2014年08月29日

大砲ラーメン 新潟伊勢丹 秋の大九州展

新潟伊勢丹で開催されている「秋の大九州展」へと行ってきました。

201408kyusyu_1.jpg


お目当てはこちら

「大砲ラーメン」

201408kyusyu_2.jpg


ちなみみ、以前九州ラーメン食べ歩き旅行に行った際に、こちらの本店に行きましたが、濃厚な豚骨ラーメンが印象的だったのを今も覚えています。

大砲ラーメンの食べ歩き記事はこちら


まず、注文したのは数量限定という「昔ラーメン」です。

201408kyusyu_3.jpg

201408kyusyu_4.jpg


丼が運ばれてきた瞬間に漂う豚骨臭はかなり強烈ですあせあせ(飛び散る汗)

スープを一口飲むと、、

豚骨全開ダッシュ(走り出すさま)
かなりの濃厚で豚臭溢れるスープです。
ここまでのスープを提供しているお店は新潟ではありませんね。

麺は福岡の豚骨ラーメンの定番の低加水ストレート細麺です。
イベントなので替え玉は無かったっぽいですが、普通なら大抵の人が替え玉をする様なラーメンですね。

「カリカリ」は、本当にカリカリとしており、食感を楽しめて良いですねぴかぴか(新しい)

店員さんに普通のラーメンとの違いを聞いてみると、揚げ玉が入ってるかどうかだけではなく、スープのベースが違ってコッテリになっているとの事です。

以前のブログ記事を見返してみましたが、その時は「スープにザラつきを感じる」的な表現をしていましたが、今回は全く感じませんでした。
あと、「カリカリ」がカリカリしてなかったと書いていますが、今回はしっかりとカリカリしていました。

個人的な感想では、味、香りともに記憶に残っているものとほぼ一緒という印象です。
以前、別のイベントで九州の名店が参加した際、お店で食べるものと全然違うものが出てきてガッカリした記憶がありますが、こちらのお店は、しっかりとしたものを出してくれていると思いました。


テーブル備え付けの紅生姜と辛味噌

201408kyusyu_5.jpg


行列も収まっていたので、もう一杯注文することに

ラーメン

201408kyusyu_6.jpg


店員さんが
「昔の方がコッテリしてます」
と言ってますが、こちらも十分コッテリと濃厚な味わいです。

味の基本的な部分はほぼ変わらないのかなという印象です。

カリカリを作る際の豚脂を、一方のスープには乳化させる形で溶け込ませてコッテリさせているのでしょうか?

その辺りの部分は食べただけでは分かりませんが、とりあえずラーメンは旨かったです手(パー)

新潟でこれだけの豚骨ラーメンを食べられる機会というのは、そうそう無いと思うのでこの機会に是非行ってみる事をお勧めします手(チョキ)


新潟伊勢丹 秋の大九州展 大砲ラーメンの詳細


ちなみにせっかく九州の美味しいものが揃ったイベントなので、ラーメンを食べる以外にも色々なものを購入しましたひらめき

新潟伊勢丹 秋の大九州展についてのブログ記事はこちら
posted by BBSHIN at 02:27| Comment(2) | グルメイベント
この記事へのコメント
懐かしいですね。
出張で久留米の店で食べました。
おいしかったです。
ただ、地元の人に言わせると「これ、ちょっと違う」とのこと。

理由は「本来の久留米ラーメン」は「豚骨臭さ」のあるスープであるはず、と。
その点、大砲ラーメンは他地域の人が苦手な「ワイルド系臭さ」はありません。
他地域の人の舌にも合うと思います。

それと私が久留米ラーメンを食べ歩いて驚いた「安い」こと。
人気店のほとんどは3百円台から4百円台。

それに対して大砲ラーメンは100円ほど高かったと記憶しています。
今回の大九州展の値段をみると、やっぱり「ショバ代」について考えさせます。

余談ですが、現在福島に単身赴任していますが、美味しいラーメンになかなか出会えません。
新潟の人は幸せだと思います。
ちょっとしたラーメン屋でも充分美味しいですから。
Posted by クマさん2号 at 2014年08月30日 21:59
>クマさん2号さん

コメントありがとうございます。
「ワイルド系臭さ」というのは分かる気がします。
安価で強烈な豚骨ラーメンを提供してるお店は、こちらのお店の豚臭さとは違い、普通の人なら嫌がりそうな臭いをしていたと思います。
例えば、血抜きをしてない豚骨のアクを取らずにスープに閉じ込めた様な印象を受けました。

ただ、新潟ではそんなラーメンはまず無いので、今回のこのラーメンに驚く人も恐らく多いのではないかなと思います。
事実、私も久しぶりに食べてこのラーメンのスープの臭いにインパクトを受けました。

新潟のラーメン屋さんで見た中では、最初の豚骨はしっかり血抜きするけど、追加分はそのまま投入しアクも取らないというのを見た事がありますが、豚骨の量や煮込み時間、フタの開け閉めなどの他に、血抜き、アク取りの度合いによっても変わるのかなと思いました。
Posted by bbshin at 2014年08月30日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。