2015年10月08日

新潟2−1G大阪 ナビスコカップ準決勝第一戦

アルビレックス新潟、ナビスコカップ準決勝 G大阪戦

ホームアンドアウェイで行われる2戦のうちの1戦目がホームビッグスワンで開催されました。

キックオフ

20151007_1.jpg


前半、ガンバに痛いアウェイゴールを奪われたすぐ後に、山本 康裕選手が華麗にドリブルでかわし同点ゴール!

20151007_2.jpg

20151007_3.jpg

20151007_4.jpg



後半6分、山崎 亮平選手がドリブルでぶっちぎり、相手ゴールにせまり勝ち越しゴールかと思われた場面で、ガンバの金 正也選手に倒され新潟のFKに。

20151007_5.jpg


レオシルバ選手のシュートがクロスバーに当たり、惜しくもゴールならず。。

というか、一つ前のプレー
金 正也選手は得点機会阻止でレッドになってもおかしくない様な・・・


その後、レオシルバ選手が、赤嶺 真吾選手のひじ打ち?への報復行為で1発レッド退場にたらーっ(汗)

20151007_6.jpg


これは、間違いなくレッドですね。。

スタジアムで観てる時は、接触プレーの後にレオシルバ選手が突き飛ばされて、その報復に突き倒した様に見えましたが、録画を見るとやはりレオシルバ選手のレッドは固いですね。
まあ、喧嘩両成敗もあり得るケースだとは思いますが、最初に気付いた副審がどこから見ていたかにもよるかなと。

ただ、大事な2戦目もあるので、もう少し冷静にプレーして欲しかったですねたらーっ(汗)
何より、この試合まだ長い時間が残されていましたしね。


一人少なくなり、一旦は指宿選手のワントップとなりましたが、指宿選手→ラファエル・シルバ選手の交代でラファエル・シルバ選手のワントップにし、引いて固めて守り、ラファエル・シルバ選手のスピードを活かした単騎カウンターにかける形となりました。


その采配が功を奏し、ラファエル・シルバ選手が貴重な勝ち越しゴール!

20151007_7.jpg

20151007_8.jpg


喜ぶ選手達

20151007_9.jpg


スタジアムは歓喜に包まれましたひらめき



ロスタイムの残りの時間、同点ゴールを狙うG大阪ですが、DF金 正也選手がラファエル・シルバ選手を倒したとして2枚目のイエローをもらい退場

20151007_10.jpg


あとで、リプレーを観ましたが、実際は接触が無かった様ですね。
誤審に対しかなり抗議をしていましたが、当然判定は覆りません。
若干可哀相な気もしますね・・・
まあ、あえていうなら彼は後半6分のプレーで退場でもおかしくなかったので、後半ロスタイムまでプレーさせてくれた審判にむしろ感謝しても良い位かなと。


ゲームはそのまま2−1で新潟の勝利となりました。

喜ぶゴール裏

20151007_11.jpg


新潟2−1G大阪

20151007_12.jpg

20151007_13.jpg


ゴール裏での万歳

20151007_14.jpg


ヒーローインタビューはもちろん勝ち越しゴールのラファエル・シルバ選手です

20151007_15.jpg


この試合、新潟が2−1で勝利となりましたが、ホームアンドアウェイは、2戦で決まる戦いです。
ですので、180分のゲームの半分をリードして折り返した様なもので、本当に喜ぶのは2戦目を終え、決勝に進出した時となります。
不安材料としては、
・レオシルバ選手の出場停止
・ベンチメンバーの不足(この試合でも2種登録選手が2名ベンチ入り)
・G大阪にアウェイゴールを1点奪われた
あたりとなります。

決勝進出の条件は、2戦目の点数次第でいくつかパターンがありますが、要は2戦目も勝てば良いのです。
2戦目の展開次第では終盤引き分け狙いの時間稼ぎなどもありえますが、とりあえずは勝ちを狙いに行く事になるでしょう。
5点のリードがあった準々決勝浦和戦の2戦目とは訳が違いますしね。


テンションが高まり、週末、大阪へのラーメンツアーも検討しましたが、県外遠征の連続に金銭面でストップがかけられてしまいました爆弾

仕方ないので、スカパー観戦で画面越しながら、全力で応援したいと思います手(グー)

きっと決勝の地、埼玉でもう一度ラーメンを食べさせてくれると信じていますひらめき
posted by BBSHIN at 01:22| Comment(0) | アルビレックス

2015年10月06日

俺たちのらー麺屋 ちょび吉 ド生姜醤油らー麺

新潟市西区の「俺たちのらー麺屋 ちょび吉」へと行ってきました。

tyobikiti_201510_1.jpg


こちらのお店に行くのは4年ぶり位ですね。
久しぶりに訪れると、座席が1テーブルなくなり、待合席になっていました。

店内は満席で、待合席では常時人が待っていました。
相変わらずの人気の様ですね。

メニューもリニューアルしたらしく、ドロ系のつけダレのつけ麺がなくなっていました。

という事もあり今回注文したのは定番メニューの「ド生姜醤油らー麺」です。

tyobikiti_201510_2.jpg

tyobikiti_201510_3.jpg


生姜がガッツリと効き、濃い目の醤油味、油も比較的多めに浮き、飲み応えのあるスープです。

生姜風味が強いスープはインパクト抜群ですねぴかぴか(新しい)

麺はツルツルとした表面で、歯応えの良い麺です。
太さは中位でしょうか。

以前食べた時よりも、バランスが良く美味しくなった気がします手(パー)


続きましては「スーパージンジャーヘブン」

tyobikiti_201510_4.jpg


こちらは塩ベースのスープの様です。

ただ、以前食べた塩ラーメンとは全くの別物です。
凄まじい程に生姜が効いていましたあせあせ(飛び散る汗)

鮮烈な程に生姜が強調されたスープはインパクト抜群で、「スーパージンジャー」の名がピッタリとくる一杯でした手(チョキ)

とても美味しかったですぴかぴか(新しい)


ライスが無料でした

tyobikiti_201510_5.jpg


濃い味で生姜風味が強烈な醤油と塩のスープは、両方ともご飯との相性が良く、ご飯1杯では足りないと感じる程でした。


デザートとして杏仁豆腐(220円)を注文しました。

tyobikiti_201510_6.jpg

tyobikiti_201510_7.jpg


刺激的なスープのラーメンを食べた後に、こういう甘いデザートは嬉しいですねぴかぴか(新しい)


今回食べた2杯ともハイレベルな仕上がりで、とても美味しかったです。
人気も納得の味ですねグッド(上向き矢印)


俺たちのらー麺屋 ちょび吉の詳細
posted by BBSHIN at 21:24| Comment(2) | 日記

2015年10月04日

麺家〆家 秀吉

サイト協力者フィリップマーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は五泉市の「秀吉」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

五泉市にある、秀吉に行ってきました。

hideyoshi_1.jpg


今年の3月にオープンしたお店です。
「秀吉」って「ラーメンの天下取ったれ!!」みたいなネーミングですよね。

場所は五泉駅から直進、二つ目の信号を左折すると左側に見えてきます。
お店の中は、カウンター席と、小上がりがあります。


小生が頼んだのは味噌ラーメンの辛しねぎ入り。

hideyoshi_2.jpg

hideyoshi_3.jpg


麺は太麺、香辛料がたっぷりかかったねぎ、メンマ、海苔、ひき肉が入っています。

辛ねぎは相当辛く、一口食べただけで汗が出てきますあせあせ(飛び散る汗)

麺は弾力があり、モチモチした食感です。

食べ終わった頃はスープにも十分辛さが伝わっており、かなり汗をかいてしまいました。


麺家〆家 秀吉の詳細
posted by BBSHIN at 20:57| Comment(0) | 五泉市

ラーメンショップ 福橋店 カレーラーメン

上越市にある「ラーメンショップ 福橋店」に行ってきました。

ramen_shop_hukuhashi_1.jpg


今回は上越市安塚区の菱ヶ岳に登山に行くため、糸魚川ラーメン巡りの後、上越インター近くに一泊し、早朝に山へ向かう道の途中にあるこちらのお店に寄ってみる事に。

朝の6:01〜という半端な時間ながら、朝早くからやっているので、こういう時には重宝するお店です。


今回注文したのはコチラ

カレーラーメン(小)

ramen_shop_hukuhashi_2.jpg

ramen_shop_hukuhashi_3.jpg


背脂が浮いた豚骨スープ、中位の太さの麺です。

トロみ等が増した感じはないので、カレーとスープを混ぜた様なタイプではなく、恐らくタレとカレーパウダーでスープにカレー風味と味を付けるタイプでしょうか。

カレー風味が麺に絡み美味しかったですねぴかぴか(新しい)


ネギラーメン(小)

ramen_shop_hukuhashi_4.jpg


ネギラーメンはこちらの系列店の定番メニューです。

油の多いタレを絡めたネギが刺激的な味わいです。

スープは前回よりも結構軽めだと感じました。
作り方を見ていると、煮込みの途中で別の鍋で仕込んだスープ(清湯スープの様に澄んだ液体)を足して、フタを閉めて沸騰させて煮込んでいる様でした。
足したばかりだったからか濃度が低い状態だったのかもしれません。

こちらの系列店は比較的ライトな豚骨醤油スープである事が多いですが、前回食べたものは、他のお店と比べても濃かったので好みの味でした。
今回は、「もうちょっと濃い味なら」というバランスでしたが、まあ、それでも普通に美味しかったですねぴかぴか(新しい)

登山前の良い栄養補給になりました手(パー)


ラーメンショップ 福橋店の詳細
posted by BBSHIN at 09:35| Comment(0) | 上越市

2015年10月03日

麺屋 愛心 ニラそば

新潟市中央区、古町の大竹座向かいにオープンした「麺屋 愛心」へと行ってきました。

aishin_201510_1.jpg


前回食べた「金色煮干し中華そば」が美味しかったので、珍しく早めのリピートをする事としました。

前回のブログ記事


今回は前回食べに行った「ニラそば」を注文してみました。

aishin_201510_2.jpg

aishin_201510_3.jpg


繊細で淡麗系な味わいの煮干し醤油、香味塩とは違い、個性的な味わいの一杯となっています。

たっぷりとニラがのっていますが、ニラ特有の臭みはなく仕上げられています。

スープは他のラーメンとは違い、濃い目の醤油風味となっており、そこに胡椒と生姜が強めに効き、上にのったニラの味も加わり、独特な個性を放つ刺激的なスープとなっています。

麺は中〜低加水の中細麺で、味の強いスープをたっぷりと吸い上げます。

辛味と生姜の効果により、血行促進効果があるのか、食べていると体が温かくなってきます。
これからの寒い冬にお勧めです。

塩や煮干し醤油とはまた違った中華的テイストを感じさせる一杯でした手(パー)



続きましては、「特製香味中華そば(塩)」に「香るトリュフ雲呑トッピング」をトッピングしてみました。

aishin_201510_4.jpg


ワンタンはとても丁寧に作られており美味しかったですねぴかぴか(新しい)

スープは、前回同様香味油の印象がかなり強いです。
前回、油の奥に強めに感じたハマグリの味は今回はそこまで主張していないと感じました。
色々な工夫を織り込んでいる事もあり、油の温度や効き方などにより多少のバランスのブレはあるのかなと思います。

ハマグリ出汁にトリュフという組み合わせは東京の有名店を想像させますが、そこは意識していない様で、味のバランスも異なります。
ただ、煮干し醤油と塩は明らかに関東の最近の流れを意識した構成となっています手(パー)


今回はこちらに初めて行く友人も連れてきました。

友人にはお勧めの「金色煮干し中華そば」をチャーシュー入りで食べてもらうことに。

金色煮干しチャーシュー麺

aishin_201510_5.jpg

aishin_201510_6.jpg


エグみが無いけど深い味わいの煮干し出汁が美味しいですね〜るんるん

チャーシューも美味しいので、チャーシュー麺はお勧めです。
ただ、もし初めて行くのであれば、チャーシュー無しの方が全体バランスが分かりやすくスープの良さが際立っていたので、最初はノーマルメニューを注文する事をお勧めします。


飲みやすく美味しいスープは自然と完食してしまいます。

aishin_201510_7.jpg



今回はサイドメニューとして「カレー丼」を注文してみました。

aishin_201510_8.jpg


じっくり長時間煮込んだというカレーはコクがあり深い味わいでとても美味しいですね〜手(チョキ)

このカレー丼が美味しかったので、もう一品注文してみる事にしましたぴかぴか(新しい)


白カレー丼

aishin_201510_9.jpg


こちらは焼きチーズがのっています。

熱々でトロけるチーズがカレーと合っていて実に美味しいです。

器全体が熱くなっており、熱さとチーズのまろやかさ、カレーの旨味などが合わさり、とても美味しかったですぴかぴか(新しい)

聞いてみると、提供前に器ごと温め、その後に上のチーズを炙っているとか。

ノーマルのカレー丼も美味しかったですが、個人的には白カレー丼の方がお勧めです。

全体的に細部までこだわっており、とても良いお店ですねわーい(嬉しい顔)


麺屋 愛心の詳細
posted by BBSHIN at 11:57| Comment(0) | 新潟市中央区

もちもちの木 白岡店 (埼玉県)

埼玉県白岡市の「もちもちの木 白岡店」へと行ってきました。

motimoti_1.jpg


店内は古民家、昔の蔵的な造りとなっており、照明が弱めでかなり薄暗く、落ち着いた雰囲気となっています。

注文したのは「小.中華そば」です。

motimoti_2.jpg

motimoti_3.jpg


器表面にかなり熱い油がたっぷりと浮き、熱々の仕上がりとなっています。
食べ終わりまで、スープを冷まさず飲むのは厳しい程でした。

スープは魚粉もたくさん入り、魚介風味がたくさんします。
鰹風味が強いでしょうか。
動物的濃度はそこまで高くなく、あっさりとしたスープで、多めの油でコッテリとさせています。

トッピングは、チャーシュー、穂先メンマ、ネギ等でした。
チャーシューやメンマにも熱が移り熱々でしたあせあせ(飛び散る汗)

麺はモチモチでもボソボソでもなく、中程度の質感で、しなやかで、柔らかめの食感の中細ストレート麺でした。
あれだけスープの熱さが持続すると、麺が柔らかくなるのも早そうですね。

刺激的な熱さの一杯でした。


もちもちの木 白岡店の詳細
posted by BBSHIN at 10:58| Comment(0) | 埼玉県