2019年03月24日

ハルヤ 無化調ながらも深みある味わいの一杯!

魚沼市の「ハルヤ」へと行ってきました。

haruya_1.jpg


こちらのお店はお店の看板にも書いてありますが、旨味調味料を使用しない無化調のラーメンを提供しているとのこと。

メニューを見ると、あっさり、白湯、海老白湯がそれぞれ醤油、塩とある様です。

券売機左上があっさりの塩だったので、そちらを選び、もう一杯は濃厚にしつつ醤油ダレのものを試してみる事としました。


塩らーめん

haruya_2.jpg



スープ

haruya_3.jpg


あっさり塩味のスープは強めな魚介風味が印象的でした。

前述の通り、無化調のスープとの事ですが、確かにそうした優しい味となっていました。
ただ、物足りなさなどは感じず、前に出ている出汁感も含め、トータルで程よく旨味が重ねられているかなと思いました。




haruya_4.jpg


太さは中細位でしょうか。
魚介風味や油などが麺に絡みます。

全粒粉も使っているのか、細かな皮の部分の様なものが見えました。
バッツリとした食感が印象的な麺でした。


特に突出させる部分などはなく、全体的にうまくバランスを整えられ、綺麗に仕上げられた一杯でした。


もう一杯はこちら

正油白湯

haruya_5.jpg

haruya_6.jpg

haruya_7.jpg


クリーミーなコクの白湯スープです。
程よいトロみもあったかと思います。

無化調だが、魚介系に染めずに動物系のコクを前面に出し、タレ等の旨味がうまくバランス良くベースアップしていると感じました。
醤油の旨味が果たす役割も大きいかなとは思いますが、塩白湯の方がどの様になっているのかも気になりますね。


お店のお勧めというこちらも注文してみました。

大葉ジェノベーゼ

haruya_8.jpg


つけて食べたり、ラーメンに入れたり、色々な食べ方が出来るとの事でした。

スープに浮かせてみたところ、大葉の鮮烈な風味とイタリアンテイストが加わり、スープの印象が劇的に変わりました。
序盤は普通に食べた上で、終盤の味の変化に用いると良いでしょう。


テーブル調味料

haruya_9.jpg


ブラックペッパー、さんしょうの粉、ホールの花椒が置いてありました。

花椒は、淡麗系塩スープにベストマッチでした。
醤油にブラックペッパーなども合うかと思います。


ハルヤの詳細
posted by BBSHIN at 13:14| Comment(0) | 魚沼市

2019年03月22日

おばな家本店 新津駅近くで食べられる具材たっぷりな長崎ちゃんぽん

新津駅近くにある「おばな家本店」へと行ってきました。

obanaya_201903_1.jpg


こちらのお店の看板メニューはこちらの一杯です。

長崎ちゃんぽん

obanaya_201903_2.jpg


スープ

obanaya_201903_3.jpg


白濁したスープは見た目よりはあっさりとしています。
しっかりとした旨味があり、また、上にのった具材の味も染み込むのか、深みある味となっていました。




obanaya_201903_4.jpg


こうしたスタイルのスープにピッタリの太麺です。


そして、イカ、小海老、アサリ等の海鮮素材、豚肉、また、モヤシ、キャベツ、ニンジン当の各種野菜、カマボコ、ちくわ、さつま揚げ等、多種多様な具材がのっていました。


ボリューム満点で味も良く、とても満足度の高い一杯でした!


もう一品はこちら

長崎チャーメン

obanaya_201903_5.jpg


当初、パリパリした麺のものをイメージし「長崎皿うどん」を注文したところ、
「長崎皿うどんはちゃんぽんの汁が無いタイプで、パリパリした麺は長崎チャーメンの方です」
とお店の人がアドバイスしてくれました。

特に質問した訳でもなくそうした説明をしてくれたので、恐らくよく勘違いする人がいるのだと思われます。


ちゃんぽんと同じ様な具材が旨味たっぷりのあんかけ状になっています。

obanaya_201903_6.jpg


麺はパリパリの細麺です。

obanaya_201903_7.jpg


パリパリ食感に餡が絡み徐々に柔らかくなる感じが良いですね。

個人的には、ちゃんぽんも良いですが、こちらのチャーメンの方が好きな味でしたね。


チャーメンについてくるスープ

obanaya_201903_8.jpg


ミニカツ丼を400円で提供していたので注文してみました。

obanaya_201903_9.jpg


各品とも美味しく、とても良いお店だと思いました!


おばな家本店の詳細
posted by BBSHIN at 23:44| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2019年03月20日

麺屋かずを 背脂中華と迫力ある自家製餃子

新潟市江南区にある「麺屋かずを」へと行ってきました。

kazuo_201903_1.jpg


今回はメシ通の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


ちなみに駐車場はお店の前に6台

kazuo_201903_2.jpg


お昼時は隣の駐車場も利用可能となっています。

kazuo_201903_3.jpg


注文したのは定番のこちらです。

背脂中華

kazuo_201903_4.jpg


スープ

kazuo_201903_5.jpg


あっさり醤油味の清湯に背脂が浮いています。
ベースがあっさりなところに背脂でコッテリ感をプラスする昔ながらの背脂醤油スタイルですね。

背脂量は「無し」「少なめ」「普通」「中脂」「大脂」「鬼脂」から選べたので、レギュラーメニューを紹介する意味も込め、「普通」を選択しました。

大脂、鬼脂などにすると、かなりコッテリすると思われます。
ただ、油が多いと醤油の風味や出汁感が薄れると思うので、スープの味を楽しみたい方は普通がお勧めかと。


麺は歯ごたえ良い太麺です。

kazuo_201903_6.jpg


スープとの相性が良かったですね!

他にも、玉ねぎや磯のりは背脂醤油スープとピッタリと合います。

とても美味しい一杯でした!


テーブル調味料

kazuo_201903_7.jpg


醤油、酢、ラー油、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、味噌ラーメン用のみそだれが置いてあります。



サイドメニューとして餃子を頂く事に。

今回は肉餃子とシソ餃子の両方が楽しめるこちらの一品をお願いしました。

肉汁たっぷり餃子(3ヶ)&シソ餃子(3ヶ) 500円

kazuo_201903_8.jpg


その名の通り、弾ける様な噴き出す肉汁が特徴的な肉汁餃子と、シソの風味が絶妙なアクセントとなるシソ餃子は両方とも美味しかったです!


平日お昼は各種サイドメニューをお得価格でセット注文出来たので、更にもう一品頂くことに。

チャーシュー丼(+180円)

kazuo_201903_9.jpg


ご飯に刻み叉焼、そこにマヨネーズがかかった一品です。

ご飯とスープの相性も良く、ラーメンのサイドメニューにピッタリでした!!


麺屋かずをの詳細
posted by BBSHIN at 23:54| Comment(0) | 新潟市江南区

2019年03月19日

稲よし サッポロ味噌の老舗店が提供する「みそバター」

新潟市東区にある「稲よし」へと行ってきました。

inayoshi_201903_1.jpg


今回注文したのはコチラ

みそバター

inayoshi_201903_2.jpg


スープ

inayoshi_201903_3.jpg


あっさりですが、味噌の旨味や野菜の甘味などが重なり、とても深みのある味となっていますね。

そこに、トッピングとしてのっているバターが溶けだし、コクと風味をプラスします。
当然の事ながら味噌スープとバターの相性は良かったです!




inayoshi_201903_4.jpg


程よい弾力感の多加水中太麺は、あっさりタイプの味噌スープにベストマッチ!!

キャベツやモヤシ、挽き肉といった具材にも味噌スープの味がしっかりと絡んでいます。

サッパリと食べやすく仕上がりつつも、とても美味しい一杯でした!


ライス

inayoshi_201903_5.jpg


味噌ラーメンのスープとご飯の相性も最高です。


サイドメニューとして餃子も頂きました。

inayoshi_201903_6.jpg


自家製という餃子は、具材がたっぷりと入り、モチモチとした皮の食感も良かったです。
特に変わったタイプではないですが、シンプルさの中にもしっかりとした美味しさがありました。


稲よしの詳細
posted by BBSHIN at 20:52| Comment(0) | 新潟市東区

2019年03月17日

中国上海料理 陽陽 リーズナブルな価格のお得なセットや定食

新潟市中央区、南出来島のランブル跡地にオープンした「中国上海料理 陽陽」へと行ってきました。

youyou_1.jpg


各種中華料理などメニューがかなりたくさんあり迷いますが、まずは基本のラーメンにお得なサイドメニューセットでいってみる事としました。

醤油ラーメン+半チャーハンセット

youyou_2.jpg


ラーメンに半炒飯とデザートがついてくるセット(+150円税抜)です。

醤油ラーメン

youyou_3.jpg

youyou_4.jpg

youyou_5.jpg


中華系のシンプルなあっさり醤油味のスープです。
ハッキリとした旨味のスープと多加水細麺の組み合わせは定番ですね。

セットでプラスした半チャーハン

youyou_6.jpg


パラパラとした食感と強めの旨味の美味しいチャーハンでした。

そして杏仁豆腐

youyou_7.jpg


美味しいチャーハンにデザートまでつき+150円はかなりお得価格かなと思います。


続いてはこちら

麻婆担々麺+油淋鶏丼セット

youyou_8.jpg


ラーメンに油淋鶏丼とザーサイがついたセット(+200円税抜)です。


麻婆担々麺

youyou_9.jpg


スープ

youyou_10.jpg


コクのあるクリーミーなスープに麻婆餡がかかっています。

youyou_11.jpg


麺は多加水の細麺です。

youyou_12.jpg


麻婆麺と担々麺が融合した一杯はとても食べ応えがある一杯でした。

サイドメニューのご飯とスープとの相性も良かったです。


セットの油淋鶏丼

youyou_13.jpg



中国上海料理 陽陽の詳細
posted by BBSHIN at 07:55| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年03月16日

中華そば 寅や 加茂山公園近くで食べられる洗練された味わいの一杯

加茂駅・加茂山公園近くにオープンした「中華そば 寅や」へと行ってきました。

toraya_1.jpg


店内は小上がり席(4席、2席、2席)、奥の厨房手前にカウンター席があったかと思います。

まずはこちらの一杯です。

醤油

toraya_2.jpg


スープ

toraya_3.jpg


深みのある醤油風味としっかりとした出汁感のあるスープです。

無化調との事で、際立つインパクトのある旨味はありませんが、素材感を際立たせずバランス良く配合されたスープの厚みが良いですね。
醤油の香りと上に浮いた油の組み合わせも絶妙でした。


麺は歯ごたえの良い縮れ中細麺でした。

toraya_4.jpg


トッピングとしては、チャーシュー、モヤシ、葱、カイワレの他、具材がたっぷりと入ったワンタンものっていました。

toraya_5.jpg



最近の刺激的なラーメンに慣れた方々には「物足りない」と感じる方も多くいるかと思います。
関東のフリークが巡る様な店で出てきそうな方向性の淡麗系な一杯でした。



もう一杯はこちら



toraya_6.jpg

toraya_7.jpg

toraya_8.jpg



醤油よりも出汁感が際立ちますが、より無化調的な部分が強調された飲み口となっています。

そして風味の良い油が多めに浮いています。
こうした塩の場合、スープ全体の味を左右程の強い風味をもった香味油を浮かせる事が多いですが、こちらは、味と香りを程よくとどめ、バランスを崩さずうまく調和するレベルかなと思いました。

個人的には嫌いではないタイプですが、醤油以上に物足りないと感じる人も多くいるかと思います。
より通好みな一杯に仕上がっているかなと。


2杯食べてみて、両方ともこだわりを持って作られていると感じたので、もう一杯試してみる事としました。

濃厚鶏塩煮込そば

toraya_11.jpg



toraya_13.jpg


スープ

toraya_12.jpg


前述の醤油、塩と比べると濃厚に仕上がったスープです。
ただ、トロみがあるものの鶏白湯というには軽めの飲み応えです。
聞くところによると、鶏油を少し多めに用い、トロみは植物性由来との事。

そういえば、自宅で白湯スープを取る際、いきなり強火にせず序盤は沸騰させずに煮込み清湯に油が浮いた状態で、火力を強めて沸騰させると油がすぐに乳化してなくなるのを見て、コラーゲン多めの清湯と油を手鍋で合わせて沸騰させたらすぐに白湯が出来るのではと実験してみた事がありました。
結果はある程度乳化はするのですが、「濃厚」といえるレベルにはなりませんでした。

恐らくは、それに近い事をやり、トロみを植物性素材で補い、濃厚感を出しているのかなと。


味としては、あっさり塩と同様に無化調感が漂い、トロみの割りには濃厚でもなく、独特なバランスに仕上がっていました。
また、醤油ダレなら隠れてしまいそうな麺の茹で湯にも似た香りが目立っていました。
こうしたバランスのスープを経験した事が無い人は多いと思うので、機会があれば試してみると良いでしょう。


ゆずご飯をセットにしてみました。

toraya_14.jpg


雑炊的に食べるこちらのご飯、スープとの相性が抜群です。
上にのった柚子胡椒とスープの相性が良いですね。
柚子胡椒のインパクトは、スープの無化調感を忘れさせ、この日一番のパンチを感じさせてくれました。


テーブル調味料

toraya_9.jpg


ブラックペッパーに加え、粉唐辛子、山椒が置いてありました。

toraya_10.jpg


山椒を試してみましたが、塩に良く合うかなと。

今回は使いませんでしたがブラックペッパーは恐らく醤油に合うと思います。



口当たり優しくも深みある味に仕上がった各種ラーメンはそれぞれがこだわりを感じさせてくれました。

一杯だけを試してみるなら、まずは醤油がお勧めかと思います。

また、各種一品料理やお酒も色んな種類が置いてあるので、加茂駅近くという場所もありラーメン居酒屋としての利用も可能の様です。


中華そば 寅やの詳細
posted by BBSHIN at 00:00| Comment(0) | 加茂市

2019年03月14日

話題の新店「にぼにゃん」 濃厚ドロ系ニボスープの一杯のシメに和え玉

胎内市の話題の新店「にぼにゃん」へと行ってきました。

nibonyan_201903_1.jpg


今回はメシ通の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


注文したのはコチラ

濃厚味玉煮干らーめん

nibonyan_201903_2.jpg


スープ

nibonyan_201903_3.jpg


濃厚ドロ系なニボスープです。

強烈な煮干し出汁を受け止める動物系の旨味・コクのバランスが絶妙ですね。


そして、麺はこのスタイルには定番ともいえるパッツン食感のストレート細麺です。

nibonyan_201903_4.jpg


食感の良さが際立つ麺ですが、インパクトある味わいのスープがしっかりとのってくるので、一口ひとくちが印象的な味となってきます。

トッピングの豚バラ、鶏モモチャーシュー、そして追加した味玉のクオリティが高く、また、刻み玉ねぎと磯のりは濃厚系のスープに絡めて食べるととても美味しかったです。


前回同様の感想となりますが、この系統のスタイルとしては出汁の強さの割りに苦味などは抑え、食べやすく仕上げていると感じます。
新潟にはまだ珍しい濃厚煮干し系ながら、新潟風にカスタマイズされた一杯は、なかなか他のお店では食べられない仕上がりになっているかなと思います。


今回は、和え玉も食べてみました。

nibonyan_201903_5.jpg


丼の底には風味が良くコク深い鶏油と旨味たっぷりの醤油ダレが入っています。
煮干し粉もかかり、チャーシュー、タマネギものっており、まずは、しっかり混ぜて「まぜそば」の様にして食べるのがお勧めとのこと。
お好みでテーブル備え付けの煮干し酢をかけるのも良いでしょう。
(麺の質感もあり、麺同士がくっつかない様に早めに混ぜて油を絡めた方が良いかと思われます)

そして、続いて、麺を残ったスープに浸けて「つけ麺」の様にして食べたり、スープに投入し「替え玉」の様にしたりと、色んな楽しみ方が出来そうです。


今回は取材という事もあり、もう一品サイドメニューを注文してみる事に。

「にいがた地鶏の鶏油かけごはん」(280円)

nibonyan_201903_6.jpg


底にはチャーシューが沈んでいました。

nibonyan_201903_7.jpg


和え玉もそうでしたが、こちらのお店は鶏油の質が良いですね。
臭みなくコク深い味がとても印象的です。

そして、風味良く旨味も絶妙な油とタレとペッパーの刺激の組み合わせが絶妙です。
とてもシンプルな組み合わせなのですが、それを感じさせない美味しさがありました。


ちなみに、和え玉が結構ボリュームがあるので、大抵の方は和え玉プラスご飯物だとちょっと多過ぎるかもしれません。
両方興味がある方は複数人で行って食べ比べるか、2度、3度と通い試してみると良いでしょう。


にぼにゃんの詳細
posted by BBSHIN at 20:31| Comment(0) | 胎内市

2019年03月12日

らーめん屋 ひ104 新潟最北のラーメン店が提供する濃厚豚骨!

村上市にある「らーめん屋 ひ104」へと行ってきました。

104_1.jpg


お店は旧山北町にあり、村上市の中でも新潟市方面からはかなり遠いところにあります。

新潟県最北の駅として知られる「府屋駅」のすぐ近くです。

行き方としては、新潟市方面からは、7号線を府屋交差点を右折します。
左に行くと府屋駅へと行くY字路を右に行き、第四銀行山北支店を越えたところを右折したところにあります。

右折するところには看板がありましたが、夜だと見えにくく、最初は通り過ぎてしまいました。
第四銀行を目印に行くと行きやすいと思います。


ちなみにこちらは、「新潟県最北のラーメン店」と言われているお店です。
ただ、もう少し北の山形県との県境手前にラーメンも提供している食堂がある様なので、「最北のラーメン」ではないかもしれません。
機会あればいずれリサーチしてきたいと思います。


夜に行きましたが、小上がりカウンターがあり、各種おつまみ、アルコールメニューを提供している事から、店内は居酒屋の様な状態となっていました。
といっても、普通のラーメン屋の様に、ラーメンのみを食べて行くのも特に問題ない様でした。


注文したのはコチラ

とんこつ醤油らーめん

104_2.jpg


丼が運ばれてきた途端、香ばしい香りが漂います。

スープ

104_3.jpg


濃厚な豚骨醤油スープは、ニンニクと思われる香ばしさがあり、かなりパンチある仕上がりです。

動物系の旨味、醤油の風味、香味野菜の香りなど、インパクトある飲み応えとなっていました。


麺は多加水の中太麺です。

104_4.jpg


迫力あるスープに負けない歯ごたえが良いですね。

具材としては、チャーシュー、モヤシ、キャベツ、海苔、味玉などがのっていました。

味玉は、地元にあるオークリッチの放し飼い鶏の玉子とのこと。



もう一杯はこちら

みそらーめん

104_5.jpg


スープ

104_6.jpg


濃い味噌の風味のみならず、スープ自体も濃厚感満載でした。
恐らくは醤油ラーメン同様の濃厚白湯を使用しているものと思われます。

そして、その濃厚スープには、醤油と同様に強いニンニク風味が加えられていました。
炒め野菜による香ばしさもあるかと思います。

麺リフトアップ

104_7.jpg


豊富な種類の野菜とインパクトある飲み口の味噌スープ。
かなり食べ応えある一杯かなと思います。


テーブル調味料

104_8.jpg


おろしニンニクと胡椒が置いてありました。

ニンニクをプラスし味に変化を、、、
という必要はない強烈なスープでした。
ただ、更なるインパクトを求める人はお好みでプラスしても良いでしょう。


らーめん屋 ひ104の詳細
posted by BBSHIN at 20:39| Comment(0) | 村上市

2019年03月10日

ラーメン&カレー食堂 味満 濃厚豚骨醤油とあっさり醤油とスパイシーカレー

村上市、村上瀬波温泉インターのすぐ近くにある「ラーメン&カレー食堂 味満」へと行ってきました。

ajiman_1.jpg


濃厚豚骨醤油とあっさり醤油清湯、そしてカレーライスといった3本柱のメニュー構成となっています。

まずはこちら

しょう油ラーメン

ajiman_2.jpg


スープ

ajiman_3.jpg


昔ながらのあっさり醤油味です。
優しい口当たりで程よい旨味の飲みやすいスープですね。


麺は細麺です。

ajiman_4.jpg


もう一杯はこちら

濃厚しょう油ラーメン

ajiman_5.jpg


スープ

ajiman_6.jpg


濃厚な豚骨醤油スープです。

軽くトロみがあり、上に浮いた動物系油も含め、パンチある飲み応えです。
醤油ダレの旨味も強く印象的な味になっています。

麺の写真を撮り忘れてしまいましたが、濃厚スープに良く合う太麺でした。


他店を引き合いに出すのは極力控えていますが、エリアも違うので出させてもらうと、、
新潟市の味濱家に良く似た豚骨醤油な一杯でした。
村上には過去にこれに似たラーメンを提供していたお店がありましたが、今はこの地域では珍しいスタイルかなと思います。


他にも、看板メニューとしてカレーライスを500円で提供していたので注文しようかとも思いましたが、メニューを良く見ると、ラーメンとのセットの場合はライス、ライス大盛りにカレールーをサービスしてくれるとの事だったので、そちらをお願いしてみる事に。


ライス(カレールー付)

ajiman_7.jpg


カレーは甘い家庭的なものをイメージしていましたが、予想外にスパイシー感が強めとなっています。
スパイシーではあるものの、辛さは程々となっており、食べやすく仕上がっていました。

ラーメン屋のサイドメニューのカレーとしては、レベルの高い美味しい一品かなと。


ちなみにボリュームとしては、ライスの普通盛りにカレー追加は、ラーメンのサイドメニューとしてちょうど良いミニカレーサイズでした。

ガッツリ食べたい方はライス大盛りにカレー足しすると良いでしょう。


ラーメン&カレー食堂 味満の詳細
posted by BBSHIN at 18:56| Comment(0) | 村上市

2019年03月08日

めんの坊 古町の路地裏 穴場的立地なお店が提供する魚介系醤油

新潟市中央区、古町エリアにオープンした新店へと行ってきました。

ちなみにお店の場所はかなり分かりにくいです。

西堀沿いにある「鳥梅」脇の路地に入ります。

mennobou_1.jpg

mennobou_2.jpg


すると右側にお店が!

「めんの坊」

mennobou_3.jpg


店内はカウンター席に加え、奥に小上がり席があり、4席1つと2席2つのテーブルが置いてあります。


ラーメンメニューは醤油と味噌の2種類でした。

まずは醤油

mennobou_4.jpg


スープ

mennobou_5.jpg


あっさり醤油味のスープです。

魚粉を入れたか、出汁が出やすい粉末状のものを使ったか、そうした細かなものが見えます。
そして、その見た目通りに強めの出汁がでています。
また、魚介系以外にも他の素材や醤油風味などもあり、しっかりとしたベースのある味になっています。


麺は多加水の縮れ麺です。

mennobou_6.jpg


場所柄もあってか、飲んだ後にぴったりなあっさり醤油に仕上がっていました。


もう一杯はこちら

味噌

mennobou_7.jpg


スープ

mennobou_8.jpg


あっさり系のスープに濃い味噌風味が加えられています。

上には玉ねぎ、モヤシといった炒め野菜がのっています。
風味の良い炒め油が浮き、スープの印象を香ばしいものにしている様に思えます。

火加減も程よく、モヤシは柔らかめとなりつつも、玉ねぎはシャキシャキとした食感を残していました。


麺は多加水縮れ麺です。

mennobou_9.jpg


あっさり系味噌スープと感じさせない程に、パンチある濃厚味噌に仕上がった一杯となっていました。



つづいてはコチラ

チャーハン

mennobou_10.jpg


しっとり食感で香ばしい風味、そして強い旨味が印象的です。

美味しいチャーハンでした。


ラストに自家製という餃子も注文してみました。

mennobou_11.jpg


もっちり皮の中には肉や野菜などの具材がたっぷりと詰まっています。

mennobou_12.jpg


餃子の具としては大き目にカットされた野菜のシャキシャキ感が予想外に良かったです。

こちらをつまみにビールを飲んでからシメのラーメンというのも良いかもしれませんね。


テーブル調味料

mennobou_13.jpg


醤油、酢、ラー油、こしょう、一味が置いてありました。


オープンしたばかりという事で、2019年4月末までの期間限定のサービスをしていました。

内容は、下の画像を来店時に店員さんに見せるとビール以外のドリンクがサービスとなるというものです。

mennobou_14.jpg


お一人1日1回限り
お連れ様人数分サービス
と書いてあります。
書いてはいませんが、一般的に考えると、「人数分」とはいっても当然各自注文する事が前提だと思います。

ちなみに「拡散希望」とあったので聞いてみたところ、本人や知り合い以外にも拡散先の人も可と言っていたので、ここに貼った画像提示も問題無いものと思われます。


4品試してみましたが、それぞれが特徴があり、ハッキリとした味に仕上げていたので、多くの人が気に入る味になっているかなと思います。
この機会にぜひお試し下さい。


めんの坊の詳細
posted by BBSHIN at 23:41| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年03月07日

中華のごん助 体温まる生姜醤油スープ

見附市にある「中華のごん助」へと行ってきました。

gonsuke_1.jpg


お店の場所は、大通り沿いではなく、住宅街にあり飲食店としてはかなり目立たない立地となっています。

行き方としては、中之島見附インター方面から8号線を走りマルイのある交差点を左折し、すぐ左側にある三條信用組合 今町支店がある十字路を左折すると、右側にあります。

店内はカウンター4席と小上がり席が2テーブルありました。


注文したのはスタンダードなこちら

ラーメン

gonsuke_2.jpg


スープ

gonsuke_3.jpg


生姜醤油系のスープです。

生姜強めで醤油風味も強く、あっさりながらも厚みある飲み応えとなっていました。


麺は多加水中麺です。

gonsuke_4.jpg


トッピングとしては、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔とオーソドックスなスタイルです。

チャーシューは腿肉や腕肉の様なしまった肉質のタイプでした。

gonsuke_5.jpg


このスタイルのラーメンに良く合っているチャーシューでした。


ブラックペッパーとテーブル胡椒がありました。

gonsuke_6.jpg


生姜醤油スープとブラックペッパーの相性はとても良かったです。


中華のごん助の詳細
posted by BBSHIN at 20:38| Comment(0) | 見附市

2019年03月06日

紅竜飯店 見附名物へそラーメン

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は見附市にある中華料理店「紅竜飯店」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

見附市にある「紅竜飯店」に行って来ました。

koryuhanten_1.jpg


見附市商店街はずれにあるこちらのお店は、昭和48年創業の、見附市に根付いた老舗です。


小生は、『見附名物へそラーメン』を注文。

koryuhanten_2.jpg

koryuhanten_3.jpg


“へそ”というのは、見附市が、新潟県の重心点(中心)に位置することから、「新潟のへそ」としてPRするために市内で飲食店を営む方たちが考えたそうです。

スープはあっさり醤油。
麺は細麺で柔らか目な茹で加減。

ほうれん草、ねぎ、小ぶりな海老が入っています。

“へそ”の真ん中はうずらの卵、回りを囲っているものは丁寧に作られた焼売です。

焼売をほぐすと、生姜の効いた挽肉と細く切ったしいたけや人参が入っていました。
中身の餡をスープにひたすことで、スープの味が変化します。こうした味の変化を楽しむこともできますね。


紅竜飯店の詳細
posted by BBSHIN at 19:59| Comment(0) | 見附市

2019年03月05日

しゃがら 青山店 大盛り10円、特盛り20円でボリューム満点!

新潟市西区にある「しゃがら 青山店」へと行ってきました。

syagara_aoyama_201903_1.jpg


注文したのはこちらの一杯です。

ちゃーしゅうめん

syagara_aoyama_201903_2.jpg


スープ

syagara_aoyama_201903_3.jpg


程よいスープの濃度と多めの背脂で結構コッテリしています。
ただ、見た目程の濃厚感や重たさはなく、飲みやすいスープだと思います。

魚介的な出汁感と醤油風味と強めの旨味により印象的な飲み口となっています。




syagara_aoyama_201903_4.jpg


麺は大盛り10円、特盛り20円ですが、こちらは普通盛りとしておきました。
ちなみにラーメンは、
並盛 180g(1玉)
大盛 270g(1.5玉)
特盛 360g(2玉)
となっており、特盛はお得価格でかなりのボリュームとなります。

チャーシュー麺にすると花びらの様に、丼周囲に盛り付けられます。
他にも、多めのモヤシ、メンマ、海苔などものり、ボリュームたっぷりでした。



もう一品はこちら

つけめん

syagara_aoyama_201903_5.jpg


こちらは麺特盛でお願いしました。

syagara_aoyama_201903_6.jpg

つけめんの場合は、ラーメンよりも麺量が多く
並盛 270g(1.5玉)
大盛 360g(2玉)
特盛 450g(2.5玉)
となります。
という事で特盛はかなりの量となります。

麺はあつもり、ひやもりが選べますが、個人的には断然ひやもりがお勧めです。
水でシメられた事で、麺にハリが出て、麺自体の食感の良さ、風味の良さが際立ちます。


つけダレ

syagara_aoyama_201903_7.jpg


チャーシュー、味玉、海苔、魚粉、ネギの他、写真に写っていませんがモヤシも入っています。
具材が多いので、写真に写っている具材は沈まず表面に顔出しています。

スープは、甘味、酸味、魚介風味、すり胡麻などにより、あっさり系ながらもしっかりとした味に仕上がっています。


麺にスープがしっかりと絡みます。

syagara_aoyama_201903_8.jpg


つけめんの特盛りはかなりボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。


ちなみに、子供連れの場合はつけダレが二杯まで無料でもらえます。

syagara_aoyama_201903_9.jpg


取り分けも可らしく、
「取分けOKですので、取り皿をご利用のお客様はお気軽にお声掛け下さい」
との記載がありました。

小上がり席もあり、取分け可となっていたりと、ご家族連れの方々も利用すやすいお店ですね。


しゃがら 青山店の詳細
posted by BBSHIN at 22:30| Comment(0) | 新潟市西区

2019年03月04日

古稀櫻 本格焼豚などたっぷりの具材がのった日本一坦々麺

新潟市東区にある「古稀櫻」へと行ってきました。

kokirou_201903_1.jpg

kokirou_201903_2.jpg


こちらのお店は担々麺と餃子が売りのお店です。

担々麺は数種を提供しており迷いましたが、まずはお店のイチオシというコチラ

味噌坦々麺

kokirou_201903_3.jpg


スープ

kokirou_201903_4.jpg


近年増えてきたチーマージャン押しのドロ系担々麺とは違い、サラリとした飲み口のスープです。
程よい辛味と味噌、スープ等の旨味などバランスの良い味となっています。


麺は多加水の縮れ細麺です。

kokirou_201903_5.jpg


挽き肉はしっかりと味がつけられています。

kokirou_201903_6.jpg


具材の各種野菜

kokirou_201903_7.jpg

モヤシ、キャベツ、ニンジン、青菜等の野菜がたっぷりとのっています。

野菜がたくさん食べられるのは嬉しいですね。
味の方も辛味がそれ程でもなく、食べやすく仕上がっていると思います。


もう一杯はこちら

日本一坦々麺

kokirou_201903_8.jpg


味噌担々麺は野菜がたっぷりとのっていましたが、こちらは豪華版の具材がのっています。

挽き肉は共通です。

kokirou_201903_9.jpg


チャーシューは一般的なラーメン屋に多い煮豚ではなく、中華料理系の焼豚でした。

kokirou_201903_10.jpg


焼き加減や味つけなど、本格的で美味しい焼豚でした。


ワンタン

kokirou_201903_11.jpg


こちらは硬めな噛み応えが特徴的です。
ツルンと柔らかいワンタンが多い中、こういうのは珍しいですね。


モヤシ、卵とじ

kokirou_201903_12.jpg


玉子のまろやか感が加わります。


具材たっぷりな担々麺でした。


夜六時からはご飯物など各種メニューが追加されます。

今回はその中からこちらの一品を注文してみました。

五目チャーハン(900円)

kokirou_201903_13.jpg


パラリとした食感で程よい味付けのチャーハンです。

刻みチャーシュー、玉子などが入っていました。



ラストは人気メニューのこちら

餃子

kokirou_201903_14.jpg


モッチリ皮にたっぷりの野菜等の具材が詰まっています。

kokirou_201903_15.jpg


この餃子を20種の野菜を用いたという自家製タレにつけて食べます。

kokirou_201903_16.jpg


おろし醤油的なタレにつけて食べるとサッパリ感が加わり、美味しく頂けます。


古稀櫻の詳細
posted by BBSHIN at 00:00| Comment(0) | 新潟市東区

2019年03月02日

さすけ 内野駅前で夜遅くまで食べられる濃厚味噌

新潟市西区、内野駅近くにある「さすけ」へと行ってきました。

sasuke_201903_1.jpg


注文したのは看板メニューのコチラ

みそらーめん

sasuke_201903_2.jpg


モヤシ、キャベツ、ひき肉といった具材たっぷりです。

sasuke_201903_3.jpg


スープ

sasuke_201903_4.jpg


あっさりスープに濃い味噌を加え、濃厚に仕上げた昔ながらの新潟濃厚味噌スタイルです。


こうしたスープに合うのは多加水モッチリ太麺です。

sasuke_201903_5.jpg


パンチある食べ応えながらも、重たさがないので、とても食べやすかったです。
味噌ラーメン好きにお勧めしたい美味しい一杯でした。


担々麺

sasuke_201903_6.jpg


具材

sasuke_201903_7.jpg


挽き肉、モヤシ、水菜などがのっています。
沈んだ挽き肉を食べやすい様にと、穴あきレンゲもついていました。


スープ

sasuke_201903_8.jpg


最近の担々麺と比べると、比較的あっさりサラりとした飲み口のスープで、程よく胡麻風味が効いていました。

ハッキリとは分かりませんでしたが、あっさり醤油ベースにゴマと辛味(ラー油)を効かせたタイプかなと思いました。


麺は多加水太麺です。

sasuke_201903_9.jpg


サイドメニューも注文してみました。

ミニカレー

sasuke_201903_10.jpg


家庭的で甘味のあるものをイメージしていましたが、思いのほか辛味があります。
ラーメンのサイドメニューとして交互に食べるものとしては、カレーの辛味が良いアクセントとなってくれました。


ミニチャーハン

sasuke_201903_11.jpg


パラリとした食感でしっかりとした味がついたチャーハンでした。


さすけの詳細
posted by BBSHIN at 09:19| Comment(0) | 新潟市西区