2016年07月07日

喜びラーメン小太喜屋の迫力満点「塩チャーシュー」!

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」へと行ってきました。

kotakiya_201607_1.jpg


今回はホットペッパー「メシ通」の取材で行きました。


醤油と塩の2本柱のお店なので、それぞれ一品ずつ注文し紹介する事としました。


塩チャーシュー

kotakiya_201607_6.jpg


まるで花びらの様に盛りつけられたレアチャーシューは、凄い迫力ですね!
他にも、鶏チャーシュー、バラチャーシューものり、ボリューム満点です。

スープは、かなり煮干しが強烈に効いたあっさりスープです。

以前、こちらのお店にきた際の記事には「塩が控えめ」と書きましたが、当時と比べてかなり魚介出汁が強くなっていると感じました。
当時は、程良い出汁感のスープで、醤油ダレは醤油等の旨味も合わさり個人的にちょうど良い旨味バランスだったのに対し、塩は旨味が抑え目に感じていました。
しかし、今回の塩スープは、魚介から出る旨味などもあり、全く「旨味が抑え目」とは感じませんでしたひらめき

スープやタレなど、日々調整をしているそうですが、久しぶりに食べると全くの別物に感じる程の変化をしている事に驚きました手(パー)


続きましてはこちら

醤油味の「喜びラーメン」

kotakiya_201607_2.jpg

kotakiya_201607_3.jpg


魚介風味が突出していた塩に比べ、醤油ダレの柔らかな旨味が全体を包み込み、バランス良い仕上がりとなっています。
動物系、魚介系、醤油等の旨味が合わさり、印象的な飲み心地となっていますぴかぴか(新しい)

自家製の麺の食感も良く、程よくスープを持ち上げ、とても美味しいですねぴかぴか(新しい)


喜び飯も注文しました。

kotakiya_201607_4.jpg


スープをかけて頂きました。

kotakiya_201607_5.jpg


これも美味しいですね〜るんるん

久しぶりにきましたが、美味しい2杯のラーメンと喜び飯に大満足です手(チョキ)


喜びラーメン小太喜屋の詳細
posted by BBSHIN at 20:48| Comment(0) | 村上市

2016年07月06日

太洋軒の昔ながらのあっさりタンメン

新潟市中央区の「太洋軒」へと行ってきました。

taiyouken_201607_1.jpg


壁に貼られていたメニューを見ると、醤油ラーメンと小カレーのセット、味噌ラーメンと小カレーのセットが共に700円となっていました。
他のラーメンと小カレーのセットが可能かを聞いてみると、差額を支払えばオッケーとの事でした。

という事で、タンメン+小カレーを注文してみました。

taiyouken_201607_2.jpg


タンメン

taiyouken_201607_3.jpg

taiyouken_201607_4.jpg


豚肉、かまぼこ、メンマのほか、ニンジン、モヤシ、キャベツ、ピーマン、キクラゲ等の野菜がたっぷりとのっています。

程良い旨味の塩スープは、野菜などの味も入り、優しい味わいで飲みやすいですね。

麺は多加水縮れ細麺です。

昔ながらのシンプルな野菜タンメンで、何度食べても飽きる事のなさそうな美味しい一杯ですねるんるん


小カレー

taiyouken_201607_5.jpg


家庭的な味わいで、美味しいカレーライスでした。

ラーメンとのセットは、ボリュームもあり、結構お腹一杯になります手(パー)


太洋軒の詳細
posted by BBSHIN at 22:45| Comment(0) | 新潟市中央区

手仕事らぁめん八 堀之内店の肉の旨味たっぷりな期間限定「デロリアン」

新潟市中央区の「手仕事らぁめん八 堀之内店」へと行ってきました。

hati_201607_1.jpg


今回の目的はPR情報を掲載していた牛肉煮込みトリプルスープ仕立て「デロリアン」です。

hati_201607_2.jpg

hati_201607_3.jpg


濃厚魚介スープに、牛肉煮込み餡かけがのった一杯です。

濃厚な動物系スープに、上にのった餡がの味が混ざり、かなり複層的に分厚い味わいのスープとなります。
味の前面にくるのは、やはり上にのった牛肉煮込みですひらめき
濃厚スープは、牛肉煮込みの味が混ざりつつも、パンチある飲み心地を演出し、魚介は餡に消され分かりにくいですが、トータルの旨味を底上げする役割になっているかなと思います。

そして、ピリ辛で旨味たっぷりのスープと油が、八自慢の麺に絡みついてきますダッシュ(走り出すさま)

ライスとの相性が良いとの事なので、追加注文しました。

hati_201607_4.jpg


前評判通り、かなりご飯と合いますねグッド(上向き矢印)

ラーメンでここまで素材を重ね合わせるバランスにもっていっているのは、なかなか見た事がないですね。
この機会に是非試してもらいたい一杯です手(チョキ)


つけ麺

hati_201607_5.jpg

hati_201607_6.jpg


酸味と甘味が前面に出たあっさり系のつけダレに、滑らかな質感の多加水中太麺という構成です。


お願いすると割りスープがもらえます。

hati_201607_7.jpg


こちらはアッサリ魚介出汁の様ですね。


手仕事らぁめん八 堀之内店の詳細
posted by BBSHIN at 07:53| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月04日

らぁ麺 てっぺん

柏崎市にニューオープン、味の横綱の姉妹店の「らぁ麺 てっぺん」に行ってきました。

teppen_1.jpg


店内の説明によると、「越の鶏のガラを全国で初めて使ったスープ」とのこと。
確かに肉は結構良い値段で売っているのは頻繁に見かけますが、多くのラーメン屋に肉、ガラを卸している様な精肉店に聞いても越の鶏のガラの取り扱いは無かった記憶があります。
ちなみに、越の鶏は肉を食べても美味しく、煮込んだ際には出汁も良いものが取れるので、ガラからも良質の出汁が取れる事が予想されます。


という事で注文したのはこちら

鶏らぁ麺しょうゆ

teppen_2.jpg

teppen_3.jpg


スープは比較的サラりとした鶏清湯です。
恐らくは鶏油と思われる風味豊かな油と、色の割りに濃い醤油風味・旨味が合わさり、程よくコクのある味わいとなっています。
それ以外にも程よく旨味がプラスされているでしょうか。
モロ濃い鶏スープではなく、タレや油も含め、程よくバランスを整えられた印象のスープですね。

麺はシンプルな多加水細麺です。
今風とも昔ながらとも取れる穏やかな味わいのスープとの相性は良いかなと。

チャーシューは適度に脂身が入り、柔らかく仕上がっていました。

王道系スタイルの鶏醤油清湯な一杯でした手(パー)


続きましてはこちら

煮干らぁ麺

teppen_4.jpg

teppen_5.jpg


あっさり煮干し+動物系スープです。

油は動物系の様にも、魚介香味油の様にも感じます。
ハッキリとは分かりませんでしたが、自分の経験の中では、鶏豚の油に煮干し等を入れたものに比較的似ていたかと。
素人的想像では、一本の寸胴で豚骨や鶏ガラと共に煮干しを煮込み、スープだけでなく、浮き上がる油にも煮干し出汁が入った様な感じかとも思いました
とりあえず、この油がコクと風味の上で重要な役割を果たしているのは間違いないでしょう手(パー)

麺は鶏醤油よりも太い多加水麺です。
煮干しラーメンの方がスープの印象が強いので、中太位で歯応えの強いこの麺は合っているかなと思います。


2杯を試してみましたが、両方ともそこまで主張は強くなく、食べ飽きる事の無いシンプルさの中にも、しっかりとした美味しさがあると思いました。
機会があれば、もう一杯の鶏塩も試してみたいですねぴかぴか(新しい)


らぁ麺 てっぺんの詳細
posted by BBSHIN at 23:18| Comment(0) | 柏崎市

2016年07月03日

にしやま 2代目店主が送り出す一杯!「四川風麻婆麺」

新潟市中央区、学校町にある「にしやま」へと行ってきました。

nishiyama_201607_1.jpg


数年前に2代目店主へと変わり、以前はなかったマーボーメンやつけ麺、また、汁なし系などが新たにメニューに加わっていました。

という事で新しいメニューを注文してみました。

四川風麻婆麺(醤油)

nishiyama_201607_2.jpg


スープは醤油と味噌があり、醤油を注文しました。

トロみの強い麻婆餡がかかり、その上に山椒がたっぷりと振り掛けられています。

スープはあっさり系醤油ですが、トロみたっぷりで味が濃いめの麻婆餡が混ざり、また、背脂も浮いている事で、インパクトある味となっています。

そして、圧巻は麺です。

nishiyama_201607_3.jpg


極太でモッチリ歯応えの強い麺です。

新潟市内では、マーボーメンを提供するお店が多いですが、ここまでの太麺との組み合わせはなかなか無いかなと。

食べ応え抜群の一杯でした手(チョキ)


続いてコチラも新メニューです。

汁なし うま煮めん

nishiyama_201607_4.jpg

nishiyama_201607_5.jpg


汁無し餡かけ麺です。

餡の味わいなど、スタンダードなスタイルですが、こちらも極太麺との組み合わせが珍しいですね。

トロみの強い五目餡が麺にたっぷりと絡みついてきますぴかぴか(新しい)

五目餡には豚肉、エビ、ニンジン、キクラゲ、しいたけ、白菜、タケノコ、ウズラの玉子、ピーマン等、豊富な種類の具材が使われていました。


テーブル調味料で味の変化を楽しんでも良いでしょう。

ラー油、醤油、酢、ブラックペッパー、七味唐辛子

nishiyama_201607_6.jpg


おろしニンニク、辛みそ

nishiyama_201607_7.jpg


にしやまの詳細
posted by BBSHIN at 15:52| Comment(0) | 新潟市中央区

麺や来味の夏季限定情報「冷製丸鶏塩らぁ麺」

麺や来味の夏季限定情報が入りましたのでお伝えいたします。

今回の一杯はこちら

raimi_201607_1.JPG


氷が入っていて冷たそうですね〜

冷たい一杯は暑い夏にぴったりですね手(チョキ)

あと、上にのった赤いものも興味をそそります。

果たしてどんなお味なのでしょうか???

麺や来味の冷製丸鶏塩らぁ麺について
posted by BBSHIN at 10:05| Comment(0) | 日記

2016年07月02日

中華そば むしゃ

新潟市中央区、南笹口にオープンした「中華そば むしゃ」へと行ってきました。

musya_1.jpg


テーマは

「ごはんが進むラーメン」

との事で、果たしてどんな一杯なのか、期待が膨らみます。


中華そば

musya_2.jpg

musya_3.jpg


事前の告知では、あっさりスープという情報でしたが、実際に出てきた一杯は、適度に濁ったスープとなっています。
半濁気味のライト白湯的な濃さでしょうか。
試作段階から営業スタートまでの間に調整が進んだのでしょう。

ほんのりと魚介風味が漂っており、香味油として煮干し油が浮かせてある様です。

麺は歯応えのしっかりとした多加水中太麺です。
平打ち的な形状をしていたかと思います。

そして、ポイントは「肉」です。

musya_4.jpg

musya_5.jpg


味付けられた豚バラ肉と挽き肉がのっています。
「ごはんが進む」というイメージから、かなりしょっぱめをイメージしていましたが、適度な味付けで、スープに浸して食べるとそこそこのしょっぱさとなります。

挽き肉は弾力感があって美味しいですね。



トッピングの乱切りメンマ、ナルト、ネギ、海苔

musya_6.jpg


乱切りメンマは、ラーメンに良くのっかっているメンマとは食感が違い、タケノコをそのまま乱切りした様な感じです。


そして当然のごとく、こちらを注文しました。

ライス(100円) ※半ライスは50円

musya_7.jpg


豚バラや挽き肉、スープとともに食べると美味しいですねぴかぴか(新しい)

特に、挽き肉とスープとの相性が良かったでするんるん


豚しょうが丼(280円)

musya_8.jpg


豚バラはスープと混ぜずに単品で食べると生姜風味が印象的です。

単品のサイドメニューとしては、もう少し甘じょっぱいタレなどがかかっていた方が美味しそうな気もしましたが、こちらもラーメンのスープと共に食べる事を前提とした一品なのでしょう。
肉ご飯としてそのまま食べても良し、または、ラーメンと共に、肉増しライスとして食べても良いかなと。


もう一品はこちら

つけめん

musya_9.jpg

musya_10.jpg


麺の上にはたっぷりの刻み海苔がのっており、下には豚バラと乱切りメンマがのっています。

つけダレは結構しょっぱめで、こちらは、正にご飯が進むスープです。

しょっぱさの他にも、酸味や辛味などもありました。
それらの味もありスープのベースは分かりにくかったですが、恐らくはラーメンと同じ動物系スープでしょうか。


丼の底をすくうと、挽き肉が結構入っています。

musya_11.jpg


底からすくった挽き肉をスープと共にライスにかけて食べても良いかなと思います。


食後はお願いすると割りスープがもらえます。

musya_12.jpg


こちらは、ラーメンに使われているものとはまた違った、魚介出汁オンリーの割りスープです。

適度な出汁感で、このままこれだけでも飲めそうでしたが、本来の役割通りつけダレに入れると、しょっぱさが緩和され飲みやすくなります。

食後の割りスープとしても良いですが、
「つけ麺のスープがしょっぱ過ぎる」
という方は、先にもらってレンゲで数杯入れて調整という手法も良いでしょう。


2品食べてみましたが、新潟にはあまり無いようなスタイルの味かなと思いました。
こうした味が新潟に定着していくのか、今後の動向に注目していきたいと思います。

また、まだオープンしたばかりなので、ラーメン、つけ麺の二品のみですが、今後新メニューや限定などが出てくるかもしれませんね。
その辺りも期待したいですね。


中華そば むしゃの詳細
posted by BBSHIN at 08:49| Comment(2) | 新潟市中央区