2015年07月09日

らぁ麺屋 飯田商店 (神奈川県)

アルビレックス新潟対湘南ベルマーレの試合を観た翌日、宿泊していた平塚駅前から車を1時間程走らせ「らぁ麺屋 飯田商店」へと行ってきました。

開店30分前に着きましたが、既に数人が並んでいました。

iidasyoten_1.jpg


並んでいる一人ひとりから、ラーメンが好きそうなオーラがたっぷりと漂ってきます手(パー)


注文したのは「醤油らぁ麺」です。

iidasyoten_2.jpg

iidasyoten_3.jpg


スープは比内地鶏の丸鶏、ガラ、東京軍鶏の丸鶏から取った鶏清湯、そして表面にはスープを取る際に浮かびあがる鶏油が浮かせてあります。
醤油ダレには、3種の生醤油、薄口醤油、たまり醤油をブレンドし、火入れした後に寝かせているとのこと。

生醤油鶏清湯のスープは醤油の深みのある味わいが実に良く、また、良質な鶏油と醤油の相性も実に良いです。
醤油の深みの中にも、動物系の厚みが見え隠れし、下支えしていると感じます。

麺は自家製で、しなやかな食感でコシがあり、実に美味しい麺です。
スープとの相性も抜群ですね。

この系統では王道系のスタイルの味わいで、トッピングやスープ、麺など細部に渡る完成度が高い一杯だと感じます。

こういったスタイルのラーメンは新潟ではお目にかかった事がないので、いずれは出現してくれる事を期待したいと思います。
新潟には関東から伝わるスタイルが定着する事も多いので、恐らく2、3年以内には普及するのではないかと。


塩らぁ麺(味玉)

iidasyoten_4.jpg

iidasyoten_5.jpg


醤油の深みが印象的な醤油らぁ麺と比べ、こちらはストレートに出汁感が出てきます。

どちらかといえば、醤油の方が好きですが、こちらも負けじとレベルが高いです。


そして、前日から連食を重ねて若干体が重くなりかけていた身ながら、二人とも余裕の完食となりました。

iidasyoten_6.jpg

iidasyoten_7.jpg


実に旨かったですグッド(上向き矢印)


お店を出る頃には雨が降っていましたが、傘を差して並んでいるお客さん達がいました。

iidasyoten_8.jpg


駐車場の車のナンバーを見ると、色んな所からこちらのお店のラーメンを食べにきている事が分かりました。

そこまでして食べにくるのも納得の味だと思います。


らぁ麺屋 飯田商店の詳細
posted by BBSHIN at 20:53| Comment(0) | 神奈川県

麺や力 みそらーめん、麻婆めん

新潟市中央区の「麺や力」へと行ってきました。

menya_tikara_201507_1.jpg


最近は、店主の体調により臨時休業している事もありましたが、この日は普通に営業しておりました。

仕込み負担を考慮してか、以前の人気メニューの担々麺やおろし豚骨などの豚骨系のメニューはお休みしていました。


麺や力といえばコレ

ご飯ともやしキムチ

menya_tikara_201507_5.jpg


これだけでご飯1、2杯はいけるのですが、きたるべきラーメンタイムに向け抑えながら食べなければいけません。


麻婆麺

menya_tikara_201507_2.jpg

menya_tikara_201507_3.jpg


トロみたっぷりの麻婆豆腐がたっぷりとかかっています。

かなりのトロみのため、麻婆餡が麺にたっぷりと絡み付いてきます。

麺が太い平打ちな事と餡のトロみもあり、麺を引き上げにくいという欠点はありますが、それを補って余りある美味しさがあります。

麻婆豆腐自体がとても美味しく、スープで餡が薄くなる感じもありません。

無料のご飯に麻婆豆腐やスープをかけても美味しく頂けます手(チョキ)



みそらーめん

menya_tikara_201507_4.jpg


これを食べた人は関西出身で、その人はなかなか新潟のラーメンを認めてくれないのですが、こちらの一杯に対しては

「こういう風に普通に美味しい味噌ラーメンでええんや。奇をてらう必要はあらへん手(パー)

といった様な事を言ってました。
人の好みは人それぞれではありますが、とりあえず新潟のラーメン屋を認めてもらえた気がして嬉しかったですね。


麺や力の詳細
posted by BBSHIN at 00:18| Comment(2) | 新潟市中央区

2015年07月08日

麺場 浜虎 (神奈川県)

横浜駅近くにある「麺場 浜虎」へと行ってきました。

hamatora_1.jpg


店内は足場が組まれ、店員さん達は作業服を着ており、建築現場の様な雰囲気があります。


醤そば

hamatora_2.jpg

hamatora_3.jpg


あっさり深みのある醤油味のスープで、魚介も効いています。

油が多めに浮いており、恐らくはマー油がメインでしょうか。
ただ、焦がしネギ的な感じもあり、ニンニク、ネギが混合な気もします。
上に浮いた香味油がスープの印象を大きく左右していました。

麺は自家製らしく、表面がツルツルとした歯応えの強い縮れ中太麺でした。

チャーシューは鶏肉で、味も良く染みこんでいました。


塩鶏そば

hamatora_4.jpg

hamatora_5.jpg


醤油よりも出汁感が強く出ています。

鶏由来の強めの動物系旨味の他に、ホタテ・貝柱的な乾物系の味を感じた気がしましたが、複層的な構成の為、判別出来ませんでした。

洗練された味わいで、とてもレベルの高い塩ラーメンでした。



ラーメン屋のテーブル調味料としては珍しいものが揃っています。

hamatora_6.jpg


山椒、ハーブミックス、MASARA、昆布酢など、それぞれが味に劇的な変化を与えてくれます。


麺場 浜虎の詳細
posted by BBSHIN at 23:25| Comment(0) | 神奈川県

2015年07月07日

TSUKI亭

新潟市東区、空港通りにオープンした「TSUKI亭」へと行ってきました。

tsukitei_1.jpg


駐車場はお店の前に1台と、裏に数台分があります。


注文したのは「ラーメン」です。

tsukitei_2.jpg

tsukitei_3.jpg


いかにも出汁が出ていそうな色のスープは、あっさりながらも深い味わいがします。

店内の黒板には「サンマを使ったスープ」と書かれてあります。
生の魚を似た様な強いインパクトではなく、臭みもほとんど無いので、聞いてみると焼いたサンマから出汁を取っているとのこと。
そして動物系としては鶏を用いているそうです。
魚介メインの味わいで、動物系はそこまで強くないとは思いますが、魚だけではなかなか出ない厚みを鶏が与えているのかなと。

麺はツルツルとした表面で弾力感のある中位の太さの麺です。
独特な味わいのスープとは違い、麺は新潟でも良く見かけるタイプですが、弾力感ある歯応えで印象的なスープの味に負けず、全体的なバランスも良いと思います。


お好みでレモンを絞って味を変える事が可能です。

tsukitei_4.jpg


レモンの酸味はスープに何ともいえない清涼感を与えてくれますぴかぴか(新しい)

ラーメンの付け合せのレモンがここまで力を発揮するのも珍しいですね。

そういえば、サンマといえばレモンですもんねひらめき
そうなると大根おろしも欲しくなるかも??


元々飲みやすく美味しいスープなところに、レモンの味の変化もあり、余裕の完食となりました手(パー)

tsukitei_5.jpg


旨かったですぴかぴか(新しい)


セットの半チャーハン

tsukitei_6.jpg


程よい旨味とちょうど良い火加減のチャーハンはなかなかに美味しいです。
これで200円というのはかなりお得価格だと思います。


実際仕込みを見た訳ではないので、詳しい事は分かりませんが、新潟ではまだ珍しい鮮魚系を提供する貴重なお店かもしれませんね。
また、食べに行ってみたいと思います。


TSUKI亭の詳細
posted by BBSHIN at 23:20| Comment(0) | 新潟市東区

維新商店 (神奈川県)

神奈川県横浜市、横浜駅近くにある「維新商店」へと行ってきました。

ishinsyouten_1.jpg


お店に入ると小麦粉の袋がいつくもどっさりと置いてあり、自家製麺である事を伺わせます。


注文したのは「中華そば」です。

ishinsyouten_2.jpg

ishinsyouten_3.jpg


背脂が浮いた濃い醤油味のスープです。
スープ自体はあっさり系ですが、背脂が多めに浮いているので結構コッテリとしています。

スープには生姜が強く効いています。

麺は歯応えが強い固めのタイプでした。


席にはおろし生姜が置いてあるので、更に生姜風味をプラスする事も可能です。

ishinsyouten_4.jpg


新潟の人に説明するのであれば、どことなく長岡生姜醤油系に似ているかなと思います。
青島食堂に影響を受けたお店の中には背脂を入れるお店もあり、どこかで食べた事がある味に良く似ていました。


維新商店の詳細
posted by BBSHIN at 22:21| Comment(0) | 神奈川県

2015年07月06日

つか乃間 2周年記念 ワンコインサービス

新潟市西区のつか乃間が、2周年記念祭として人気の「鶏しおそば」をワンコイン500円で提供するそうです。

tsukanoma500.jpg


つか乃間の2周年記念祭の詳細はこちら

posted by BBSHIN at 23:24| Comment(0) | 日記

2015年07月05日

吉村家 (神奈川県)

横浜駅近くの家系総本山のお店「吉村家」へと行ってきました。

yoshimuraya_1.jpg


店内は満席でお店の外にも大勢が並んでいました。
時間は20時頃でしたが、23時頃にお店の前を前を通った時にも同様の行列が続いていました。
凄まじいまでの人気ぶりが伺えますね。

店内は厨房を囲む様にカウンターが配置され、4人用位の小上がり席があり、子供連れのお客さんを優先的に通している様でした。

カウンターに座ると厨房の中も見えました。

数個の寸胴にはたっぷりの素材が入り、それを穴が開いたスコップの様なもので、焦げない様にする事とガラを崩して出汁が出やすい様にかき混ぜていました。
素材は見えた範囲では、ゲンコツ、鶏ガラ(首付き)、豚のアバラ(もしくは背ガラ)などだったと思います。

丼に注ぐ鶏油は、IH調理器にのっており、熱々の一杯を提供する為に保温されている様でした。

スープは丼に注ぐ時にザルで濾していて、そのザルをそのまま麺茹で後の湯切り平ざるとして使用している様でした。
面倒だからそのまま使っている様にも見えましたが、もしかしたら麺に油を絡める効果もあるのかもしれません。


注文は麺の固さ、油の量、味の濃さが調節可能なので、いつもの通り麺固めで残りは普通でお願いしました。
私と同時に注文した人は全員麺普通でお願いしていたので、私のところに一番早くやってきました。
麺は数人分を一気に茹でて、麺の固さに合わせ時間差で上げ、大盛り、普通盛りなどを目分量で取り分けている様でした。

ラーメン

yoshimuraya_2.jpg

yoshimuraya_3.jpg


かなり濃厚な豚骨醤油スープです。

豚骨を長時間煮込む事で生まれる強い豚骨臭があり、それを濃い目の醤油が若干緩和している感じます。
しかし濃い醤油風味を余裕で突破してくる動物感はハンパではありませんあせあせ(飛び散る汗)

固めに茹でた麺は歯応えが強く、油感の強いスープや浮いた油が良く絡みます。


カウンターには各種調味料が置いてあるので、お好みで味を変えて楽しむ事が出来ます。

白ゴま、醤油、ラーメン酢、辛味噌

yoshimuraya_4.jpg


胡椒、刻みショウガ、すりおろし行者ニンニク、ニンニクチップ

yoshimuraya_5.jpg


こちらのお店に行ったのは20年ぶり位でしたが、インパクト抜群の味でしたね。

ここまで濃い豚骨醤油を食べたのは久しぶりでした。


吉村家の詳細
posted by BBSHIN at 23:09| Comment(0) | 神奈川県

麺や武吉兆 山木戸店

新潟市東区、一本槍跡地に移転オープンした「麺や武吉兆 山木戸店」へと行ってきました。

bukityo3_1.jpg


忙しそうだったので声はかけませんでしたが、移転前のお店の店長さんもいる様です。

以前のお店にいたと思われる店員さんに聞いたところによると、中華そばはあっさり系、とんこつラーメンが移転前の豚骨醤油、濃厚中華は以前より人気の商品、とのこと。
(2店が統合オープンした形となった事からか、店員さんの中でもメニューに詳しい人とまだ慣れてない人がいる様でした)


という事で、メニュー一番右にある中華そばではなく、看板メニューと思われる「とんこつラーメン」を注文しました。

bukityo3_2.jpg

bukityo3_3.jpg


こってりとした豚骨スープはかなり強烈で、濃厚な家系や九州豚骨のスープが出す様な強い動物臭が放っています。
トロみもあり、かなり濃厚ですね。

麺が今までと大きくかわり、ストレートの細〜中細麺となっていました。

ラーメンのスタイルからすると低加水のボソボソパツパツしたものかと思いきや、中間的な質感だったと思います。
細麺の方が、今までの太い麺よりもスープの持ち上げが良いので、一口一口がガツンときますね。
麺の変更については、好みがそれぞれあると思いますが、個人的には悪くない変化だと思います。


続きましては「濃厚中華そば」

bukityo3_4.jpg

bukityo3_5.jpg


こちらは濃厚動物系に魚介がプラスされています。
トロみが強く、少ししょっぱめ、かなりインパクトのある味ですね。

麺はとんこつラーメンの細麺に対し、こちらは太麺でした。
太さによるガッシリとした歯応えが良かったですね。

この麺を用意しているのであれば、「麺変更可」としてくれれば嬉しいですね。
茹で時間が3分近く違うと思うので、オペレーション的に細麺を選択しているのかもしれませんが。


テーブル調味料

bukityo3_6.jpg


おろしニンニク、唐辛子、胡椒、ラー油、酢、醤油、紅生姜がありました。

今回の豚骨ラーメンは九州系にも似た雰囲気があるので、ニンニクや紅生姜はピッタリときますね。


麺や武吉兆 山木戸店の詳細
posted by BBSHIN at 19:22| Comment(2) | 新潟市東区

つか乃間の夏季限定「冷し鶏エビ中華」

つか乃間の夏季限定メニュー紹介です。

冷し鶏エビ中華

tsukanoma_201507.jpg


リニューアルした「鶏しおそば」もお勧めです!


つか乃間の冷し鶏エビ中華についてはこちら
posted by BBSHIN at 08:32| Comment(0) | 日記

2015年07月04日

麺者はなぶさ

江南区にオープンした「麺者はなぶさ」へと行ってきました。

hanabusa_1.jpg


とりそば

hanabusa_2.jpg

hanabusa_3.jpg


タイトル通り「鶏」風味全開の一杯ですね。

スープは濃い目の醤油味で、出汁は鶏との事です。
油は多分鶏油で、強い鶏感はそこから出ているのかなと思われます。

チャーシューも豚ではなく鶏が用いられているのも良いですね。
こういったラーメンで豚チャーシューを用いると豚肉から落ちる油がバランスを崩してしまうケースがありますしね。

麺はストレートで歯切れの良い麺でした。
スープとも良く合っていますね。

最近の淡麗鶏清湯とも、昔ながらの鶏ガラ中華とも取れる様な中間的な一杯でした。


とりみそ

hanabusa_4.jpg

hanabusa_5.jpg


こちらは味噌で覆われるのか、鶏っぽさはほとんど感じませんでした。
といっても、私自身、淡麗鶏味噌というのは今のところ食べた事がありません。

スープは恐らくはアッサリがベースで味噌は風味が強いタイプです。
表面には油が多めに浮き、結構コッテリです。

麺は少し縮れた太麺でした。

モヤシ、キクラゲ、ニンジン等の野菜の他、鶏チャーシュー、辛味噌ものっています。

新潟に良くあるタイプの味噌ラーメンだと思います手(パー)


餃子3個

hanabusa_6.jpg


とり玉ごはん

hanabusa_7.jpg


麺者はなぶさの詳細
posted by BBSHIN at 22:56| Comment(0) | 新潟市江南区

麺家くさび 国分町店 (宮城県仙台市)

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回は県外情報だったため、投稿コーナーに掲載する事としました。

ちなみに今回のお店、調べてみると新潟にもお店がある一心亭あぁ博多人情などと同系列の様ですね。

以下、マーロウさんから送られてきた写真

↓↓↓

kusabi_1.jpg

kusabi_2.jpg

kusabi_3.jpg

kusabi_4.jpg


麺家くさび 国分町店についての投稿情報
posted by BBSHIN at 18:17| Comment(0) | 投稿情報

麺亭

新潟市中央区、古町エリアにある中華飯店「麺亭」へと行ってきました。

mentei_201507_1.jpg


以前、こちらのお店に行ったのは8年位前でした。
当時の当サイト掲載情報を見ると、今よりも性能が低かったガラケーのカメラで撮影した写真を載っていました。

麺亭の当サイト紹介記事(2007年時点)

飲み会の流れで行ったのか、誰かの手も移っています。

こういった写真を見ると時の流れを感じますね。

今回はシンプルなラーメンを注文してみました。

mentei_201507_2.jpg

mentei_201507_3.jpg


あっさり醤油味のスープに極細麺。
チャーシュー、青菜、メンマ、刻みネギがのっていました。

シンプルな味わいですが、飲みやすいスープに、極細麺は食感が良く、スルスルと食べられます。


そして余裕の完食!

mentei_201507_4.jpg


食べやすく美味しい一杯でした手(チョキ)



続きまして

エビラーメン

mentei_201507_5.jpg


メニューに書いてある説明によると女性客に一番人気とのことです。

あっさり塩味のスープに、海老や野菜等の五目餡がかかっています。

餡の具材は油通しをしているのか、もの凄く熱々でした。
餡はトロみが強めで、旨味もしっかりとあり、シンプルな塩味のスープと合わさりちょうど良くなります。

具材のシャキシャキ感も良いですねぴかぴか(新しい)

極細の麺にトロみのある餡が良く絡みます。

初めて食べてみましたが、レベルの高いエビラーメンだと思いました。


麺亭の詳細
posted by BBSHIN at 11:24| Comment(0) | 新潟市中央区

八雲 (神奈川県)

神奈川県平塚市、平塚駅のすぐ近くにある「八雲」へと行ってきました。

yakumo_hiratsuka_1.jpg


場所は平塚駅を海側に出て右側に歩いて15分位のところにあり、線路を越えて30分近く歩くとShonanBMWスタジアム平塚があります。


友人が醤油ラーメンを注文したので、私は「塩つけ麺」を注文しました。

yakumo_hiratsuka_4.jpg

yakumo_hiratsuka_5.jpg


塩味のつけダレは、少ししょっぱめで魚介が強く効いていました。

麺は多加水で歯応えの良いプリプリとした中細麺です。
軽く縮れていました。

チャーシューは注文が入ってからロースターで焼き上げていました。
そうした事もあってか、香ばしさがあって良かったですね。
熱々のチャーシューは、運ばれてからしばらく経っても肉の脂がバチバチと煮立っていました。


醤油らーめん

yakumo_hiratsuka_2.jpg

yakumo_hiratsuka_3.jpg


こちらも魚介が際立っています。
動物的な厚みはあまり感じず、魚粉も使われているのか強い魚介出汁が印象的でした。
醤油風味が強めですね。

魚重視の味わいではありましたが、バランスが悪いとも思いませんでした。


常備調味料

yakumo_hiratsuka_6.jpg


ブラックペッパー、七味唐辛子、酢の他に、柚子フレークがあります。

通常の柚子皮とはまた違った食感で、手軽に柚子風味を加える事が出来ます。


八雲の詳細
posted by BBSHIN at 06:30| Comment(0) | 神奈川県

2015年07月03日

中村屋

海老名市にある「中村屋」へと行ってきました。

nakamuraya_ebina_1.jpg


こちらのお店、麺茹での際のテボを高く持ち上げ一気に振り下ろす「天空落とし」と呼ばれる湯切りが有名です。
この日もピシっと音が聞こえる位のダイナミックな動きで湯切りをしていました。

らーめん しお

nakamuraya_ebina_2.jpg

nakamuraya_ebina_3.jpg


あっさりのスープは鶏ガラやカツオ節、煮干しから取った出汁とのこと。

上には強めの風味の香味油が多めに浮いています。
ニンニク、ネギ等でしょうか??

麺はパツパツ感ある細麺です。

+110円でカツオ節をトッピング出来ます。

nakamuraya_ebina_4.jpg


元々のスープは香味油に覆われ魚介感が分かりにくかったですが、セルフ追い鰹をする事でハッキリとした魚介風味が加わります。

カツオ節は、専用の機械で注文が入ってから削っている様でした。


らーめん しょうゆ

nakamuraya_ebina_5.jpg


深い醤油味のスープですね。

少しスープをもらったところ、こちらも香味野菜系の油が多めだっと思います。
こっちは生姜風味もあったかな?

麺は+50円で真空平打麺に変更しました。

nakamuraya_ebina_6.jpg


多加水で歯応えの良い中麺です。


2杯ともアッサリながらも油も含め印象的な味わいでした。


中村屋の詳細
posted by BBSHIN at 00:28| Comment(0) | 神奈川県

2015年07月02日

らーめん宗次

ぴあ万代にオープンした「らーめん宗次」へと行ってきました。

souji_1.jpg


場所はぴあ万代のはなび屋跡地です。
店主か店長かは分かりませんが、長岡のSENで店長をやっていた方が厨房でラーメンを作っていました。
たかみちグループ内のリニューアルか、独立かは不明ですが、数多くのハイレベルなメニューを作っていた方がやっているという事で期待が膨らみますひらめき


汐らーめん

souji_2.jpg

souji_3.jpg


説明によるとスープには牡蠣の煮干しとあさり節を使っているとの事です。
両者共に名前は聞いた事があっても、実際に食べるのは初めてです。
ネット通販では見かけても、普段通っている業務用食材店等では見た事がありません。

スープは一口飲むと、強い貝の味が口に広がります。
徐々に慣れてくるのか、次第に貝なのか他の素材等からくる旨味なのかが判別出来なくなってきつつも、相変わらず強い旨味を感じます。
恐らくは油にも風味がつけられているでしょうか。
あっさりながらも、とても印象的な味わいのスープですね。

塩分は結構強めで、隣りで食べている女性2人も
「しょっぱい でも美味しいexclamation
と言ってました。
出汁感、旨味もしっかりとしており、もう少し塩分濃度を落としても良いかなと感じます。

とても珍しい味わいの一杯で、とても美味しかったでするんるん

今回は一人で行ったので1品のみとなりましたが、機会あれば他のメニューも試してみたいですねぴかぴか(新しい)


らーめん宗次の詳細
posted by BBSHIN at 21:22| Comment(0) | 新潟市中央区

麺屋 大空 1周年感謝セールを開催予定

新潟市西区の「麺屋 大空」が1周年感謝セールを開催予定という情報が入りました。

ラーメン

oozora_PR_201507.jpg


麺屋 大空の1周年感謝セールについてはこちら
posted by BBSHIN at 19:35| Comment(0) | 日記

2015年07月01日

麺屋空 和風冷し麺

新潟市江南区の「麺屋空」へと行ってきました。

sora_201506_1.jpg


今回の目的はPRコーナーに掲載していた「和風冷し麺」です。


和風冷し麺のPR情報

和風冷し麺

sora_201506_2.jpg

sora_201506_3.jpg


シンプルな冷やし中華です。

以前のこちらのお店の冷やしは一風変わったものを提供していましたが、今回の冷やしは定番形の一杯です。

昔はこういう冷やし中華を良く食べていたものですが、食べ歩きを続ける様になるとこういったタイプはしばらく疎遠になっていたので、懐かしさを覚える味でした。

薬味は辛子とわさびから選択可能なので、辛子を選びました。

sora_201506_4.jpg


こういう冷やし中華にはやっぱり辛子が合いますね。


味噌ラーメン(白髪ネギトッピング)

sora_201506_5.jpg

sora_201506_6.jpg


基本メニューに「ねぎみそ」がある事から、運ばれてくる時に「ねぎみそ、辛味無しです」といって運ばれてきました。
そういえば、「からみそ」には辛味ネギがのっていたので、白髪ネギは辛味無しネギという事になるのですね。

辛味があって味の主張の強いネギも良いですが、スープの味がストレートに馴染む白髪ネギと味噌スープの相性は良かったですね。

スープは、濃厚味噌で、味噌、スープともに濃いタイプでしょうか。

歯応えある太麺とスープも良く合っていて美味しかったです。


ランチサービスのおむすび
(数量限定らしいです)

sora_201506_7.jpg


麺屋空の詳細
posted by BBSHIN at 22:54| Comment(0) | 新潟市江南区

お得なクーポン 8店掲載の印刷版を追加

当サイトクーポンコーナーに8店掲載の印刷版を追加しました。

print3_201506.jpg

今回追加したお店は以下の8店です。

つか乃間
中華そば ふじの
麺屋ななひら
麺処 おおみち
中華そば 石黒
花果山カムイ
麺の風 祥気
にぼしまじん

皆様の食べ歩きに是非ご活用下さい!

8店掲載の印刷版についてはこちら
posted by BBSHIN at 19:49| Comment(0) | 日記