2015年08月18日

つか乃間の期間限定クーポン ミニカレーサービス!

新潟市西区の「つか乃間」の期間限定クーポン!

今回はの内容はミニカレーサービスとなっています。

tsukanoma_curry.jpg

※写真は通常メニューのカレー


こちらのお店のカレーは、人気の「鶏しおそば」と2枚看板をなす自慢の一品です。

この機会に是非お試し下さい!


※印刷版だけでなく、画面提示も可となっています

つか乃間のミニカレーサービスクーポンはこちら
posted by BBSHIN at 20:37| Comment(0) | 日記

2015年08月17日

中華のカトウ

新潟市中央区、古町エリアにある「中華のカトウ」へと行ってきました。

katou_1.jpg


こちらのお店に行くのはかなり久しぶりですね。



メニューは中華そばとチャーシュー麺の2品のみです。

今回は中華そばを注文しました。

katou_2.jpg

katou_3.jpg


あっさり醤油味のスープは、かなりサッパリとした味わいです。

麺は、3mm位の幅でかなり薄い独特の形状で、柔らかい食感が特徴的です。
自家製の様ですが、一般的なラーメンの麺とは異なり、他ではなかなか見られないタイプだと思います。

チャーシューは、肉汁などが多めに抜け、歯応えの強い食感で、味付けは少し強め。
恐らくは、スープか醤油ダレに旨味に多めに落としているものと思われます。
スープを飲む限り、素材はそれ程多く使われておらず、そうした中でチャーシューの肉の旨味を有効活用する事で470円という低価格を維持しているのかなと。

お店はご高齢の店主と女将さんの二人でやっており、暑い中、最初にお店に入った私には「クーラーの効きが良い席にどうぞ」と案内してくれ、次にやってきたお客さんに対しては扇風機を持って来たりと、心温まる接客が特徴的でした。

ラーメンもあっさりで食べやすく、アットホームな店内で美味しく頂く事が出来ました手(チョキ)


中華のカトウの詳細
posted by BBSHIN at 19:40| Comment(0) | 新潟市中央区

銀座 篝 (東京都)

東京都、銀座駅近くの路地裏にある「銀座 篝」へと行ってきました。

ginza_kagari_1.jpg


開店前に到着すると、細い道に驚く程の行列が出来ています。

店内はかなり狭く、8席のカウンター席のみとなっていました。
お店の方々は板前的な格好で、下はYシャツ、ネクタイとビシっときめた服装でした。


注文したのは鶏白湯SOBAです。

ginza_kagari_2.jpg

ginza_kagari_3.jpg


綺麗な盛り付けが食欲をそそりますねグッド(上向き矢印)

スープは濃厚な鶏白湯で、モミジ等からのコラーゲン質によるトロみや鶏油のコク以外に、しっかりとした肉系の旨味も感じます。
そして、鶏白湯系のラーメンでは味わった事の無いクリーミーで独特なコクと旨味を感じます。
調べてみたところによると、乳製品を使っているとか? バター等でしょうか?
鶏に風味をプラスする程度の分量だと思いますが、インパクトを出しつつこの全体バランスはさすがですね。

麺は中細ストレートで、ツルツルの表面でザクっとした歯切れの良さが印象的です。
トロみの強いスープが麺にたっぷりと絡みついてきます。

トッピングは、しっとり食感で肉の旨味をたっぷりと残した鶏チャーシューの他、各種彩り豊かな野菜がのっています。
野菜は季節によって変わるらしく、この日はヤングコーン、ミニトマト、アスパラ、里芋がのっていました。



別皿でフライドオニオンとおろし生姜がついてきます。

ginza_kagari_4.jpg


テーブル調味料

ginza_kagari_5.jpg


有機玄米酢、胡椒、原了郭の黒七味がありました。
こういったスープのラーメンには黒七味が良く合いますね。



細部までこだわった丁寧な仕事ぶりが光る極上の一杯でした。

路地裏にあり、狭い店内ながらも、行列店になっているのも納得です手(パー)


お店を出る時には、行列が更に伸びていましたあせあせ(飛び散る汗)

ginza_kagari_6.jpg



銀座 篝の詳細
posted by BBSHIN at 00:03| Comment(0) | 東京都

2015年08月16日

TSUKI亭 こってり肉ラーメン

新潟市東区の「TSUKI亭」へと行ってきました。

tsukitei_201508_1.jpg


ラーメン

tsukitei_201508_2.jpg

tsukitei_201508_3.jpg


食べるのは今回で3度目となりますが、3回とも味が少しずつ違うので調整をしている最中なのかもしれませんね。
今回のスープは醤油色が減り塩ラーメン的なタレで、魚介出汁が分かりやすくなっていました。

そして大きく変わったのは麺です。

今まではツルモチのシンプルな多加水麺でしたが、縮れた低〜中加水麺へと変更となっていました。
茹で時間短めで固めに茹でられており、かたくバッツリとした食感が特徴的でした。

全体的に今までで一番ストレートに出汁の味が楽しめて良かったかなと思いますぴかぴか(新しい)

ただ、油がほとんど浮いていないので、コクや食事満足度、麺への絡みなどの部分で物足りなく感じる人もいるかもしれませんね。
個人的には、今時珍しいスッキリとしたスープなので好きなタイプです。

タレを醤油メインにし、サンマミンチを揚げた油を浮かせて隠れた出汁感を補う様な「サンマ醤油ラーメン」とかあったら面白そうですね。



こってり肉ラーメン

tsukitei_201508_4.jpg

tsukitei_201508_5.jpg


油と細切れの肉がたっぷりと浮いています。

繊細なラーメンとは対照的に、インパクトのある味わいとなっています。

麺に油が良く絡んでくるので、食べ心地も良いですね。
ラーメンにおいての油の重要性が良く分かります。


半チャーハン(200円)

tsukitei_201508_6.jpg


今回でメニューは一通り試してみましたが、試行錯誤が垣間見えるので、どう変わっていくのか、今後が楽しみなお店です手(チョキ)


TSUKI亭の詳細
posted by BBSHIN at 03:57| Comment(0) | 新潟市東区

2015年08月15日

築地 えび金 (東京都)

東京都、築地にある「えび金」へと行ってきました。

ebikin_1.jpg


こちらのお店は、店名の通り「海老」をふんだんに使った一杯が楽しめるお店です。

品名もストレートに特徴を表しています。

「海老そば」

ebikin_2.jpg

ebikin_3.jpg


スープはアッサリですが、海老の味がかなり強く、たっぷりの海老が使われている事が想像出来ます。

麺にもそのスープがかなり絡んできているのかと思いきや、よくよく味わってみると麺自体に海老が練りこまれています。
強い海老風味と、エビの殻っぽいザラつき感があり、海老をまるごと粉末にして練り込んだ様な麺です。
(実際の作り方は調べてないので分かりません)
クロレラとかイカスミといったものが練りこまれた麺は食べた事がありますが、こういうタイプは初めて食べましたね手(パー)

トッピングには鶏チャーシュー、味玉などの他に、桜海老がのっており、正に海老ずくしな一杯です。

味のバランスうんぬんよりも、海老で一点突破という様な一杯です。
バランスやトータルの仕上がりを意識しテーマとしている味がしっかりと出せていないケースもありますが、こういう風にしっかりと味を詰め込み、振り切った一杯は好きですね手(チョキ)


築地 えび金の詳細
posted by BBSHIN at 00:53| Comment(0) | 東京都

2015年08月14日

麺マッチョ ラーメン(野菜マッチョ増し、カツオ増し、カラメ増し増し)

新潟市東区の「麺マッチョ」へと行ってきました。

men_macho_201508_1.jpg


今回注文したのは、ラーメンの野菜マッチョ増しです。

men_macho_201508_2.jpg


今回はカツオ節を「増し」、カラメ(醤油ダレ)を「増し増し」にし、ニンニク、背脂等は普通にしました。(無しも可)

しかし、野菜の盛りの良さはハンパじゃないですね・・・

このまま食べると崩れてしまうので、ついてくる取り皿に取り分けながら食べます。


麺は伸びにくい多加水の太麺で歯応え抜群です。

men_macho_201508_3.jpg

野菜がたっぷりだったので、ここまで到達するのはかなり大変でした・・・


野菜の水分で味が薄まる事を考慮し、カラメは増し増しにしておきましたが、ちょうど良かったですね手(チョキ)


しかし、かなりお腹いっぱいになりましたあせあせ(飛び散る汗)
今回はそこまで食欲を発揮出来なかったので、もう一人にモヤシを少し手伝ってもらいましたたらーっ(汗)

トップクラスのボリュームですねひらめき

ちなみに、マッチョ盛りは野菜系のデカ盛りですが、「肉岩石」(1,300円)や「ダンベルチャーシュー」(2,600円)、「チャーシュー肉1本のせ」(3,700円)、「肉岩石ロッククライミング」(6,500円)といったラーメンとは思えない様なボリュームと価格の肉系デカ盛りメニューも存在します。
興味のある方は是非チャレンジしてみて下さい手(パー)


続きまして、家系インスパイアのメニューが追加されていたので注文してみました。

横浜men

men_macho_201508_4.jpg

men_macho_201508_5.jpg


油が多めに浮き、スープの濃度も高いので、かなり濃厚な味わいです。

豚骨醤油スープにマー油と梅という組み合わせは初体験でしたぴかぴか(新しい)


おろしニンニク

men_macho_201508_6.jpg


マッチョ増しの野菜を必死に食べる途中に味見をしたので、重たさを感じましたが、通常時であれば濃厚なスープを楽しめていたと思います。
この濃厚スープを飲んだ後に通常のラーメンのスープを飲むと、口直し的なサッパリ感を感じる程でした。

かなりガツンとくるインパクト抜群の一杯ですねダッシュ(走り出すさま)


麺マッチョの詳細
posted by BBSHIN at 15:10| Comment(0) | 新潟市東区

麺マッチョ 新大店のお得なクーポンを追加!

新潟市西区にオープンした「麺マッチョ 新大店」のお得なクーポンを追加しました!

麺マッチョ 新大店のお得なクーポンはこちら


皆様の食べ歩きにぜひご活用下さい手(パー)

クーポン一覧はこちら
posted by BBSHIN at 00:32| Comment(0) | 日記

2015年08月13日

うちやま みそラーメン

新潟市中央区、古町にある「ラーメンうちやま」へと行ってきました。

utiyama_201508_1.jpg


こちらのお店には学生時代はたまに行ってましたが、大人になってからはなかなか行っておらず、
今回は4年ぶり位となります。

お店に入ると、今までとは雰囲気が大きく変わっており、店内はHilcrhymeのポスターや写真、CDなどで覆いつくされていました。
異様な程にヒルクライム一色の店内にはさすがに驚きました。
店を挙げて応援している様ですね。


前回は醤油ラーメンを食べたので、今回は味噌ラーメンを注文してみました。

utiyama_201508_2.jpg

utiyama_201508_3.jpg


風味の強い味噌味に、背脂がコクをプラスしています。
麺はモッチリと歯応え良く、スープとの相性も良いですね。

具としては、チャーシュー、モヤシ、メンマなどがのっており、500円という低価格ながら、トッピングも充実していました。

スープが印象的な味だったので、最後まで飽きる事なく美味しく頂けました手(チョキ)

ちなみに、こちらのお店は学生には「セルフサービスの代わりに50円引き」といったサービスがあります。

セルフサービスとは、注文用紙に自分で記入し、食器の返却等も自分で行うというものです。
学生に安価で食べてもらいたいという事と、家事を手伝う様になったり、自分で色々な事をやるという事を学んでもらいたいという気持ちからのサービスなのでは思われます。

今も恐らく多くの学生さん達が利用しているものと思われますが、昔はわざわざ遠方の学校から放課後に通う人も多くいました。
当時は古町が新潟で一番の繁華街だった事もあり、「学校が終わったらとりあえず古町」という人も多かったと記憶しています。
最近は駅前、万代、また郊外の大型店舗などの発展により古町に行く人達が減っていますが、今の学生さん達にもこういう素晴らしいお店がある事を是非知ってもらいたいですね。


うちやまの詳細
posted by BBSHIN at 11:49| Comment(0) | 新潟市中央区

2015年08月11日

BASSO ドリルマン (東京都)

東京都、池袋駅から歩いて10分程の住宅街にある「BASSO ドリルマン」へと行ってきました。

drillman_1.jpg


お店の中は広めですが、客席はカウンターのみとなっています。
カウンターの後ろの広いスペースが待合席となっており、この日は10人程が並んでいました。


こちらのお店、麺の美味しさを活かしたつけ麺や油そばが人気ですが、連食の最後のお店だった事もあり、麺量が多そうのは避け、中華そばを注文しました。

中華そば 並盛り

drillman_2.jpg

drillman_3.jpg


魚介風味が効いた醤油味の清湯スープです。

スープはあっさりながらも、表面には多めの油が層を作り、比較的コッテリとした味わいです。

麺は固めでバツっとした食感のストレート中細麺です。

店内では七輪でチャーシューを炙っており、香ばしい匂いが店内を充満しています。
ちなみに、こちらの中華そばについてくるチャーシューは炙りではなく、トッピングの「炙りチャーシュー」を追加するとついてくるのだとか。
そういえば、「炙り」という注文の声が多く聞かれていましたね。
(油そばにはデフォルトでついてくるらしいです)

この匂いをたっぷりとかぎながら、それが食べられないというのはなかなかせつないものです。
機会あればいずれ試してみたいと思います。


BASSO ドリルマンの詳細
posted by BBSHIN at 21:01| Comment(0) | 東京都

俺のとんこつラーメン 伝丸 ラーメン(赤)

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は西堀ローサにオープンした「俺のとんこつラーメン 伝丸」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓


西堀ROSAに移転オープンした、伝丸に行ってきました。

denmaru_201508_1.jpg


ROSAの中に入って、お店に向かって歩いて行くと、数10m先から既に豚骨の香りがしてきました。
ROSAの中で、その空間だけ、別世界になってしまったような感覚です。


小生はラーメン(赤)とミニチャーハンセットを注文。

ラーメン(赤)

denmaru_201508_2.jpg


麺は細麺と太麺が選べます。
小生は細麺を選択。

麺は多加水、ちぢれ。大き目の叉焼2枚、海苔、ねぎ、胡麻がかかっています。

臭みがなく、柔らかい香りの豚骨スープ。

見た目は辛い担々麺のようですが、辛味はそれ程でもなく意外にクリーミーです。


ミニチャーハン

denmaru_201508_3.jpg


綺麗にドーム型に盛られており、味もスタンダードだけど、胡椒がピリッと効いているというアクセントがナイスです。



俺のとんこつラーメン 伝丸の詳細
posted by BBSHIN at 00:50| Comment(0) | 新潟市中央区

2015年08月09日

大江戸 県庁前店 冷やし中華

新潟市中央区、新潟県庁近くにある「大江戸 県庁前店」へと行ってきました。

ooedo_201508_1.jpg


今回は暑い夏という事で、「冷やし中華」を注文しました!

ooedo_201508_2.jpg

ooedo_201508_3.jpg


初めて食べましたが、濃い醤油のスープと、ニラ入りの辛味噌がのっている事がいかにも「大江戸」的ですね。

ほのかな酸味、甘味などシンプルな味わいですが、やはり深い醤油風味により独特な味となっています。

麺は極細麺でスルスルと食べられます。

トッピングは玉子、チャーシュー、海苔、メンマ、もやし、紅生姜、きゅうりがのっています。


お好みで辛味噌をプラスして、味にインパクトを与えても良いでしょう。

ooedo_201508_7.jpg


こちらは「醤油です」といって渡されましたが、恐らく醤油ダレだと思います。

ooedo_201508_8.jpg


しょっぱくしたい人はプラスすると良いでしょう。



醤油ラーメン

ooedo_201508_4.jpg


チャーハン

ooedo_201508_5.jpg


味付けも良く美味しかったですねぴかぴか(新しい)


餃子

ooedo_201508_6.jpg


中身がいっぱい詰まってるタイプではありませんが、大きめで食感も良く美味しかったでするんるん


平日のお昼に行きましたが、店内は満席で、幅広い客層が見受けられました。
それぞれの品が美味しく、また、食べやすいので、人気なのも納得ですぴかぴか(新しい)


大江戸 県庁前店の詳細
posted by BBSHIN at 19:54| Comment(0) | 新潟市中央区

2015年08月08日

滋魂 野菜味噌らーめん(温野菜トッピング)

新潟市東区の人気店「滋魂」へと行ってきました。

jikon_201508_1.jpg


各種メニューが総じてレベルが高く、オープン以来ちょくちょくと通っているお店です。

ただ、色々なお店を巡る中、最近は行ってなかったので1年ぶり位の訪問となりました。
その位の時間が経過しても、各メニューの味を鮮明にイメージ出来る程、こちらのお店の味のインパクトはハンパではありません手(チョキ)


ラーメンが出てくるまでの間にテーブル調味料などをチェック

オニオンチップ、ラーメンタレ、辛味噌、胡椒

jikon_201508_2.jpg


これらの調味料を使用する事で味の変化が可能ですが、こちらのお店のラーメンからは味をプラスする必要性を全く感じないので、ほとんど使用した事がありません。

そういでばラーメンタレって前からありましたっけ?
ここ数年、ラーメン屋にタレがあるとレンゲに少し入れて味見しているのですが、想像通り旨味たっぷりの刺激的な味でしたひらめき


ルービックキューブと知恵の輪が置いてありました。

jikon_201508_3.jpg


こういうのは以前は無かったと思うので、追加した様ですね。
ラーメンを待つ若いお客さんが、ラーメンが出るまでの間になんとか揃えようと夢中で楽しんでいました。
ちなみに私も頑張ってみましたが、一面すら揃える事は出来ませんでしたたらーっ(汗)

こちらのお店は味もさる事ながら、元気の良い接客や店内への気配りの素晴らしさに定評がありますよね。
人気が出ると謙虚さを失うお店も多いですが、滋魂の凄いところは、これ程ブレイクしてもオープン当初からの姿勢を崩さない点だと思いますぴかぴか(新しい)



注文したのは野菜味噌ラーメンです。

jikon_201508_4.jpg


今回は初めて「温野菜」をトッピングしてみました。
野菜味噌に合うかが分からずプラスするか迷っていましたが、別皿にしてもらえました。

jikon_201508_5.jpg


味噌スープと温野菜をレンゲで合わせてみると、当然のごとく美味しかったので普通にのっける事にしました。

jikon_201508_6.jpg

jikon_201508_7.jpg


野菜味噌にのってる野菜は、炒めてスープと絡めてあり、温野菜の方は茹でたものに軽くタレがかかっています。
温野菜はスープをくぐらせるか、またはそのまま食べてたまの箸休めにしてもも良いでしょう。

強烈な旨味と高めの塩分でインパクト抜群のスープと野菜の相性はバッチリです。
テーブル調味料にタレもあるので、かかってるタレが不要な位でした。


素材の味や旨味をギリギリまで詰め込んだこの味は、他では食べられない一杯だと思います手(チョキ)



続きまして、中華そば 鬼脂に玉ねぎをトッピングしてみました。

jikon_201508_8.jpg


鬼脂にすると、たっぷりの背脂が浮いてきます。
液状の油と、細かくなった背脂身がまじり、コクと甘味を与えてくれます。
フワフワとした部分は、それ程しつこくなく、食感が良いですね。

濃い目の味を脂のまろやか感が緩和してくれています。

とても美味しい一杯でした手(チョキ)



食後に店主さん、奥様、そして元気一杯のスタッフさん達を撮影させて頂きました。

jikon_201508_9.jpg


この暑い夏に、更に暑い厨房での昼営業の激務をこなした後でしたが、それを感じさせない笑顔がさすがですねぴかぴか(新しい)


滋魂の詳細
posted by BBSHIN at 22:38| Comment(0) | 新潟市東区

WEEK! グルメランキング2015

WEEK!の毎年恒例のグルメ特集が発売されました!

その名も「グルメランキング2015」

week_201508.jpg


ラーメン関係の情報も掲載されており、また、カレー、カツ丼、オムライス等様々な各種グルメ情報が載っています。

また、
「グルメブロガーに聞いた! ○○ならココがうまい!」
の中の冷やしラーメンコーナーでは、当サイト管理人がお勧めする一杯を紹介させて頂きました。

ご購入された際には、ぜひ目を通してみて下さい!


ここ最近はラーメンばかりの生活になっていた為、この本を参考にし色々なグルメも巡ってみようかと思います。
好きだからといって偏ってそれだけを食べ過ぎるのではなく、色々な食べ物を食べる事で、ラーメン自体の良さも見えてくるのかなと。
そして他の料理の技法をラーメンに応用する事も出来ます手(チョキ)


今回のWEEK!は新潟県内各地の美味しい情報が詰まった1冊となっています。
夏の食べ歩きの参考にしてみてはいかがでしょうか?


WEEK! グルメランキング2015の詳細
posted by BBSHIN at 09:57| Comment(0) | 日記

2015年08月07日

らあめん お〜や 「鯵ダシのじんわりきいた冷やししらすらぁめん」

新潟市中央区の「らあめん お〜や」へと行ってきました。

ooya_201507_1.jpg


今回はPRコーナーに掲載していた冷やしラーメンを食べにやってきました。

鯵ダシのじんわりきいた冷やししらすらぁめんのPR情報


鯵ダシのじんわりきいた冷やししらすらぁめん

ooya_201507_2.jpg

ooya_201507_3.jpg


説明に「アジ出汁と冷やし鶏スープを合わせ」とありますが、Wスープとは思えない程のトロみ感があります。
こちらのお店の動物系清湯には、モミジや豚足からと思われるコラーゲンたっぷり含まれている事が伺えます。
モミジをそこそこ多めに使った鶏清湯を冷やしてもここまではなりませんしね。

そして、タイトルにもある様に程よく魚介出汁が加わり、絶妙な味わいとなっています。
シラスは味がスープに溶け出すとまではならず、スープをすくった時にシラスが入ると独特な味わいとなります。
オクラ、モズクといったネバネバ系食材とサッパリとしたスープも良く合っています。

茹でた後に水でシメられた麺は、冷たいスープに漬かり伸びる事もなく、また強い歯応えが生まれています。


ラーメン茶漬け

ooya_201507_4.jpg


冷たいスープに岩のり出汁と梅の清涼感が加わり飽きずに最後まで頂けます。

ラーメン一杯食べた後の茶漬けはさすがにお腹いっぱいになりますが、この日は色々と体を使っていたのでエネルギー補給の意味も込め注文しました。


そして自然と完食です。

ooya_201507_5.jpg


冷やしはほとんど油が使われておらず、また、鶏系の出汁もしっかりと出ているので、ヘルシーかつ栄養もしっかりとあり、体にも良さそうです。
使われている食材数も豊富ですしね。

そして、暑い夏にサッパリと食べられる一品です。


らあめん お〜やの限定麺紹介ページ

らあめん お〜やの詳細
posted by BBSHIN at 00:53| Comment(0) | 新潟市中央区

2015年08月06日

東池袋 大勝軒 本店 (東京都)

東京都、東池袋駅近くにある「東池袋 大勝軒 本店」へと行ってきました。

higashiikebukuro_taisyoken_1.jpg


連食の途中だったので、もりそばの「小」を注文しました。


もりそば(小)

higashiikebukuro_taisyoken_2.jpg

higashiikebukuro_taisyoken_3.jpg


つけダレは甘さと酸味が強く、ほんのりと辛味がありました。

モッチリとした弾力のある麺は、比較的あっさりながらも色々な味の濃さがあるつけダレと良く合います。

食べやすく美味しいつけ麺でした。


ちなみに、今回はカウンターに座った為、作っているところが良く見えました。
重ねてある丼には、事前に砂糖と思われる白い粉(パっと見旨味調味料に見えました)を入れておき、タレ的なものを入れ、動物系スープを専用のひしゃくで、骨等の素材とともにすくい、手網で濾して丼に注いでいました。
かなり豪快な作り方ですねひらめき


テーブル調味料
酢、ラー油、辛味噌、おろしニンニク

higashiikebukuro_taisyoken_4.jpg


ブラックペッパー、ホワイトペッパー、花胡椒

higashiikebukuro_taisyoken_5.jpg


東池袋 大勝軒 本店の詳細
posted by BBSHIN at 20:50| Comment(0) | 東京都

2015年08月05日

五ノ神製作所 (東京都)

東京都、新宿駅近くにある「五ノ神製作所」へと行ってきました。

gonokami_seisakujo_1.jpg


お店に着いたのは16時頃でしたが、店内は満席、店外にも行列が出来ていました。
茹で時間が長く、提供時間がかかる事もありますが、新潟ではなかなかお目にかかる事が出来ない光景です。


看板の海老が良く出来ていますね。

gonokami_seisakujo_4.jpg


海老つけ麺

gonokami_seisakujo_2.jpg

gonokami_seisakujo_3.jpg


つけダレは濃厚な動物系に海老の風味がたっぷりと詰まっていますぴかぴか(新しい)

スープの中には鶏、豚チャーシュー、三角形に切られた板メンマが入っていました。

麺は軽く茶色がかっており、そこまで歯応えは強くないのですが、風味が良く、麺自体の味が良いですね。

麺の上には茹でられたキャベツがのっており、濃厚なスープにスッキリ感を与えてくれます。


スープ割りはしませんでしたが、濃厚とあっさりの2種類があり選択が出来る様です。
こういうスープ割りのスタイルは新潟では見かけないので、面白いと思いました。


五ノ神製作所の詳細
posted by BBSHIN at 23:50| Comment(0) | 東京都

2015年08月04日

らいふ 背油中華

長岡市、北長岡駅近くにある「らいふ」へと行ってきました。

life_201508_1.jpg


こちらのお店に行くのはオープン以来なので、かなり久しぶりですね。

まずは、背脂中華そぱ

life_201508_2.jpg

life_201508_3.jpg


背脂が浮いた醤油ラーメンで、燕三条系背脂ラーメンに似たバランスかなと思います。

麺は中太麺位でしょうか。

背脂のコッテリ感と醤油風味と出汁感が良い感じですね。
脂が少し独特な匂いだったかなと。
(勘違いか背脂入りではない後述のしおそばからも似た匂いがした気がします)

トッピングはレアチャーシュー、岩のり、タマネギ、メンマでした。
クラシックスタイルの背脂中華そばにレアチャーシューという組み合わせが新しいですねひらめき

こちらのお店は限定麺を色々と発表していると聞いていたので変化球的なものが出てくる事も予想していましたが、レギュラーメニューはオーソドックスなスタイルでしっかりと美味しい一杯でした手(チョキ)


続きまして「しおそば」
券売機で中華そばを購入し、注文時に口頭でチェンジしてもらうスタイルです。

life_201508_4.jpg

life_201508_5.jpg


あっさりとしながらも、複雑に出汁感が折り重なっています。
説明書きには鶏や魚介などの素材が書いてありましたが、―つーつの素材の輪郭は私には分かりませんでした。
関東の一線級のお店などでも、軸を持たせず複雑な味を重ね、それぞれの素材を際立たす手前で留める手法を取るお店がありますが、それに近い味わいとなっているかなと。

麺は柔らかめで、噛み切る際に緩い弾力感が残る独特の食感でした。
ここでパッツリストレート中細麺とかだと前述の最近多い淡麗系スタイルとなるのですが、こういった組み合わせはなかなか珍しかったかなと。



続きまして、もう一品。

つけ麺(半麺)

life_201508_6.jpg

life_201508_7.jpg


王道スタイルの豚骨魚介つけ麺ですね。

濃厚で魚介が強く効いたつけダレは少ししょっぱめです。
軽く甘昧もあったかと思いますが、塩分の強さで目立たなくなっています。

麺は軽く平打ち的な多加水の太麺です。
丸い断面でガッシリした歯応えの太麺とかだと、いかにも良くありそうな濃厚魚介系になりそうですが、麺の部分で少し独特なバランスになってるかなと思いました。

3品とも美味しかったですね手(チョキ)

今度は限定麺なども試してみたいと思います。


らいふの詳細
posted by BBSHIN at 19:19| Comment(0) | 長岡市

2015年08月03日

つり吉 小千谷店 トーバンジャンラーメン

小千谷市の「つり吉 小千谷店」へと行ってきました。

turikiti_odiya_201507_1.jpg

turikiti_odiya_201507_2.jpg



こちらのお店は、濃い醤油風味の「ラーメン」が定番ですが、今回は「トーバンジャンラーメン」を注文してみる事に。

turikiti_odiya_201507_3.jpg

turikiti_odiya_201507_4.jpg


豆板醤が入り、辛味が適度に効いたスープは、体がポカポカと温まってきます。
寒い冬に良さそうな一杯でしたが、あえて暑い夏に食べる事で新陳代謝アップにより、夏バテ予防に良いかもしれませんね。

麺はツルモチの縮れた中華麺で、昔ながらの醤油ラーメンにピッタリときます。

連食の後で若干疲れ気味の状態でしたが、辛味もあり、またラーメン自体がとても食べやすいので、美味しく頂けました手(パー)

特に変わった事をやっている訳でもなく、昔ながらのシンプルな味ですが、何度食べても食べ飽きない様な、そんな良さがあるお店です。
そういった事もあり、「ラーメン遠征の後のシメのラーメン」的にちょいちょい寄っています。

味だけでなく雰囲気も良いので、近くにあれば何となく通っていると思います。


つり吉 小千谷店の詳細
posted by BBSHIN at 23:14| Comment(0) | 小千谷市

中華そば 青葉 中野本店 (東京都)

東京都、中野駅近くにある「中華そば 青葉 中野本店」

aoba_1.jpg


こちらのお店は近年全国的広がったスタイル「Wスープ」の元祖として有名なお店です。

メニューはシンプルに「中華そば」と「つけめん」のみです。

今回は中華そばを注文しました。

aoba_2.jpg

aoba_3.jpg


あっさりめでバランスの良いスープです。

魚介スープと合わさる事で、動物系スープの濃度はそれ程高くなっておらず、サッパリとした飲み心地です。
最近はWスープでも濃厚と感じる程に濃い動物系スープを取るお店も増えているので、そういうところと比べるとインパクト面では抑え目と感じるものの、動物魚介の旨味のバランスが良く、とても美味しいスープだと思います。

麺はプリプリとした食感が良い縮れた中麺です。
歯応え良く、スープとも良く合っていますね。

味は、以前食べた御徒町店とほぼ同じだったかと思います。
ただ、本店の方に価値を感じ、こちらのお店を好んで行く人も多い事でしょう。


最近では、このスタイルのラーメンが数多く見られる様になりましたが、そうした中でも色褪せない魅力がある一杯でした。


中華そば 青葉 中野本店の詳細
posted by BBSHIN at 00:59| Comment(0) | 東京都

2015年08月02日

天心坊 見附店への投稿情報

投稿コーナーに見附市の「天心坊 見附店」についての情報が寄せられました。

画像はこちら

tenshinbou_mituke_2.jpg


情報を送ってくれたのは、今回で3度目の投稿となる「やっとでた麺」さんです。

やっとでた麺さんありがとうございます!

天心坊 見附店への投稿情報はこちら



また、各種ラーメン情報随時受け付けております。

お店側からのPRも大歓迎です。

ラーメン情報の投稿は以下のメールフォームよりよろしくお願い致します。

投稿用メールフォームはこちら
posted by BBSHIN at 11:03| Comment(0) | 投稿情報