2017年09月25日

鶏白湯が人気の「ゴチソウラーメン 雷電」が提供する至極のあっさり中華そば

加茂市の「雷電」へと行ってきました。

raiden_201709_1.jpg


今回はホットペッパーが運営する「メシ通」の取材で伺いました。

メシ通掲載の記事はこちら

メシ通では、こちらのお店の一番のウリである鶏白湯に主眼をおいた記事を掲載させてもらいました。


ただ、今回の食レポで個人的に一番の収穫は、初めて食べるこちらの一杯の美味しさを知れた事でした。

中華そば

raiden_201709_2.jpg

raiden_201709_3.jpg


あっさりながらも深い味わいのスープが最高に美味しいです!

しっかりとしたボディ感の動物系清湯に加わる、醤油の風味、旨味。
表面の油は香味油と聞いていましたが、動物系の油も浮いているのでしょうか?
スープ由来か脂由来なのか、香り、風味の良さだけでなく、一口目のコク深さが印象的でした。

麺は加水率の高い中細麺です。
モチモチと弾力感のあるタイプで、深みあるスープを適度に持ち上げ、スープとマッチしつつ、麺自体もしっかりと主張しています。

とても美味しい一杯でした手(チョキ)


もう一杯はこちら

京都ネギバカ醤油らーめん

raiden_201709_4.jpg

raiden_201709_5.jpg


たっぷりとのった九条葱が迫力抜群です!

スープは、あっさり系の醤油清湯で、適度に背脂が浮いています。

ネギは、新潟でよく食べられている普通のネギとは違い、辛味などもないので、これだけの量が入っても食べやすく、最後まで美味しく頂けます。

といっても、この量が入れば、スープに浸かる事で、徐々にスープに味の変化が加わっていきます。


お好みで醤油ダレをプラスし、味を濃くして食べる事も可能です。

raiden_201709_6.jpg


タイトルにもある様に京都のラーメンをイメージして作られた一杯だと思いますが、あちらで食べたものは醤油風味が強い事もあり、ネギによる味の変化はそれ程感じなかった記憶があります。
ただ、あまりに醤油が濃いとしょっぱ過ぎて、さっぱり食べやすいラーメンの多いこちらの地域には合わない可能性もあります。
そうした意味では、デフォルトを適度な醤油感にしつつ、お好みでガツンとした醤油風味を楽しめるこちらの一杯は土地柄にあった優しいスタイルなのかなと思いました。



定番の鶏白湯醤油

raiden_201709_7.jpg

raiden_201709_8.jpg


濃厚な鶏白湯に加わる醤油ダレの風味。

鶏由来のコラーゲンによるネットリとした粘度の高さ。
しっかりと旨味が抽出され深みのあるコクを実現した濃度の高さ。

麺はそうしたスープをしっかりと持ち上げる低加水のストレート細麺でした。

新潟の鶏白湯の先駆者ともいわれるこちらのお店が提供する一杯は、とても美味しかったでするんるん


サイドメニューのヤキメシ55号(400円税抜)

raiden_201709_9.jpg

熱々の状態でやってきて、自分でもんじゃ焼きの際に使うようなヘラで生卵を混ぜて加熱しながら食べます。

ヤキメシという品名と京都ネギバカラーメンを提供している事から、醤油食がガッツリと出たものを想像していましたが、予想とはまた違った美味しい一品でした。
機会があれば是非お試し下さい。


ゴチソウラーメン 雷電の詳細
posted by BBSHIN at 08:40| Comment(0) | 加茂市

2017年09月23日

おこじょのオンリーワンな一杯「純のどぐろ」

新潟市西区の「おこじょ」へと行ってきました。

okojo_201709_1.jpg


今回の目的はPRコーナーで掲載していたのどぐろラーメンです。

のどぐろラーメンのPR情報

純のどぐろ

okojo_201709_2.jpg

okojo_201709_3.jpg


スープはかなりの魚介感です。
白濁系のスープには、のどぐろの味で染まっており、正に「鮮魚系白湯」という仕上がりです。

鮮魚系白湯というと、魚の出汁だけでなく、魚の油もコラーゲン質と共にスープに溶け込む形となるなるので、かなり魚臭そうなイメージですが、こちらのスープは強い出汁感の割に嫌な臭みがほとんどありません。

適度な濃度の動物系白湯と共にのどぐろをガッツリと煮込み、動物系と魚介系をうまく共存させた様なスープです。
魚には油とコラーゲンがあり、特にのどぐろのな脂がのった魚は、それのみでもぐつぐつと煮込めば白湯となるのですが、それだけではどうにもボディが弱く、また、しっかりと下処理をしたとしても魚特有の臭いが際立つ事が多かったりします。
そうした中、こちらの一杯は、しっかりとしたベースがありつつ、のどぐろ風味をガツンと前に出ており、バランスが秀逸だと思います。

麺はバッツリ系食感のストレート中細麺でした。
以前食べたメニューのものよりも、固めで歯切れの良いものになっていた気がします。


お好みでスダチを絞る事で、味に変化を加える事が出来ます。

okojo_201709_4.jpg


+200円の「のどぐろ用お茶漬け」を注文しました。

okojo_201709_5.jpg


残ったスープをかけて食べると、とても美味しかったですね。


茶漬けとして食べると自然と完食となります。

okojo_201709_6.jpg


さすがの美味しさでした手(パー)
東京で食べた鮮魚系白湯の名店のものよりも完成度が高いと感じました。


もう一杯はこちら

青森風煮干し中華チャーシュー

okojo_201709_7.jpg

okojo_201709_8.jpg

以前きた時は限定メニューとして提供していましたが、レギュラーに昇格した様です。
(かわりにつけ麺と生揚げ醤油ラーメンがなくなっていました)


チャーシュー麺にすると、豪快な骨付きの肉がのってきます。

okojo_201709_9.jpg


レアチャーシューと鶏チャーシュー

okojo_201709_10.jpg


スープは、煮干出汁がガッツリと効いていました。

苦味などを抑えつつも、たっぷりの煮干しを丸ごと詰め込んだ様なインパクトある飲み応えとなっています。

麺はバツバツとしたストレート中細麺でした。

こちらもとても美味しかったです。


唐揚げ2個(200円)

okojo_201709_11.jpg


純のどぐろ、煮干し中華ともに、新潟では他で食べられないスタイルかと思います。

機会があれば是非お試し下さい。


おこじょの詳細
posted by BBSHIN at 20:33| Comment(0) | 新潟市西区

新潟ラーメン.com サイトリニューアルしました!

ここ数ヶ月取り掛かっていたサイトリニューアル作業がひと段落ついたので、本日アップ致しました。

イメージ画像↓↓↓
new201709.jpg


新潟ラーメン.comリニューアル後のサイトはこちら

といっても、すべて終わった訳ではなく
管理人年別お気に入り、県外、人気投票、特集コーナー、リンク集
が未着手な状況です。

何故かというと、、

あまりにページ数が多かったからです。

当初はワードプレスなどを用い、新しいページにどんどん貼っていく手法も検討しましたが、やはり現状のものを維持する為に、一ページずつ手作業で行う事にしました。
ちなみに、ページの数でいうと、、
およそ1,500頁の移行作業を行いました。

今回保留した分を合わせると2,500頁程ありそうで、公開が年をまたぎそうなので、部分的に公開する事と致しました。


ちなみに、今回の修正点としては
・地図をマップファンからグーグルマップに変更
・スマートフォンで見やすい様に、レスポンシブデザインを採用
・画像をサムネイル化し、ページの容量を削減

というものです。

グーグルマップへの変更については、ここ1,2年、新規訪問ページについては実施していましたが、今回過去の掲載ページも併せて対応致しました。

レスポンシブデザインについては、かなり大変でした。
当初一から勉強し自力で頑張ろうと思い数週間頑張っていましたが、基礎が無い為なかなか理解出来ず、専門でやってる人にお願いして2日間教えてもらい、比較的簡単に出来る手順で対応する事としました。

試作段階では、パソコンは横に画像3個、タブレットは2個、スマートフォンは1個としていましたが、どうにもズレが出るケースが直せずタブレット、スマホは1個に統一させる事に。

あと、本来は横サイドバーは継続したかったのですが、パソコン、スマートフォン共通で閲覧する際に、ズレなどの解消法が分からず、上部バーにする事で落ち着きました。


ちなみに、全てを手作業で急ぎ足で行った為、コピペ等、間違えている可能性も多々あります。
もし、間違いに気づいた方は教えて頂けると助かります・・

※今までサイトを見てくれていた方はキャッシュが残っていて古いページが表示される可能性があります。
移行保留分以外で旧サイトが表示された場合は「F5」等で再読み込みをしてみて下さい

それでは、今後とも、新潟ラーメン.comをよろしくお願い致します!
posted by BBSHIN at 11:32| Comment(0) | 日記

2017年09月21日

新潟ラーメン.comが変わる!? 近日リニューアル予定!!

日頃よりブログを読んで頂き、まことにありがとうございます。

ここ数年、皆様より頂きましたご意見、要望により、この度ホームページをリニューアルする事と致しました。

数ヶ月前より作業をはじめ、現在はあと少しで完成までもっていけそうな状況です。

ちなみに、寄せられていたご意見としましては

・スマートフォンで見づらい
・ページのサイズが重く、データ通信量が大きくなってしまう
・地図はグーグルマップにして欲しい

などでした。

こうした声に少しでも応えたいと思っています。
ただ、管理人はWEBのプロでもなんでもない単なる素人なので、実際やってみると、PC,モバイル端末の種類によってはうまく閲覧する事が出来ないなどの不具合が出る可能性も多々あります。
(極力対応したいとは思いますが、技術的、作業量的に応えきれない部分も多く出てくるかもしれません)


このトップ画面もあと少しで見納めとなります。

old_top.jpg


近日中の公開を予定しています。

あと少しなので、詰めの作業を行っていきたいと思います。
posted by BBSHIN at 18:24| Comment(0) | 日記

2017年09月17日

おそば わたなべ 野菜たっぷりの「味噌」

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

以下マーロウさんの感想です。

↓↓↓

田上町にある、「おそば わたなべ」に行ってきました。

watanabe_201709_1.jpg


国道403号を加茂方面に向かうと、「ひまわり歯科」という看板が右側にある交差点につきます。
その交差点を過ぎたすぐ左側にあります。

こちらのお店、しばらく休業していましたが、2016年の10月に再開致しました。
メニューは一新され、以前はあったメニューがなくなったり、新しいメニューが加わったりしておりますが、古民家のような店構えは健在です。


小生は「味噌ラーメン」を注文しました。

watanabe_201709_2.jpg

watanabe_201709_3.jpg


スープからはゴマ油の香りがします。
人参、キャベツ、もやし、ねぎなどの野菜と豚肉がたっぷり入っており、味噌のコクがしっかり出ていますので、食べ応え十分です。

麺は中太多加水。プリプリした食感です。

ラーメンの他、うどん、そば、丼物、セットものがあります。


追記
休業前にあった、総菜の無料サービスは、現在はありません。

昼間は食堂、夜は居酒屋に変化します。


おそば わたなべの詳細
posted by BBSHIN at 11:07| Comment(0) | 田上町

2017年09月12日

お〜やの期間限定「鯖らぁめん」

新潟市東区「お〜や」の期間限定情報です!

今回の一杯はこちら!!

鯖らぁめん

DSC_1503.jpg


写真を見る限りあっさり清湯系の様ですね。

説明文から察するに、乾物のサバとそのままのサバを用いている様に見受けられます。

普段からサバ節の味には慣れているので、いつもと違った味を楽しめる事を期待したいと思います!


お〜やの鯖らぁめんについてはこちら
posted by BBSHIN at 20:16| Comment(0) | 日記

2017年09月10日

麺や力ぷらす トロみたっぷりのマーボーメン! 野菜たっぷりのチーズカレーみそ

リニューアルオープンした「麺や力ぷらす」へと行ってきました。

menya_tikara_plus_1.jpg


オープンから1週間経過した週末に行きましたが、店内は満席、外にも行列が出来ていました。

menya_tikara_plus_2.jpg


無料サービスのご飯とおかずは健在です。

menya_tikara_plus_3.jpg

menya_tikara_plus_4.jpg


食前に一杯ごはんをよそい、ラーメンが出てくる前に少し食べるのが定番です。

menya_tikara_plus_5.jpg


おかずは2品にパワーアップ!

menya_tikara_plus_6.jpg


この総菜でご飯が美味しく食べられるので、ラーメンが出てくる前にうっかりご飯を食べ過ぎない様にする事が重要です手(パー)



やってきました

マーボーメン

menya_tikara_plus_7.jpg


汁無しと汁ありの2品があり、スープ有のバージョンをお願いしました。
新潟市に昔からある様な、あっさりスープに麻婆豆腐がかかり、徐々に薄まっていく様なタイプではなく、トロみの強い麻婆餡は最後までドロっぷりを保っています。
一般的には汁無しとして提供されていてもおかしくないバランスと言っても良いでしょう。


麺は平打ちの太麺です。

menya_tikara_plus_8.jpg


多加水で強い歯ごたえが印象的です。

麻婆餡のトロみが強いので、麺に餡がたっぷりと絡みつきます。

そして、写真はありませんが、この麻婆豆腐をご飯にかける事で、麻婆飯として楽しむ事も出来ます。



ご飯とモヤシをおかわりしてしまいました。

menya_tikara_plus_9.jpg


食べ応えある太麺のマーボーメンとご飯を2杯も食べると、かなり満腹になってしまいます。


もう一杯は、2015年に訪れた時にはなかった品を注文してみました。

チーズカレーみそらーめん

menya_tikara_plus_10.jpg

menya_tikara_plus_11.jpg


カレーがかかるタイプのカレーラーメンではなく、カレー風味がスープ全体に行きわたっています。

味噌の旨味に、カレー風味、そしてチーズの味わいが混じり、かなりパンチの効いた仕上がりとなっています。

以前、チーズみそを食べた時は、年齢的にも少し重たいと感じ、若い人向けかなと思っていましたが、今回はカレーと味噌の相性が良い事もあってか最後まで美味しく頂けました。


野菜の種類が豊富です。

menya_tikara_plus_12.jpg


以前食べた普通の味噌ラーメンは、モヤシがメインでしたが、キャベツ、キクラゲなどのシャキシャキした野菜が入っていました。
こうした野菜の存在も、カレー風味とともに、チーズのガッツリ感を緩和し、バランス良くしてくれているのかなと思いました。

かなり美味しく、印象的な味な一杯かなと思います。

ちなみに、少し値段のはるチーズカレー味噌だから野菜が豪華版なのかなと思っていましたが、聞いてみたところによると、リニューアルに際し、野菜のモヤシ量を減らし他の野菜を増やしたとのこと。

すると、普通の味噌ラーメンもグレードアップした事になりますね。

機会あればそちらも試してみたいと思います。


麺や力ぷらすの詳細

posted by BBSHIN at 21:17| Comment(0) | 新潟市中央区

2017年09月06日

多菜加 あっさり醤油ラーメン

サイト協力者フィリップマーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は田上町の「多菜加」です。

以下マーロウさんの感想

↓↓↓

田上町にある、「多菜加」に行って来ました。
国道403号線沿い、田上駅の近くにあります。

tanaka_201709_1.jpg


小生はら〜めんを注文しました。

tanaka_201709_2.jpg

tanaka_201709_3.jpg


わかめ、ねぎ、チャーシュー、メンマが入っています。
麺は細麺ストレート。

スープは醤油ベースの澄んだ色で飲みやすい、あっさり味です。


多菜加の詳細
posted by BBSHIN at 19:39| Comment(0) | 田上町

2017年09月05日

「角中うどん店」が長岡市宮内に新規オープン!

今年のはじめに新潟市にオープンし人気となった「角中うどん店」が長岡市宮内にオープンします。

角中うどんの定番「肉つけうどん」

kakunaka_udon_miyauchi_open.jpg

オープン予定日は9/11とのこと。

新潟市のお店で食べたうどんは美味しかったので、長岡の方も行ってみたいですね。

ちなみに、似たスタイルながら、少し違った味が楽しめる村上市の「一」もお勧めです。

オープン詳細はこちら
posted by BBSHIN at 06:42| Comment(4) | 日記

2017年09月03日

麺や力ぷらす アルバイト募集中!

8月26日にリニューアルオープンした「麺や力ぷらす」

リニューアルオープン告知ページはこちら

今回のリニューアルは安定営業を目指してのものとの事でしたが、その為に必要な人材がまだ集まっていない様です。

当初よりアルバイト募集の告知が置いてありましたが、まだアルバイトは入っておらず、麺や力店主、和楽亭澤店主の二人で週末営業をまわしていました。

アルバイト募集の告知

menyatikaraplus_bosyu.jpg


という事で、アルバイト募集の告知です。

上記写真の通りですが、

平日 850円
土日祝 900円

希望の方は和楽亭澤の澤口氏まで
090-9385-3393
posted by BBSHIN at 17:11| Comment(0) | 日記

2017年09月01日

製麺工房・ジェラート工房WITH ドリーム 期間限定「ねぎラーメン」

上越市の製麺工房・ジェラート工房WITH ドリームの期間限定情報が入りました!

今回の一杯は、、

「ねぎラーメン」

joetsu-atago_201708.jpg


あっさりながらもコク深いスープにネギがサッパリ感をプラスしてくれそうですね。

期間限定らしいので、この機会にぜひお試しください!

製麺工房・ジェラート工房WITH ドリーム ねぎラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 22:13| Comment(0) | 日記