2014年08月02日

滋魂 中華そば(鬼脂)

新潟市東区の人気店「滋魂」へと行ってきました。

jikon_201408_1.jpg


駐車場は満車、店内も満席と相変わらず大人気ですね。


この日は、県外出身の二人の先輩にお勧めのラーメンを紹介する事になり、お店を考えていたところ、

まず一人からは
・背油がかかっているものが良い

そして、もう一人からは、
・動物系の出汁が濃いものが良い → トロみの強いドロドロとした濃厚白湯はダメ
・煮干し等の乾物が強く効いているものは好みではない

という話を聞きました。

今回の二人の要望を同時に満たすお店を考えるのはなかなか大変でしたが、ふと頭に浮かんだ滋魂に行く事にしました。

まず、一人目は「背油を・・・」という話があったので、背脂中華を注文するかと思いきや、野菜味噌ラーメンを注文していました。
新潟にやってきて燕三条系の背脂ラーメンを気に入った訳ではなく、東京の背油チャッチャ系をイメージしていたとの事でした。

野菜味噌ラーメン

jikon_201408_2.jpg


香ばしく、旨味が強く、また、野菜の甘味もあり、とても印象に残るスープです。
先輩も「これは美味しい」と満足してくれていた様でしたるんるん


続いて二人目

こちらはなかなかやっかいです。
色々な飲食店を食べ歩いており、舌が肥えている上に、ストライクゾーンも狭いです。

「最近のラーメンに良くある強すぎる煮干し出汁が嫌い」
と言っていたのと、油が多過ぎるものはダメだけど、味が濃くコッテリとしたものが良い、という難題を出してくるので、こちらのお店のタンメンをお勧めする事にしました。

タンメン

jikon_201408_3.jpg


元々出汁の強く出たスープに、野菜の甘みなども加わり、重層感ある味わいで、油はそこまで強くはないけど、コッテリ感があるレベルだと思います。

先輩の感想としては
「ちょっとしょっぱ過ぎではあったが、味も濃くて美味しかった」
と満足して頂けた様でした。
それにプラスして二人からは
「食べ物が比較的しょっぱめで、量が多いのは新潟の飲食店に共通した特徴だ」
との事でした。こういった話を県外出身者から聞くのは、もう4,5回目でしょうか。


ちなみに、私が食べたのはコチラです。

中華そば(鬼脂)

jikon_201408_4.jpg

jikon_201408_5.jpg


普段であれば鬼脂とかはしないのですが、「新潟にはこういう物ものもある」という事を二人に見てもらおうと思い注文してみました。
少しスープを試食した二人は
「かなり油が多い」
「トロトロとしている」
「さすがにこれを全部食べるのはキツい」
との事でした。

レンゲで下からスープをすくうか、食べ進めて油が減るまで、しょっぱさをほとんど感じない程でした。
個人的にも、やはり鬼脂は厳しいかなと感じつつも、それでも美味しいのがさすが滋魂といったところでしょうか。
といっても普段食べるのであれば、普通か、せめて大脂までですねたらーっ(汗)


難しいハードルもクリア出来、美味しいラーメンを食べる事が出来たので大満足です手(チョキ)


滋魂の詳細
posted by BBSHIN at 23:05| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。