2017年05月25日

アルビレックス新潟 2017必勝祈願応援のぼり旗企画 「新潟ラーメン.com」のぼりをビッグスワンに掲出

以前、アルビレックス新潟応援のぼり旗企画について掲載しましたが、当サイトも申し込み浦和戦、札幌戦とビッグスワンに掲出されていました。

企画についての説明ブログ記事はこちら

掲出されたのぼり旗の写真

IMG_8169.jpg


例年、この位の時期ですと、まだ申し込み枠は残っているので、恐らくまだ申し込み可能なのではないかと思います。

掲出を迷っているという企業の担当者の方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?
posted by BBSHIN at 07:55| Comment(0) | アルビレックス

2017年05月23日

なんつッ亭 品川店 香ばしいマー油が浮いた濃厚豚骨

品川駅の高架下にある「麺達七人衆 品達ラーメン」へと行ってきました。

どのお店に入るか迷いましたが、今回はこちらのお店を選んでみました。

なんつッ亭 品川店

nantsutei_shinagawa_1.jpg


注文したのはスタンダードメニューの「ラーメン」です。

nantsutei_shinagawa_2.jpg

nantsutei_shinagawa_3.jpg


濃厚な豚骨スープに香ばしいマー油がたっぷりと浮いています。

マー油は一般的なものよりも焦がした風味が強いタイプです。

スープの濃厚なコクとマー油の香ばしさが合わさり絶妙な味わいを醸し出しています。

麺は、こうした豚骨ラーメンによくある様な低加水でパツパツしたものとはまた違う、独特の固さのある中細麺です。

麺やマー油の感じなどが熊本ラーメンにも似た雰囲気を出していました。

とても美味しかったです手(チョキ)


なんつッ亭 品川店の詳細
posted by BBSHIN at 23:44| Comment(0) | 東京都

2017年05月21日

中華 風蓮 鶏風味全開の「土鍋入り鶏煮込みそば」

長岡市にある「中華 風蓮」へと行ってきました。

furen_1.jpg


看板メニューの「土鍋入り鶏煮込みそば」の半チャーハンセットを注文してみました。

furen_2.jpg

半チャーハンは単品だと400円のところ、麺類とのセットでは+350円のサービス価格となります。

そしてランチタイム限定で土鍋入り鶏煮込みそばと半チャーハンセットを980円で提供しています。
鶏煮込みそばは780円なので、半チャーハンは+200のお得価格という事になります。


ラーメンを単体で撮影

furen_3.jpg

furen_4.jpg


スープを一口飲むと・・

かなりの鶏風味です!

鶏ガラスープやそこからの鶏油なのか、または、トッピングとしてのっている鶏肉からのものなのか、はたまたその両方からなのか、構成は聞いてみないと分かりませんが、鶏の豊潤な旨味がたっぷりと出ています。

色を見ても分かるとおり塩味メインながら、旨味も程よく、とても飲み応えのあるスープです。

麺は多加水の細めの麺で、印象的な味のスープを邪魔せず、うまく調和しています。

とても美味しい一杯でした手(チョキ)


半チャーハン

furen_5.jpg


濃い味付けで焼き飯的な仕上がりです。
これはウマい!!
半チャーハンといわず、ノーマルサイズで頂きたい一品です。

レギュラーメニューとして
・風蓮特製五目チャーハン(780円)
・ずわい蟹のあんかけチャーハン(1,050円)
などもあるので、機会あれば試してみたいですね。


もう一品はこちら

五目あんかけそば

furen_6.jpg


トロみの強い餡にたっぷりの具材が入った五目ラーメンです。
豚肉、ウズラの玉子、タケノコ、ヤングコーン、青菜、白菜、ネギ等、豊富な種類の具材が使われていました。

こちらも美味しかったですねるんるん

数品食べてみて、どれも美味しかったので、マーボーメン、担々麺等の中華系の麺メニューも試してみたいと思いました。
味も良く、ランチサービスなども充実しており、とても良いお店だと思いました。


中華 風蓮の詳細
posted by BBSHIN at 10:49| Comment(0) | 長岡市

新潟1−0札幌 呂比須ワグナー体制初戦を勝利で飾る!

今シーズン、なかなか勝てず最下位に転落してしまったアルビレックス新潟。

札幌戦は、退任した三浦監督にかわり新たに就任した呂比須ワグナー新監督が指揮をとる最初の試合でした。

試合前のスタジアムの様子

20170520_1.jpg


札幌サポーター

20170520_2.jpg


呂比須ワグナー監督

20170520_3.jpg



これまでは、4−4−2ながら、ほぼホニ選手の1トップの様な戦い方が続いていましたが、この試合では鈴木武蔵選手を1トップとし、ホニ選手を右ウイングにもってきました。


20170520_4.jpg


今までは、Jリーグでもトップクラスといって良い程のスピードを持つホニ選手にロングボールを蹴る事を繰り返してきましたが、小柄なホニ選手が高さでの競り合いになる場面も多く、ロスの多い戦いを続けてきました。
この変化により、競り合いは高さのある鈴木武蔵選手に任せ、ホニ選手には攻守で瞬発力、スピードを存分に発揮してもらえそうです。


膠着した流れが続く中、ゲームを動かしたのはホニ選手です。

20170520_8.jpg

20170520_5.jpg


山崎選手の負傷交代により左にポジションを移したホニ選手が抜け出し左足でシュート!

20170520_6.jpg


コースはありませんでしたが、狙い済ましたシュートを放ち、ボールはゴールへ吸い込まれていきました

20170520_7.jpg


喜ぶ選手達

20170520_9.jpg


その一点を守りきり、新潟が1−0で勝利となりました。

20170520_10.jpg

20170520_11.jpg

20170520_12.jpg


喜ぶ選手とサポーター

20170520_13.jpg


ゴール裏でのバンザイ

20170520_14.jpg

20170520_15.jpg


ヒーローカーでスタジアムをまわる2選手

20170520_16.jpg


のっているのは決勝点を決めたホニ選手と、DFとして無失点試合に貢献し、ホニ選手のゴールをアシストした富澤選手です。


この日のヒーロー、ホニ選手にはハッピーターン一年分が贈呈されました。

20170520_17.jpg


インタビューに応えるホニ選手

20170520_18.jpg


監督交代を勝利で飾った新潟。

まだまだ残留に向けては厳しい状況が続いていますが、この試合の勝ち点3をターニングポイントとし、躍進してくれる事を期待したいと思います。

勝てない試合が続いた事もあってか、ビッグスワンに訪れる人は徐々に少なくなってきています。
ただ、これからはもっと楽しい試合が観れる可能性が高いので、最近スワンから足が遠のいているという方は久々にスタジアムに訪れてみてはいかがでしょうか?

次のホームではビッグスワンをオレンジに染めましょう!
posted by BBSHIN at 00:19| Comment(0) | アルビレックス

2017年05月20日

ののや三条本店 巨大なチャーシューが丼を横切る「ののやDXしお」

三条市にある「ののや」へと行ってきました。

nonoya_201705_1.jpg


今回はホットペッパーが運営するメシ通の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


注文したのは最近メニューに新たに登場したという新メニューです。

ののやDXしお

nonoya_201705_2.jpg

nonoya_201705_3.jpg


丼からはみ出す程に長くカットされたチャーシューがインパクト大です!

通常版にのっていなそうですが、DXには「豚トロチャーシュー」がのってきます。
トロトロとした舌触りと適度な歯応えがなんともいえません。
角切りにカットされたバラチャーシューも、食感が良かったです。
各種チャーシューとても美味しかったです。

他にも味玉や野菜などものりボリュームたっぷりでした。

スープの方は、以前よりも動物系が強調された様なスープでした。
ちょいちょい味の改良を重ねている様ですね。

麺の方は、以前食べたものよりも少し加水が多いのか、一般的な麺に少し寄ってきたかなと思います。

全体的バランスは少し変わったと感じましたが、クオリティの高さは相変わらずでした手(チョキ)


もう一杯はこちら

野菜ラーメンみそ

nonoya_201705_4.jpg

麺は太麺にも出来ます。

nonoya_201705_5.jpg


太麺の方は、中細麺よりも加水が高く、ツルモチ系の麺でした。

濃厚スープは味噌味にしても、動物系の強さが分かるパンチ力です。

味噌+動物系の力強さに、歯応えの良い太麺は良く合いますね。

こちらも美味しかったですグッド(上向き矢印)


ののやの詳細
posted by BBSHIN at 10:25| Comment(0) | 三条市

2017年05月18日

鶏と煮干しの中華そば 市松 鶏出汁と煮干し出汁をストレートに味わえるお店

新潟市中央区にオープンした「鶏と煮干しの中華そば 市松」へと行ってきました。

ichimatsu_1.jpg


お店のタイトル通りに「鶏」と「煮干し」がテーマのお店の様です。

まずは「鶏」から

鶏塩

ichimatsu_2.jpg

ichimatsu_3.jpg


あっさり鶏風味の強いスープです。

アッサリ系の鶏塩というと、クリアながらも濃い鶏出汁に鶏油で鶏風味を出すケースが多いですが、こちらのお店は結構濁ったスープを使用しています。
狙ってか、うっかり沸かしてしまったのかは分かりませんが、この様にする事でスープは濃くなり、脂がスープに行き渡る事で鶏風味が増すという効果があります。
また、お店の説明書きには、「越の鶏」を使用とあります。
値段が高い素材なので、普通の鶏がらとブレンドするなどのケースは見かけますが、単体のみの使用だったら凄い事ですね。
浮いている脂は、鶏脂として流通しているものに似た香りが程よく鶏臭さが無いタイプでした。

麺は多加水で中位の太さでした。

トッピングはチャーシュー、メンマ、ほうれん草などがのっていました。
チャーシューはしっとりとした食感の鶏チャーシューでした。
(豚ものってたと思いますが、写真にはハッキリと写っておらず記憶も曖昧です)


もう一つの看板メニューがこちら

煮干し醤油

ichimatsu_4.jpg

ichimatsu_5.jpg


これは、、

タイトル通りの煮干し出汁です。

店名から鶏出汁と煮干し出汁のWスープの様なものをイメージしていましたが、濁りめの鶏清湯を合わせたらこの透明感にはならないと思うので、前述の鶏スープと合わせているという事は無い気がします。
実際飲んでみると、動物的な厚みはなく、出汁感は強いものの薄い飲み口なので、煮干し出汁のみの可能性が大きいかと思います。
(掲載後加筆 : 記事作成後に煮干出汁の説明も読んでみたところ、「豚骨や鶏がらなど使用していません」と書かれており、動物系不使用の様です)

そして一番のポイントは脂が浮いていない事です。
個人的にはかなり物足りなく感じ、ラーメンにおける「油の重要さ」を再認識させられますが、ただ、あえてそこにチャレンジし、かつ、煮干し出汁をストレートに感じて欲しいという意図は感じ取れます。


ラストの一杯

鶏白湯

ichimatsu_6.jpg

ichimatsu_7.jpg


麺は煮干しのものと同じ様な多加水平打ちの太めのタイプでした。

鶏白湯としては中濃度位でした。
旨味も適度だったかと思います。


テーブル調味料

ichimatsu_8.jpg


左から
ハーブ生姜、柚子唐辛子、ラー油

ichimatsu_9.jpg


ハーブ生姜は鶏に合い、柚子唐辛子は煮干しに合うとのこと。
なかなか良い感じだったかと思います。


鶏と煮干しの中華そば 市松の詳細
posted by BBSHIN at 00:16| Comment(0) | 新潟市中央区

2017年05月14日

麺者風天 小針店 花椒と唐辛子が効いたシゲキ満点「シビカラ味噌ラーメン」

新潟市西区、東池袋大勝軒 いちばん跡地にオープンした「麺者風天 小針店」へと行ってきました。

futen_kobari_1.jpg


駐車場は満車となっており、お店前の待合席には数人が座って待っていました。

注文したのは看板メニューのコチラ

シビカラ味噌ラーメン

futen_kobari_2.jpg


真っ赤な唐辛子が強烈なカラさをイメージさせます。

一口飲んでみると・・

か、、辛っ!!

山椒と唐辛子を効かせたというスープはかなりの辛さです。
上に浮いたラー油もあってか、山椒のシビよりも唐辛子の辛さが勝つバランスです。

品名から東京のカラシビの人気店に似せた味を想像していましたが、全く別物のオリジナルな一品の様です。

濃い味噌味とそれに負けない出汁感、そこに加わる刺激的な辛味といった独特なバランスとなっています。

麺は多加水でモッチリ食感の太麺です。

futen_kobari_3.jpg


辛いスープにはという事で白飯(150円)も注文しました。

futen_kobari_4.jpg


もう一品はコチラ

焦がし味噌ラーメン

futen_kobari_5.jpg


刺激的なシビカラと比べ、濃い味噌とスープの味わいがメインで食べやすく仕上がっています。
シビカラの唐辛子が混ざる前の味と似ているので、恐らくはベースは同じではないかなと思われます。


テーブル調味料

futen_kobari_6.jpg


辛味が足りない人は、一味唐辛子、ラー油などを加えると良いでしょう。

個人的には、魚粉を加え強い魚介系の味噌ラーメンにするのもお勧めです。


ラストの一品はこちら

ぱくぱくパクチーまぜそば

futen_kobari_7.jpg

futen_kobari_8.jpg


以前、亀田店で食べたものより、かなり辛くなっていると思いました。
味のリニューアルをしたのか、ブレなのか、はたまた、こちらのお店は辛いバージョンなのか。
その辺りは聞いてみないと分からないところです。

旨辛なタレが加わったまぜそばは、しっかり混ぜて食べると美味しいですね〜


お好みでチリソース、ナンプラーをかけて味の変化を加えながら食べるのがお勧めです。

futen_kobari_9.jpg

お願いすると、ニンニクも出してもらえるので、更なるシゲキを加えて食べるのも良いでしょう手(パー)


終盤、お願いすると追い飯を出してくれます。

futen_kobari_10.jpg


しっかりと味の染みた混ぜご飯です。

まぜそばの味がしっかりとしているので、普通の白米でも十分成立するので、更なら追加の味も加わり、最後まで美味しく頂けます
手(チョキ)手(チョキ)


麺者風天 小針店の詳細
posted by BBSHIN at 09:48| Comment(0) | 新潟市西区

2017年05月13日

定食 吉田屋のトロみたっぷりのマーボーメンと唐揚げ!

新潟市東区の「定食 吉田屋」へと行ってきました。

yoshidaya_1.jpg

yoshidaya_2.jpg


メニューは、お店紹介ページで紹介した以外にも、鶏の唐揚黒酢炒め定食、ハンバーグ定食、おろしポン酢ハンバーグ定食、マーボー飯、唐揚げカレー、中華飯などがあり、ラーメンメニューは、マーボー麺と旨煮麺の2種類でした。

今回注文したのはマーボー麺です。

yoshidaya_3.jpg

yoshidaya_4.jpg


トロみの強いマーボー餡がかかっています。
辛味はそこそこで、比較的食べやすく旨味も適度で味は濃い目なマーボー餡でした。
スープはあっさり系で、マーボー豆腐の強い味でパンチを効かせているタイプです。
定食類を充実させ、もう一品が旨煮麺という事からも、調理・味付けで勝負するタイプのお店かなと思います。

マーボー餡のトロみにより、麺に餡がたっぷりと絡みます。
麺は多加水のストレート太麺でした。

マーボー餡は、ご飯に合いそうなので、マーボー飯などもきっと美味しい事でしょう。


メニューを見ると、唐揚げ推しな感じが見受けられたので、もう一品注文してみました。

単品唐揚げ(350円)

yoshidaya_5.jpg


サクサクしながらもかるくふわっとした衣をまとい、中は弾力感があり肉の旨味もしっかりとしていました。
唐揚げ定食なども良さそうですね。

あえていうなら、麺類と共に食べられる単品ライス、贅沢をいえば、ご飯と唐揚げ2,3個のセットなどがあるとなお良いかなと思いました。

メニューも充実しており、味も美味しく、良いお店かなと思います。


定食 吉田屋の詳細
posted by BBSHIN at 20:46| Comment(0) | 新潟市東区

2017年05月11日

お〜やの混ぜて美味しい「明太マヨ和え麺」

新潟市東区にある「お〜や」へと行ってきました。

ooya_higashi_201705_1.jpg


今回のお目当ては、期間限定情報を掲載していた一品です。

明太マヨ和え麺(期間限定情報はこちら

ooya_higashi_201705_2.jpg


器の下には少しスープが入っています。
自家製マヨネーズと醤油ダレのブレンドで、マヨネーズ以外にも白濁系が見受けられたので聞いてみたところ、少量の白湯スープも使用しているのだとか。



ooya_higashi_201705_3.jpg


まずは、丼底のタレを少し絡めて麺を食べてみたところ、結構淡い味わいです。
若干物足りないかなと思い、上にのった明太子を混ぜてみたところ・・

劇的にウマくなりました!

味もはっきりとし、旨味も倍増です。
明太子とマヨ醤油ダレの相性は抜群ですね。
そして、それが麺に絡み、絶妙な味となります。


そこに、お勧めご飯物メニューとして、この和え麺にセットにするのがお勧めの「明太子追い飯(200円)」を追加しました。

ooya_higashi_201705_4.jpg


残ったタレと、ご飯との相性は最高です!

ちなみに、5月12日までの期間、「新潟ラーメン.comを見た」と言って頂ければ、こちらの追い飯がサービスとなります。

追い飯サービスの詳細はこちら


もう一杯はこちら

らぁめん+サバ節

ooya_higashi_201705_5.jpg

ooya_higashi_201705_6.jpg


濃い出汁感ながらも、若干の淡さのあるこちらの淡麗系あっさりですが、プラスの追いサバをする事で、ハッキリとした魚介出汁のスープとなります。
淡さの中にも深い味を感じたい方はノーマル
ハッキリとした味が好みの方は梅らぁめんであったり、なんらかの追い味をプラスすると良いでしょう。


そして定番のラーメン茶漬け

ooya_higashi_201705_7.jpg


ご馳走さまでした!


お〜やの期間限定紹介ページ
posted by BBSHIN at 07:41| Comment(0) | 新潟市東区

2017年05月09日

お〜や 好評につき明太子追い飯サービスを延長!

先日、らぁめん お〜やの期間限定「明太マヨ和え麺」をご紹介する際に、初日のみ当サイトを見たと言って頂いた方に「明太子追い飯」をサービスという企画を実施いたしました。

明太子追い飯

ooya_201705_2.jpg


初の試みでしたが、なかなか好評だった事もあり、再度期間を延長し実施する事としました。

期間は本日5月9日より12日までの4日間となっています。

限定和え麺をご注文の方に限り、

「新潟ラーメン.comを見た」

と言って頂ければ、追い飯サービスとなります。

ぜひこの機会に追い飯とともに明太子和え麺をお楽しみ下さい!


明太子追い飯サービス延長についてはこちら
posted by BBSHIN at 06:46| Comment(0) | 日記

2017年05月08日

5/9オープンの「麺者風天 小針店」の新作「シビカラ味噌ラーメン」

明日5/9オープン予定の「麺者風天 小針店」の新作「シビカラ味噌ラーメン」の画像を入手しました。

待望の一杯の画像はコチラ

futen_kobari_open_201705_1.jpg


いかにも強烈そうな見た目ですね〜

券売機を見る限り、カラとシビの調節とかはなさそうですが、実際のところはオープンしてみないと分かりません。

これ系はライスとの相性が良いので、白飯もしくはチャーシュー飯、とろ肉飯等をセットで注文すると良いかと思います。

オープンが楽しみですね。


麺者風天 小針店のオープン情報はこちら
posted by BBSHIN at 23:32| Comment(0) | 日記

2017年05月07日

侍ラーメンの真っ白になる程に背脂が浮いた「トリプル白」

三条市の「侍ラーメン」へと行ってきました。

samurai_201705_1.jpg


こちらのお店に行くのはかなり久しぶりです。

お店の前では相変わらずのウルトラマンが出迎えてくれました。


まずはこちら

トロラーメンを背脂量「トリプル白」に

samurai_201705_2.jpg

samurai_201705_3.jpg


こちらのお店では、背脂の量を増やした「シロラーメン」なるものを注文可能ですが、今回はその更に増量版である「トリプル白」でお願いしてみました。
真っ白になる程の細かいふわふわの脂身だけでなく、液状の背脂が分厚い層をなしています。
たっぷりの油により、塩分への到達まで次回がかかり、まろやかになりすぎないようにと、上には醤油ダレがかけられていました。

麺は多加水でツルモチ系の太麺です。
こうした燕三条系背脂ラーメンにぴったりとくる麺ですね。

ちなみに、トロラーメンはトッピングとして長芋がのってきます。
(シロラーメンにすると分かりにくいですが)
背脂と長芋は良く合いますね。

かなりインパクトある一杯でした!


テーブル調味料

samurai_201705_4.jpg


酢、醤油、ラー油、一味唐辛子といった定番に加え
「フタを開けたままにしないで下さい」
と書かれた気になる一品が、、

そのフタを開けてみると・・

samurai_201705_5.jpg


醤油です。
かなりの強烈な匂いを放っています。

そんな醤油を用いたという一杯を注文してみました。

にんにく醤油ラーメン

samurai_201705_6.jpg


丼が運ばれてきた瞬間に漂う強烈なニンニクの香り!

凄まじい匂いです!!

これはニンニク好きにはたまらない一杯ですね。


スープは濃い醤油味のあっさり系で適度に背脂が浮いた程良いコッテリ感でした。

機会があれば是非お試し下さい。


侍ラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 08:06| Comment(0) | 三条市

2017年05月06日

「にぼしまじん」のコッテリ系背脂煮干醤油

村上市にある「村上プラザ」内にあるお店へと行ってきました。

niboshimajin_21705_1.jpg

今回訪れたお店は・・

「にぼしまじん」です。

niboshimajin_21705_2.jpg


以前はなかったメニューが出ていたのでそちらをお願いしてみました。

背脂しょうゆ

niboshimajin_21705_3.jpg

麺は太麺、細麺が選べたので、背脂醤油に合いそうな太麺にしてみました。

niboshimajin_21705_4.jpg


スープの方は、背脂によるコッテリ感と、強い煮干し出汁と醤油風味が折り重なり、重厚な味わいです。

元々煮干し系のお店という事もあり、そこに背脂がプラスされる事で、燕系背脂醤油ラーメンにかなり似た構成となっています。

自家製太麺と背脂煮干醤油スープの相性も最高です。

これはウマい!

とても美味しかったですグッド(上向き矢印)


もう一杯はチャーシュートッピングな一杯です。

しょうゆチャーシュー

niboshimajin_21705_5.jpg


あっさりながらも煮干しがガツンと香るスープは絶品ですね。


豚チャーシュー

niboshimajin_21705_6.jpg

以前は肩ロース的なしまった肉質のタイプだった気がしますが、柔らかい豚バラとなっていました。

しっとり柔らかい鶏チャーシューものっています。

niboshimajin_21705_7.jpg

麺、スープだけでなく、トッピングまでクオリティが高いのがコチラのお店のお勧めポイントです。

機会があれば是非行ってみて下さい!


にぼしまじんの詳細
posted by BBSHIN at 08:24| Comment(0) | 村上市

2017年05月05日

上大川前の新店「ら〜めん 二葉」 マー油風味の味噌

上大川前にオープンした「ら〜めん 二葉」へと行ってきました。

futaba_1.jpg


店内は満席、お店の外にも数人の行列が出来ていました。
並んでいた人達は、聞こえてくる会話から察するに近隣で働くサラリーマン、近所の主婦といった様で、周辺の注目は高い様です。

お店に入ると「ののや」系列からのお祝いが出ていました。
「ののや」の姉妹店なのかと思い聞いてみると、店主がそちらの出身なのだとか。

注文したのは一番人気というコチラ

味噌らーめん

futaba_2.jpg

futaba_3.jpg

いかにも甘みとコクとありそうなルックスです。

スープを飲んでみると、、

香ばしい香りが口の中全体に広がります。
焦がしたニンニクチップを粉砕し全体に混ぜ込んだと感じさせる様な味わいでした。

気になって聞いてみると、実際のところは少量のマー油を入れているのだとか。
一般的にマー油というと、スープの味をストレートに感じさせつつ、部分的にマー油風味を強く感じさせる為に、出来上がりのラーメンに上からかけるイメージが強いですが、こちらのお店では中華鍋で仕上げる過程の終盤に少量のマー油をかけているのだとか。
ですので、丼に注ぐタイミングでスープと混ざり合う形になるので、少量といえどスープ全体に焦がしニンニクの風味が広がらせ、かつ、マー油自体を温める効果もあるのかと。
香味油などを丼にタレとともに入れてからスープを注ぐのと似た効果ですが、マー油でやるのはなかなか珍しいかなと思います。(新潟食べ歩きではあまり記憶にありません)

麺は多加水で、モチモチというよりは、軽めのモチ食感と程良い弾力感でした。
独特の食感が良いですね。
スープを引き立てつつ、麺も適度に主張しています。
とても美味しい麺だと思います。


もう一杯はこちら

醤油ラーメン(麺を半分に)

futaba_4.jpg

futaba_5.jpg


麺は恐らく一種類で味噌と同じかと思います。

スープの方は、味噌同様に、これまた焦がしニンニク風味です。
比較的あっさりだと思いますが、コッテリとはいわないまでも、適度な濃厚感はあります。
恐らくはライト白湯の手前、半濁レベルの動物系メインのスープだと思いますが、前述の焦がしニンニク風味が全体を支配しているので、出汁の味はハッキリとは分かりませんでした。

ラーメンに良く使われる調味料では、塩、醤油、味噌の順で出汁が分かりにくくなりますが、それとは逆に、強い味の食材が混じった時には、味噌、醤油、塩の順で、調味料やタレの味が、他の素材に負けずに主張をしてきます。
今回の醤油ラーメンは若干負け気味のバランスに仕上がっていたかと思いますが、個人的にはかなり興味深い味となっていました。
最近の食べ歩きでは、どこかで食べた事がある似た様な味というケースも多く、こうした独特なバランスに出会うと心が躍ります。

そういう意味では、メニューにのっていた「塩らーめん」、果たしてどんな味なのか気になりますね。
恐らくは辛系だと思われる「紅味噌らーめん」も美味しそうです。


ら〜めん 二葉の詳細
posted by BBSHIN at 00:03| Comment(0) | 新潟市中央区

2017年05月02日

あの「kitchenV」が復活オープン!? 

古町にあった「kitchenV」ですが、残念ながら閉店してしまいました。

ところが、少し前に復活オープンしていた様です。

キッチンVの料理写真

KitchenV_201705_1.jpg


こちらのお店、私は小学生の頃より通っていた想い出のお店だったので、閉店は凄くショックでした。
再開したとの事でとても嬉しく思っています。

今回は、お店側より「ゴールデンウィーク営業のご案内」情報の提供があった為、掲載させて頂きました。

GW期間中
「ネットを見た」
1人200円引きのサービスをしてくれるそうです。

この機会にぜひ足をお運び下さい!
私自身、また食べに行くのがとても楽しみです。


kitchenV ゴールデンウィーク営業のご案内の詳細
posted by BBSHIN at 13:21| Comment(2) | 日記

2017年05月01日

らぁめん お〜やの期間限定「明太マヨ和え麺」

らぁめん お〜やの期間限定が入りました!

今回の一杯はコチラ!

明太マヨ和え麺

ooya_201705_1.jpg


今回はスープ無しタイプの様ですね。

お〜やは、濃厚系、あっさり系以外にも、和え麺もお勧めです。
今回は明太子を使った一杯との事でどんな味に仕上がっているでしょうか?


ちなみに、今回は初日5/2に限り

「新潟ラーメン.comを見た」

と言って頂ければ、通常200円の「明太子追い飯」をサービスにしてくれるとのことです。
(限定和え麺をご注文の方に限り)

明太子追い飯の画像

ooya_201705_2.jpg


機会があれば是非お試し下さい手(パー)

らぁめん お〜やの明太マヨ和え麺についてはこちら
posted by BBSHIN at 23:35| Comment(0) | 日記

オレたちのラーメンちょび吉 中央区春日町に移転オープン かつてない程に生姜がガツンと効いた一杯!

新潟市西区より中央区に移転オープンした「オレたちのラーメンちょび吉」へと行ってきました。

tyobikiti2_1.jpg


「ちょび吉」といえば、、、

やっぱり「生姜」です。

この日もお店の外まで生姜の香りが漏れ出てくる程のショウガっぷりでした。


注文したのは定番のコチラ

ド生姜醤油ラーメン

tyobikiti2_2.jpg

tyobikiti2_3.jpg


生姜がガツンと効いたスープは相変わらずの破壊力ですね〜
濃い醤油風味に隠される事なく、ストレートに生姜風味が感じ取れます。
長岡生姜醤油をインスパイアしつつも、本家をも上回る程の生姜の力は他に類を見ないレベルとなっています。

麺は多加水の中麺です。
適度な弾力感で噛み応えも良いですね。

トッピングとしては、チャーシュー、ほうれん草、海苔、メンマ、ネギなど、生姜醤油系の定番トッピング達が並んでいました。
チャーシューは部位などは詳しくないですが、モモ肉的な脂身の少ないしまった肉質のタイプで、少し薄めに切られ、またスープが染みこむことで柔らかめの食感となっていました。
チャーシュー自体は味が控えめとなっており、味の濃いスープが染みこみ補完する事を前提に仕込まれているのかなと。
あとはナルトやネギのカットの仕方などが、生姜醤油系としては独特だったかなと。

インパクトある味わいの一杯でした手(チョキ)


テーブル調味料

tyobikiti2_4.jpg


ブラックペッパー、唐辛子、醤油、酢の他に、生姜醤油系の定番ともいえる粒胡椒があります。
粒胡椒はブラックペッパーと共に、濃い醤油味のスープの必須アイテムですね。
普段は胡椒を使わない私も、この時とばかりに終盤たっぷりと使用させて頂きました
手(パー)


もう一杯はこちら

スーパージンジャーヘブン

tyobikiti2_5.jpg


凄まじいショウガの効き方です!

かつてここまでショウガを効かせたラーメンがあったでしょうか・・・

醤油ラーメンの方は、醤油が生姜を覆っている、、という差では恐らくなく、単にこちらの方が生姜量が多いと感じさせる程の強烈な生姜風味ですあせあせ(飛び散る汗)

生姜好きの方は必食の一杯かと思われますひらめき


サイドメニューとして注文した「肉丼」

tyobikiti2_6.jpg

恐らくはラーメンのチャーシューと同じものと思われる肉が厚めにカットされ、少し固めの強い歯応えとなっています。
胡椒で味付けられ、ピリっとした味わいが良いですね。

ごはんには、タレがかけられており、このご飯をラーメンスープと共に食べてみましたが、ご飯とスープの相性は抜群でした。
50円のライスを2つ頼んでも良いと思わせる程に、ご飯とスープの組み合わせは美味しかったです。
元々低価格設定のライスですが、ライス(大)などがあるとなお嬉しいですね。

肉とご飯を食べたいなら、チャーシューメンにしてノーマルのライスという手もありますが、少し違った肉の食感、味つけを味わいたいという方は肉丼を注文してみて下さい。


オレたちのラーメンちょび吉の詳細
posted by BBSHIN at 06:06| Comment(0) | 新潟市中央区