2019年04月24日

らーめん勝 燕店 濃厚な胡麻の香り漂う「金ごまタンタン麺」

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は燕市にある「らーめん勝 燕店」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

燕市にあります、「らーめん勝 燕店」に行って来ました。

masaru_tsubame_201904_1.jpg

場所は「華炎」跡地です。


小生が食べたのは“金ごま担々麺”。

masaru_tsubame_201904_2.jpg

masaru_tsubame_201904_3.jpg


麺は柔らか目の細麺低加水。

トッピングは大き目に切ったキャベツ、ねぎ、味玉、味のついたひき肉。

スープは魚介ダシ。
魚介の香りがしっかり感じられます。
最初はあっさりした魚介スープですが、ゴマ油で炒めたひき肉を崩してスープに浸すことで、担々麺らしい、ラー油の効いたピリ辛スープに変わります。
辛さのレベルは、徐々にじんわり汗をかいてくる程度の、マイルドな辛さです。


らーめん勝 燕店の詳細
posted by BBSHIN at 21:54| Comment(0) | 燕市

2019年04月21日

中華厨房 ToTo龍 キューピット石山店で食べられるお得なセット

新潟市東区、キューピット石山店内にある中華料理店へと行ってきました。

キューピット石山店

totoron_1.jpg


中華厨房 ToTo龍(トトロン)

totoron_2.jpg


店舗前のブラックボードにはトトロが描かれています。

totoron_3.jpg


「トトロン」という店名の由来はこれかもしれませんね。


各種セットメニューが充実していました。

totoron_14.jpg


という事で、その中から一つ注文してみる事に。

五目あんかけラーメンと半チャーハンセット(1,000円)

totoron_4.jpg


五目あんかけラーメン

totoron_5.jpg


スープ

totoron_6.jpg


醤油風味が効いたスープです。
スープはそこまで醤油感は強くなく、餡の方が醤油が強かったです。
餡の味がスープに混ざってきていますね。


餡はしっかりとした味付け、そして程よいトロみになっています。

totoron_7.jpg


中華系五目あんかけの定番の各種具材が入り、種類豊富な野菜が食べられます。


麺はシンプルな中華麺です。

totoron_8.jpg


多加水細麺にトロみある餡が良く絡みます。

スタンダードなスタイルの五目あんかけラーメンです。
食べ飽きる事の無さそうなしっかりとした美味しさがありました。


チャーハン

totoron_9.jpg


程よいパラつき感のあるチャーハンです。
五目あんかけとの相性も良いですね。


サラダと漬物

totoron_10.jpg


もう一品はこちらの一杯にしてみました。

えびあんかけラーメン

totoron_11.jpg


こちらは塩系の餡とスープです。

totoron_12.jpg


ハッキリとした旨味の塩スープです。




totoron_13.jpg


強めの旨味とプリプリの海老やシャキシャキ感のある野菜など食感の具材と、美味しい海老あんかけ塩ラーメンでした。


中華厨房 ToTo龍の詳細
posted by BBSHIN at 18:58| Comment(0) | 新潟市東区

2019年04月20日

らーめん 流れ星 重厚感ある背脂醤油と辛ネギ味噌、そして濃厚に仕上がったチャーハン

燕市の「らーめん 流れ星」へと行ってきました。

nagareboshi_201904_1.jpg


今回はホットペッパーメシ通の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


今回注文したのは看板メニューの背脂醤油ラーメンにチャーシューがトッピングされたコチラ

背脂チャーシュー

nagareboshi_201904_2.jpg


スープ

nagareboshi_201904_3.jpg


厚みある動物系のコクに醤油ダレの旨味と魚介系の風味が加わっています。
上に浮いた背脂のコクと甘みも合わさり、重厚感ある飲み応えとなっています。

背脂は見た目程のコッテリ感ではなく、ふわふわの脂身は適度な脂感です。
液状の脂の量も適度、そして、下のスープもそこまで濃厚ではないので、重たさはなく、飲みやすく仕上がっています。

出汁感・旨味と程よいコッテリ感の仕上がりが絶妙でした。


麺は多加水で極太な平打ちタイプです。

nagareboshi_201904_4.jpg


今回は別皿でタマネギを追加してみました。

nagareboshi_201904_5.jpg


背脂醤油スープと玉ねぎの相性は最高ですね。


とても美味しい一杯でした。


前回、味噌ラーメンを食べてみて、強烈なパンチある味が印象的だったので、それに辛ネギがプラスされたこちらの一杯を食べてみる事に。

ねぎ辛みそラーメン

nagareboshi_201904_6.jpg

nagareboshi_201904_7.jpg

nagareboshi_201904_8.jpg


旨辛な辛ネギが濃厚な味噌ラーメンにのっています。

スープは、スープの旨味に濃厚な味噌の風味が加わり、また、香味野菜の香ばしさ、背脂のコク、炒め野菜の風味や油の重厚感など、様々な味が混在しています。

個人的な印象ですが、辛ネギが動物系油の重厚感を緩和し、通常の味噌ラーメンよりも食べやすくなっているかなと思いました。
少し重たさを感じてしまう程の動物系のパンチを存分に味わいたい方はノーマルの味噌ラーメンがお勧めです。


そしてお勧めのサイドメニューがこちら

半チャーハン

nagareboshi_201904_9.jpg


前回食べた時と同様に、濃い目の味付け、かつ、濃厚に仕上がったチャーハンです。

チャーシューダレとラードという動物系のコクと旨味がベースとなったインパクトある食べ応えのチャーハンです。

この位の濃い味のチャーハンというのは、なかなか珍しいかなと思います。

醤油、味噌、そして、チャーハン、それぞれがインパクトある味に仕上がっていました。
ガツンとしたものが食べたい方はぜひお試しください。


らーめん 流れ星の詳細
posted by BBSHIN at 23:31| Comment(0) | 燕市

2019年04月18日

笹舟 栄店 老舗店が提供する昔ながらのあっさり醤油

8号線沿いにある「笹舟 栄店」へと行ってきました。

sasabune_sakae_201904_1.jpg


注文したのはこちら

チャーシューメン

sasabune_sakae_201904_2.jpg


あっさり醤油味のスープです。

sasabune_sakae_201904_3.jpg


動物系主体と思われる清湯スープです。
醤油風味も程よくサラリとした飲み口となっています


麺は多加水細麺です。

sasabune_sakae_201904_4.jpg


昔ながらのあっさり醤油ラーメンでした。

看板には自家製餃子とありましたが、今はお休みしてるとのこと。
また、食事中の携帯、タブレット、PCの使用は禁止と貼り紙が貼ってありました。


笹舟 栄店の詳細
posted by BBSHIN at 19:15| Comment(0) | 三条市

2019年04月16日

ことぶき屋 デッキ―401店 担々麺と餃子が人気のお店

新潟市中央区 DeKKY401内にある「ことぶき屋 デッキ―401店」へと行ってきました。

kotobukiya_dekky_1.jpg


こちらのお店の看板メニューは担々麺と餃子とのこと。
お得なセットメニューもあったので、担々麺をセットでお願いしてみました。

担々麺+Aセット

kotobukiya_dekky_2.jpg


担々麺

kotobukiya_dekky_3.jpg


スープ

kotobukiya_dekky_4.jpg


サラリとしたあっさり系のスープですが、胡麻と辛味が効き、また、スープ自体が強い旨味となっている為、インパクトある飲み応えとなっています。




kotobukiya_dekky_5.jpg


多加水の細麺です。

旨味と辛味、そしてコク深いスープが良く絡みます。


セットの餃子、ライス、ザーサイ

kotobukiya_dekky_6.jpg


ご飯と担々スープは良く合いますね。

自慢の餃子も美味しかったです。



もう一品はこちら

ラーメン Cセット

kotobukiya_dekky_7.jpg


ラーメン

kotobukiya_dekky_8.jpg


スープ

kotobukiya_dekky_9.jpg


旨味の強いあっさりスープです。
担々麺と違い辛味などが無い分、スープの旨味がかなり目立ちます。


麺は細麺です。

kotobukiya_dekky_10.jpg


ハッキリとした旨味の美味しいあっさりラーメンでした。


杏仁豆腐

kotobukiya_dekky_11.jpg


滑らかな質感の杏仁豆腐です。
質感の良さに加え、程よい甘さが良かったですね。
美味しい杏仁豆腐でした。


レジのところには、各種総菜の販売もしています。

kotobukiya_dekky_12.jpg


お持ち帰り餃子もありました。

kotobukiya_dekky_13.jpg



ことぶき屋 デッキ―401店の詳細
posted by BBSHIN at 19:39| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年04月15日

らーめん 勝 燕三条店 メタル丼に盛り付けられた燕三条系背脂醤油

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は、燕市の「らーめん 勝 燕三条店」です。

以下マーロウさんの感想

↓↓↓

燕市にある「らーめん勝」に行って来ました。

masaru_201904_1.jpg


燕三条駅から歩いて7分という好立地、燕三条地場産業振興センター向かいにあるお店です。


看板メニューの中華そばは、大油、中油、油なしと、油の量が選べたので、小生は「中華そば 大油」を注文。

masaru_201904_2.jpg

masaru_201904_3.jpg


麺はモチモチ食感のストレート太麺。

スープは煮干しの効いた背脂。
燕三条系の王道です。

トッピングとしては、玉ねぎ、チャーシュー(2枚)、岩のり、メンマが入っています。
また、細かく刻まれたゆずがアクセントとなり、油を爽やかにしてくれるので、最後までさっぱりと食べられます。

器はステレンレス製のメタル丼を使用しており、最後までアツアツでした。


らーめん 勝 燕三条店の詳細
posted by BBSHIN at 22:45| Comment(0) | 燕市

2019年04月14日

ぶた家 県庁前店 新潟県庁近くで食べられるタンメンとラーチャン

新潟市中央区、県庁近くにある「ぶた家 県庁前店」へと行ってきました。

butaya_1.jpg


ホームページなどでは営業時間は12時〜となっていますが、お店の前には11時半〜13時半のランチタイム限定で醤油ラーメンとチャーハンを提供しているとのこと。
また、お昼営業は日曜日のみとなっていましたが、3月16日からはお休みの日以外は毎日ランチタイム営業をすると書いてありました。


という事で、ラーメンとチャーハンのセット「ラーチャン」(850円)を注文してみました。
(チャーハンが遅れてやってきたのでセット画像はありません)

豚香る醤油ラーメン

butaya_2.jpg


スープ

butaya_3.jpg


タイトル通り、豚風味が強く香るスープです。
上に浮いた油は豚のもの浮いているでしょうか。
かなり風味が強いですね。
出汁も強めであっさり系ではありますが、厚みがある飲み応えです。




butaya_4.jpg


バツンとした食感のストレート麺です。

ラーメンの見た目から、一般的なツルツルモチモチ中華麺を予想していましたが、想像とは違う歯切れの良い麺でした。


焼飯

butaya_5.jpg


味が濃いチャーハンです。

ラーメンと合わせて食べる事は出来ませんでしたが、濃い味のスープと濃いチャーハンの組み合わせは、それぞれがぶつかり合いつつも、パンチある食べ応えと満足感を得る事が出来るものと思われます。


タンメン

butaya_6.jpg


スープ

butaya_7.jpg


軽く濁ったスープは旨味が強くインパクト大です。

写真では分かりにくいですが、動物系の脂が浮き、コク深い味わいとなっています。



鉄鍋餃子

butaya_8.jpg



ぶた家 県庁前店の詳細
posted by BBSHIN at 08:29| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年04月12日

レストハウス 華苑 具材たっぷり広東麺とトロみが効きクリーミーな飲み応えの担々麺

燕市、分水エリアにある「レストハウス 華苑」へと行ってきました。

resthouse_kaen_1.jpg


お店は116号線を新潟市方面より寺泊方面へと行き、大河津橋手前で右手にショッピングセンターパコがあるところを左折したところにあります。


こちらの看板が目印です。

resthouse_kaen_2.jpg


看板からも広東麺が推しメニューである事が伺えます。

という事で注文してみました。


カントンメン

resthouse_kaen_3.jpg


スープ

resthouse_kaen_4.jpg


旨味のハッキリとしたスープです。
素材や調味料の味が良く出ていて美味しかったですね。
種類豊富な野菜、ウズラの卵の他、普通の豚肉が入っているかと思いきや使われているのはベーコンでしょうか。香りが印象的でした。




resthouse_kaen_5.jpg


多加水のちぢれ細麺です。
自家製たまご麺とのこと。


具材豊富かつ味もハッキリしていてクオリティ高い一杯かなと思いました。


もう一杯はこちら

担々麺

resthouse_kaen_6.jpg


スープ

resthouse_kaen_7.jpg


胡麻がたっぷりと効いたクリーミーかつ濃厚なコクのドロ系スープです。

ラー油の辛味も程よく効いていました。


麺にはトロみあるスープが良く絡みます。

resthouse_kaen_8.jpg


また、上にのっているのは挽き肉かと思いきや、食べるラー油的な油と揚げた素材でした。
そして、挽き肉がないかと思いきや、丼の端のあたりにスープに沈む形で盛り付けれていました。

穴あきレンゲもあるので、具材も残さず頂けます。

今回は注文しませんでしたが、ライスが合う事間違い無しな一杯でした!


多種多様なメニューを提供していおり、何度も楽しめそうなお店だと思いました。
また、酒呑童子をイメージした激辛系の担々麺もある様です。

今回の2品が両方ともハッキリとした味で美味しかったので、他の各種メニューも、分かりやすい美味しさに仕上がっている事が予想されます。
ぜひ他も試してみたいですね〜


レストハウス 華苑の詳細
posted by BBSHIN at 18:42| Comment(0) | 燕市

2019年04月10日

よォ〜こそ! 浦佐駅近く 野菜たっぷり「辛味噌タンメン」

南魚沼市、浦佐駅近くにある「らーめんの店 よォ〜こそ!」へと行ってきました。

yokoso_1.jpg


券売機に「当店人気NO1」と書かれているこちらの一品を食べてみる事としました。

辛味噌タンメン

yokoso_2.jpg


スープ

yokoso_3.jpg


見た目通り辛いスープですが、辛味はそこそこにしっかりとした旨味があり、旨辛な仕上がりですね。
辛味旨味の相乗効果により、インパクトある飲み応えとなっていました。




yokoso_4.jpg


多加水でツルツルモッチリ食感です。
太さは中位でした。

店内の貼紙に柿ポリフェノール入りの麺と書かれていました。


チャーシュー、メンマ、ワカメに加え、モヤシ、キクラゲ、ネギ、コーン、キャベツ等、多種多様な具材がのっていました。
こうした具材を旨辛な味噌スープに浸けて食べると美味しかったですね。

ボリュームたっぷりで味も良く、満足度の高い一杯でした!


もう一杯はこちら

ラーメン

yokoso_5.jpg

yokoso_6.jpg

yokoso_7.jpg


軽く背脂が浮いていますが、全体的にはあっさりとした味わいです。

刺激的な辛味噌とは対照的に、シンプルで優しい味な一杯です。

さっぱりしていて食べやすいので、年配の方などでも美味しく頂けるかなと思いました。


テーブル調味料がかなり充実しています。

yokoso_8.jpg


全部使った訳ではないのですが、、
テーブルコショー、ブラックペッパー、ラー油、酢、ハバネロペッパー、花椒(ホール)、激辛辣椒、おろしニンニク
という構成だったかと思います。

辛味噌ラーメンには、おろしニンニクがピッタリでしたね。
他にも、辛味やスパイシー感をプラスするという楽しみ方も良いかもしれませんね。


よォ〜こそ!の詳細
posted by BBSHIN at 18:48| Comment(2) | 南魚沼市

2019年04月07日

麺屋 長衛門 真っ黒で香ばしい風味の醤油味「見附ブラック」

見附市の「長衛門」へと行ってきました。

choemon_1.jpg


平日のお昼は各種サービスがあり、その中からランチタイムのミニ丼セットを頂いてみることに

見附ブラックセット(800円)

choemon_2.jpg


ミニカツ丼か小ライス、ミニ豚スタミナ丼から選択可能だったのでカツ丼にしてみました。

見附ブラック

choemon_3.jpg


スープ

choemon_4.jpg


見ため通り、かなり濃い醤油スープです。
この見た目だと醤油味を前面に出した物をイメージしがちですが、かなり強い香味野菜的な香ばしい風味が全体の印象に影響を与えています。


麺は太さを選択可能でしたが、デフォルトの太麺にしておきました。

choemon_5.jpg


多加水モッチリ太麺は歯応えが強く、あっさりながらもパンチあるスープとベストマッチ!


続いてセットのサイドメニューです。

ミニカツ丼

choemon_6.jpg



平日お昼はコーヒーがサービスとなります。

choemon_7.jpg



麺屋 長衛門の詳細
posted by BBSHIN at 19:33| Comment(0) | 見附市

2019年04月06日

中国食彩 龍圓 新保店 人気メニュー「角煮そば」

長岡市、北長岡駅の近くの原信向かいにある「中国食彩 龍圓 新保店」へと行ってきました。

ryuen_nagaoka_1.jpg


メニューに「四川風辛しそば」の写真が大きく載っていたので、そちらが看板メニューかと思い、お店の人に確認したところ、お店のイチオシお勧めメニューは「角煮そば」とのこと。
確かに周囲を見渡すと、数人のお客さんは全員がそれを注文していました。

という事で、当然の事ながら、注文したのはこちらの一杯です。

角煮そば

ryuen_nagaoka_2.jpg


スープ

ryuen_nagaoka_3.jpg


あっさり系のスープは、濃い醤油の味と旨味が印象的です。
五目あんかけ的なほのかな甘みとしっかりとした旨味のある味となっていました。


麺はシンプルな多加水の細麺です。

ryuen_nagaoka_4.jpg


角煮は味が良く染み込み、肉はしっかりとした歯ごたえ、脂身はトロトロと柔らかい食感でした。

ryuen_nagaoka_5.jpg


他にも、中華一品メニュー、コース料理などもある様でした。
機会あれば複数人で訪れ、色々なメニューを試してみたいですね。


中国食彩 龍圓 新保店の詳細
posted by BBSHIN at 22:13| Comment(0) | 長岡市

2019年04月05日

らーめん 勝 燕店 メタル丼に入った背脂醤油

燕市にある「らーめん 勝 燕店」へと行ってきました。

masaru_tsubame_1.jpg


豊富なメニューがあり迷いましたが、スタンダードなこちらを選択しました。

背油中華そば

masaru_tsubame_2.jpg


スープ

masaru_tsubame_3.jpg


あっさりサラリとした醤油味のスープに背脂が浮いています。

適度な旨味に重たさがない背脂と飲みやすく仕上がっています。


麺は多加水太麺です。

masaru_tsubame_4.jpg


トッピングはチャーシュー、メンマ、タマネギ、磯のりでした。

背脂醤油スープとタマネギ、磯のりの相性は良いですね。



もう一杯はこちら

野菜みそらーめん

masaru_tsubame_5.jpg


たっぷりの野菜がのっています。

masaru_tsubame_6.jpg


スープ

masaru_tsubame_7.jpg


スープ自体はあっさりかもですが、味噌の風味と浮き油で濃厚感があります。

シャキシャキ食感の野菜と味噌スープの絡みも良かったです。


麺は太麺です。

masaru_tsubame_8.jpg


色んなメニューがあるので、機会あれば魚介系のつけ麺や激辛の華炎タンメンなども試してみたいですね。



らーめん 勝 燕店の詳細
posted by BBSHIN at 20:24| Comment(2) | 燕市

2019年04月03日

ちんちん亭 昔ながらのあっさり醤油と強烈な辛さの辛味ラーメン

魚沼市、小出高校近くにある「ちんちん亭」へと行ってきました。

tintintei_1.jpg


「正油ラーメン専門店 ちんちん亭」の看板

tintintei_7.jpg


「正油ラーメン専門店」という事で、メニューには味噌や醤油などはなく、正油ラーメン一色です。

という事で注文したのはこちらの一杯です。

ラーメン並

tintintei_2.jpg


スープ

tintintei_3.jpg


あっさりとした醤油味のスープです。
動物系メインと思われる清湯は豚が際立ち、そこに濃い目の醤油風味と旨味がプラスされていました。

これぞ正に昔ながらのあっさり醤油ですね。


麺は多加水の細麺です。

tintintei_4.jpg


続きましては・・・

辛味ラーメン並

tintintei_5.jpg


スープ

tintintei_6.jpg


あっさり系のスープをベースに、かなり強めの辛味がプラスされていました。
たっぷりの辛味油が浮いています。

辛い物が好きな人はぜひチャレンジしてもらいたいですね。


ちんちん亭の詳細
posted by BBSHIN at 00:38| Comment(2) | 魚沼市