2021年01月26日

三宝茶楼 河渡店 マーケットシティ河渡で食べられる五目うま煮めん

新潟市東区、マーケットシティ河渡にある「三宝茶楼 河渡店」へと行ってきました。

sanpou_koudo_1.jpg


三宝系列といえば、やはりこちらの一杯ですよね。

五目うま煮めん

sanpou_koudo_2.jpg

sanpou_koudo_3.jpg

sanpou_koudo_4.jpg


各種野菜や海老、うずらの卵といった種類豊富な具材がのった五目あんかけラーメンです。

スープはあっさり醤油ですが、かなり強めの旨味となっていました。

定番スタイルの五目はとても美味しかったです。


野菜ゴマ味噌らーめん

sanpou_koudo_5.jpg

sanpou_koudo_6.jpg

sanpou_koudo_7.jpg

味噌や胡麻の風味により濃厚な味となっていました。
旨味も強く、ハッキリとした味ですね。

野菜等の具材も多めにのり、盛りだくさんな一杯でした。


三宝茶楼 河渡店の詳細
posted by BBSHIN at 23:29| Comment(0) | 新潟市東区

2021年01月25日

くるまやラーメン 東萱場店 ニンニクがっつりなスタミナ

新潟市南区、8号線沿いにある「くるまやラーメン 東萱場店」へと行ってきました。

kurumaya_shirone_1.jpg


大通り沿いにあり、駐車場も広いので長距離ドライバーの方などにも重宝しそうなお店です。


今回注文したのは定番の味噌のトッピングバージョンです。

スタミナ

kurumaya_shirone_2.jpg

kurumaya_shirone_3.jpg

kurumaya_shirone_4.jpg


モヤシ、ワカメ、生卵、バターがのっています。

スープは濃い味噌味でニンニクががっつりと効いています。

上にのったバターが溶ける事で、風味に変化を与えます。

多加水太麺はガッツリ系味噌スープに良く合っていました。


ライスは2杯まで無料です。

kurumaya_shirone_5.jpg


餃子、チャーシュー2枚、バター、コーン、メンマ、玉子から1品が無料となる為、餃子を選択しました。

kurumaya_shirone_6.jpg


餃子以外はトッピングですが、餃子を選ぶとライスも含め、かなりのボリューム感となりますね。

お腹いっぱい食べたい方にお勧めです。


くるまやラーメン 東萱場店の詳細
posted by BBSHIN at 20:44| Comment(0) | 新潟市南区

2021年01月24日

喜楽亭 燕駅前で食べられる背脂醤油

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は、燕市の「喜楽亭」です。

以下マーロウさんの感想

↓↓↓

燕市にある、「喜楽亭」に行ってきました。

kirakutei_1.jpg

営業時間は17時から深夜2時まで。
燕駅前に店を構えており、飲んだ後の帰りでも心配ありません。


小生は「燕ラーメン」を注文。

kirakutei_2.jpg

kirakutei_3.jpg


麺は極太麺、スープは背油たっぷりという、燕系です。
トッピングはメンマ、ゆで卵(半分)、玉ねぎではなくネギ、塩気のあるチャーシューです。
麺の湯茹で具合は柔らか目です。

たっぷりの背脂に濃い醤油味で燕系好きにはたまらない一杯ですね。


喜楽亭の詳細
posted by BBSHIN at 23:26| Comment(0) | 燕市

燕三条中華そば 鬼にぼ 吉田店 鬼の様に煮干しが効いた背脂醤油

燕市の「燕三条中華そば 鬼にぼ 吉田店」へと行ってきました。

oninibo_yoshida_1.jpg


こちらのお店は、元々燕市の燕三条駅よりのエリアにありましたが、そちらにはジョニーの味噌がオープンし、吉田エリアの喜多方ラーメン坂内 小法師 吉田店跡地に移転オープンとなりました。


中華そば

oninibo_yoshida_2.jpg

oninibo_yoshida_3.jpg

oninibo_yoshida_4.jpg


燕三条系背脂ラーメンスタイルの一杯です。

ただ、店名の通りに煮干しが鬼の様に効いているのが大きな違いです。
スタイル的には同じでも、煮干しを強烈に突出させているので、全くの別物と感じさせるトータルバランスです。

太麺の迫力も満点ですね。


味噌ラーメン

oninibo_yoshida_5.jpg

oninibo_yoshida_6.jpg

oninibo_yoshida_7.jpg


濃厚系な味噌ラーメンです。
味噌風味の強いスープと噛み応えの強い太麺の相性も良かったです。


燕三条中華そば 鬼にぼ 吉田店の詳細
posted by BBSHIN at 12:09| Comment(0) | 燕市

2021年01月19日

新店「ラーメン弐豚」が見附市にオープン!

見附市の新店情報です。

今回ご紹介するお店は、「ラーメン弐豚」です。

niton_open.jpg


写真を見ても分かる通り、デカ盛りで二郎インスパイア系です。

今日1/19オープンだった様です。

食べに行くのが楽しみですね!


新店ラーメン弐豚の詳細はこちら
posted by BBSHIN at 20:27| Comment(0) | 見附市

2021年01月18日

肉中華そば 赤シャモジ 桜木店

新潟市中央区、桜木インターすぐ近くにオープンした「肉中華そば 赤シャモジ 桜木店」へと行ってきました。

akashamoji_sakuragi_1.jpg


中華そば

akashamoji_sakuragi_2.jpg

醤油味と塩味があり、こちらは醤油となります。


スープ

akashamoji_sakuragi_3.jpg

肉と魚介素材でとったというスープは、あっさりで旨味たっぷりです。


麺は自家製の中太麺です。

akashamoji_sakuragi_4.jpg

チャーシュー麺にせずとも肉が4枚ものり、ボリューム満点です。
肉中華そばは、更なる肉っぷりなので、肉好きな方は是非!


野菜味噌ラーメン

akashamoji_sakuragi_5.jpg

akashamoji_sakuragi_6.jpg

akashamoji_sakuragi_7.jpg


濃厚系味噌スープと自家製太麺の組み合わせは迫力満点ですね。
たっぷりの野菜のボリューム感も良いですね〜


肉中華そば 赤シャモジ 桜木店の詳細
posted by BBSHIN at 20:25| Comment(0) | 日記

2021年01月16日

龍門 具材豊富な五目あんかけラーメン

新潟市西蒲区にある「龍門」へと行ってきました。

ryumon_1.jpg


五目あんかけラーメン

ryumon_2.jpg

ryumon_3.jpg

ryumon_4.jpg


あっさり醤油スープに細麺、各種具材が使われた五目あんがかかっています。

旨味強めのスープに具材の味が入ります。

中華料理店が提供する五目あんかけの定番スタイルの様な一杯でした。


とり肉ラーメン

ryumon_5.jpg

ryumon_6.jpg

ryumon_7.jpg


あっさり塩味のスープは旨味が強いですね。

麺は五目あんかけと同様の多加水細麺です。

タイトル通りに鶏チャーシューがのっていました。


龍門の詳細
posted by BBSHIN at 20:08| Comment(0) | 新潟市西蒲区

2021年01月11日

麺食堂 近江 豊富なメニューや各種セットを提供

新潟市中央区の「麺食堂 近江」へと行ってきました。

mensyokudou_oumi_1.jpg


こってり麻婆麺

mensyokudou_oumi_2.jpg

mensyokudou_oumi_3.jpg

mensyokudou_oumi_4.jpg

mensyokudou_oumi_5.jpg


タイトル通りにこってりとした味わいのマーボーメンです。

旨辛な麻婆餡やスープとご飯との相性が最高でした。
ご飯物、ライスを合わせて注文する事をお勧めします。


野菜たっぷり味噌

mensyokudou_oumi_6.jpg


濃厚系野菜味噌ラーメンでした。


海老あんかけ麺

mensyokudou_oumi_7.jpg

あっさりで旨味の強い塩スープ、そこにプリプリの海老等が入ったトロみある餡の組み合わせが絶妙です。


麺食堂 近江の詳細
posted by BBSHIN at 22:58| Comment(0) | 新潟市中央区

亜麺坊 新潟店 あっさりスープに各種野菜がのった8種野菜のタンメン

新潟市中央区、新潟駅内にある「亜麺坊 新潟店」へと行ってきました。

amenbou_1.jpg


8種野菜のタンメン

amenbou_2.jpg

amenbou_3.jpg

amenbou_4.jpg


あっさりスープに細麺、そして、タイトル通りに種類豊富な野菜がのっています。

強めの旨味に野菜の味がスープに染み込んでいます。


次はこちら

らーめん

amenbou_5.jpg

amenbou_6.jpg

amenbou_7.jpg


シンプルなスタイルのあっさり醤油ラーメンでした。


亜麺坊 新潟店の詳細
posted by BBSHIN at 21:15| Comment(0) | 新潟市中央区

2021年01月10日

タンメン食堂 ひっぺ 浦咲出身の店主が作る野菜たっぷりな一杯

新潟市西区の「タンメン食堂 ひっぺ」へと行ってきました。

hippe_1.jpg


こちらは、浦咲新潟駅前店で働いていた方が、古町でラーメン居酒屋ろまんを開業した後、移転リニューアルする形で開いたお店です。


看板メニューはこちら

野菜タンメン

hippe_2.jpg

hippe_3.jpg

hippe_4.jpg


あっさりスープに細麺、そこにたっぷりの野菜がのった一杯です。

出汁感と野菜の旨味が良いですね〜

重たさがなく、野菜もたっぷりで、ヘルシー感満載な一杯でした。


野菜味噌ラーメン

hippe_5.jpg

あっさり味噌スープの一杯です。

タンメンの味噌スープ版の様なスタイルでした。


煮干ラーメン

hippe_6.jpg

あっさりで煮干しが香るスープが良いですね。


タンメン食堂 ひっぺの詳細
posted by BBSHIN at 10:15| Comment(0) | 新潟市西区

2021年01月09日

麺屋 まほろ芭 蒲田駅近くの淡麗系醤油

東京都、蒲田駅近くにある「麺屋 まほろ芭」へと行ってきました。

mahoroba_1.jpg


食べに行ったのは11月中旬頃です。
東京に行く必要があった際に食べに行きました。
現在は1都3県に緊急事態宣言が出ている為、新潟から東京に食べに行く事は出来ませんが、コロナが収束し普通にラーメンを食べる事が出来る日が早く来て欲しいですね。


券売機には、
・濃厚海老煮干そば
・泥煮干中華そばバカニボ
・濃厚牡蠣煮干そば牡蠣ニボ
など魅力的な各種メニューがありましたが、私が行ったタイミングでは多くが売り切れとなっていました。
恐らく濃厚系がスープ切れ、あっさり清湯のみの提供になっていたのかと。

という事で注文したのはこちら

旨味だし淡麗中華そば 醤油

mahoroba_2.jpg


スープ

mahoroba_3.jpg


あっさり醤油味のスープです。
深みある旨味となっており各種素材の味がしっかりと詰め込まれている様に感じます。
バランス良く配合されている様で、何かが突出することなく、素材の輪郭を感じさせずにうまくまとまっているという印象です。

↑は食べた時にメモしていた内容ですが、しばらく経ち撮影した説明書きを見ると、煮干・昆布・鰹節・干しシイタケ・鶏からとった清湯と別炊きのアサリ出汁のWスープにトリュフソースを加えたスープとのこと。




mahoroba_4.jpg


綺麗に整えられた麺は、中細位の太さでぱっつり食感が淡麗系スープと良く合っていました。


テーブル調味料

mahoroba_5.jpg

山椒オリーブオイルが良いアクセントとなります。

機会あれば濃厚スープも試してみたいですね。


麺屋 まほろ芭の詳細
posted by BBSHIN at 21:19| Comment(0) | 東京都

樺太屋 田上町で食べられる手打ち麺

田上町の「樺太屋」へと行ってきました。

karafutoya_1.jpg


こちらのお店は竹踏みの手打ち麺を提供している事で有名なお店です。

チャーシューメン

karafutoya_2.jpg

karafutoya_3.jpg

karafutoya_4.jpg


あっさり醤油味のスープに中細位の太さの麺が良く合います。

手打ちという事で、多加水でツルツルもっちりとした食感に仕上がっています。

脂感少な目のチャーシューも全体的なバランスを崩さず、スープ麺に合っていて美味しいですね。


カレーラーメン

karafutoya_5.jpg

karafutoya_6.jpg

karafutoya_7.jpg


あっさりスープにカレーがかかるカレーかけタイプのカレーラーメンです。
家庭的なスタイルのカレーとスープの相性はとても良かったです。


樺太屋の詳細
posted by BBSHIN at 11:41| Comment(0) | 田上町

2021年01月05日

越後つけ麺 維新 豚の旨味がストレートに楽しめる「つけとん」

湯沢町にある「越後つけ麺 維新」へと行ってきました。

echigoishin_tsuke_1.jpg


こちらのお店は、つけ麺メインのお店とラーメンのみのお店が併設されています。

つけ麺の方では、ラーメン専門の方で提供している「越後塩麹みそらーめん」「醤油らーめん」も提供しているので、つけ麺店に行けば両方楽しめる様です。

ただ、つけ麺店の方はカウンターのみとなっており、ラーメンの方はテーブル席があるので、複数人で行くなら、ラーメン店の方が良いのかもしれません。


つけとん

echigoishin_tsuke_2.jpg

echigoishin_tsuke_3.jpg

echigoishin_tsuke_4.jpg

echigoishin_tsuke_5.jpg


つけ麺というと、大抵魚介が効いていたり、強めの甘みや酸味があったりするものですが、こちらは、動物系白湯の味が前面に出ています。
こういうバランスのつけ麺は珍しいですね。

また、麺もガッシリ太麺というよりは、多加水でもっちり感が強く、滑らかな質感が特徴的でした。

独特なバランスのつけ麺なので、機会があればお試し下さい。


越後つけ麺 維新の詳細
posted by BBSHIN at 21:26| Comment(0) | 湯沢町

2021年01月02日

上海亭 豚肉角煮ラーメン

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は、見附市の「上海亭」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

見附市にある「上海亭」へと行ってきました。

shanghaitei_1.jpg


場所は、見附小学校近く、見附市の銭湯「ほっとぴあ」の裏手にあります。

小生が注文したのは「豚角煮ラーメン」

shanghaitei_2.jpg


大きい豚肉が2枚ドンと乗っており、食べ応え十分な見た目です。
スープはとろみがかかっており、トッピングはほうれん草です。


麺は細麺ちぢれ。

shanghaitei_3.jpg


重そうな雰囲気ですが、スープはあっさりしてほんのり甘く、豚肉も柔らかく煮込んであります。

色んなメニューがあるので、また他の品もチャレンジしてみたいです。


上海亭の詳細
posted by BBSHIN at 20:48| Comment(0) | 見附市

レストラン三宝 新潟黒埼本店 旨味たっぷり「五目うま煮めん」

新潟市西区、黒埼インター近くにある「レストラン三宝 新潟黒埼本店」へと行ってきました。

sanpou_kurosaki_1.jpg


行ったのは少し前の事です。
もう終わってしまいましたが、GOTOイート加盟店という事もあり、予約し食べに行ったのでポイントがもらえました。


まずはこちら

五目うま煮めん

sanpou_kurosaki_2.jpg

sanpou_kurosaki_3.jpg

sanpou_kurosaki_4.jpg


あっさりスープは各種素材がのり盛りだくさんですね。

素材の味がスープに移っているのもあると思いますが、それ以上に強い旨味を感じます。
結構前に食べた時にハッキリした旨味に変化したという印象です。
普通に出汁とってもなかなかこうした旨味にはならないレベルの印象的な味ですね。
個人的に自作で試した際に、あっさり清湯にラーメン店などでも使われている業務用調味用の海醤(ハイジャン)というシーソース(カニ・カキ・帆立・アサリ等の魚介類の旨味)を加えてみた時の味に良く似ていました。

たくさんの素材の旨味が詰め込まれた様なあっさりスープは、飲み応え満点でしたね。


酸辣湯麺

sanpou_kurosaki_5.jpg

sanpou_kurosaki_6.jpg

sanpou_kurosaki_7.jpg


酸味と辛味が効いたスタンダードなタイプのサンラータンメンです。
こちらもハッキリとした味で美味しかったですね!


レストラン三宝 新潟黒埼本店の詳細
posted by BBSHIN at 14:34| Comment(0) | 新潟市西区

中国料理レストラン 慶楽 胡麻風味辛子タンタン麺

新潟市中央区、新潟グランドホテル内にある「中国料理レストラン 慶楽」へと行ってきました。

keiraku_1.jpg


ホテルにある中国料理店という事で、値段設定は高めですが、その分高級感ある店内の雰囲気と各種料理を楽しむ事が出来ます。

まずはこちら

胡麻風味辛子タンタン麺

keiraku_2.jpg

keiraku_3.jpg

keiraku_4.jpg


あっさり系の担々麺です。

サラリとしたスープはあっさりですが、程よいコク深さと辛味があります。
多加水の細麺との相性も良いですね。

各種具材の食感も良かったです。


野菜のあんかけスープそば

keiraku_5.jpg

あっさりスープの五目あんかけ麺です。
野菜等の具材が豊富なのが良いですね。


中国料理レストラン 慶楽の詳細
posted by BBSHIN at 12:28| Comment(0) | 新潟市中央区

2021年01月01日

中国料理 家和 スパイシーな麻婆麺と酸辣湯麺

燕市、分水エリアにある「中国料理 家和」へと行ってきました。

kawa_1.jpg


麻婆豆腐麺

kawa_2.jpg

kawa_3.jpg

kawa_4.jpg

辛みとスパイシー感がかなり主張しています。
トロみがあり、麻婆あんが麺にしっかりと絡むのも良いですね。

食べ進むと、あっさり清湯スープに麻婆餡の味が徐々に染み渡ってきます。


五目麺

kawa_5.jpg

スタンダードなスタイルの五目麺ですね。


酸辣湯麺

kawa_6.jpg

酸味と辛味、そして胡椒?がかかりスパイシーなサンラータンメンでした。


中国料理 家和の詳細
posted by BBSHIN at 13:02| Comment(0) | 燕市