2019年05月22日

横浜軒 昔ながらの中華飯店のお得なラーメンセット

新潟市東区にある「横浜軒」へと行ってきました。

yokohamaken_1.jpg


場所は、河渡マーケットシティから赤道方面(ニトリなどがある方)へ向かう途中の左側にあります。


各種ラーメンやご飯物、一品料理などが揃う中、お得なセットがあったので注文してみました。

ラーメンセット(650円)

yokohamaken_2.jpg


ラーメンと半チャーハン、餃子のセットです。

この品揃えとボリューム感で650円はかなりのお得価格ですね。


ラーメン単体で撮影

yokohamaken_3.jpg


スープ

yokohamaken_4.jpg


あっさりとしたスープです。
程よく味の出た飲みやすいスープですね。


麺はシンプルな多加水細麺です。

yokohamaken_5.jpg


続いて半チャーハン

yokohamaken_6.jpg


しっとりとした食感で、しっかりとした味付けがなされていました。


餃子

yokohamaken_7.jpg


続いてはこちら

タンメン

yokohamaken_8.jpg


スープ

yokohamaken_9.jpg


あっさりとしたスープです。

豚肉や野菜等のたっぷりの具材がのり、食べ応えがあります。

野菜がたくさん食べられる上に、さっぱりとした後味なのが良かったですね。


横浜軒の詳細
posted by BBSHIN at 19:04| Comment(0) | 新潟市東区

2019年05月19日

新店情報「中華そば 哲ちゃん」 らーめん関哲姉妹店が6月上旬オープン予定!

新店情報を掲載しましたのでご連絡致します。

今回ご紹介する新店はこちら

中華そば 哲ちゃん

techan_open.jpg


三条市のらーめん関哲の姉妹店となります。

らーめん関哲で食べた塩ラーメンがとても美味しかったので、今回の新店にはかなり期待しています。

らーめん関哲での食べ歩き記事はこちら


関哲とは店名が異なる事もあり、「支店」ではなく別コンセプトの「姉妹店」の様です。
また、新しい美味しさを味わえるというのは嬉しいですね。

6月上旬のオープンが楽しみです。


中華そば 哲ちゃんオープンの詳細はこちら
posted by BBSHIN at 22:40| Comment(0) | 日記

2019年05月18日

山岡家 上越店 24時間営業で食べられる豚骨醤油

上越市にオープンした「山岡家 上越店」へと行ってきました。

yamaokaya_1.jpg


他県などでは時折見かけるこちらのお店ですが、新潟県ではこちらのお店が初進出となるでしょうか。

他のエリアでも24時間で営業していましたが、こちらも同様に休む事なく営業している様です。
駐車場は広く、大型車なども入れるので、夜間に運転するドライバーの方の食事にもちょうど良いかなと思います。


注文したのはこちら

ラーメン(醤油)

yamaokaya_2.jpg


麺の硬さ、脂の量、味の濃さが選択可能だったので、麺硬めのみでお願いしました。


スープ

yamaokaya_3.jpg


濃厚な豚骨醤油で、動物系白湯のコクに醤油やプラスされた旨味によりインパクトある味となっています。




yamaokaya_4.jpg


スープに合う歯ごたえが強い中太麺です。

チャーシューは肩ロースで味の染み込みもちょうど良かったです。



つづいてはこちら

特製味噌ネギラーメン

yamaokaya_5.jpg


味噌ラーメンは、普通の味噌ラーメンとこちらの特製味噌の二種類があったので確認してみたところ、普通の味噌ラーメンは赤味噌ベースで、こちらの特製味噌は白味噌ベースとの事でした。


スープ

yamaokaya_6.jpg


濃厚スープに甘味があり風味の良い白味噌が加わりコク深い味わいです。

切り落としチャーシュー、青菜、そしてネギがたっぷりとのっていました。
ネギは、白髪ネギというのはかなり太めにカットされ、硬めの食感が初めての体験でした。



テーブル調味料

yamaokaya_7.jpg


胡椒、ラー油、とうがらしの他、おろしニンニク、辛みそが置いてありました。

yamaokaya_8.jpg


ニンニクを使用しましたが、豚骨醤油スープに良く合いますね。


山岡家 上越店の詳細
posted by BBSHIN at 09:48| Comment(0) | 上越市

2019年05月16日

麺屋 坂本01 新潟駅前店 綺麗な麺線のあっさり淡麗系醤油

新潟市中央区、新潟駅前にオープンした「麺屋 坂本01 新潟駅前店」へと行ってきました。

sakamoto01_1.jpg


場所は新潟市東区に移転する形で閉店した麺屋清水新潟駅前店の跡地です。


注文したのはこちら

醤油らーめん

sakamoto01_2.jpg


清水と同様に整えられた綺麗な麺線が目を引きます。


スープ

sakamoto01_3.jpg


あっさり醤油味のスープです。

浮き油は牛脂が使わていると聞いていましたが、確かに強い牛の香りが漂っています。

出汁はそこまで濃くはなく、醤油ダレの風味の強さが目立ちます。

あっさりスープに多めの油がコクを与えているという印象です。




sakamoto01_4.jpg


硬めでバッツリとした食感のストレート中細麺です。


トッピングとしては、レアチャーシュー、フードプロセッサーにかけた様なおろし玉ねぎ、メンマがのっていました。
玉ねぎの上には、鮮烈な香りを放つ山椒が加えられていました。
清水で提供していた山椒塩そばと同じ様なものかと思いますが、それと比べると量がかなり少な目なので、程よいアクセントとなってくれていました。


東京的な淡麗系あっさり醤油ラーメンですね。

脂以外の部分は清水とかなり共通点が多く、清水の味が好きだったという方にもお勧めかなと思います。



続いてはこちら

特濃つけそば(小)

sakamoto01_5.jpg


正統派スタイルの濃厚魚介系つけ麺です。


つけダレ

sakamoto01_6.jpg

sakamoto01_7.jpg


トロみのある濃厚系スープには、魚粉なども加わり強い魚介風味が漂います。

このスタイルには大抵ハッキリと分かる甘味が加わりますが、その中でも強めの甘味が効いていたかなと思います。


麺もこうしたつけ麺としては、定番のタイプの太麺です。

sakamoto01_8.jpg


全粒粉も使われていそうな見た目の太麺は、多加水で弾力感はほどほどに少し硬めな食感が濃厚系スープと良く合っていました。



スープにトロみがあるので、麺にスープが良く絡みます。

sakamoto01_9.jpg


今回は「小」にしましたが、食べ応えある麺を心ゆくまで堪能したい方は「大」としてみると良いでしょう。


麺屋 坂本01 新潟駅前店の詳細
posted by BBSHIN at 22:23| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年05月15日

あおきや 柏崎店 柏崎市で食べられる長岡生姜醤油系

柏崎市、柏崎インター近くにある長岡生姜醤油系のお店「あおきや 柏崎店」へと行ってきました。

aokiya_kashiwazaki_1.jpg


パチンコ屋さんのDAMS柏崎店内にあります。
入り口はパチンコ屋さんとは別の場所にあり、駐車場も店舗前に専用スペースがあるので、パチンコ客以外の利用も可能の様です。


「あおきや」といえばやはりこちらの一杯です。

ラーメン

aokiya_kashiwazaki_2.jpg


スープ

aokiya_kashiwazaki_3.jpg


生姜が効いたあっさり醤油味のスープは、濃い醤油味とキレのある生姜風味が印象的ですね。


麺は多加水で中くらいの太さです。

aokiya_kashiwazaki_4.jpg


チャーシューは、歯ごたえが強く弾力ある食感です。
不揃いにカットされ、程よく脂身も混じっています。



そんなチャーシューがたっぷりとのった「チャーシューメン」

aokiya_kashiwazaki_5.jpg


テーブル調味料

aokiya_kashiwazaki_6.jpg


ラーメンのタレ、餃子のタレ、酢、ラー油、胡椒、とうがらしが置いてありました。



あおきや 柏崎店の詳細
posted by BBSHIN at 20:42| Comment(0) | 柏崎市

2019年05月14日

北新食堂 あっさり滋味深い味わいの野菜ラーメン塩

新潟市北区にある「北新食堂」へと行ってきました。

hokushinsyokudou_201905_1.jpg


前回訪れた際に食べた550円という低価格のラーメンカレーセットのコスパの良さが衝撃的だったので再訪してみる事としました。


今回頂いたのはこちら

野菜ラーメン(塩)

hokushinsyokudou_201905_2.jpg


スープ

hokushinsyokudou_201905_3.jpg


塩味のスープは、具材の野菜等の味が染み渡り、あっさりながらも滋味深い味わいです。


麺は多加水細麺です。

hokushinsyokudou_201905_4.jpg


モヤシ、コーン、青菜、ニンジン等の各種野菜やメンマなどものり、ボリューム感も程良いですね。

あっさり、サッパリと食べられる昔ながらのあっさり塩ラーメンでした!


続いては、ボリューム感とバラエティ感が嬉しいこちらを頂いてみる事に。

日替わり定食(730円)

hokushinsyokudou_201905_5.jpg

hokushinsyokudou_201905_6.jpg


日替わりなので、その日によって品目は違うのですが、この日はチキンカツ、ロールキャベツ、マグロのたたき、サラダ、和え物、豚汁、ご飯といった組み合わせでした。


この品数、ボリューム感で730円は嬉しいですね。

近所にこんなお店があったら週3位で通ってしまいそうです。


北新食堂の詳細
posted by BBSHIN at 07:31| Comment(0) | 新潟市北区

2019年05月11日

来味 東堀店 昔ながらの新潟あっさり中華そば

新潟市中央区の「中華そば 来味 東堀店」へと行ってきました。

raimi_higashibori_201905_1.jpg


今回の目的は、ホットペッパーメシ通の取材でした。

メシ通掲載の記事はこちら


中華そば

raimi_higashibori_201905_2.jpg


スープ

raimi_higashibori_201905_3.jpg


基本的には、あっさりタイプではあるのですが、動物系、魚介系の出汁が強めに出ています。

過去に亀田にあったお店は、煮干しが強く効きすっきり澄んだスープでしたが、それに対しこちらは動物系が強く出ています。
個人的には、あっさりながらもこうしたコク深い厚みと、魚介風味、タレの旨味が強いレベルで混在するスープはかなり好きなタイプです。




raimi_higashibori_201905_4.jpg


昔ながらのあっさりラーメンスタイルではありますが、シンプルな多加水中華麺ではなく、しなやかな質感と適度な噛み応えが程よく主張する美味しい麺ですね。
深みあるあっさりスープとも良く合いますね。


18〜21時限定で、
「晩酌セット」(950円)なるものをやっていました。

内容としては、上記中華そばと、ビール・おつまみ2皿というセットです。


おつまみ2品はこちら

raimi_higashibori_201905_5.jpg


チャーシュー、メンマ、味玉のおつまみ三種と水餃子です。

ここにビールまでついて、セット価格が千円以下というのはかなりお得ですね。


続いてはこちら

つけ麺

raimi_higashibori_201905_6.jpg


麺は水でしめた冷盛りです。

raimi_higashibori_201905_7.jpg


つけダレは、中華そばと同様のスープに醤油ダレと酸味と甘みと少量の唐辛子が加えられていました。

raimi_higashibori_201905_8.jpg


麺リフトアップ

raimi_higashibori_201905_9.jpg


酸味が食欲を刺激し、麺の細さもありスルスルと食べられますね。

大盛、特盛が同価格という事なので、お腹に余裕がある方は麺増量サービスを利用しても良いかもしれませんね。


来味 東堀店の詳細
posted by BBSHIN at 16:36| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年05月09日

食事処・季節料理 みかみ 大根、レンコンなどの煮物が入った「肉野菜ラーメン」

新潟市北区にある「食事処・季節料理 みかみ」へと行ってきました。


mikami_201905_1.jpg


前回食べたあんかけラーメンから出てきたトッピングのインパクトが強烈だったので、再び訪れてみました。

今回注文したのはコチラ

肉野菜ラーメン

mikami_201905_2.jpg


こちらは味噌ラーメンでした!


スープ

mikami_201905_3.jpg


あっさりタイプで濃い味噌味ですね。
旨味が程よくプラスされた味噌に各種具材の味が加わります。


麺は多加水細麺です。

mikami_201905_4.jpg


たっぷりの具材の下からは、前回同様の品が出てきました!

mikami_201905_5.jpg


大根です!

大根が入ったラーメンって珍しいですよね。

ちなみに大根は冬場から春にかけてのものらしく、これからの季節はまた違った具材が使われるそうです。



具材は日替わりらしく、この日ははんぺんが入っていました。

mikami_201905_6.jpg



シュウマイ巻

mikami_201905_7.jpg


レンコン

mikami_201905_8.jpg


こうした煮物的な具材に加え、ニンジン、モヤシ等の野菜もたっぷりと使われていました。



こちらのお店はラーメン屋ではなく、定食屋さんなので、今回はこちらの一品を注文してみました。

海鮮丼(1,500円税抜)

mikami_201905_9.jpg

mikami_201905_10.jpg

mikami_201905_11.jpg


食事処・季節料理 みかみの詳細
posted by BBSHIN at 21:01| Comment(2) | 新潟市北区

2019年05月06日

だしの風食堂 濃厚な煮干しスープの一杯と巨大なジャンボ餃子

阿賀野市にある「だしの風食堂」

dashinokaze_1.jpg


場所は、香楼苑があった場所です。

49号線側から撮影した写真

dashinokaze_2.jpg


看板に書いてある通り、駐車場は裏側にあります。



各種ご飯物や、麻婆麺、モヤシあんかけラーメンなどの調理するタイプのメニューも多くありましたが、初回という事もあり、まずはこちらの一杯を注文しました。

中華そば

dashinokaze_3.jpg


スープ

dashinokaze_4.jpg


あっさりとした醤油味のスープです。

煮干し出汁との説明を見ていましたが、魚介系よりは動物系や醤油風味が主体の構成に感じました。
チャーシューからの脂もあるとは思いますが、鶏の香りが前に出ていた様に思えます。
タレは塩も併用していそうな程よい醤油風味でした。




dashinokaze_5.jpg


硬め食感が際立つ多加水細麺でした。


あっさりさっぱりと食べやすく仕上がった一杯でした。


もう一杯はこちら

濃厚にぼし中華

dashinokaze_6.jpg


スープ

dashinokaze_7.jpg


濃厚な煮干し出汁のスープの上に多めの油が層を作る様に浮かせてありました。
浮き油はコク深さを出しつつも、出汁の味はそれ程移っていない様に感じました。
表層だけすくって飲むのではなく、下からすくい上げ、スープと油の量をバランス良く飲むと美味しかったかなと。

また、写真にも見える様に、煮干し粉がかかっていますが、その味がスープにも行き渡っており、軽いザラ付きある煮干し感がニボ好きにたまらない仕上がりになっていたかなと思います。




dashinokaze_8.jpg


トッピングとしては、中華そばと同様のチャーシュー、メンマ、青菜、ネギ等の他、刻み玉ねぎがのっていました。

濃厚系煮干しスープと玉ねぎの相性は最高ですね。


煮干しのインパクト大な一杯でした!



ジャンボ餃子新発売とのこと。

dashinokaze_12.jpg


「従来の7〜8個分の重さ」
というワードが気になり、一つだけ注文してみることに。


やってきたのがコチラ

プレミアムジャンボ餃子(1個260円)

dashinokaze_9.jpg


かなりのビッグサイズです!!

一般的な餃子が5〜6個のる皿を横断する様にのっていました。


サイズ比較として、ラーメンと並べて撮影してみました。

dashinokaze_10.jpg


割ってみると、、

dashinokaze_11.jpg


具材たっぷりです!!

モッチリ皮の下は、ひき肉、ニラ、キャベツなどの具材がたっぷりです。
香味野菜の香ばしい香りが漂っていました。

このジャンボ餃子を専用のタレをつけて食べます。

ボリューム感のみならず、味の方も美味しかったですね!!


機会があればぜひお試しください。


だしの風食堂の詳細
posted by BBSHIN at 23:27| Comment(0) | 阿賀野市

中華そば 市松 打ち立て自家製麺の食感を楽しめる「月見つけめん」

長岡市にオープンした「中華そば 市松」へと行ってきました。

ichimatsu_nagaoka_1.jpg


場所は潤 長岡上除店があったところです。

ちなみに、市松といえば、以前新潟市中央区にもお店がありました。
市松食べ歩き記事

今回、長岡のコチラのお店を食べてみましたが、新潟市にあったお店とは、店名は同じものの、提供しているラーメンは全く異なるものでした。


メニューを見ると、ラーメンよりもつけ麺の方が上に表記されていたので、まずはそちらを頂いてみる事に。

月見つけめん

ichimatsu_nagaoka_2.jpg


「月見」とは名前の通りに生卵が入ったものでした。


特筆すべきは麺です。

ichimatsu_nagaoka_3.jpg


麺は自家製で作っており、麺帯の状態まで仕込んでおいた生地を提供前にカットし麺状にしていました。
打ち立ての麺を食べられるのは嬉しいですね。

ちなみに、製麺機は切り刃を通すタイプのものではなく、トントントンと包丁で切る様にカットしていく様なタイプでした。


つけダレ

ichimatsu_nagaoka_4.jpg


スープは比較的あっさりタイプで、濃い醤油の風味、そして、酸味と甘みが加えられていました。
また、カツオ節も入っており、元々魚介出汁と思われるスープに魚介風味がプラスされています。


麺をつけて食べると、、、

ichimatsu_nagaoka_5.jpg


うどんにも似た食感の麺は、もっちもちの麺の弾力感が良いですね!
多加水の中でも水分量が多い部類に入ると思われます。

包丁の様なものでカットしている事で断面の角が立ち、エッジが効いた食感も楽しめます。

麺は一本一本がかなり長いのが特徴的です。
製麺機の包丁部分より長い様に見えるので、麺帯を折り重ねカットしているのかもしれませんね。


こうしたこだわりの麺をより楽しめるという事で、つけ麺冷盛りがメインメニューとなっているものと思われます。


また、つけダレの器には、二種のチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、そして生卵が入っていました。

生卵は色々な食べ方があると思いますが、レンゲですくいツルンと食べても良し、崩してスープと混ぜても良し、または、軽く崩し麺に絡めて食べるといった食べ方も良いかなと思います。


もう一杯はこちら

月見中華そば

ichimatsu_nagaoka_6.jpg


スープ

ichimatsu_nagaoka_7.jpg


少しもらいましたが、こちらの方が出汁が分かりやすいですね。
濃い醤油風味に、魚介出汁が良く出ていたかなと思います。
こちらもかつお節が入っていましたが、メインの出汁は煮干しでしょうか??




ichimatsu_nagaoka_8.jpg


つけ麺の方がより麺の食感を楽しめるとは思いますが、加水率が高い事もあり、スープの中での時間の経過による変化も少ないかなと思います。

魚介醤油スープとの相性も良いと思います。


この他にも、「ハッチュウつけめん」「ハッチュウジャン麺」「ホルモン中華そば」というメニューがある様ですが、まだ提供を開始しておらず、5月中旬発売予定とのこと。


中華そば 市松の詳細
posted by BBSHIN at 00:10| Comment(0) | 長岡市

2019年05月04日

ラーメン おこじょ のどぐろ白湯が人気のお店が長岡に移転オープン!

長岡市に移転オープンした「ラーメン おこじょ」へと行ってきました。

okojo_nagaoka_1.jpg


新潟市でのオープン当初は味噌を看板メニューとしてスタートしましたが、気付くと「のどぐろ」を使用した一杯が一番人気となっていました。

のどぐろラーメン

okojo_nagaoka_2.jpg


丼が運ばれてきた途端に漂う魚の香りが強烈です!



スープ

okojo_nagaoka_3.jpg


のどぐろの風味を存分に出しつつも、臭みをほとんど感じさせません。
白湯にするという事は、臭いの強い魚の脂がスープに溶け込む形となるので、臭くなりがちなのですが、この飲みやすさはさすがかなと思います。
下処理での焼き加減がちょうど良いのでしょうね。


麺は中細麺を使用しています。

okojo_nagaoka_4.jpg


麺自体の質感も良く美味しいのですが、存在感の強いスープに隠れ気味となっています。
程よいトロみのあるスープを適度に絡め、スルスルと食べさせてくれ、麺がスープの美味しさをうまく引き立てていると感じます。

白湯という事でツルツルモチモチの中太麺にしたり、パッツパツの中細麺で食感を際立たせるといったケースもあるかと思いますが、適度に麺の存在感を消し全体のバランスがうまく保たれるケースもあるのだなと思いました。


ラストはプラス100円のラーメン茶漬けがお勧めです。

okojo_nagaoka_5.jpg


残ったスープに投入して食べます。
(極力綺麗に投入したつもりですが、絵的に見たくない方は読み飛ばし下さい)

okojo_nagaoka_6.jpg


のどぐろ白湯スープとご飯の相性は絶妙です!

磯のりが与える変化も嬉しいですね。


美味しさと食べやすさもあり、白湯系では珍しく完食となりました。

okojo_nagaoka_7.jpg



続いては定番メニューのこちらの一杯です

味噌ラーメン

okojo_nagaoka_8.jpg


香ばしい風味を放つ味噌スープ

okojo_nagaoka_9.jpg


熱々で濃厚な味噌の旨味と香ばしさがインパクト大ですね!


麺はそんなスープに負けない歯ごたえ強い太麺です。

okojo_nagaoka_10.jpg


他ではなかなか食べられない「のどぐろラーメン」
そして、インパクトある「味噌ラーメン」

こうしたメニューの数々が新潟市で食べられなくなったのは残念ではありますが、長岡市在住の方にとっては嬉しい移転になったかなと思います。


ラーメン おこじょの詳細
posted by BBSHIN at 23:49| Comment(0) | 長岡市

アルビレックス新潟2−0レノファ山口 ホームでの完封勝利!

アルビレックス新潟のホームゲーム

今回の対戦相手はレノファ山口です。

山口サポーター

20190504_3.jpg


試合前の「PRIDE of NIIGATA」のコレオグラフィ

20190504_1.jpg

20190504_2.jpg


キックオフ

20190504_4.jpg


先制点は新潟!!

カウエ選手のミドルシュートの跳ね返りをレオナルド選手が押し込む!

20190504_5.jpg


ゴールを決めたレオナルド選手にかけよる選手達

20190504_6.jpg



そして新潟が追加点!

裏へ抜け出した渡辺凌磨選手のシュートがディフェンダーに当たりループ気味の弾道に変化

20190504_7.jpg


綺麗な曲線を描きゴールへ吸い込まれる

20190504_8.jpg


後半は山口に多くの決定機を作られましたが、GK大谷選手がファインセーブの連続!!

20190504_9.jpg


そして新潟が2−0で勝利

20190504_13.jpg


勝利の後は肩を組んでの横揺れ
三波春夫「世界の国からこんにちわ」

20190504_10.jpg

20190504_11.jpg


ヒーローインタビューは無失点に抑えた立役者GK大谷選手でした。

20190504_12.jpg


引き分けゲームが続きJ1昇格に向け出遅れ気味の新潟

ここから連勝を重ね上位戦線に食い込んでいく事を期待したいと思います。
posted by BBSHIN at 22:26| Comment(0) | アルビレックス

2019年05月03日

麺屋 じろ吉 香ばしい野菜がのった「みそらー麺」

三条市にある「麺屋 じろ吉」へと行ってきました。

jirokiti_201905_1.jpg


場所は、三条燕インターからは8号線沿いを栄方面へしばらく行くと右側にあります。
栄PAのスマートインターからの方が近く、8号線に出て三条燕インター方面に少し戻ると左側にあります。


注文したのはこちらの一杯です。

みそらー麺

jirokiti_201905_2.jpg


調理している時から漂う香ばしい香りが食欲をそそってくれました。

スープ

jirokiti_201905_3.jpg


スープ自体はあっさりだと思いますが、味噌の風味が強く、また、炒め野菜からの香ばしい風味が移りガツンとした飲み応えとなっています。


麺は多加水中太麺です。

jirokiti_201905_4.jpg


香ばしくシャキシャキとした食感の野菜も歯ごたえと味付けが良く美味しかったです。


サイドメニューとして半玉子チャーハン(680円)も注文しました。

jirokiti_201905_5.jpg


パラパラ食感としっかりとした味付け。
味噌ラーメンとも良く合っていましたが、あっさりラーメンと抜群な相性な一品だと思います。


麺屋 じろ吉の詳細
posted by BBSHIN at 23:08| Comment(0) | 三条市

2019年05月02日

福麺亭 覆面スタッフが提供する本格長浜豚骨

上越市にオープンした「福麺亭」へと行ってきました。

fukumentei_1.jpg


店名の「福麺亭」は、字面通り「ふくめんてい」と読みます。

昔ながらのお店などで良くありそうな名前ではありますが、こちらのお店が意味するものは全く異なるものでした。

接客をしてくれるスタッフがこちら

fukumentei_2.jpg


覆面です!!

福麺 ≒ 覆面

という事だったのですね・・


そんな福麺亭の看板メニューがこちら

長浜豚骨

fukumentei_3.jpg


スープ

fukumentei_4.jpg


おぉ〜

これはかなり濃厚な豚骨スープですね。

豚の旨味がギッチリと詰まっていますね。
コラーゲン的なトロみも強く、飲み応え抜群です。

そんな動物系の厚みあるスープを受け止めるタレの旨味も強烈です。

濃厚感の割に臭みが少ないのも良いですね。


そして麺はこうしたスープにピッタリな低加水ストレート細麺です。

fukumentei_5.jpg


パッツリ食感の細麺は硬さが選べたので、「硬め」でお願いしました。
豚骨系はやはり硬めが美味しいですね。


トッピングとしては、バラ肉チャーシュー、刻み葱、キクラゲといった定番のものがのっていました。


ボリュームとしては、こうしたスタイルの良くある様に、替え玉をする事を前提した量になっています。
スープを飲むペースを考え、早めに替え玉を頼むなどすると良いでしょう。


定番中の定番、王道スタイルの豚骨ラーメンでした。
新潟県内を見渡しても、こうした本格スタイルのものを提供しているお店は数少ないかなと思います。


もう一杯はこちら

らーめん(豚骨)

fukumentei_6.jpg


こちらは豚骨醤油スープです。

fukumentei_7.jpg


長浜豚骨と比べると濃厚感が抑えめながら、動物系の旨味と臭いは程良く出ていたかなと思います。

そしてタレが醤油ダレとなっていますが、こちらも旨味が強烈でした。


麺は多加水の中太麺です。

fukumentei_8.jpg


トッピングとして、チャーシューの他、豆苗、赤玉ねぎ、タケノコといった一風変わったものがのっていました。
また、長浜豚骨のバラチャーシューとは違い、こちらは肩ロースと思われる部位が使われていました。



長浜豚骨とは全く違ったテイストを放つ一杯ですね。

初回の訪問でどちらか一杯のみを試すのであれば、長浜豚骨の方をお勧めしますが、2回目以降に試してみるのも良いかなと思います。


テーブル調味料の数々

fukumentei_9.jpg


高菜、紅ショウガ、おろしニンニク、白胡麻といった豚骨系の定番の品に加え、胡椒、ラーメンのタレが置いてありました。

ラーメンタレは、長浜豚骨用、ラーメン・つけ麺用の2種類が置いてあるのも嬉しいですね。
両方とも、かなり強い旨味となっていますね。

味を濃くしたい人はタレを入れたり、ニンニクや胡麻等を入れ、変化を加えても良いでしょう。



福麺亭の詳細
posted by BBSHIN at 22:28| Comment(2) | 上越市

2019年05月01日

うれっ子 柏崎市で人気の老舗店

柏崎市の「うれっ子」へと行ってきました。


店舗は細い路地にあり、こちらの看板を目印に入っていきます。

urekko_kashiwazaki_1.jpg


うれっ子

urekko_kashiwazaki_2.jpg


駐車場は少し行った右側に二か所あります。

urekko_kashiwazaki_3.jpg


手前の駐車場
(奥の5台分がうれっ子駐車場です)

urekko_kashiwazaki_4.jpg


店内は満席で、お店の中でも数人が立って待っていました。
帰り際には、お店の外にも4〜5人の列が出来ており、人気の程が伺えます。

店内は入り口から入ると厨房前にカウンターがあり、右側に行くとテーブル席と小上がり席がありました。


注文したのはスタンダードなこちら

ラーメン

urekko_kashiwazaki_5.jpg


スープ

urekko_kashiwazaki_6.jpg


あっさり醤油味のスープです。
濃い醤油ではなく、半々な位の醤油感でした。

出汁は動物系を主体に醤油の風味と強めの旨味がプラスされ、印象的な飲み応えとなっていました。




urekko_kashiwazaki_7.jpg


多加水の細麺です。
あっさりスープに良く合いますね。

トッピングとしては、チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔などがのっていました。

チャーシューは、しまった肉質で薄めにカットされ、程よい歯ごたえでした。


昔ながらのあっさり醤油のスタイルですが、しっかりとした旨味が際立っていました。
美味しかったですね。


もう一杯はこちら

みそラーメン

urekko_kashiwazaki_8.jpg


スープ

urekko_kashiwazaki_10.jpg


あっさりで昔ながらの味噌スープです。
味噌自体の旨味もあってか普通のラーメン以上に強い旨味が目立っていました。


各種野菜や豚肉がのっています。

urekko_kashiwazaki_9.jpg


野菜自体には強い味はついておらず、しっかりとした旨味の味噌スープにくぐらせると、ちょうど良い味わいとなります。




urekko_kashiwazaki_11.jpg


風味の強い味噌スープが麺に良く絡みます。


続いてはサイドメニューです。

餃子

urekko_kashiwazaki_12.jpg


一般的な普通サイズで、ジューシーな具材は旨味たっぷりでした。

お持ち帰りも可能らしく、数人が食後に購入していましたが、人気も納得の美味しい餃子でした。


地元で愛される人気の老舗店は魅力たっぷりのお店でした!


うれっ子の詳細
posted by BBSHIN at 11:37| Comment(0) | 柏崎市