2016年04月16日

新潟市西区の「つか乃間」が5月9日閉店予定

新潟市西区の「つか乃間」が5月9日に閉店するという情報が入りました。

「つか乃間」に関しては、以前から経営が苦しかったらしく打開策を練っている際に、鶏白湯ラーメンの開発に少し関わらせて頂きました。

tsukanoma_201510_2.jpg

当時の鶏白湯ラーメンの告知

その後、店主が改良を重ねた鶏白湯ラーメンは人気メニューとなり、オーダーの半分位を占める様になったらしいです。

また、今年の年始あたりより、新作として鶏にガッツリ魚介のラーメンを出してはどうかという話をし、作り方の説明をしたところ乗り気だったので、発売を楽しみにしていましたが実現には到りませんでした。


ここ半年程で、口コミや雑誌などの影響により、客足は少しずつ伸びてきていた様ですが、県庁前からの移転、そして、移転後にほとんどお客さんが入らなかった事などによる積もり積もったダメージに、集客の伸びが追いつかず、閉店するに到ったとの事の様です。

その他、レギュラーメニューに関しても、店主が改良を重ねた事で、県庁前、また、移転直後と比べ、格段に味が良くなっていたので、閉店してしまうのはとても残念です。

5月9日までは営業しているとの事ですので、お店が無くなる前に行ってみてはいかがでしょうか?


つか乃間の詳細
posted by BBSHIN at 09:30| Comment(0) | 日記

2016年04月14日

一番亭 チャーシューメン+小カレーのセット

新潟市中央区、新潟市役所近くにある「一番亭」へと行ってきました。

itibantei_201604_1.jpg


以前は、ラーメンとカレー(小)のセットを食べて、安くて美味しいお店だと思ったので、今回はチャーシューメンを食べてみようと思いました。
券売機にはそういうセットがなかったので聞いてみたところ、前回食べた「定食A」(600円)に現金100円追加で可能との事でした。

という事で、注文してみました。

チャーシューメン+小カレーのセット

itibantei_201604_2.jpg


ラーメンを単体で撮影

itibantei_201604_3.jpg

itibantei_201604_4.jpg


あっさり醤油味で、ほのかに甘みがあるスープです。
旨味も程よく、バランスの良い昔ながらのシンプルな一杯ですね。

チャーシューは薄めにカットされながらも、弾力感があり、噛み応えが良かったですぴかぴか(新しい)

ずば抜けてウマいとか、そういうタイプではないのですが、心と体が温まる昔懐かしい一杯です。

そんな事もあり、ついつい完食手(パー)

itibantei_201604_5.jpg


美味しかったですわーい(嬉しい顔)


ミニカレー

itibantei_201604_6.jpg


昔ながらの家庭的で美味しいカレーです。


また、近くに行った際には、食べに行きたいお店ですねグッド(上向き矢印)


一番亭の詳細
posted by BBSHIN at 20:41| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年04月13日

食堂かどや

サイト協力者のフィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は燕市の食堂「かどや」さんです。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

燕市にある老舗、食堂かどやに行ってきました。

kadoya_1.jpg


行きかたを簡単に説明すると、まずは、289号線をまっすぐ弥彦方面へ。
そして、ケーズデンキ燕三条店を越えて少し進むと、すぐ右側にDAMZの看板が立っている急カーブにさしかかります。
急カーブを進み、南跨線橋を越えた右側の袂にお店はあります。

駐車場は、お店の裏側にあるので、車を停め、店内へ。

時代の積み重ねを感じる、味わい深い店内です。
席はカウンター席と小上がり席があります。

先客はビールを飲みながら店員と会話しておりました。
老舗ならではの光景ですよね。


小生は味噌タンメンを注文。

kadoya_2.jpg

kadoya_3.jpg


キャベツ、人参、玉ねぎ、ニラなど、野菜たっぷり、豚肉の細切れ、にんにくの香りが引き立っています。
麺は丸い形状のコシのある中太麺、スープは濃い目です。

ラーメンの他、定食、丼物などがあります。特に、カツ丼が人気です。


食堂かどやの詳細
posted by BBSHIN at 23:36| Comment(0) | 燕市

2016年04月12日

八ちゃんラーメンの待望の新メニュー「つけそば」

新潟市東区の「八ちゃんラーメン」へと行ってきました。

hattyan_201604_1.jpg


今回の目的はPR情報を掲載していた「つけそば」です。

つけそばのPR情報


つけそば(並)

hattyan_201604_2.jpg


つけダレ

hattyan_201604_3.jpg


あっさりながらも煮干しをしっかりと効かせたスープです。
甘みと酸味もあるでしょうか。


そして、こちらのお店のトレードマークは麺です。

hattyan_201604_4.jpg


3種の太さを混ぜたという麺は、それぞれの食感の違いが楽しめます。

恐らくは、丸くしっかりとした麺よりも平たくビラビラの麺の方が茹で時間が短くて済むと思われ、それを一度に同じ時間茹でる訳ですから、同じ質感の麺なのに、茹で加減が異なる事になると思います。
そうしたまばらな感じもコチラのお店の魅力なのだと思います。

そして、つけ麺のひやもりという事で、ラーメンでは味わえない麺自体の食感も味わえまするんるん


チャーシュー

hattyan_201604_5.jpg

弾力感ある食感で、味の染みも良く、とても美味しいチャーシューです。


鶏チャーシュー

hattyan_201604_6.jpg


お願いすると、割りスープももらえます。

hattyan_201604_7.jpg


煮干し系の魚介出汁でした。
スープ割りにして飲むと美味しかったですぴかぴか(新しい)


中華そば(並)スペシャル盛

hattyan_201604_8.jpg


チャーシュー、海苔、メンマ、味玉がプラスされ、かなりのボリュームとなります。

券売機には「身入り」のボタンがあり、お好みでプラスするスタイルでデフォルトでは脂身無しになったのかもしれませんね。


八ちゃんラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 20:32| Comment(0) | 新潟市東区

2016年04月11日

ぽんつく

江南区、旧横越町、惜しまれながらも閉店した「ぴか一」の跡地にオープンした「ぽんつく」へと行ってきました。

pontsuku_1.jpg


看板メニューは「醤油らーめん」らしく、説明によると
「ほんのりショウガ香る甘口醤油らーめん」
とのこと。

という事で注文してみました。

pontsuku_2.jpg

pontsuku_3.jpg


説明通りに甘みが印象的なあっさり醤油スープです。
かなり甘さが際立っており、甘みと醤油風味がメインの味わいとなっています。

麺は多加水のツルモチ細麺でした。

トッピングはチャーシュー、メンマの他にえんどう豆がのっていました。
キヌサヤがのる事は多いですが、えんどう豆というのは珍しいですね。


塩らーめん

pontsuku_4.jpg


あっさり塩味で塩分濃度高め、そして、かなり旨味が強いスープでした。


ぽんつくの詳細
posted by BBSHIN at 23:06| Comment(0) | 新潟市江南区

2016年04月10日

煮干しラーメン 五郎丸

新潟市東区にオープンした「煮干しラーメン 五郎丸」へと行ってきました。

goroumaru_1.jpg


こちらは、同じ場所にあった中華料理店「東輝」がリニューアルオープンしたお店の様です。


アルビレックス新潟がホーム戦で勝利の翌日は醤油ラーメン、塩ラーメンを650円→500円のサービス価格で提供との事です。

goroumaru_2.jpg


日替わりサービスランチについて

goroumaru_3.jpg


料理、ラーメン、半ライスで790円とのこと。


という事で注文してみました。

goroumaru_4.jpg


マーボー豆腐、ラーメン、半ライス、サラダのセットです。


ラーメンを単体で撮影

goroumaru_5.jpg

goroumaru_6.jpg


店名の通り、煮干しが効いたスープです。

煮干しがしっかりと効きつつも、苦味などもなく、醤油風味も合わさり、バランス良い旨味のスープですぴかぴか(新しい)

麺はシンプルな中華麺でした。

ハッキリとした味となっており、とても美味しい煮干しラーメンでした手(チョキ)


マーボー豆腐

goroumaru_7.jpg


これはウマい!!

キノコが入り、調理の過程でその出汁が加わる事もあってか、あまり食べた事がない味わいとなっています。
辛味も程よく、食べやすいですね。


ご飯と麻婆豆腐の相性は抜群ですグッド(上向き矢印)

goroumaru_8.jpg


恐らく麻婆麺も美味しいことでしょうぴかぴか(新しい)


サラダもついてきます。

goroumaru_9.jpg


ボリュームもあり、味も良いので、これは790円はかなりお得ですねるんるん


続きましては「エビあんかけ麺」

goroumaru_10.jpg


プリップリの海老などが入ったトロのある餡と、旨味がしっかりと加えられた塩味のあっさりスープの組み合わせは抜群です。
椎茸を筆頭に各種素材の味がスープに落ち、絶妙な味わいとなっています。
王道系の中華系エビあんかけ麺ですね。
これを看板メニューとしてもやっていけそうな程のクオリティかと思いますひらめき


こちらのお店、中華料理屋から、ラーメン専門店となりつつも、中華系メニューが復活となったとの事ですが、中華系メニューを復活させたのは正解ですね手(パー)

煮干しラーメンも美味しいですが、中華系メニューの質が高いので、これを封印する事で、お店の魅力を半減させていたのかなと思います。
メニューの変更に合わせ、また、店名リニューアルを検討しているそうです。
もし、リニューアルしたら、また行ってみたいと思いますダッシュ(走り出すさま)


煮干しラーメン 五郎丸の詳細
posted by BBSHIN at 14:46| Comment(0) | 新潟市東区

海老寿DELUXE

新潟市中央区、柳都大橋近くにオープンした「海老ラーメン専門店 海老寿DELUXE」へと行ってきました。

ebisu_deluxe_1.jpg


場所は大通り沿いにあるサイトウスポーツの裏手、こんぴら通りにあります。


こちらのお店にイチオシメニューはこちら

海老醤油ラーメン

ebisu_deluxe_2.jpg

ebisu_deluxe_3.jpg


ハッキリとした味の海老風味が漂うアッサリ醤油スープです。
上にのった海老粉をスープに混ぜることで、更なる海老風味をプラスする事が可能です。
浮かされた油は分かりにくかったですが、恐らく海老油かなと思います。

チャーシューは小さめで、少し厚めにカットされたロールチャーシューで、味が強く染みこみ、歯応えも良く、なかなかの食べ応えがありました。

コンセプトがしっかりと出た美味しい海老ラーメンでした手(チョキ)



海老味噌ラーメン

ebisu_deluxe_4.jpg

ebisu_deluxe_5.jpg


こちらは醤油と比べ太めの麺となっていました。

スープは濃い味噌味で、甘みも加わっていたかなと思います。

味噌風味と、甘みにより海老が分かりにくくなっていましたが、普通の味噌ラーメンとして美味しい一杯だったと思います。
ただ「海老味噌ラーメン」としては、この味噌風味を上塗りする程の強烈な海老風味(殻、海老味噌)を期待する人は多いかもしれませんね。


2杯を食べた限りでは、お店のお勧めでもある「海老醤油ラーメン」をお勧めしたいと思います
他にも普通のラーメンや担々麺、餃子などもあり、何度行っても楽しめるお店かなと思いました。
餃子やチャーシューをつまみに飲みにきてる人もいましたしね。


オープンチラシ

ebisu_deluxe_6.jpg


5月には、お店の隣に「こんぴら製麺所 餃子工房」なるお店をひらき、自家製麺や餃子を販売するとのこと。


ちなみに、こちらのお店は食券制となっています。

ebisu_deluxe_7.jpg


ふと見ると、チラシと食券の店名が異なっている事に気付きます。
チラシ(海老寿DELUX)、食券(海老寿DELUXE)となっており、お店の看板はチラシと同じとなっています。
恐らくは、看板とチラシを作る際に、注文側の発注ミスと受注側のチェックミスが重なったものと思われます。
とりあえず、サイト掲載の店名は食券の方に合わせ様と思います。


海老寿DELUXEの詳細
posted by BBSHIN at 10:27| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年04月09日

らー麺 天心の麻婆麺についての投稿情報を頂きました!

投稿コーナーに「らー麺 天心」の麻婆麺についての投稿情報を頂きました。

情報をくれたのは、常連のaoikumasanさんです。

送られてきた写真がこちら

tenshin.jpg


詳細なコメント付きとなっています。

これを見たら久しぶりに食べたくなりました手(チョキ)


天心への投稿情報はこちら



また、多くの皆様からのお勧めラーメン店についての情報もお待ちしております。

「自分の好きなお店を少しでも多くの人に知ってもらいたい」
「美味しい情報を誰かに伝えたい」

そんな方はぜひ当サイト投稿コーナーをご利用下さい手(パー)

投稿の詳細はこちら
posted by BBSHIN at 22:46| Comment(0) | 投稿情報

らーめん 燈の新メニュー「あっさりとんこつ」は、豚臭たっぷりなスープに特製赤ダレがかかった一杯!

新潟市中央区、2月にメニューリニューアルを行った「らーめん 燈」へと行ってきました。

akari_201604_1.jpg


道路側に電光掲示板が追加され、目立つ様になっていました。

akari_201604_2.jpg


今回の目的はPR情報に掲載していた「あっさりとんこつ」です。

あっさりとんこつのPR情報はこちら


あっさりとんこつ

akari_201604_3.jpg

akari_201604_4.jpg


丼が運ばれてきた途端に漂う豚の臭いあせあせ(飛び散る汗)
食べる前から「これはモロ豚骨だexclamation×2」と感じさせる臭いです。
聞いてみると、意図的に豚の臭いを油に閉じ込めたものを浮かせているとか。

スープを飲んでみると、、
濃厚な豚骨で、前情報通りに甘めに仕上げています。
九州系に良くある様な、濃い豚出汁に乳化油のコク、プラスされた強い旨味といった物とはまた違い、独特のバランスのスープとなっています。
メニューの説明に
「九州とんこつらーめんと名乗るのはおこがましい。そこでこう名乗りましょう「新潟とんこつ」と!」
と書かれていますが、確かに燈流でオリジナルな豚骨ラーメンに仕上がっていると思います手(チョキ)

麺は、パツパツ感のある極細麺で、メニューによると
「通常の極細麺より加水率を上げ細麺のなのにモチモチ感とツルツル感のある麺」
とあります。
ここは、確認取れなかったのですが、食べた感想ではツルモチ多加水というよりは、普通に低加水麺かなと感じました。
「加水率少し高めの低加水麺」
という意味なのかもしれません。


替え玉を注文しました。

akari_201604_5.jpg


タレが絡めてあります。

ちなみに、撮影に時間をかけてしまった為、麺同士がくっついてしまいました。
これは、低加水麺でより顕著に起こる現象で、短時間の放置であればスープに入れる事で簡単にほぐれます。
当然ではありますが、早めに丼に投入する事をお勧めします手(パー)

当サイトクーポンを利用する事で、替え玉が無料となりますので、良かったらご使用下さい。

燈のクーポンはこちら


もう一品はコチラ

とんこつ魚介つけめん

akari_201604_6.jpg


濃厚な魚介系スープです。

akari_201604_7.jpg


魚粉出汁も使用しているのか、濾し残ったレベルの魚粉も見受けられました。
ドロ系まではいかず、程良いトロみで、濃厚な割りに飲みやすかったです。


麺リフトアップ

akari_201604_8.jpg


固め食感で歯応えの強い燈花とはまた違い、ツルツルでモッチリ食感が印象的な太麺です。

つけダレの中には大きくカットされたチャーシューなどが入っていました。


また、メニューには「つけ麺は大盛り可、替え玉不可」と書いてありますが、「あっさりとんこつ」で注文した替え玉を一口分だけ、こっそりとつけ麺のつけダレで食べてみました。
すると、味の濃いつけダレがたっぷりと絡み、一玉食べるにはクドそうですが、一口食べる分にはとても美味しかったです。
スープが絡み過ぎ、麺がくっつきやすい事もあり、提供をしていないのかもしれませんね。
お店が「ノー」としている事なので、試すべきではなかったかもしれませんが・・


お願いすると割りスープがもらえます。

akari_201604_9.jpg


一般的なつけ麺の割りスープとは違い、味付けがしてあり旨味たっぷりのあっさりスープでした。
洋食屋さんのランチセットのスープとして出てきそうなタイプかと。


テーブル調味料

akari_201604_10.jpg


醤油、酢、ラー油、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、紅生姜


ミニチャーハン(300円)

akari_201604_11.jpg


濃い味付けのチャーハンです。
ラーメンのサイドメニューとして、この位の量を食べるのにちょうど良い味の濃さでした手(チョキ)


餃子

akari_201604_12.jpg


大きく、モッチリ皮で、中身が肉汁たっぷりと、これで3個200円というのはかなりお得かなと思いますぴかぴか(新しい)


リニューアルオープンしてから、色んな面で改善が見られ、かなり良いお店になってきたかなと思いますひらめき


らーめん 燈の詳細
posted by BBSHIN at 17:01| Comment(0) | 新潟市中央区

ぴあ万代「宗次」のエビ風味に背脂と生姜が加わった「海老ダシ背脂塩らーめん」

新潟市中央区、ぴあ万代にある「らーめん宗次」へと行ってきました。

syuji_201604_1.jpg


今回の目的は、PR情報をもらい掲載していた「海老ダシ背脂塩らーめん」です。

海老ダシ背脂塩らーめんについてはこちら


海老ダシ背脂塩らーめん(味玉トッピング)

syuji_201604_2.jpg

syuji_201604_3.jpg


丼が運ばれてきた途端に漂うエビと生姜の香りがとても印象的です。

スープを一口飲むと、かなり複雑な味わいに驚きますひらめき

エビ出汁の味わい、そして背脂の甘みとコクに加え、更なる旨味と風味がプラスされています。
背脂に味付けしているのかと思い聞いてみると、背脂に加え、エビ油も浮かしているのだとか。

スープ自体の旨味も強めで、動物系と思われるベースに加わるエビ風味と、かなり複層的に折り重なる様な味わいに仕上がっていました。
生姜の味わいは、最初に漂う香り程は感じず、後味をサッパリさせる様な役割となっています。

ここ最近、新潟ではエビブームが加速しており、海老一色に染め上げたスープが話題を呼んでいますが、こちらのお店の一杯は、しっかりとした海老風味にしつつも、それを背脂で覆うような珍しい構成となっています。

色々な味が丼に混在した複雑な味わいの一杯はとても美味しかったです手(チョキ)

期間限定となっているので、発売中にぜひお試し下さい手(パー)

ちなみに当サイトクーポンコーナー使用で、「大盛り」または「味玉」がサービスとなります。

宗次のクーポンはこちら


宗次の詳細
posted by BBSHIN at 08:49| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年04月08日

まるで汁なしマーボー麺! 麺者風天の「辛つけ麺」

江南区、亀田駅近くの「麺者風天」へと行ってきました。

futen_201604_1.jpg


今回は「辛つけ麺」を注文してみました。

futen_201604_2.jpg


シメられた事で歯応えが良くなった太麺の上に真っ黒な麻婆豆腐がたっぷりとかかっています。

これはかなりインパクトがありますね〜グッド(上向き矢印)

つけダレ無しに麺の器だけで「汁無し麻婆麺」といっても良い程ですひらめき


麺をつけダレに漬けると、、

futen_201604_3.jpg


香ばしく辛味のある油が麺に絡み、口の中で麻婆の美味しさと辛さが合わさります。

マーボーに辛味つけダレと、とても盛りだくさんな一杯でした手(チョキ)



続きましては「麻婆麺」です。

futen_201604_4.jpg

futen_201604_5.jpg


トロみたっぷりの麻婆餡がかかった一杯です。

花椒の痺れ感と、テンメンジャン等の甘み、唐辛子系の辛味と複雑な味わいのマーボーが美味しいですねわーい(嬉しい顔)

麺大盛り10円、特盛20円、そして、まぜご飯100円とリーズナブルな価格でお腹一杯になれます手(パー)

まだ食べた事がないという方は是非行ってみて下さいダッシュ(走り出すさま)


麺者風天の詳細
posted by BBSHIN at 01:20| Comment(3) | 新潟市江南区

2016年04月06日

らーめん宗次の春夏限定「海老ダシ背脂塩らーめん」

新潟市中央区、ぴあ万代の「らーめん宗次」の春夏限定新メニュー情報です。

今回ご紹介する一品はコチラ

海老ダシ背脂塩らーめん

syuji_201604.jpg


タレに2種の海老を使用し、トッピングとしても海老を使用した海老三昧な一杯とのこと。

ここ最近、新潟では海老ブームが加速している感があります。

今回の一杯もとても楽しみですね。

興味のある方はぜひお試し下さい!


らーめん宗次の限定「海老ダシ背脂塩らーめん」について
posted by BBSHIN at 23:25| Comment(0) | 日記

らーめん 燈が新メニュー「あっさり豚骨」を発売!

新潟市中央区、上近江の「らーめん 燈」が新メニューを発売しました。

今回発売した一杯は「あっさり豚骨」です。

akari_201604.jpg


濃厚なスープながらも食べやすく仕上がった一杯とのこと。

替え玉もあるらしく、燈流の九州系豚骨ラーメンといったところでしょうか。

ちなみに、こちらの一杯は他のラーメンとは違い甘めの調味料を用いている事で、飲みやすくしているのだとか。

とても美味しそうなので、一度試してみたいと思います!


燈の新メニュー「あっさり豚骨」についてはこちら
posted by BBSHIN at 22:58| Comment(0) | 日記

アルビレックス新潟応援のぼり旗(2016年)

今年もアルビレックス新潟のホームゲームでの、スタジアムへの応援のぼり旗の掲出の申し込みが始まりました。

チラシはこちら

2016nobori_1.jpg

2016nobori_2.jpg


1口3万円(税抜)でスタジアムに2枚掲出、自社に2枚の、オリジナルの旗を作ってもらえます。

5月8日の試合からビッグスワンに掲出される様です。

当サイトも2012年より掲出しており、今年も申し込みを致しました。

チームを応援しつつ、自社のPRにのぼり旗に申し込んでみてはいかがでしょうか?

前回記事はこちら
posted by BBSHIN at 08:00| Comment(0) | アルビレックス

2016年04月05日

大清

新潟市北区、黒山駅近くにある「大清」へと行ってきました。

場所はパっと見では分かりにくくなっています。

taisei_1.jpg


左側の看板脇の細い道を奥に行くとお店があります。

taisei_2.jpg


大清

taisei_3.jpg


更に奥に広い駐車場があります。

taisei_4.jpg


注文したのは「浜海苔塩ラーメン」です。

taisei_5.jpg


ラーメン単体を撮影

taisei_6.jpg

taisei_7.jpg


あっさり魚介の効いた塩味のスープです。

香ばしい油が浮いており、お店の人に聞いてみると「エビ油」とのこと。

麺は多加水の縮れ細麺です。
麺線を綺麗に整えた盛り付けが良いですねグッド(上向き矢印)

見た目の印象よりも濃い味わいのスープや麺の感じなどが、どことなく神奈川淡麗にも似た雰囲気があり、洗練された味わいの一杯でした手(チョキ)


別皿で浜海苔がついてきます。

taisei_8.jpg


これを途中で加えることで、磯の香りをプラスする事が出来、味の変化を楽しめます。


麻婆ラーメン

taisei_9.jpg


トロみたっぷりで甘みのある麻婆餡は麺にたっぷりと絡みつきます。

taisei_10.jpg


山椒がついてくるので、お好みでふりかけてアクセントをプラスしても良いでしょう手(パー)



エスプレッソが食事とセットで50円とあったので注文してみることに。

taisei_11.jpg


こちらの機械でのセルフサービスとなっています。

taisei_12.jpg


エスプレッソ

taisei_13.jpg


最近ラーメン食べた後にどこかでコーヒーを飲むことが多かったので、50円で飲めたのは嬉しかったですね。


taisei_14.jpg


普通のコーヒー、お茶は無料サービスとなっています。

taisei_15.jpg


番茶を頂きました。

他にも豊富なメニューが揃っているので、機会があればまた行きたいですねわーい(嬉しい顔)


大清の詳細
posted by BBSHIN at 23:52| Comment(0) | 新潟市北区

居酒屋 おさかなや

新潟市北区にある「居酒屋 おさかなや」へと行ってきました。

「カトウ仕出し店」に併設されています。

osakanaya_1.jpg


場所は新崎駅や豊栄スマートインター方面から県道27号線を阿賀野市の京ヶ瀬、水原方面に向かう途中の左側にあります。

ちなみに、私自身この道を通った事はなく、こちらのお店の存在は知らなかったのですが、この周辺に良く行く人からのお勧め情報を元に行ってみる事としました。


お店を別角度から

osakanaya_2.jpg


おさかなや入り口

osakanaya_3.jpg


こちらのお店の看板メニューは「真鯛ラーメン」です。

osakanaya_4.jpg

osakanaya_5.jpg


あっさり塩味で、タイトル通り鯛の味わいと香りがしますぴかぴか(新しい)
臭みがほとんど無いながらも、しっかりとした鯛の出汁感が良いですね。

この鯛の出汁感は、醤油や味噌では消えてしまうと思われ、ストレートに出汁感を伝えてくれる塩ならではの味わいとなっています。
(風味付け程度に薄口や白醤油を使っている可能性はありますが)

ちなみに、お店の人に聞いてみるとスープは仕出し店から出る鯛のガラの他、それ以外にも仕入れた生の鯛と補強の意味で使われる豚骨から取った出汁とのこと。

麺はシンプルに多加水の中華麺でした。


スープの飲みやすさから、自然と完食してしまいました。

osakanaya_6.jpg


新潟ではまだ数が少ない鮮魚系ラーメン、興味がある方は是非お試し下さい手(チョキ)



みそラーメン

osakanaya_7.jpg


色を見た感じでは、白味噌ベースと思われます。
ただ、甘みよりもニンニク等の香味野菜の香ばしさや各種旨味などが前に出ており、甘みが前に出てはいません。
他にも、豆類など色々な素材が使われているらしく、印象的な味に仕上がったスープです。

麺は、多加水の縮れ中麺でした。

トッピングとしては、チャーシュー、味玉、モヤシ、メンマ、なると、ネギなどの他、辛味噌がのっており、途中でスープに溶かすことで味の変化も楽しめます。


2品試しましたが、両方ともクオリティの高い一杯でしたぴかぴか(新しい)

ちなみに、夜は居酒屋として営業しており、野菜炒めや唐揚げ、揚げだし豆腐といったおつまみメニューとお酒がメインの営業となっているそうです。
ハッキリとはいえませんが、夜営業でも状況次第では、ラーメンを出せなくもないとのこと。

かなり穴場的な位置にありますが、一度行ってみる価値はあるお店かなと思います。


居酒屋 おさかなやの詳細
posted by BBSHIN at 07:48| Comment(0) | 新潟市北区

2016年04月03日

厚木本丸亭 (神奈川県)

神奈川県厚木市にある「厚木本丸亭」へと行ってきました。

atsugi_honmarutei_1.jpg


店内は満席で、お店の中に数人、外に数人が並んで待っていました。

注文したのは定番の「本丸塩らー麺」です。

atsugi_honmarutei_2.jpg

atsugi_honmarutei_3.jpg


スープはあっさり淡麗系の塩味です。
程良い出汁感と油の風味など、スッキリとした飲み心地です。

麺は多加水で縮れたツルモチ平打ち麺です。
太さは中くらいでしょうか。

トッピングはチャーシューに春菊です。
こちらのお店の春菊はやはり個性的ですね。

何度食べても食べ飽きる事のなさそうな、洗練された味わいの一杯でした。


本丸塩つけ麺

atsugi_honmarutei_4.jpg


あっさり塩味のつけダレです。
こちらも春菊が浮いています。

つけ麺として食べる事で、多加水麺の歯応え、弾力感をストレートに味わう事が出来ます。

割りスープがついているのでお好みで薄める事が可能です。


テーブル調味料

atsugi_honmarutei_5.jpg


醤油、酢、ラー油、胡椒、柚子胡椒が置いてありました。

柚子胡椒を試してみましたが、淡麗系塩スープと柚子胡椒の相性は良いですねぴかぴか(新しい)


厚木本丸亭の詳細
posted by BBSHIN at 20:28| Comment(0) | 神奈川県

泰紋

新潟市南区の「泰紋」へと行ってきました。

taimon_1.jpg


こちらは群馬県高崎市から伊勢崎市へと移転した後、ご主人の故郷である新潟に戻りオープンさせたお店との事です。

「赤らーめん」と「鶏節らーめん」の2本柱という事で、イチオシの「赤らーめん」を注文してみました。


赤らーめん

taimon_2.jpg

taimon_3.jpg


クリーミーなコクのある豚骨スープにラー油が浮き程良い辛味が加わっています。

麺は中位の太さで多加水タイプでした。

トッピングとしては、シンプルに白髪ネギと大きな三つ葉のみとなっていますが、丼の底には炒めた挽き肉と玉ねぎがたっぷりと入っています。

これを穴開きレンゲですくって食べます。

taimon_4.jpg


濃厚スープとラー油が絡み実に美味しいですねぴかぴか(新しい)
挽き肉と玉ねぎにスープの味わいが移り、また、スープにはそれらの味と香ばしさが移りといった味の交換が行われているものと思われます。

かなり美味しい一杯でした手(チョキ)

新潟には珍しいスタイルかなと思います。


今回は一人で行きましたが、2本柱のうちのもう一品も気になり注文してみる事に。


鶏節塩らーめん

taimon_5.jpg


柚子胡椒がついてくるので、味の変化を楽しめます。

taimon_6.jpg


taimon_7.jpg

taimon_8.jpg

taimon_9.jpg


透き通るようなスープの塩ラーメンです。

動物系は控えめで、魚介が前に出ている感じです。
旨味もほど良く、魚介の出汁感が味の方向性を決めているタイプかなと。
浮き油も良い感じに風味とコクを与えていると思います。


麺は軽いパッツリ感のある細麺でした。
新潟ではなかなか見かけないタイプの麺かなと思います。

トッピングとしては、チャーシュー、水菜、メンマ、ネギ、キクラゲがのっていました。
チャーシューは味が良く染み、柔らかく仕上がっています。少し厚めに切られ、柔らかい食感ながらも厚さによる歯応えが良かったですね。


とても美味しい一杯で、麺とスープのみで十分楽しめた事もあり、うっかり柚子胡椒での味の変化を忘れてしまいましたたらーっ(汗)

2品とも美味しかったので、機会あれば他のメニューも試してみたいと思います手(チョキ)


泰紋の詳細
posted by BBSHIN at 00:24| Comment(0) | 新潟市南区

2016年04月01日

ドラゴン

長岡市の「ドラゴン」へと行ってきました!

dragon_1.jpg


お店の看板メニュー「みそラーメン」

dragon_2.jpg

dragon_3.jpg


濃い味噌風味が印象的です。
そして塩分濃度も結構高めです。

麺は中位の太さの多加水麺でした。

コーン、わかめなど、昔ながらの味噌ラーメン的なトッピングとなっていますが、その中でも際立っているのがチャーシューです。

dragon_4.jpg


ロールチャーシューでパっと柔らかそうに見えますが、結構な弾力感があり、また燻製にも似た独特の香りを放っています。
聞いてみると、特に燻製とかではないそうですが、煮豚ではなく焼き豚との事で、焼いた後にタレに漬け込んでいるのだとか。
一風変わったチャーシューなので興味がある方はお試し下さい手(パー)


醤油ラーメン

dragon_5.jpg


こちらも昔ながらの醤油ラーメン的な構成の中に、チャーシューがひときわ目立ってます。

味噌と同様に、塩分多めで結構しょっぱめです。
ご飯とともに食べると美味しそうですね手(チョキ)


ドラゴンの詳細
posted by BBSHIN at 23:17| Comment(0) | 長岡市