2019年07月18日

道玄坂 マンモス 渋谷駅近くで食べられる胚芽麺を使った濃厚魚介系つけ麺

渋谷駅近くにある「道玄坂 マンモス」へと行ってきました。

mammoth_1.jpg


注文したのはこちら

濃厚つけ麺

mammoth_2.jpg


麺はもっちり麺と胚芽麺から選択可能だったので胚芽麺を選択しました。


スープ

mammoth_3.jpg


濃厚魚介系のつけダレです。
トロみのある濃厚感に加え、出汁の味や旨味がしっかりとしています。
甘みなども入りスタンダードなスタイルの濃厚魚介系つけダレかなと思います。




mammoth_4.jpg


胚芽含有という事で色が茶色となっていました。
通常のもっちりした麺とは違い、胚芽が入る事で弾力感が落ちるかわりに独特な風味が加わり歯応えも硬くがっしりとしたものとなります。
量を多くし過ぎると弾性がなく単に硬い麺となってしまいがちですが、こちらは比率が適度なのか程よい弾力感と歯応え、風味が共存していました。
麺だけで食べても味わい深さを楽しめる美味しい麺だと思います。


麺に絡むスープ

mammoth_5.jpg


スープのトロみが強いので、麺を食べているだけでスープの大半がなくなってしまう位です。


お好みで割りスープで濃さの調節が可能です。

mammoth_6.jpg

mammoth_7.jpg


割りスープのみを飲むと苦みがある位の強めの魚介出汁ですが、濃厚なスープと合わせると程良く薄めてくれ、飲みやすくしてくれます。


道玄坂 マンモスの詳細
posted by BBSHIN at 20:20| Comment(0) | 東京都

2019年07月16日

Piccola Mensa 水原駅近くの昔ながらのあっさりな一杯

阿賀野市、水原駅近くにある「Piccola Mensa(ピッコラメンサ)」へと行ってきました。

piccola_mensa_1.jpg


こちらのお店は、木曜日定休でお昼のみの営業となっていますが、時折土曜日に夜営業をやっている様です。

piccola_mensa_8.jpg

夜はパスタなども提供する予定なのだとか。

ちなみに、女性店主が子守りをしながらお店を切り盛りしており、背中に子供を背負っての調理、配膳する姿は、情緒溢れる光景でした。
そうした事もあってか、阿賀野市の「子育て応援カード」を提示すると、15歳未満の子供にソフトドリンク1杯をサービスをしてくれる様です。


そんな優しい女性店主が提供する一杯がこちら

ラーメン

piccola_mensa_2.jpg


あっさりで程よい旨味のスープです。

こってり系が苦手な年配の方などに好まれそうな優しい味わいでした。


麺は多加水の細麺です。

piccola_mensa_4.jpg


トッピングとしては、弾力感があり味の染み込みが良いチャーシュー、コリコリとしたメンマ、ワカメ、ネギがのっていました。

とても食べやすい一杯でした!


続いてはこちら

チャーシューメン

piccola_mensa_5.jpg


程よい油感と肉の旨味、そして噛み応えのあるチャーシューがたっぷりとのっています!

piccola_mensa_6.jpg



Piccola Mensaの詳細
posted by BBSHIN at 23:53| Comment(0) | 阿賀野市

2019年07月15日

にしかわ あっさり醤油スープにカレーがかかった三条カレーラーメン

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は、三条市「にしかわ」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

三条市にある「食堂 にしかわ」さんに行ってきました。

nishikawa_1.jpg


場所は住宅街の袋小路にある為、分かりにくく、行きづらいかと思います。三条ものづくり学校の近くです。
行き方は、8号線を長岡方面へ。左側に“コロナ”の看板が立っている交差点を破折します。
しばらく進み、JAのガソリンスタンドとほっともっとが見えたら、すぐ手前の道を左折します。
左折し、2本目の小路を左折した突き当り右側にあります。


小生は“カレー中華”を注文しました。

nishikawa_2.jpg

nishikawa_3.jpg


スープはカレーかけタイプ。
麺は中太ちぢれ、多加水。
トッピングは豚肉、と玉ねぎ、ねぎ。海苔が特徴的です。
玉ねぎは溶けております。
辛さは普通で、オーソドックスな味でした。


にしかわの詳細
posted by BBSHIN at 12:25| Comment(0) | 三条カレーラーメン

2019年07月14日

旨味たっぷりなスープがインパクト大なタンタンメン!! 手打らーめん 勝龍

小千谷市にある「手打らーめん 勝龍」へと行ってきました。

syoryu_201907_1.jpg


こちらのお店は、元々メニューを豊富に取り揃えていましたが、久々に行くと以前とはまた違ってラインナップが揃っていました。

チャーシューメンなど、肉を増すタイプがかなりのボリュームになるのでチャレンジしたいところでしたが、まずはスタンダードなものをと思い、こちらの一杯を頂くことに。

ドッカンラーメン

syoryu_201907_2.jpg


たっぷりの挽き肉がのっています。

syoryu_201907_3.jpg


こちらのお店では、チャーシューや角煮に加え、この挽き肉が色々なメニューで使われています。
これだけでご飯のおかずに出来そうな程にしっかりとした味付けがなされています。
また、弾力ある食感も絶妙です。


そしてスープ

syoryu_201907_4.jpg


濃厚な味わいの味噌スープです。
強い味噌の風味が印象的ですね。
テーブル備え付けのおろしニンニクや豆板醤で更なる変化を加えても良いでしょう。


多加水太麺の弾力ある食感も特筆ものです!

syoryu_201907_5.jpg


ボリュームたっぷり、美味しくおなか一杯になれる一杯でした。


続いてはこちら

タンタンメン

syoryu_201907_6.jpg


スープ

syoryu_201907_7.jpg


担々麺というと旨辛なイメージですが、辛味はそれ程でもなく、強い旨味と濃厚なコクが印象的でした。

辛味を加えたい方は、テーブル調味料のラー油や唐辛子などを加えるのも良いでしょう。
ただ、そうした変化が必要がない程にインパクト満点なスープだと思います。



そしてとろみたっぷりのスープが麺にガッツリと絡みます。

syoryu_201907_8.jpg


迫力ある麺と旨味ガツンなスープのコラボはたまりませんね!


手打らーめん 勝龍の詳細
posted by BBSHIN at 20:05| Comment(0) | 小千谷市

2019年07月13日

中華そば あら川 昔ながらのあっさり醤油

上越市「中華そば あら川」へと行ってきました。

arakawa_1.jpg


お店に入ると、店内はL字のカウンター席となっており、左側が客席、右側が待合席として利用されていました。
知らずに店内に入ってすぐ空いている左側の客席に座る人もおり、まずは右側にと案内され座り直す光景を何度か目にしました。
待合席の一番右には給水機があり、水を追加で飲みたい人は自分で足しに行っていました。


メニューはラーメンと大盛りの2つのみ。

ラーメン

arakawa_2.jpg


レンゲがついておらず、丼から直接飲む事となります。

動物系が強く出たあっさり清湯には煮干しが効いていました。


麺は細麺を予想していましたが、意外にも少し太めのタイプでした。

arakawa_3.jpg


もっちり感があっさりスープと良く合っていました。

チャーシューは味の染み込み具合と弾力感が絶妙でしたね。

とても美味しい昔ながらの中華そばでした!


ラーメン大

arakawa_4.jpg


普通盛りとの対比

arakawa_5.jpg


あっさりながらも深みある味わいのスープは美味しさと飲みやすさにより完食となりました。

arakawa_6.jpg


中華そば あら川の詳細
posted by BBSHIN at 00:03| Comment(0) | 上越市

2019年07月09日

中華ソバ 櫻坂 渋谷駅近くで食べられる濃厚魚介系

東京都、渋谷駅近くにある「中華ソバ 櫻坂」へと行ってきました。

sakurazaka_1.jpg


券売機を見ると、
・魚出汁正油の中華ソバ
・鶏白湯塩の塩ソバ
・魚介出汁のつけソバ
の3種があったので、左上にあるこちらの一杯を注文してみました。


中華ソバ

sakurazaka_2.jpg

sakurazaka_3.jpg


濃厚魚介系スープは、魚粉も浮いており、鰹出汁が強く効いていました。

動物系はそこまで強くはなかったですが、浮き油が一ミリ位の層を作る位多めに浮き、なかなかのこってり感です。


麺は程よい弾力感と噛み応えの中太麺です。

sakurazaka_4.jpg


トッピングとしては、柔らかい豚バラロールチャーシュー、穂先メンマ、白髪ネギ、味玉がのっていました。


中華ソバ 櫻坂の詳細
posted by BBSHIN at 21:14| Comment(0) | 東京都

中華飯店 Kinsan あっさり鶏出汁塩スープの「鶏塩麺」

新潟市中央区の「中華飯店 Kinsan」へと行ってきました。

kinsan_201907_1.jpg


場所は新潟ユニゾンプラザに向かって2、3軒左側です。


注文したのはこちら

鶏塩麺

kinsan_201907_2.jpg


あっさり塩スープです。

kinsan_201907_3.jpg


鶏の香りが漂う淡麗系塩スープです。

しっかりとした鶏風味を漂わせつつも、鶏臭さがなく飲みやすいスープでした。


麺は多加水の細麺です。

kinsan_201907_4.jpg


トッピングとしては、チャーシュー、三つ葉、ネギ、穂先メンマがのっていました。

チャーシューはレア感がありましたが、狙って作ったレアチャーシューというよりは、大き目の肉を使い、表面・裏面で熱の入り加減にムラが出た様な感じに見えました。
味はかなり薄味で、さっぱり感あるスープを邪魔しないタイプかなと。


セットのたまご炒飯

kinsan_201907_5.jpg


ふんわり食感のチャーハンです。
サイドメニューにピッタリな量と程よい味付けでした。


定食類も提供しています。

ごちそうよだれ鶏

kinsan_201907_6.jpg


鶏肉の弾力感と味付けが絶妙でした。
とても美味しかったです!

品数も豊富なのも嬉しいですね。


中華飯店 Kinsanの詳細
posted by BBSHIN at 00:34| Comment(2) | 新潟市中央区

2019年07月07日

豚メン 野菜たっぷりボリューム満点な一杯!

新潟市江南区にオープンした「豚メン」へと行ってきました。

butamen_201907_1.jpg


こちらのお店は、9月まで休業予定の麺屋かずをの店舗を間借りする形で営業をスタートしました。

まずは、お店の名前がついたこちらの一杯

豚メン(野菜増しマシ)

a href="http://bbshin.sakura.ne.jp/sblo_files/kao/image/butamen_201907_2.jpg" target="_blank">butamen_201907_2.jpg


マシマシにした事で、たっぷりの野菜がのっています。
背脂の量や、ニンニクを多めや無しなどが選択可能でしたが、普通でお願いしました。


スープは、程よい濃度の動物系のライト白湯と醤油ダレという組み合わせです。

butamen_201907_3.jpg


麺はガシっとした食感がインパクト大な極太麺です。

butamen_201907_4.jpg

食べ応え満点な噛み応えです。

野菜のボリューム感、麺の迫力など、インパクトある一杯となっていました。



続いてはこちら

豚まぜそば

butamen_201907_5.jpg

butamen_201907_6.jpg

butamen_201907_7.jpg


濃い醤油ダレと油が丼の底にたまっているので、極太麺に良く絡めて食べると良いでしょう。
卵黄のまろやかなコクと刻みニンニクのガッツリ感、背脂の甘味ある濃厚なコクが加わり、ガツンとしたインパクトある食べ応えとなります。

ライスを別で注文し、投入して食べるのも良いでしょう。


豚メンの詳細
posted by BBSHIN at 23:01| Comment(0) | 新潟市江南区

長岡中華そば くま一 綺麗な麺線が印象的な長岡生姜醤油系

新潟市中央区、新潟県県庁近くにオープンした「長岡中華そば くま一」

kumaichi_1.jpg


場所は、閉店してしまったぶた家県庁前店跡地です。


注文したのは看板メニューのこちら

長岡生姜醤油ラーメン

kumaichi_2.jpg

綺麗に整えられた麺線が印象的ですね。



品名にある通りに長岡生姜醤油系なスープです。

kumaichi_3.jpg


麺はバツンとした食感が特徴的なストレート中細麺でした。

kumaichi_4.jpg



チャーシューは噛み応えある肉にしっかりとした味を染み込ませてあります。
太メンマ、ほうれん草、ネギ、ナルト、海苔などものっています。


もう一杯はこちら

中華そば

kumaichi_5.jpg

kumaichi_6.jpg

kumaichi_7.jpg


あっさり魚介系の醤油スープです。
生姜醤油と比べると、醤油感はそこまで強くはありません。
パット見、シンプルなスタイルのあっさり中華そばに見えるのですが、麺が今風のパッツリ食感の細麺となっていました。
ネオレトロスタイルな一杯は、しっかりと美味しい一杯でした。


サイドメニューTKG

kumaichi_8.jpg

kumaichi_9.jpg


トロトロの半熟味玉、刻みチャーシューなどが、醤油ダレがかかったご飯にのっています。


長岡中華そば くま一の詳細
posted by BBSHIN at 09:42| Comment(0) | 新潟市中央区

新潟2−1大宮 2戦連続の逆転勝利!

J1昇格に向け、厳しい状況に立たされているアルビレックス新潟。

前節、鹿児島に逆転勝利し、今節はホームで強敵大宮アルディージャとの試合となりました。


試合前

20190706_1.jpg


キックオフ

20190706_2.jpg


前半、シモヴィッチ選手の規格外の高さのヘディングシュートにより、先制点を許してしまいましたが、前半のうちに新潟が同点ゴールを決め1−1とゲームを振り出しに戻します。

高木選手のクロス

20190706_4.jpg


レオナルド選手がヘディングシュート

20190706_5.jpg

20190706_6.jpg


同点ゴールに沸くサポーター

20190706_3.jpg


そして、後半、裏に動きだすフランシス選手にカウエ選手が浮き球での絶妙なパス!

フリーで抜け出すフランシス選手

20190706_8.jpg


フランシス選手が放ったシュートがゴールへ

20190706_17.jpg


逆転ゴールに盛り上がるゴール裏

20190706_7.jpg


歓喜のパフォーマンス

20190706_9.jpg



1点差を守り切り新潟が2−1で勝利となりました。

20190706_10.jpg



夏場のホームでのナイトゲームで勝利すると、スタジアムの照明を落とし、幻想的な空間にするイベント「プラネタスワン」が実施されます。

20190706_11.jpg


20190706_12.jpg

20190706_13.jpg



この日のヒーローのカウエ選手とフランシス選手にハッピーターン1年分が贈呈

20190706_14.jpg


インタビューにこたえるフランシス選手

20190706_15.jpg


カウエ選手

20190706_16.jpg


J1昇格に向けては、以前苦しい位置にいますが、前節の鹿児島戦に続いての逆転勝利とチームは上昇気流にのり始めています。

次節もホームで戦えるというのは嬉しいポイントです。

7月13日(土)の横浜FC戦からは、折り返しの後半戦がスタートします。
ここで勝利出来るかどうかが、上位戦線に食い込んでいけるかの分かれ目となります。

次節の勝利を後押しすべく、ぜひビックスワンに足をお運び下さい!!
posted by BBSHIN at 00:19| Comment(0) | アルビレックス

2019年07月06日

龍華亭 たっぷり背脂と極太麺のインパクト! チャーシューメン(大油)

三条市にある「龍華亭」へと行ってきました。

ryukatei_201907_1.jpg


こちらのお店に行くのは約9年ぶりです。
当時は、メニューにタンメン、味噌ラーメン、五目中華、エビ醤油タンメン等、色々なメニューがあったのですが、久しぶりに行くと、背脂醤油ラーメンに絞るメニュー構成となっていました。

という事で、注文したのはこちらの一杯です。

チャーシューメン(大油)

ryukatei_201907_2.jpg

大油はたっぷりの背脂が浮いています。


スープ

ryukatei_201907_3.jpg


たっぷりの背脂の下のスープは、濃い醤油味となっています。
背脂の濃厚感とは裏腹に、スープはあっさり清湯の為、見た目や一口目のこってり感の割りにはさっぱりとした飲み心地かなと思います。


麺はガッシリの極太麺です。

ryukatei_201907_4.jpg

多加水でツルツルとした表面、そして太さにより強い歯ごたえが印象的です。


続いてはこちら

たまねぎ中華

ryukatei_201907_5.jpg

ryukatei_201907_6.jpg


背脂を大油や中油にせず、普通でお願いすると、この様にほとんど「油なし」の状態の一杯が提供されます。

このスープを飲むと、背脂に潜んでいた醤油清湯が、出汁が効きつつも飲みやすいあっさりスープである事が分かります。

個人的には大油、中油で注文する事をお勧めしたいと思います。


龍華亭の詳細
posted by BBSHIN at 14:41| Comment(0) | 三条市

2019年07月04日

あづまや本店 たっぷり背脂の醤油スープと濃厚味噌

魚沼市「あづまや本店」へと行ってきました。

adumaya_201907_1.jpg


こちらのお店に行くのは約9年ぶりです。
当時から、こちらのエリアでは定番の人気だったと記憶しています。


以前食べたのは、あっさりの醤油ラーメンだったので、今回はこちらの一杯を注文してみました。

こってりらーめん

adumaya_201907_2.jpg


あっさりタイプで濃い醤油味のスープにたっぷりの背脂が浮いています。

adumaya_201907_3.jpg


麺は多加水の太麺です。

adumaya_201907_4.jpg


濃い醤油風味と背脂のコクが活きた一杯でした。
太麺の歯ごたえも背脂醤油スープとマッチしていました!



もう一杯はこちら

味噌ラーメン

adumaya_201907_5.jpg

adumaya_201907_6.jpg

adumaya_201907_7.jpg


味噌風味の濃さにより濃厚感が出るタイプの濃厚味噌スープです。

麺は多加水太麺。

甘い味付けの挽き肉とスープの相性が絶妙でした。

醤油もそうでしたが、こちらの味噌もライスが合いそうな一杯かなと思います。


チャーハン、半チャーハンなどある様で、機会あれば試してみたいですね。


あづまや本店の詳細
posted by BBSHIN at 23:23| Comment(0) | 魚沼市

2019年07月03日

おおぜき中華そば店 強烈な煮干し出汁が効いた「にぼしそば」

東京都、恵比寿駅近くにある「おおぜき中華そば店」へと行ってきました。

oozeki_tyukasoba_1.jpg


券売機左上の「中華そば」するか迷いましたが、「にぼしそば」を注文してみました。

oozeki_tyukasoba_2.jpg


スープは、3種類の煮干しを水出し後、ゆっくり熱を加えたスープとのこと。

oozeki_tyukasoba_3.jpg


あっさりタイプですが、煮干しがかなり強烈です。
そこそこの苦みが出る程な煮干しの強さでした。
「水出しからゆっくり煮出す」というと苦味などがなくしっかりとした煮干し出汁をイメージしますが、強烈な煮干し感がインパクト大でした。


麺はバッツリとした食感なストレート細麺です。

oozeki_tyukasoba_4.jpg


食感が煮干しスープにぴったりでしたね。

トッピングとしては、厚めにカットされた豚レアチャーシュー、ざっくりと大きめカットの鶏もも肉チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、ナルト、海苔などがのっていました。


おおぜき中華そば店の詳細
posted by BBSHIN at 18:25| Comment(0) | 東京都

2019年07月02日

極濃湯麺 フタツメ 白根大通店 カレー風味のパイコーがのった排骨タンメン

新潟市南区の「極濃湯麺 フタツメ 白根大通店」へと行ってきました。

futatsume_shirone_201906_1.jpg


通し営業という事もあり、お昼時を少し外していったのですが、それでも店内は満席、店外まで行列が出来ていました。(外観は食後に撮影)


前回は普通の濃厚タンメンを食べたので、今回はこちらの一杯にしてみました。

排骨タンメン

futatsume_shirone_201906_2.jpg


たっぷりの野菜に加え、カリカリに揚げられた排骨がのっています。
カレー味がついているのも良かったですね。


スープは濃厚白湯

futatsume_shirone_201906_3.jpg


トロみがある濃厚白湯スープです。

といっても、ここまでトロみが出る程に煮詰めたドロ系白湯の様な重たさはありません。
トロみによる濃厚感を味わいえつつ、ライトな飲み応えとなっており、飲みやすく仕上がっています。


麺は縮れた平べったり形状の太麺です。

futatsume_shirone_201906_4.jpg


多加水でツルツルとした表面、そして、ガッシリとした食感が印象的です。


続いてはこちら

辣椒味噌タンメン

futatsume_shirone_201906_5.jpg

futatsume_shirone_201906_6.jpg


程よい辛味とトロみある濃厚感でインパクト満点な飲み応えです。

+100円で野菜増しにしたので、ボリューム感も強烈です!!



そして+180円の唐揚げセット

futatsume_shirone_201906_7.jpg


3つのってる唐揚げ一つ一つがジャンボサイズなので、ボリューム感満載です。

ラーメンに加え、大きな唐揚げ3つとライスによる満腹必至なセットです。


極濃湯麺 フタツメ 白根大通店の詳細
posted by BBSHIN at 21:26| Comment(0) | 新潟市南区

2019年07月01日

大江戸 本店 野菜たっぷり味噌タンメン!

新潟市中央区にある「大江戸 本店」へと行ってきました。

ooed_honten_201907_1.jpg


やはり定番の醤油を注文している人が多いですね。

今回は、いつもと違う一杯にトライしてみました。

味噌タンメン(並)

ooed_honten_201907_2.jpg


豚肉に加え、白菜、キャベツ、ニンジン、青菜、モヤシ、タマネギ、ピーマン、キクラゲ、ネギと種類豊富な野菜がのっていいます。


あっさり味噌スープ

ooed_honten_201907_3.jpg


各種野菜の味が染み渡る事もあってか、味噌風味はそこまで主張していません。
程よい塩分の味噌スープは、そして滋味深い旨味が広がる飲み心地でした。


麺は歯切れのよい細麺です。

ooed_honten_201907_4.jpg


あっさりさっぱりと食べられるのが良かったです。

油感少なく野菜がたっぷり食べられるのも嬉しいですね。

これからの暑い夏は、冷やし中華が人気です。
機会があればぜひお試しください!


大江戸 本店の詳細
posted by BBSHIN at 22:05| Comment(0) | 新潟市中央区