2014年06月21日

麺マッチョ カレーラーメン(野菜マッチョ増し)

新潟市東区、赤道沿いにある「麺マッチョ」

men_macho_201406_1.jpg


今年の春にオープンし、デカ盛り系のラーメンが話題となっていました。
オープン時は凄い行列となったらしいですね。


お店の前には「キン肉マン」の等身大フィギアが置いてあります。

men_macho_201406_2.jpg


店内の待合席には7〜8人が待っていました。
並び順を記入するボードがあったので、店外で並ぶ場合も一旦はお店に入り記入する様です。

野菜を茹でたり、盛ったりするのに時間がかかるのか、提供には麺茹で以上の時間がかかっており、また、お客さんのグループの中で野菜の盛りを良くし過ぎた人がいると、残りの人は食べ終わっているのに、その一人を待つ事で1テーブル全体が待っている様に見受けられます。
この辺りが回転の遅さに繋がっているのかもしれませんね。
野菜を増やしても値段が同じという事がチャレンジ精神に火を付けている可能性も大かと思います。


そして、私もチャレンジ精神に火を付けられ注文してみました手(パー)

カレーラーメン(野菜マッチョ増し)

men_macho_201406_3.jpg


かなりの盛りです。
凄まじいですね〜

そのまま食べようとすると雪崩れがおきてテーブルを汚してしまいそうなので、取り皿をもらい崩してから食べました。

小さめの取り皿に野菜を取り分けましたが、それでもボリュームが凄く、なかなか麺やスープまで辿り着けず、かき混ぜる事も出来なかったので、茹で野菜をそのままの味で頑張って食べていると、やっと麺に遭遇する事が出来ました。

men_macho_201406_4.jpg


野菜の水分もあってか、味が結構薄めです。
以前食べた時は、味が薄めだと感じたので次回はカラメにしようと思ってましたが、カレーでカラメというのが想像出来なかったので今回も普通にしたのが失敗でした。
このスタイルだとカラメ増しにすると醤油ダレが追加されるのでしょうか?
そうする事でしょっぱさと旨味が追加され、もっと美味しくなると思います。

テーブル備え付けのラーメンタレがあると、味の調節や、盛りが良い野菜の序盤の味の無さが解決しそうなんですけどね。

お腹が空いていた事もあり、それ程時間をかけずに麺と野菜は食べきる事が出来ました手(チョキ)



もう一品はまぜそばにしました。

men_macho_201406_5.jpg


こちらは、味が濃い目のタレが丼の底にたまっており、混ぜながら食べます。
ハッキリとした味で食べやすく美味しいですね。
マヨネーズ、タマネギ、カツオ節などが変化をもたらし、飽きる事なく食べる事が出来ます。

マッチョ盛りから取り分けた取り皿の野菜はコチラのタレに漬けて食べましたが、こっちの方が美味しかったです。
やはりこういうジャンルにおいて「味の濃さ」というのは重要な要素なのだと再認識しました手(パー)


色々な注文方法が出来るお店なので、「今回は好みに合わなかったから、次回はこうしよう」といった具合に、通う事で自分なりの味を見つける楽しさもあるのかもしれませんね。


麺マッチョの詳細
posted by BBSHIN at 10:31| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。