回はパスすることに。


他にも、

富山 富山ブラック麺家いろは
福島 喜多方 坂内食堂
東京 東池袋 大勝軒

がありかなり迷いましたが、今回はせっかく京都にきたという事で、京都のお店を選ぶ事にしました。

ますたに 京都拉麺小路店

masutani_isetan_201410_6.jpg


銀閣寺近くのお店にも行って行けない事は無かったですが、観光と目的のラーメン店を全て行く為に、こちらのお店に寄っておく事にしました。


ミニ中華そば

masutani_isetan_201410_7.jpg

masutani_isetan_201410_8.jpg


コク深い醤油味の鶏ガラスープに、背脂が更なるコクと甘みをプラスしています。
麺はスープが良く馴染むタイプの中細のストレート麺で、スープとの相性も抜群です。
チャーシューはシンプルな味わいながらも味が良く染みており、スープを邪魔しない味わいでした。

麺が好きなタイプだったので、その後の食べ歩きを考えミニにした事を若干後悔する位でした。

ちなみに、どこかで食べた事がある味に似た方向性だと思い少し考えてみたところ、新潟市に最近オープンした来来亭 新潟松崎店来来亭 新潟白根店、と良く似ていると感じました。
来来亭はチェーン店ながらも好きなタイプの味ではありましたが、こちらは洗練されたこだわりの個人店の味、といった印象です。

かなり美味しい一杯に大満足ですひらめき


テーブル調味料

masutani_isetan_201410_9.jpg

こしょう、黒こしょう、一味

終盤使用してみましたが、確かにこのスープには、胡椒や黒胡椒が合うかなと思いました。


ますたに 京都拉麺小路店の詳細
posted by BBSHIN at 20:56| Comment(0) | 京都府

平等院 (京都府)

宇治の旅館「静山荘」に宿泊した翌日、近くにある平等院へと行ってみました。

byoudouin_1.jpg


平安時代末期、平氏打倒の挙兵をし、戦いに敗れ平等院にて自害した源頼政公の墓

byoudouin_2.jpg


日本三銘鐘の一つに挙げられる「梵鐘」

byoudouin_3.jpg


平等院鳳凰堂

byoudouin_4.jpg


一通り見た後、宇治を後にし、京都駅周辺のラーメン食べ歩きへと向かいました。
posted by BBSHIN at 20:22| Comment(0) | 観光地

宇治周辺観光 (京都府)

京都ラーメン食べ歩き旅行

初日は宇治に宿泊する事にしました。

宿泊したのは、宇治川沿いにある旅館「静山荘」です。

uji_201410_8.jpg


車を置き、まずは周辺を散策する事としました。

喜撰橋

uji_201410_1.jpg


宇治公園内

uji_201410_2.jpg


朝霧橋

uji_201410_3.jpg


宇治神社

uji_201410_4.jpg


宇治上神社

uji_201410_5.jpg


現在改修中の為、本殿を観る事は出来ず、仮本殿なるものがありました。

uji_201410_6.jpg


帰り道、夕焼けの朝霧橋

uji_201410_7.jpg


ラーメンをたくさん食べたので夕食は無しにし、朝食のみとしました。

個室での朝食です。

uji_201410_9.jpg


これからたくさんのラーメンを食べる身にピッタリのヘルシーな朝食でした。

uji_201410_10.jpg


翌日、お茶屋さんがたくさんある通りで買い物することに

uji_201410_11.jpg


駿河屋

uji_201410_12.jpg


茶だんご

uji_201410_13.jpg


茶屋がある通りを抜けると宇治橋があります。

uji_201410_14.jpg


振り返ると鳥居が

uji_201410_15.jpg

茶屋がある通りは鳥居の左側になります。

ラーメンが食べられなくなるので、お菓子は控えめにしておきましたが、いずれはゆっくり訪れて色々と食べたり、宇治茶を飲んだりしたいです。
posted by BBSHIN at 20:07| Comment(0) | 観光地

麺屋 たけ井 R1号店 (京都府)

京都府の南部、八幡市にある「麺屋 たけ井 R1号店」へと行ってきました。

takei_r1_1.jpg


今回は、京都食べ歩きを計画する中、全国を食べ歩くラーメンフリークの方にお勧め店を聞いたところ、いくつかピックアップしてもらった中にこちらのお店もあったので行ってみる事としました。

駐車場に車を停めると女性店員さんがお店の中から出てきて出迎えてくれたので、外観の撮影許可を願い出ると、写真に写らない位置に移動してくれました。


特に下調べもせずにお店に行きましたが、メニューや看板を見ると濃厚魚介つけ麺がお勧めの様だったのでそちらを注文する事としました。

つけ麺(小)

takei_r1_2.jpg

takei_r1_3.jpg


かなり濃厚で甘みがある豚骨魚介のつけダレです。
麺は歯応えが強い太麺です。
全粒粉も使用しているのか、小麦の皮に近い部分も入っている様に見えました。

食べた感想としては、数年前より関東で人気となっている濃厚豚骨魚介つけ麺スタイルだと印象です。
スタンダードなスタイルのつけ麺で、何度も食べた事があるタイプの味だったので、特に驚きや新鮮さなどは感じませんでしたが、とてもレベルの高い一杯だと感じましたぴかぴか(新しい)
新潟にはここまでの王道スタイルのつけ麺を出すお店は無いかなと。


各テーブルには割りスープとして使用する魚介出汁が置いてあります。

takei_r1_4.jpg


店員さんにお願いするとつけ汁の温め直しも可能だとか。


らーめんは、鰹出汁で細麺の「うすくち」、煮干し出汁で平打ち麺の「こいくち」があるらしく、店員さんに初めて食べる場合のお勧めを聞いてみると
「どちらもお勧めですが、店長が力を入れているのは「うすくち」です」
との回答。

という事で「らーめん(うすくち)」を注文

takei_r1_5.jpg


あっさり醤油味で、魚介の風味が漂う和風スープです。
うどんの汁に似た感じでしょうか。

麺はツルツルの表面で、噛んだ時にパツンと切れる食感の細麺です。

濃厚つけ麺からは予想外のハイレベルな淡麗系の醤油清湯ですね。
とても美味しかったです。
煮干しの「こいくち」も食べてみたいですね〜グッド(上向き矢印)


食後、お店を出ると注文時とは別の女性店員さんが、外まで出て送り出してくれ、「どこからきたか」「2杯を食べ比べてどうだったか」などを聞いてきたので、今回のブログ記事に書いた様な感想をそのまま伝えました。

店主、店長以外で、店員さん達がここまで意識高く仕事をしているお店はなかなか無いですよね。
味、接客ともに素晴らしいお店でしたひらめき


麺屋 たけ井 R1号店の詳細
posted by BBSHIN at 06:18| Comment(0) | 京都府

2014年10月15日

満里の三店目が新潟市秋葉区に12月初旬オープン予定

新潟市中央区の女池インター近く、新潟市西区坂井にある「満里」の3店目が新潟市秋葉区にオープン予定との情報が入りました。

満里 女池店の詳細

満里 坂井店の詳細

住所、TEL、オープン日等、詳細な情報が入りましたら、また当ブログにて告知したいと思います。

posted by BBSHIN at 08:03| Comment(2) | 日記

2014年10月13日

松葉食堂

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は三条市の「松葉食堂」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓↓↓

三条市にある、松葉食堂に行ってきました。

matsubasyokudou_1.jpg


東三条駅前を左折、1本目の信号を右折、2本目の信号を右折した、右側にあります。
お車で行く場合は、一方通行が多いので、注意が必要です。

外観・内装ともに年季を感じますね。
古くからあるお店なのだと思いますが、きちんと清掃されており、店内は綺麗で明るいです。


小生は背油ラーメンを注文致しました。

背油ラーメン

matsubasyokudou_2.jpg

matsubasyokudou_3.jpg


ザク切りの玉ねぎがかなり入っております。
背油の量は普通。
スープは背油定番の煮干しで、全体的にまろやかな味わいです。

麺はもちろん太麺。
普通盛りで頼んだのですが、丼が大きく、量も多目に入っていたので、お得感を感じます。


松葉食堂の詳細
posted by BBSHIN at 19:06| Comment(0) | 三条市

無鉄砲 本店 (京都府)

京都ラーメン食べ歩きで、京都府南部の木津川市にある「無鉄砲 本店」へと行ってきました。

muteppou_honten_1.jpg


2013年に新潟市中央区で開催されたNSTまつりにて食べてみたところ、濃厚な豚骨スープのインパクトがかなり強かったので、京都に行く機会があれば行きたいと思っていました。

とんこつラーメン

muteppou_honten_2.jpg

muteppou_honten_3.jpg


豚骨スープはかなりドロドロしており、豚の旨みたっぷりです。
豚特有の匂いも強めですが、臭みではなく比較的飲みやすいと思います。
豚骨のコク以外にも、タレの旨みもしっかりと加えられており、印象的な味わいの仕上がりとなっています。

麺はスープからすると、オーソドックスに低加水細麺が合いそうな感じがしましたが、ツルっとした表面の中細縮れ麺でした。
スープのトロみにより、かなり絡みが良いですね。
券売機に「替え玉の場合は、細麺も選択可」と書いてあったかと思います。

濃厚豚骨スープがかなりインパクト抜群の一杯でしたひらめき


豚骨+限定スープのもやっているらしく、注文してみました。

muteppou_honten_4.jpg


Wスープラーメン

muteppou_honten_5.jpg


この日は限定として魚介の醤油ラーメンがあったので、Wスープは豚骨魚介となっていました。

豚骨濃度が薄まったWスープでも、一般的な濃厚豚骨に匹敵する濃度でしたが、普通の豚骨ラーメンと比べるとやはり食べやすいですねぴかぴか(新しい)


テーブル備え付けの調味料

muteppou_honten_6.jpg


左から激辛高菜、にんにく醤油、ごま、紅しょうが、ラーメンタレ


激辛高菜、にんにく醤油のフタを開けた写真

muteppou_honten_7.jpg


高菜、にんにく醤油などを入れると味の変化を楽しめます。るんるん

タレも少し舐めてみましたが、旨みがたっぷりですね。
この位の豚骨スープを受け止めるのは、やはり強い旨みのタレなのですねひらめき


ちなみに、厨房でスープを作っているところが見えましたが、焦げない様に寸胴鍋を頻繁にかき混ぜていました。
通常「エンマ棒」と呼ばれる木製の棒でかき混ぜる事が多いですが、こちらのお店では金属製の棒でかき混ぜていました。
良く見てみると、金属の棒の他、金属製のスコップの様な物も使っている様に見えました。
そういえば、以前自宅で豚骨スープを仕込む際、寸胴鍋の底からしっかりとかき混ぜたいと思い、棒ではなく、木ベラを使用したところ、抵抗が強くかなりの力が必要で、何回か使っているうちに木製ヘラが割れてしまいました。
そういう意味でも、調理専用の金属製スコップというのは、良いアイデアだなと思いました。
しかし、あの豚骨量と煮込み時間はかなりの重労働なのでしょうねたらーっ(汗)

いろんな意味で刺激的なお店でしたぴかぴか(新しい)


無鉄砲 本店の詳細
posted by BBSHIN at 00:22| Comment(0) | 京都府

2014年10月11日

関屋 福来亭

新潟市中央区、関屋駅のすぐ近くにある「関屋 福来亭」へと行ってきました。

hukuraitei_201410_1.jpg


こちらは、古くから「新潟市で食べられる燕三条系のお店」として知名度の高いお店です。
今でこそ新潟市でも燕系統のお店が何店も営業する様になりましたが、以前はコチラ以外に数店ある程度でした。
私の周囲の年配の方々でも、時折こちらのお店に訪れては背脂たっぷりのラーメンを食べているという方々がたくさんいます。

久々の福来亭で注文したのはノーマルな「ラーメン」です。

ラーメン

hukuraitei_201410_2.jpg

hukuraitei_201410_3.jpg


濃い醤油味で少ししょっぱめのスープに、背脂がほどほどに浮き、コクと甘味がプラスされています。
スープは醤油一辺倒ではなく、出汁感もしっかりと出ています。
このあたりがコチラのお店の人気の秘訣かなと思いました。

麺はインパクト抜群の太麺です。
歯応えがあり、食べ応え満点の麺ですね。

チャーシューはしまった肉質ながら、しっかりと味がしみ込んでおり、とても美味しかったです。
チャーシューメンにしてたっぷり食べたい位ですね。
昔ながらのメンマも美味しかったですねぴかぴか(新しい)

今回はチャーハン1杯を二人で分けて食べる事にしました。
同行者がお願いしたところ、1杯を取り皿に分けた状態で提供してくれました。

hukuraitei_201410_4.jpg


その方の話では、以前もそうやってお願いしたところ、快く対応してくれたらしく、それ以来複数人で食べに行ってラーメンのサイドメニューとしている様です。

味としては、チャーハンの褒め言葉で良くある「パラパラとした・・」といった感じではなく、「しっとりとした」食感でした。
こういうのも悪くないものですねひらめき
濃いめでしっかりとした良い味付けがなされており、とても美味しいチャーハンでしたるんるん


関屋 福来亭の詳細
posted by BBSHIN at 23:51| Comment(0) | 新潟市中央区

2014年10月10日

俺のラーメン あっぱれ屋 (京都府)

京都府の超人気店「俺のラーメン あっぱれ屋」へと行ってきました。

appareya_1.jpg

開店30分前に到着しましたが、平日のお昼だというのに、既に30人以上が並んでいます。
恐るべき人気っぷりですね〜たらーっ(汗)


開店少し前になると、並んでいるお客さん達をお店の中に入れて席に座らせてくれました。
店内はカウンターのみのつくりとなっており、満席になると店内の待合席に座り、待合席が埋まるとカウンターの後ろで立って待つという仕組みです。

行列の最後尾だったので、皆さんがお店に入った瞬間にお店の外観を撮影

appareya_2.jpg


店内の仕切られたスペースは製麺室となっており、製麺機が置いてあり、自家製麺である事を伺わせます。

appareya_3.jpg


待合席に座りながら店内を眺めていると食べログの表彰状が貼ってありました。

appareya_4.jpg

2009年から食べログのグランプリを取っている様ですね。
すっ、すごい・・・


カウンターにはコショウオイルとチリペッパーオイルが置いてあります。

appareya_16.jpg


まずは、「こくまろ塩ラーメン」

appareya_5.jpg

appareya_6.jpg


濃厚動物系と魚介の味がしっかりと出たスープですぴかぴか(新しい)
嫌らしさの無い旨みがたっぷりと詰まっており、実に美味しいスープですねるんるん

骨粉等と思われるザラついた舌ざわりが、スープの飲みごこちを良くしてくれています手(パー)
動物系スープのザラつきは嫌がられる事も多いですが、この一杯に関しては全くマイナスだと感じる事はありませんでした。

麺は歯応え良い縮れた太めの麺で、トロみもあるスープがしっかりと絡みついてきます。

トッピングは、レアなチャーシューと味玉、メンマがのっています。
チャーシューはスープから熱が移るのか、徐々に赤身を帯びた部分が減っていきました。

終盤、備え付けのコショウオイルを入れて味を変化させてみました。

appareya_7.jpg


胡椒風味のオイルと、名前通りの味なのですが、スープに絶妙なアクセントを与えてくれる逸品です。
ラーメンにおいてとても重要な要素の「油」と、最近注目が高まってきている「スパイス」の両方の要素を持っていますね。

ちなみにこのオイル、新潟でも村上市にオープンした創作うどん店「こころいき東風うどん 温音」に行った時にもほぼ同じものが提供されていました。

こころいき東風うどん 温音での食べ歩き記事


味の変化により飽きる事なく食べる事が出来、ついついと完食

appareya_8.jpg


とてもクオリティが高い一杯に大満足ですぴかぴか(新しい)


つけ麺は2014年10月末まで普通のつけ麺を出す日と、タイプ2を出す日があるらしく、この日はタイプ2の日でした。
個人的にはどれを食べても初めてなので、新鮮な気分で楽しめるのですが、サイトで掲載する上ではレギュラーの方をまずは食べてみたかったですね。
リサーチ不足でしたたらーっ(汗)

気を取り直して、つけめんを注文しました

スーパーつけめんタイプ2

appareya_9.jpg

appareya_10.jpg


かなり濃厚なつけダレですひらめき
泡立つ程にクリーミーな仕上がりとなっていました。
仕込みを見ていると、ハンドミキサーを使用しており、動物系スープと何かをブレンドし混ぜ込んでいるのか、撹拌し何かの油を乳化しているのか、それとも泡立てる事自体が目的なのか、意図は不明ですが、飲み心地は抜群に良かったですぴかぴか(新しい)

つけダレは前情報から魚介が効いた豚骨魚介かと思ってましたが、魚介は抑えているのか、使用していないのか、クリーミーさが際立つスープでした。

麺は自家製の太め平打ち麺で、固めの食感で歯応えが強く、またシメられた事で、舌さわりと歯切れも良く、とても美味しい麺でした。
麺だけでも数口美味しく頂ける程です。

レアで歯応え良いチャーシュー、メンマ、味玉などもとても良い仕事がしてあります。

こちらは、チリペッパーオイルがおすすめとのこと

appareya_11.jpg


食後は割りスープがもらえます。

appareya_12.jpg

魚介出汁のスープを加えると飲みやすくなり、余裕の完食です手(パー)
(ザラつきの部分までは手をつけませんでした。見栄えの悪いものをお見せする事になり申し訳ありません)

appareya_13.jpg


これから京都の各店での食べ歩きが待っているというのに、2人で行って2人ともついつい完食してしまいました。
濃厚感がありつつも、ギトギトしていなく、臭みなども皆無で、食べやすかった事も大きいかもしれません。

2杯ともとても美味しかったですグッド(上向き矢印)


お店を出ると20杯限定のつけ麺は売り切れとなっていました。

appareya_14.jpg

普段はラーメンを食べる為に開店前から並んだりはしませんが、今回は30分前に行ったのは正解でした。
しかし、週末だったらこうはいかなかったかもしれませんね。


お店を出るときも、店内は満席で待合席やカウンターの後ろにも人がたくさん並んでおり、店外にも再び行列が出来ていました。

appareya_15.jpg

ここまでの人気店となるのも納得の美味しさでしたぴかぴか(新しい)


俺のラーメン あっぱれ屋の詳細
posted by BBSHIN at 22:04| Comment(0) | 京都府

京都ラーメン食べ歩きに行ってきます!

今日から数日間、京都巡りをしたいと思います。

モチロン、ラーメンも食べます手(パー)

食べたラーメンは少しずつ掲載していきたいと思いますが、県外のラーメン情報ばかり載せ続けても、新潟の方々には面白くないと思いますので、連続して掲載せずに、時折新潟情報を織り交ぜつつ、京都のラーメンの魅力について掲載していきたいと思います!

観光地も巡ろうと考えていますので、その辺りも掲載していきます。

それでは、たくさんの美味しいラーメンを楽しんできたいと思います手(チョキ)
posted by BBSHIN at 09:42| Comment(0) | 日記

2014年10月09日

新潟ラーメンバトル2014 全店巡り終えました

9月25日より始まった「新潟ラーメンバトル2014」

審議委員として全軒を巡る予定となっていましたが、昨日の東横を最後に全店巡り終える事が出来ました。

今回のテーマは「肉」という事もあり、1店1店がガッツリとしており、腹にくるものはありましたが、各店の趣向を凝らしたラーメンを食べるのは実に楽しかったです。

・肉のボリュームを前面に出しているお店
・肉の味付けなどアレンジにこだわるお店
・数種類の肉を用いバリエーション豊富にしてきたお店
・テーマをそこまで重視せず、味やコスパを狙ったと思われるお店

など、各店の色々な思惑を見る事が出来て良かったと思います。

私は巡り終えましたが、イベント自体は11月24日まで続きます。

私の様に無理なペースで食べ急ぐ必要は全くありません手(パー)
余裕のある方は期間終了までに全店巡ってみてはいかがでしょうか?


新潟ラーメンバトル2014の画像一覧はコチラ
posted by BBSHIN at 19:37| Comment(0) | グルメイベント

ラーメン東横 白根店 煮干らーめん 〜4種のチャーシュー〜(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

新潟市南区にある「ラーメン東横 白根店」

touyoko_shirone_201410_1.jpg


東横は過去にも

辛味噌肉ラーメシ(2012年)

野菜ときのこの担々つけ麺(2013年)

等で参戦するなど、新潟ラーメンバトルの常連店です。
特に2012年はテーマの「味噌ラーメン」に対し、得意の濃厚味噌で勝負せずに、一風変わった新メニューをもってくるなど、独自路線が目を引くお店です。

そんな東横が放つバトルラーメンはコチラ

煮干らーめん 〜4種のチャーシュー〜

touyoko_shirone_201410_2.jpg

touyoko_shirone_201410_3.jpg


今回も人気の味噌ではなく醤油で勝負です手(グー)

しかも、普段の醤油ラーメンのスープではなく、バトル専用の煮干し醤油を用意するなど、気合を感じさせます。

スープは豚骨と煮干し出汁のあっさり味ですが、煮干し出汁はエグみは出さずに旨味はしっかりと出ており、とても良い味になっていまするんるん
豚骨は下支えになっている感じで、煮干し風味全開のスープですねひらめき

麺はあっさりスープには予想外の太麺です。
ツルツルした表面で、噛み切る時の弾力感がとても良いですね。
こういう組み合わせのラーメンはなかなか珍しいかなと思います。

ちなみに後で聞いてみたところ、味噌ラーメンと同じ麺だとか。
言われれば確かに納得で、同じ麺だったかなとは思いますが、食べてる時の印象としてはスープとの相性もあるのか新感覚の食べ応えでした。
節穴っぷりを発揮してしまいましたが、あえて言い訳をさせてもらうならば、東横の味噌ラーメンというのは、自分の中ではあのバランスでもう「東横の味噌ラーメン」なんですよね。
他の組み合わせとかはイメージも出来ません手(パー)


そして、本題の「肉」ですexclamation×2

ロースチャーシュー、バラチャーシュー、鶏チャーシュー、角煮チャーシューの4種がたっぷりと盛り付けられています。
それぞれ、良い味がつけてあり、美味しく食べ応えも抜群です。
煮干し出汁の主張が強いスープも、ゴツい肉に絡んでくる時には、しっかりと脇役に徹しています。

歯応えの強い太麺、印象的な煮干し出汁のスープ、食べ応え抜群の4種の肉、などパーツを見れば、それぞれが主張し過ぎている位なのですが、何故かトータルでは大人しく綺麗にまとまっている様に感じる不思議なバランスです。
シンプルながらも、絶妙な味わいの一杯をぜひお試し下さい。
レギュラー化して欲しい逸品ですぴかぴか(新しい)


味噌つけ麺

touyoko_shirone_201410_4.jpg

touyoko_shirone_201410_5.jpg


ツルモチ平打ち麺に、濃い味噌味のつけダレが良く絡みます。
スープは酸味が効いており、普段の濃厚味噌ラーメンと比べても食べやすい仕上がりでするんるん

味が濃いと感じる方は、ポットの割りスープで薄めて食べると良いでしょう。

touyoko_shirone_201410_6.jpg


割りスープだけを飲むと、しっかりと豚の味のする清湯スープです。
今まで東横の割りスープを飲んだ時、ここまで豚の味がすると思った事はなかったので劇的に変えたのかと思いましたが、基本的な部分は変えていない様です。
微調整の範囲内でしょうか。

ただ、この割りスープであれば、味噌のしょっぱさを薄めた時に出汁が薄まるという事は無さそうですねひらめき


野菜餃子

touyoko_shirone_201410_7.jpg


他にも黒にんにく餃子などもあります手(パー)


ラーメン東横 白根店の煮干らーめん 〜4種のチャーシュー〜について


ラーメン東横 白根店の詳細
posted by BBSHIN at 00:24| Comment(0) | 新潟市南区

2014年10月08日

中華そば ふじの 東中野山店 肉バクダン味噌(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

新潟市東区にある「中華そば ふじの 東中野山店」

fujino_nakanoyama_201410_1.jpg


「ふじの」は今年、新潟市秋葉区と東区にほぼ同時期に2店がオープンしたばかりの新店です。

オープン当初は味噌が「準備中」となっていましたが、寒くなるのに合わせて両店とも販売を開始し、人気を博している様です。

そんな「ふじの」のバトルラーメンは、その味噌らーめんの豪華バージョンです。

肉バクダン味噌

fujino_nakanoyama_201410_2.jpg

fujino_nakanoyama_201410_3.jpg


豚骨と魚介出汁という味噌スープは、旨味が詰め込まれ、コクたっぷりで美味しいですねぴかぴか(新しい)

そんなにコッテリしているとは思いませんが、味噌や各種旨味が濃いという印象です。

ツルモチの中太麺もスープと良く合っていますね手(チョキ)

テーマである肉は、ロールチャーシューを薄めにスライスしたものと、厚めにカットし角切りにしたものの2種類がのっています。
恐らく同じ肉だと思いますが、切り方の違い一つで食べ心地が大きく変わるものだなと思いました。

そして、注目はタイトルにもなっている「肉バクダン」です。
刻みニンニクと生姜が入っているらしく、とても特徴ある味わいの一品です。
これがスープに溶け出す事でスープに味の変化を与えてくれるので、最後まで飽きずに美味しく頂けまするんるん

ラストは穴開きレンゲがついているので、コーンや挽肉を残らず食べつくす事が出来ます。
スープは、しつこくなく、味わい深いので、お腹に余裕がある方は、飲み干しても良いでしょう。

とても美味しかったです手(チョキ)


味噌らーめん

fujino_nakanoyama_201410_4.jpg


こちらも肉ばくだんがのり、ボリュームたっぷりです。
期間終了後は、コチラのノーマルの味噌らーめんも是非お試し下さい手(チョキ)


中華そば ふじの 東中野山店の肉バクダン味噌について


中華そば ふじの 東中野山店の詳細
posted by BBSHIN at 07:37| Comment(0) | 新潟市東区

2014年10月07日

わらふく

新潟市東区の新店「わらふく」

warafuku_1.jpg


10月8日(水)からプレオープン予定となっており、今回は知人のつてを辿り試食会に参加させてもらいました。

こってり系のとんこつ味噌、普通の味噌、醤油、塩とあるらしく、看板メニューの野菜わらふくラーメン(とんこつ味噌)を注文しました。

野菜わらふくラーメン

warafuku_2.jpg

warafuku_3.jpg


味噌味のライトな白湯スープに、軽く油が浮いており、程よいコッテリ感です。
旨味もそこまで強めに入っておらず、ちょうど良い感じですね。

キャベツが多めに、モヤシやニンジンなどの野菜がのっています。

麺はツルモチの中位の太さの麺でした。

味玉は半熟で味の良く染みていました。
こういう味玉は好きですねぴかぴか(新しい)

シンプルな味わいで、食べやすい野菜味噌でしたひらめき


塩ラーメン

warafuku_4.jpg


こちらは、あっさり塩味のスープです。
麺は味噌と同じでしょうか?

チャーシューは歯応えある食感で、味が良く染みていました。


わらふくの詳細
posted by BBSHIN at 22:08| Comment(0) | 新潟市東区

ちゃーしゅうや武蔵 新大前店 辛味噌回鍋肉(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

新潟市西区にある「ちゃーしゅうや武蔵 新大前店」

tyasyuya_musashi_shindai_201410_1.jpg


ちゃーしゅうや武蔵では過去のバトルでも

スンドゥブ チゲのつけ麺(2011年)

ごろごろ野菜トマカレつけ麺(2013年)

など、個性的なメニューで参戦していたお店です。
という事もあり、今回も期待を持って訪れました。
(今回は新大前店のみの参加となっています)

そんなちゃーしゅうや武蔵のバトルラーメンはコチラ

辛味噌回鍋肉

tyasyuya_musashi_shindai_201410_2.jpg

tyasyuya_musashi_shindai_201410_3.jpg


定番のあっさり味噌スープに、トロみと辛味のある回鍋肉がたっぷりとのっています。
序盤はいつもの味噌のスープだと分かる味わいですが、徐々に甜麺醤、コチュジャンを使ったという回鍋肉の辛味と旨味が溶け出していき、味が変化していきます。

テーマの「肉」としては、回鍋肉に使用されている豚肉となっています。
火加減と味付けが良く、とても美味しかったですぴかぴか(新しい)

パプリカ、キャベツなど野菜もたっぷりと使われているのも嬉しいですねるんるん

辛味があるといっても、そこまでの辛さはなく、絶妙な味わいの仕上がりとなっており、とても食べやすい一品です。
今回のバトルラーメンも個性的で美味しかったですね手(チョキ)

食べ進めると体が温まり、たっぷりの汗が出てきてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
これからの寒い季節にお勧めの一杯ですぴかぴか(新しい)


つけ麺 ほうれん草トッピング

tyasyuya_musashi_shindai_201410_4.jpg


あっさりで甘じょっぱいつけダレです。
ゴマが浮いているでしょうか。
麺はシメられた上で、冷やされた器に入っています。

多くの人に支持されそうな味のつけ麺ですね。


ちゃーしゅうや武蔵 新大前店の辛味噌回鍋肉について


ちゃーしゅうや武蔵 新大前店の詳細
posted by BBSHIN at 07:47| Comment(0) | 新潟市中央区

2014年10月06日

新潟3−0川崎 レオシルバ選手のFKなどで新潟がホームで快勝!

アルビレックス新潟のホームゲーム、川崎フロンターレ戦


選手入場時

20141005_1.jpg


普段はエルビスプレスリーの「愛さずにはいられない」を歌いますが、この試合ではゴール裏以外のスタンドの観客の方々も立ち上がり、スタジアム全体からの「アルビレックス」コールで選手を向かえました。
太鼓が途中で止み全員の手拍子でのコールとなりましたが、初回という事もあってか、コールは徐々に加速し、各スタンドともリズムが合いませんでした。
しかし、この行為によってスタジアムが一体になるという意識が生まれたのではないでしょうか。
距離による音のズレもあると思うので、スタジアムDJにリズムを取ってもらうのもアリかなと感じました。

とても良い試みだったと思います手(パー)


この日は日清ラ王サンクスデーで、観客にはラ王が配られました。

ラ王 坦々麺

20141005_2.jpg


キックオフ

20141005_3.jpg


新潟が得たフリーキック
キッカーは仙台戦でもフリーキックからゴールを決めたレオシルバ選手です。

20141005_4.jpg

20141005_5.jpg


ボールは壁を巻いてゴール右隅へと突き刺さりました。

20141005_6.jpg


仙台戦のゴールを再現した様な、綺麗なゴールでしたるんるん


先制点に沸くスタジアム

20141005_7.jpg


喜ぶ選手達

20141005_8.jpg


続いて、山本 康裕選手が、加入後初ゴールとなるミドルシュートで、2−0とリードを広げました。

20141005_9.jpg

20141005_10.jpg


小林 裕紀選手のフリーキックを新加入ラファエル シルバ選手がヘディングで合わせ3点目ひらめき

20141005_11.jpg

20141005_12.jpg

20141005_13.jpg


喜びが止まらないラファエル シルバ選手

20141005_14.jpg


試合終了

20141005_15.jpg


新潟が3−0のスコアで快勝しましたグッド(上向き矢印)

20141005_16.jpg


勝ち点3に喜ぶゴール裏サポーター

20141005_17.jpg

20141005_18.jpg


MVPのレオシルバ選手には日清ラ王が贈呈されました。

20141005_19.jpg


ハッピーターン好きで知られるレオシルバ選手に、亀田製菓よりハッピーターン一年分が贈られました。

20141005_20.jpg


ヒーローインタビューを受けるレオシルバ選手

20141005_21.jpg


今季はなかなか勝ちきれないシーズンを過ごしてきたアルビレックス新潟ですが、ここ2試合、攻守に噛み合いだし、とてもアグレッシブな試合を見せてくれています。

エキサイティングで楽しい試合を観にビッグスワンに行ってみてはいかがでしょうか?
終盤に強い新潟を見る事が出来ると思います手(チョキ)
posted by BBSHIN at 02:27| Comment(0) | アルビレックス