2014年08月02日

麺場 ふうらいぼう

長岡インターの近くにオープンしたばかりの「麺場 ふうらいぼう」へと行ってきました。

furaibou_nagaoka_1.jpg


こちらのお店は、柏崎市の人気店「麺場 風雷房」の2号店とのことです。
麺場 風雷房は、以前行った時、鶏スープのラーメンが美味しかった記憶があるので、雑誌でこちらのお店のオープン情報を見て、すぐに食べて行こうと思いました。


外観(駐車場側)

furaibou_nagaoka_2.jpg

お店の外側には足場があり、まだ外装工事中なのかと思いましたが、店内の装飾にも足場が使われており、また、店員さん達も作業着を着ているので、コンセプトは「作業場で提供するラーメン」なのかなと思いました。


注文したのは、「芳醇追い鶏節しおらーめん」です。

furaibou_nagaoka_3.jpg

furaibou_nagaoka_4.jpg


あっさりだけど動物系の出汁感が強く、味の濃いスープは美味しいですねるんるん
全粒粉を使用したという麺は、独特の食感で、若干うどん的な感じもありますが、個人的に好みのタイプの麺です。
説明を見ると魚介をほとんど使わず動物系メインとありましたが、イメージとしては、和風うどんに近い感じかと思います。

動物系の旨味が強いスープに、油が風味をプラスし、トータルバランスが良いですね。

そして、途中で濾し網に入った鶏節を追加します。

furaibou_nagaoka_5.jpg


鶏節はカツオ節の様な見た目で、スープに漬けずに食べてみると、一瞬カツオ節を食べているのかと錯覚しながらも、少し遅れて広がる味が鰹ではなく鶏の味でした。
普段食べているカツオ節の特徴の大きな部分は製法からくるものなのだなと思いました。

スープに漬けてみると、劇的な味の変化はありませんでしたが、程よく節の香りが広がり、マイルドな味の変化が、飽きる事なく最後まで美味しく食べさせてくれますぴかぴか(新しい)


淡麗しょうゆらーめん

furaibou_nagaoka_6.jpg

furaibou_nagaoka_7.jpg


あっさりだけど深い醤油ダレが印象的でした。

淡麗系を出すお店は、塩は美味しいけど、醤油はイマイチというケースが多々ありますが、こちらのお店はむしろ醤油の方が美味しいかなと感じる位の出来の一杯でした。
醤油の深みを出しつつも、醤油に支配されない絶妙なバランス感が良かったですね。
油の使い方などが上手いのでしょうね。


テーブルにはウーロン茶とジャスミン茶のブレンド茶が置いてあります。

furaibou_nagaoka_8.jpg


保温性の高いコップが使われており、冷たい飲み物を注いでも手が冷たくなりません。
こういう部分にもしっかりとした配慮がしてあったりと、トータルでレベルが高いお店だなと感じました。


麺場 ふうらいぼうの詳細
posted by BBSHIN at 08:23| Comment(0) | 長岡市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。