2016年03月31日

潤 長岡宮内店

長岡市、宮内駅近くにある「らーめん処 潤 長岡宮内店」へと行ってきました。

jun_miyauchi_1.jpg


かなり年季の入った暖簾ですね。

jun_miyauchi_2.jpg


中華そば

jun_miyauchi_3.jpg

jun_miyauchi_4.jpg


あっさり系の醤油スープに背脂が浮いたタイプです。
他のお店と比べると動物系が弱めで、程よく効いた煮干し出汁が前に出ています。

麺は太麺です。

チャーシュー、メンマ、黒ばらのりがのっていました。


味噌ラーメン

jun_miyauchi_5.jpg


味噌風味強めで、少し強めの酸味を感じます。
不思議な味わいですね。

背脂と白ゴマが浮かせてありました。

チャーシュー、黒ばらのり、メンマなどの他に、モヤシ、キャベツ、ネギなどの野菜がのっていました。


テーブル調味料

jun_miyauchi_6.jpg


粗挽き生とうがらし、柚子こしょう、ラー油、醤油、酢、七味唐辛子、ブラックペッパー、黒ごましおがありました。


らーめん処 潤 長岡宮内店の詳細
posted by BBSHIN at 21:09| Comment(0) | 長岡市

手打ち麺処 暁天 肉担々麺(角煮トッピング)、肉カレーつけ麺

小千谷市にある「手打ち麺処 暁天」へと行ってきました。

kyoten_20160331_1.jpg


今回注文したのは「肉担々麺(角煮トッピング)」です。

kyoten_20160331_2.jpg

kyoten_20160331_3.jpg


元々ボリュームがある肉担々麺に角煮をトッピングする事で、かなりの肉々しい一杯となります爆弾

いくら肉を食べても減らないと感じる程のボリュームは圧巻でしたあせあせ(飛び散る汗)

スープは、コクとクリーミー感があり濃厚な味わいです。

そのスープが歯応え抜群の麺にたっぷりと絡みつきます。
麺大盛り無料というのも嬉しいですねるんるん
トッピングせずに大盛りにし、リーズナブルな価格でお腹いっぱいになるのも良いでしょう手(パー)

美味しい角煮の他、写真には写っていませんがチャーシューものっており、また、上にのった挽き肉は味付けが良く弾力感がなんともいえません。

とても美味しくお腹一杯になりました手(チョキ)


続きましては

肉カレーつけ麺

kyoten_20160331_4.jpg


つけダレ

kyoten_20160331_5.jpg


元々濃厚なスープにカレーが加わった事でか、麺が沈まない程にトロみがあります。

kyoten_20160331_6.jpg


当然、麺への絡みも抜群です。

kyoten_20160331_7.jpg


カレー風味とたっぷりの旨味で、かなり印象的な味わいとなっています。


お願いすると割りスープももらえます。

kyoten_20160331_8.jpg


割りスープも濃厚系です。
まずは混ぜずに単独で味見してみるのも良いかと思います。


とても美味しかったですぴかぴか(新しい)

この店、イチオシの一品と言っても良いかもしれません。



全席にある訳ではないですが、店内に共通利用的に豆板醤とニンニクが置いてあります。

豆板醤

kyoten_20160331_9.jpg


辛味と旨味をプラスしてくれます。


おろしニンニク

kyoten_20160331_10.jpg


これを加えることで、刺激的な変化を加えても良いでしょう。


手打ち麺処 暁天の詳細
posted by BBSHIN at 07:49| Comment(0) | 小千谷市

2016年03月29日

ラーメン わか 北吉田駅前「わか家」がリニューアルオープン!

北吉田駅前にある「ラーメン わか」へと行ってきました。

waka_1.jpg


こちらのお店は、以前「わか家」として営業していましたが、店名を少し変え再オープンしました。


まず、注文したのは「塩ラーメン」です。

waka_2.jpg

waka_3.jpg


あっさりしたスープは程良い旨味でサッパリとした飲み心地です。

麺は多加水の細麺です。

大きなロールチャーシュー、メンマ、ネギなどがのっていました。

シンプルな味わいで、何度食べても食べ飽きる事のなさそうな一杯でした手(パー)



友人が食べた「味噌ラーメン」

waka_4.jpg

waka_5.jpg


濃い味噌風味で旨味もしっかりとし、ハッキリとした味のスープです。
サッパリとした塩に比べ、印象的な味わいとなっています。

麺は弾力感があり、歯応え抜群の多加水太麺でした。

美味しい一杯ですね。

この感じだと「背脂正油ラーメン」なども期待出来ると思います手(チョキ)


セットの半炒飯

waka_6.jpg


パラパラとした仕上がりで味付けも良く、とても美味しいチャーハンです。

これでセット+300円はお得ですねるんるん


おつまみメニューの「鶏肉のレモン和え」(400円)

waka_7.jpg


カリッカリに揚げられ食感が良い鶏肉にタレがかかっています。

とても美味しかったです手(チョキ)


ラーメン わかの詳細
posted by BBSHIN at 20:31| Comment(0) | 燕市

八ちゃんラーメンの新メニュー「つけ麺」

新潟市東区の「八ちゃんラーメン」の新メニュー情報です!

今回ご紹介する新登場の一品は
「つけ麺」
です!!

hattyan_201603.JPG


3種の麺を用い、異なる食感を楽しめるラーメンが話題となった八ちゃんラーメンの「つけ麺」

麺の美味しさをストレートに楽しめる「つけ麺」で、八ちゃんの麺を食べてみたいですね〜

恐らく、かなりの迫力ある食べ応えなのだと思われます。

機会あれば是非お試し下さい!!


八ちゃんラーメンのつけ麺についてはこちら
posted by BBSHIN at 00:07| Comment(0) | 日記

2016年03月28日

東横 紫竹山店 ニイガタラーメンラボ「牡蠣爛漫! 濃厚味噌らーめん」

新潟市中央区の「東横 紫竹山店」へと行ってきました。

touyoko_shitiku_201603_1.jpg


今回の目的はPR情報を掲載していたニイガタラーメンラボ「牡蠣爛漫! 濃厚味噌らーめん」です。

牡蠣爛漫! 濃厚味噌らーめんのPR情報


牡蠣爛漫! 濃厚味噌らーめん

touyoko_shitiku_201603_2.jpg

touyoko_shitiku_201603_3.jpg


トロみが強く濃厚な動物系に濃い味噌味は相変わらずです。

そこに普段の味噌ラーメンとは違った味が加わっていますぴかぴか(新しい)
メインは動物系と味噌風味ですが、後味に牡蠣の味がやってきます。

普通の味噌と食べ比べると、その差は一目瞭然です。

インパクト抜群のスープに負けない極太麺の迫力も良いですね手(チョキ)


今しか食べられない一杯。
この機会にぜひ一度お試し下さいぴかぴか(新しい)


野菜味噌ラーメン

touyoko_shitiku_201603_4.jpg


テーブル調味料と割りスープ、別注文のニンニク

touyoko_shitiku_201603_5.jpg


黒にんにく餃子

touyoko_shitiku_201603_6.jpg


東横 紫竹山店の詳細
posted by BBSHIN at 08:04| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年03月27日

おふくろへの投稿情報 お勧めの「塩ラーメン」

先日、新潟市中央区、本町の「おふくろ」への食べ歩きをブログ掲載したところ、常連の方より投稿情報を頂きました。

今回のお勧め情報は「塩ラーメン」です。

ofukuro_toukou.jpg


常連さんに愛されているお店というのは良いですよね。
こちらの投稿内容を見たら、私もまた行きたくなりました手(チョキ)


おふくろへの投稿情報はこちら
posted by BBSHIN at 23:23| Comment(0) | 投稿情報

ヤマザキナビスコカップ グループステージ 第2節 新潟1−0鳥栖

ヤマザキナビスコカップ、グループステージ第2節 アルビレックス新潟対サガン鳥栖の試合で撮影した写真を掲載します。

20160327_1.jpg


試合開始前のスタジアム

20160327_2.jpg


サガン鳥栖サポーター

20160327_3.jpg



キックオフ

20160327_4.jpg


前半はピンチの連続です。
決定的な場面を2,3度作られましたが、GK守田選手がスーパーセーブの連続で防ぎきりました。

20160327_5.jpg


ピンチをしのいだ後の後半、新潟にゴールが生まれました。

20160327_7.jpg


ゴールを決めたのは、チームの大黒柱レオ・シルバ選手です。

20160327_6.jpg

20160327_9.jpg


喜ぶ選手達

20160327_8.jpg



試合はそのまま1−0で終了。
新潟の勝利となりました。

20160327_10.jpg


試合後のゴール裏

20160327_11.jpg

20160327_12.jpg


ヒーローインタビューはスーパーセーブを連発し、無失点に抑える事に大きく貢献した守田選手です。

20160327_13.jpg

20160327_14.jpg



ナビスコカップはこれで1戦1敗。
リーグ戦はいまだホーム未勝利と厳しい状況が続いていますが、新しい監督のもとの新潟のサッカーは徐々にイメージが見えてきた気がします。

迫力ある攻撃が見られるので、とても楽しい90分を過ごす事が出来ます。

ぜひ、次のホームはビッグスワンまで!

スタジアムグルメもお勧めです手(パー)
posted by BBSHIN at 18:10| Comment(0) | アルビレックス

さんしち

長岡市にある「さんしち」へと行ってきました。

sanshiti_1.jpg


こちらのお店は味噌ラーメンが美味しいと人気のお店です。

まずは、定番の「みそ」です。

sanshiti_2.jpg

sanshiti_3.jpg


スープ自体はサラっとしていますが、味噌の風味が強く、しっかりとした旨味で印象的な味となっています。

お店の人に聞いてみると、長岡市摂田屋の星野本店の味噌を使い、すりゴマや様々なものを調合し作っているのだとか。

麺は、縮れた中くらいの太さの麺です。
多加水で歯応えもよく、味噌スープとも良く合っています。

チャーシューはバラのロールチャーシューで、箸で持っただけで切れる程にやわらかく煮込まれています。
他にも、モヤシ、ネギなどがのっていました。

パっと見、良くあるタイプの味噌が濃くサッパリ系で、浮き油でコッテリさせる味噌ラーメンに見えましたが、見た目の印象を良い意味で裏切るレベルの高い一杯でした手(チョキ)
とても美味しかったですグッド(上向き矢印)


続きましては、「鰹削粉みそ」です。

sanshiti_4.jpg


見た目から
「もしやカツオ節がのっているだけでは?」
という疑念を持ち、2杯を並べて比べてみました。

sanshiti_5.jpg


明らかに色が違います手(チョキ)

飲んでみると、、

ノーマルの味噌とは明らかに違う味です。
味噌の風味が前面に出つつも、魚介風味が程よく漂います。

後で聞いてみましたが、基本となる味噌にカツオ魚粉等をプラスしているとか。

強い味噌風味に負けない魚介出汁が出ているスープは好きですねぴかぴか(新しい)

こちらもレベルが高い一杯でしたるんるん


テーブル調味料

sanshiti_6.jpg


定番の醤油、酢、ラー油、胡椒の他に、七味唐辛子もあります。
味噌に七味は合いますよね。

他にも、終盤ほんの少しラー油をたらすと、辛みそ風の変化が加わりました。


基本の白ゴマを練りこんだ味噌をベースに黒ゴマをたっぷり加えたという「黒ゴマみそ」も試してみたいですねぴかぴか(新しい)


さんしちの詳細
posted by BBSHIN at 12:42| Comment(0) | 長岡市

2016年03月26日

これぞ正に「おふくろの味」! ラーメンおふくろの「ミソラーメン」

新潟市中央区、本町人情横丁にある「ラーメンおふくろ」へと行ってきました。

ofukuro_201603_1.jpg


前回はカレーラーメンを食べたので、今回は「ミソラーメン」を注文してみました。

ofukuro_201603_2.jpg

ofukuro_201603_3.jpg


基本的にはあっさり系の味噌ラーメンなのですが、昔ながらのサッパリ系の味噌とは違い、しっかりとしたベースのある味わいに仕上がった印象的な一杯となっています。

サラっとした飲み口ではありますが、旨味も程よく加わり、味噌の風味も強め、そして上にのった素材の味もスープに染み渡っていると思います。

麺は普通のツルモチ多加水中華麺に見えますが、しっかりとした歯応えの美味しい麺です。
あっさりながらも飲み応えあるスープに負けない良い麺ですね。

カレーラーメンも美味しかったですが、味噌ラーメンもお勧めですね手(チョキ)


ラーメンおふくろの詳細
posted by BBSHIN at 14:12| Comment(0) | 新潟市中央区

花水ラオシャン 本店 (神奈川県)

神奈川県平塚市にある「花水ラオシャン 本店」へと行ってきました。

hanamizu_raoshan_1.jpg



駐車場はお店の隣に2台と、お店の脇の道を少し進み、右手にあります。

hanamizu_raoshan_2.jpg


駐車場まではかなり急な坂となっており、入り口も狭いので要注意です。



朝10時半からやっている事もあり、平塚駅近くで一泊した後の朝に寄ってから帰る事としました。

開店前から3人が並び、開店と同時に満席となっていました。
持ち帰りも可能で、それを注文する人も多く、地元で愛されているお店だという事がすぐに分かりました。


タンメン

hanamizu_raoshan_3.jpg


かなりアッサリで透き通ったスープです。
出汁は弱めで、軽く旨味を加えてあるでしょうか。

酢が入っているらしく、酸味がメインの味わいとなっています。
お好みでラー油を入れて食べる事を薦められました。

ラー油

hanamizu_raoshan_5.jpg


一般的な自家製ラー油です。
香味野菜を焦がしてあり、焦がし風味の強さ、香ばしさが印象的でした。


麺は白いストレート中細麺です。

hanamizu_raoshan_4.jpg


サッパリとしたスープと良く合っていますね。

朝からスッキリと食べられる一杯でした。

開店と同時に行列が出来るのも納得です手(チョキ)



キムチラーメン

hanamizu_raoshan_6.jpg


こちらは、キムチの他、具材がたっぷりとのっています。


hanamizu_raoshan_7.jpg


餃子(350円)

hanamizu_raoshan_8.jpg


ニンニクの効いた餃子です。
野菜たっぷりでした。
香味野菜の辛味があり、熱はそこまで通っていませんでした。


何故か焼きワンタンをもらえました。

hanamizu_raoshan_9.jpg


塩をつけて食べると美味しかったです。

恐らく餃子の焼き加減をミスったおわび的な感じでもらえたのかなと思います。
同じタイミングで餃子を注文した人達に配られていました。
そういえば焼いている時に焦っている様に見え、焦げている割に火の通りも甘かったと思います。
ただ餃子は捨てるのはもったいないレベルで、十分美味しかったので、ワンタンもらえただけお得でした手(パー)


昔ながらの雰囲気も良く、とても良いお店でしたるんるん

湘南遠征に行った際にはまた行きたいと思いますダッシュ(走り出すさま)


花水ラオシャン 本店の詳細
posted by BBSHIN at 09:45| Comment(0) | 神奈川県

2016年03月25日

SAKASA-FUKU

新潟市東区、中国料理 佐敦跡地にオープンした「SAKASA-FUKU」へと行ってきました。

sakasafuku_1.jpg


券売機の近くのメニュー説明の塩ラーメンの欄に

「佐敦でも人気のエビそば、トリそば用スープを継承し、麺はスープに合う極細麺を使用。あっさりとした中にも旨味とコクのある当店一押しの一杯です」

とあり、佐敦と関係があるお店である事を伺わせる内容が記載されていました。


まずは、看板メニューと思われる「塩ラーメン」です。

sakasafuku_2.jpg

sakasafuku_3.jpg


しっかりとした出汁感が漂う洗練された味わいのスープです。
プラスされる様な刺激的な旨味はあまり感じず、出汁が前面に出ているかなと思われます。
独特の香りがするのは香味野菜などでしょうか?

麺はかなり細めのストレート麺です。
このスープに固めの低加水細麺なんかであれば、面白そうかなとも思いましたが、見た目からの予想に反し、やわめの食感でした。

インパクトなどがあるタイプではありませんが、
「じんわりと旨い」
そんな感じの一杯でした手(チョキ)


続きましては

醤油ラーメン

sakasafuku_4.jpg


こちらの説明は、

「ガラやゲンコツなどをダシとした動物系のスープだが、脂っこくなく、かつサッパリと仕上がっています。麺は相性抜群の極細ストレート。そば感覚で毎日でも食べられる大人の醤油ラーメンです。」

というものでした。
説明を見ると塩とは別のスープの様にも思えるのですが、飲んだ感じでは、醤油か塩かという違いかなと。

出汁感の中にも、醤油風味がしっかりと活きた一杯でした手(パー)

塩、醤油ともに品質高く、また、玄人好み的な仕上がっていると感じました。
カツオ節なり、煮干しなり、ドバっと加えたりすれば、もっと分かりやすく印象的な味になりそうですが、バランス重視の大人な味わいになっているかなと思いました。


牛丼

sakasafuku_5.jpg


サイドメニューとして、こういうのもなかなか良いですねるんるん



SAKASA-FUKUの詳細
posted by BBSHIN at 00:08| Comment(0) | 新潟市東区

2016年03月24日

らーめん燈のお得なクーポンを追加!

新潟市中央区の「らーめん燈」のお得なクーポンを追加しました。

燈といえば、ちゃんぽん風の豚骨タンメンをメインにすえ、メニューを一新リニューアルオープンした事が話題となりました。


野菜とんこつ

akari2_2.jpg


まだ行ってないという方は、ぜひこの機会に一度お試し下さい!


らーめん燈のお得なクーポンはこちら
posted by BBSHIN at 23:11| Comment(0) | 日記

2016年03月23日

ニイガタラーメンラボ 次回予告 東横 紫竹山店「牡蠣爛漫! 濃厚味噌らーめん」

FMKENTOプロデュース「ニイガタラーメンラボ」

次回のお店は「東横 紫竹山店」です。

今回東横が送り出す一品はコチラ

牡蠣爛漫! 濃厚味噌らーめん

touyoko.jpg


濃厚味噌と牡蠣の味わいが融合したいまだかつてない一杯となっています!

この機会にぜひお試し下さい!!


東横 紫竹山店「牡蠣爛漫! 濃厚味噌らーめん」について
posted by BBSHIN at 22:14| Comment(0) | 日記

麺や来味の期間限定2品 「濃厚海老つけ麺」「大しじみ塩らぁ麺」

新潟市東区の「麺や来味」へやってきました。

menyaraimi_201603_1.jpg


今回の目的はPRコーナーに掲載していた2品です。

まずは「濃厚海老つけ麺」です。

濃厚海老つけ麺のPR情報

menyaraimi_201603_2.jpg

menyaraimi_201603_3.jpg


濃厚でトロみたっぷりのつけダレが麺にガッツリと絡みつきます。


麺がなかなか沈まない程です。

menyaraimi_201603_4.jpg


ちなみに、発売当初はここまでではなかったらしいのですが、食べた人達の声を受け、改良を重ねこの形になったとのこと。

塩分少し強めで、海老油、スープも含め、ガツンと海老が効き、スープを口に含むと海老風味が広がります。

海老好きには是非お勧めしたい一杯ですね!


個人的に、つけ麺では珍しく、完食となりました手(チョキ)

menyaraimi_201603_5.jpg


続きましてはコチラ

大しじみ塩らぁ麺

大しじみ塩らぁ麺のPR情報

menyaraimi_201603_6.jpg

menyaraimi_201603_7.jpg

menyaraimi_201603_8.jpg


しじみ100%のスープとのこと。

どことなく動物感が漂っていたので聞いてみたところ、油のみ鶏油だとか。

そういえば、一口目は、しじみ出汁がそこまででもないかと感じつつも、2、3口目辺りから、かなり強いしじみ出汁を感じる様になりました。
恐らくは、一口目は鶏油の印象を大きく感じ、それ以降は出汁を感じたのかと。

なかなか、ここまで強いしじみ出汁のラーメンを食べる機会というのは無いかなと思います。


2品ともですが、こちらのお店は限定を出す際に、普段とは全く違うスープを作り、また、テーマとなる味をストレートに出してくるケースが多いです。
日常、ラーメンでメインとして使われる事が少ない素材にスポットを当てる事が多いのも良いですね。

今回の2品、ぜひお勧めしたい一杯です手(チョキ)


麺や来味の詳細
posted by BBSHIN at 08:00| Comment(0) | 新潟市東区

2016年03月21日

らーめん高野

新潟市秋葉区、荻川駅のすぐ近くにオープンした「らーめん高野」へと行ってきました。

takano_niitsu_1.jpg


こちらのお店の看板メニューはコチラ

もつ味噌

takano_niitsu_2.jpg

takano_niitsu_3.jpg


土鍋に入ったラーメンは、熱々の状態で運ばれてきました。
パっと見、モツ鍋の様なルックスですね。

スープを飲むとかなり濃厚な味わいです。
モツや各種具材からの味がスープに出汁として加わっていると思われ、かなり複雑な味わいとなっています。
浮いている油は動物系かとは思いますが、独特の風味を放ち、一般的なラーメンとは違った味わいを出しているかなと。
他にも辛味油的なものも浮かせてあるのか、ほんのりとピリ辛な仕上がりでした。

麺は歯応えのある太麺で、熱々のスープの中でも伸びにくく、また、スープの迫力に負けない良い麺だと思います。

今回はライスが売り切れだったので注文しませんでしたが、このスープとライスの相性は抜群かと思われます。
機会あれば、ライスとのコンビネーションも試してみたいですね手(パー)


トッピングのおろしニンニクを別皿でお願いしました。

takano_niitsu_4.jpg


モツ味噌煮スープとニンニクは合うと思っていましたが、想像以上に合いますぴかぴか(新しい)
口臭を気にしないで良い状況でしたら、ぜひお勧めしたいですねぴかぴか(新しい)



もう一品はコチラを注文しました。

モツ醤油

takano_niitsu_6.jpg


こちらは、味噌とは対照的にサラリとした飲み口となっています。
醤油の風味の他に、甘みなども感じ、スープ自体はあっさりながらもコク深い味わいです。
油も程よく浮き、適度なコッテリ感で、飲み応えあるスープです。

上にのったネギとタマネギが清涼感を与えてくれます。

こちらも美味しかったですが、1杯を試すのであれば、濃厚なコクのある味噌の方をお勧めしたいと思います。


テーブル調味料は胡椒と一味唐辛子です。

takano_niitsu_5.jpg


今回は使用しませんでしたが、モツ煮込み的な醤油の方に一味唐辛子がピッタリきそうな予感です。

他にも、唐揚げ(5個 380円)がお勧めらしいので、機会あれば試してみたいですね手(チョキ)


らーめん高野の詳細
posted by BBSHIN at 22:01| Comment(0) | 新潟市秋葉区

お食事処 より路 野菜味噌ラーメン

新発田市、紫雲寺にある民宿「お食事処 より路」へと行ってきました。

yorimiti_201603_1.jpg


こちらのお店には、先月初めて行きましたが、あっさり味の塩ラーメンと醤油ラーメンが美味しかったので再訪する事としました。

前回の食べ歩き記事はこちら


今回は、ラーメン(醤油 or 塩)とミニご飯物のセット「中華ランチ」を差額をプラスし、ラーメンを野菜味噌ラーメンにして注文しました。

中華ランチ(野菜味噌ラーメン)

yorimiti_201603_2.jpg


ラーメン単体を撮影

yorimiti_201603_3.jpg

yorimiti_201603_4.jpg


白菜、ピーマン、ニンジン、モヤシ、キクラゲ、カマボコ、挽き肉、といった具材がたっぷりと入っています。

スープは甘みのある味噌味で、程よい旨味と出汁感が合わさり、絶妙な味わいとなっています手(パー)
これはウマいですね〜グッド(上向き矢印)

麺はシンプルな多加水縮れ中華麺でした。


セットはミニ玉子丼です。

yorimiti_201603_5.jpg


玉子、しめじ、キクラゲ、タマネギ、三つ葉など具材が豊富で、優しい味に仕上がり、食べやすい玉子丼です。


続きましては、

野菜ラーメン(しょう油)

yorimiti_201603_6.jpg


豊富な具材が入った五目あんかけとなっています。

スープは塩と醤油が選べたので、醤油を選択しました。

トロみも強く、熱々の仕上がりとなっています。

あっさりとし、野菜などがたくさん食べられるので、体に優しい一杯かなと思いました手(チョキ)


個人的好みでいえば、こちらの一杯は餡かけの味が全体のバランスを占めており、普通の塩や醤油の絶妙なスープの味わいが隠れてしまっているので、まず最初に食べるなら塩か醤油をお勧めしたいかなと思います。
そして今回食べた野菜味噌もお勧めですぴかぴか(新しい)


こちらのお店は、割烹の様なスタイルで、宴会や法事なども対応しているらしく、そういった際に提供する魚料理が自慢とのこと。
今回はラーメンをメインに食べにきたので、色々と試す事は出来ませんでしたが、一品刺身盛り合わせを注文してみました。

刺身盛り合わせ(850円)

yorimiti_201603_7.jpg


今回はマグロ、エビ、黒鯛の3種でしたひらめき

他にも、刺身定食(1,300円)、天ぷら定食(1,300円)、トンカツ定食(1,100円)、生姜焼き定食(1,100円)など、定食類なども豊富に揃っており、また、ビーフカレー(750円)やチャーハン(700円)、カツ重(730円)、天重(900円)などのご飯物もあるので、機会あればいずれ色々と試してみたいかなと思います手(チョキ)



お食事処 より路の詳細
posted by BBSHIN at 17:49| Comment(0) | 新発田市

2016年03月20日

大阪王将 出来島店 広東麺、酸辣湯麺

新潟市中央区にある「大阪王将 出来島店」へと行ってきました。

oosakaosho_dekijima_201603_1.jpg


こちらのお店に行くのはオープン以来6〜7年ぶり位となります。

久しぶりに行くとメニューが大幅に変わっていました。


今回注文したのは「広東麺」です。
トータル990円の餃子セットにしてみました。

広東麺餃子セット

oosakaosho_dekijima_201603_2.jpg


ラーメン単体を撮影

oosakaosho_dekijima_201603_3.jpg

oosakaosho_dekijima_201603_4.jpg


あっさり醤油味のスープに、トロみの強い餡がかかっています。

五目餡は、白菜、ニンジン、キクラゲ、青菜、豚肉など具沢山ですね。

餃子も美味しかったですね。
これで単品260円というのは嬉しい価格設定ですよね。


酸辣湯麺

oosakaosho_dekijima_201603_5.jpg


酸味が程よく効いたスープにラー油がかかり、酸っぱ辛い仕上がりです。

五目同様にこちらも具材が豊富ですね。

個人的には、酸味がもっと強くても良いかなと思ったので、テーブル調味料の酢を投入し調節しました。
基本的には、味変グッズがあるお店以外は、出されたものをそのまま食べるというスタンスでやっていますが、何故か酸辣湯麺への酢の投入だけはオッケーというマイルールがあったりします。

酸味と辛味の効いたスープは寒い冬に体が温まりますねるんるん


大阪王将 出来島店の詳細
posted by BBSHIN at 23:39| Comment(0) | 新潟市中央区

麺やBar 渦 (神奈川県)

神奈川県藤沢市の「麺やBar 渦」へと行ってきました。

menbaruzu_1.jpg


場所は、本鵠沼駅のすぐ近くにあります。
もし、藤沢駅周辺での連食の途中で行くのであれば、藤沢駅から15分位歩くというのも良いでしょう。
今回は藤沢駅から電車で行って、帰りは歩く事としました。


行ってみるとダイニングバーとして営業しており、座敷席では宴会をしていました。
店員さんに、ラーメンのみを食べるのは問題ないかを聞くと、そういうのも歓迎との事でした。


友人が食べた「煮干ラーメン」

menbaruzu_2.jpg

menbaruzu_3.jpg


あっさりで煮干しが強く効いたスープです。
味は醤油と塩が選べたので、醤油を選びました。

煮干し魚粉らしきものもたくさん入っていました。


湘南湯麺 雅

menbaruzu_4.jpg


小豆島産・島根県産の2種類の生揚げ醤油を用いているとの事ですが、生醤油特有の醤油風味は程ほどに、魚介等の出汁感とがバランス良く合わさっています。

ちなみに、煮干しラーメンとはまた違った魚介風味が前に出ていました。

出来上がりや状況から想像するに、動物系と2種類の魚介スープを作ってのWスープというよりは、動物魚介で厚めに出汁を取ったシングルスープを作り、それを湘南湯麺に使用、煮干しラーメンの方は湘南湯麺のスープに、煮干し魚粉で出汁を上書きといった形かもしれません。

自宅で試す中で、しっかりとしたベースのあるスープを作り、そこに煮干しなりカツオなりをガッツリ加えると、簡単なひと手間で色んな方向性のスープを作れたので、そういった手法を用いているのではないかなと予想してみました。
全く的外れかもしれませんので、その場合はすみません手(パー)


話がだいぶそれてしまいましたが、2品ともしっかりとした味を出しつつもバランス良く仕上がっており、かなりレベルの高い一品を提供しているお店だと思いました手(チョキ)


麺やBar 渦の詳細
posted by BBSHIN at 22:58| Comment(0) | 神奈川県

新潟2−2柏 土壇場で手にした勝ち点1

3月19日に開催されたアルビレックス新潟対柏レイソルの試合で撮影した写真を掲載したいと思います。


まずは恒例のスタジアムグルメです。

今回選んだお店は「日本海庄や」です。

20160319_1.jpg


こちらのお店は、「とん汁」「牛すじ煮込み」「ピリ辛モツ煮込み」と汁物が3品もあります。
まだまだ寒いこの季節、とても嬉しいですねぴかぴか(新しい)


今回注文したのは、「牛すじ煮込み」です。

20160319_2.jpg


お店はゴール裏があるNスタンドとは反対側に位置しており、通常なら冷めてしまうのですが、フタがあるのは嬉しいですね。
熱々のまま席まで持っていく事が出来ました手(パー)


20160319_3.jpg


牛筋はしっかりと煮込まれ、適度な歯応えが良かったです。
汁の味は最初は薄味に感じたのですが、だんだんちょうど良くなっていくのが不思議です。
体が温まる上に美味しかったですねぴかぴか(新しい)



もう一品はコチラで購入しました

信越企業ピザハット

20160319_4.jpg


チキンタレカツサンド

20160319_5.jpg


手軽にお腹を満たせる一品です。
試合開始直前にスタジアムに行った際などにちょくちょく購入しています。



守田 達弥選手

20160319_6.jpg


試合前の練習風景

20160319_7.jpg


キックオフ直前のゴール裏

20160319_8.jpg


キックオフ

20160319_9.jpg



前半は、新潟がゲームを支配し、決定機を量産していました。

そうした中、先制点は田中 達也選手の右足から生まれましたグッド(上向き矢印)

20160319_12.jpg

20160319_11.jpg



喜ぶ選手達

20160319_10.jpg


新しく購入したカメラは、選手の喜ぶ表情まで捉える事が出来ていました手(チョキ)



前半、柏を圧倒する様なプレーが出来ていた新潟ですが、後半に入ると流れは一変し、新潟の右サイド破られるという形で2失点を喫してしまいまいた。

1−2で敗戦濃厚な試合終了間際


大野 和成選手の体ごとねじ込む様な気迫の一発が炸裂しました爆弾

20160319_15.jpg


喜ぶゴール裏サポーター

20160319_13.jpg


もう1点を奪いにいく為喜びを抑え自陣に戻る新潟の選手達と、悔しがる柏レイソルの選手達

20160319_14.jpg


そこから追加点は生まれず試合終了となりました

20160319_16.jpg


2−2の引き分け

20160319_17.jpg


ゴール裏のサポーターと選手達

20160319_18.jpg


今回の柏には例年の様な強さは感じなかったので、勝てなかったのは悔しかったですが、負けてもおかしくない様な状況からの同店弾での勝ち点1は悪くはないですね。

また、この日は寒かった事もあり、観客が少なめでした。
やっぱり、サポーターで埋まるビッグスワンが観たいですね。

監督が変わった新潟は、昨年までとは、また少し違ったタイプのサッカーをみせてくれています。
感動と興奮を味わいに、ぜひビッグスワンに行ってみて下さい手(パー)
posted by BBSHIN at 10:03| Comment(0) | アルビレックス

2016年03月19日

麺者風天「ぱくぱくパクチー混ぜそば」は山盛りパクチーがインパクト抜群!!

新潟市江南区、亀田駅近くの「麺者風天」へと行ってきました。

futen_201603_1.jpg


今回の目的はPR情報をもらっていた「ぱくぱくパクチー混ぜそば」です。

ぱくぱくパクチー混ぜそばのPR情報はこちら


パクチーというと最近、県外のラーメン屋でもパクチーを主軸にすえたパクチー麻婆まぜそばを提供していたり、また他のジャンルの飲食店でもたっぷりのパクチーを美味しく食べさせる事を狙った品を販売しているのを見かけます。
麺者風天がアンテナ高くその辺りに影響を受けたか、または、インスピレーションで作り上げたかは分かりませんが、新潟のお店がこうした試みをしてくれるというのは嬉しい事ですよね手(チョキ)


ぱくぱくパクチー混ぜそば

futen_201603_2.jpg

futen_201603_3.jpg


たっぷりのパクチーがのっていますあせあせ(飛び散る汗)


麺はガッシリとした歯応えの太麺です。

futen_201603_4.jpg


個人的には、パクチーというのはそれ程得意な食材ではなく、タイ料理などで少量入っている分には良いですが、スープなどに多めに入っていたりすると気持ち悪くなる事もあったりします。

まず、パクチーのみを食べてみると、独特の香りと苦味が印象的です。
ただ、品質の良いものなのか、普段食べてるものよりも食べにくさを感じません。
しかし、さすがにそのままでたくさん食べるのは厳しかったりしますが、こちらのまぜそばは、旨味もたっぷりあり、辛肉などの辛味、少し強めの塩分など、印象的な味となっており、それらと絡めて食べる事で、パクチーの香りや清涼感が程よいアクセントとなってくれます手(パー)



チリソースとナンプラーがついてきます。

futen_201603_5.jpg


何も使わず、混ぜて食べだけで色々な変化が出てくるところに、更にこうした味変グッズまであるのは嬉しいですね。
チリソースで辛味を足しても良し、ナンプラーで独特の魚介風味を加えても良し。

ちなみに、ナンプラーを用いた調味料かと思っていましたが、舐めてみると、そのままナンプラーでした。
ですので、塩分量的にもあまりたくさん使う訳には行きませんが、魚醤特有の臭みともいえる強めの魚風味とガツンとくる旨味が良いアクセントとなります。また、しょっつる程の臭みはないので、使いやすい調味料かなと思います。


刻みニンニク

futen_201603_6.jpg


終盤、コレを加えると、劇的な味の変化をもたらしてくれます。



テーブルには、こんなチラシが置いてありました。

futen_201603_7.jpg


パクチーのデトックス効果、美肌効果、食欲増進効果、豊富なビタミンなどについて書かれてあります。

お店の方より、こちらのチラシに書かれている「爆弾パクチー」なるものを薦められたので試してみる事に。


爆弾パクチー 200円(別皿でお願いしました)

futen_201603_8.jpg


まぜそばにのっけてみると、、

futen_201603_9.jpg


ほとんどパクチーになりますあせあせ(飛び散る汗)


私にはさすがにこの量は多かったですが、この半分位であれば美味しく頂けるレベルだったので、2人で行って爆弾パクチーをシェアする形を取りました。
私の様に、複数人で食べ分けても良し、または、よほどのパクチーマニアであれば一人でガンガンいっても良いでしょう手(パー)


食後は、追い飯がもらえます。

futen_201603_10.jpg


まぜごはんを投入すると、、

futen_201603_11.jpg


終盤は、残った辛肉の旨辛感、ニンニク風味、パクチーの香りなどが合わさり、最後まで飽きずに美味しく頂けます。

お好みでテーブル調味料の魚粉や山椒、胡椒、酢、ラー油、一味唐辛子などで調節しても良いかもしれません。


もう一品注文したのはコチラ

辛旨麻婆麺

futen_201603_12.jpg

futen_201603_13.jpg


オープン当初のマーボーメンからは、だいぶリニューアルされ、真っ黒な麻婆豆腐がのる様になりました。

スープ自体は比較的サラっとしていますが、トロみの強い麻婆餡がかかり、食感も印象的です。

真っ黒な麻婆は、最初は辛味が目立っていましたが、甜麺醤あたりを使っているのか、終盤甘みが勝つようになってきました。

これはウマいですね!

ライスと合わせたくなった追加注文しました。

唐揚げセット(200円)

futen_201603_14.jpg


まぜこみごはんも100円とお得ではありますが、こちらの唐揚げセットは、唐揚げが3個ついて200円ですから、断然コチラがお得かと思われます。

唐揚げもカリっと揚げられ、ビールのつまみなどにも合いそうです。
テイクアウトも可能らしいので、今度やってみようと思います。


美味しくお腹一杯になりました手(チョキ)


麺者風天の詳細
posted by BBSHIN at 17:35| Comment(2) | 新潟市江南区