2014年09月23日

麺や吉風 新大前店

新潟市西区に新規オープン「麺や吉風 新大前店」へと行ってきました。

kippu_shindai_1.jpg


7月にオープンしたフレスポ赤道店に続く2号店です。
東区と秋葉区に2店新規オープンの「ふじの」もそうですが、新規店が2店一気に出来るというのは前代未聞の事ですよね。

同じ建物には、先日掲載した「らーめん八起」があります。

kippu_shindai_2.jpg


「ら麺のりダー」「中華そば石黒」「俺のラーメンジョー」「らー麺鯛あたり」など、だるまや出身のお店から花輪が出ています。

kippu_shindai_3.jpg


らーめん(あっさり)

kippu_shindai_4.jpg

kippu_shindai_5.jpg


あっさりとしたスープに中細麺です。
赤道店で食べた時にのっていたレンコンが無くなっていました。

チャーシューは細長く大きいものが一枚のっています。
食感は柔らかく、味が良く染みています。

赤道店同様、動物的な香りが漂っていましたが、強烈な香りだった前回と比べ、今回はそこまででもありませんでした。
前回食べたものは、うっかり臭みを残してしまった的な一杯で、内心完成度が低いと感じていましたが、今回のものは、その弱点をしっかりと消し、完成度を上げてきたという印象です。
赤道店の方は行ったのがオープン直後という事もあったので、恐らく現在は改善されているのではないでしょうか。

美味しいあっさりらーめんでした手(パー)


野菜らーめん(あっさり)

kippu_shindai_6.jpg


「こってり」を注文しようと思っていたのですが、うっかり「あっさり」を注文してしまいました。
「あっさり」「こってり」があるお店で、こういうミスをしてしまったのは初めてかもしれません。

「こってり」は背油が浮いたタイプらしく、恐らく赤道店で出している麺が太めの背油醤油と同様のものなのかなと思います。

今回のあっさり野菜は、たっぷりの野菜がのっており、その野菜をスープで煮たのかスープの味が普通のあっさりらーめんとは異なる味わいとなっていました。
普通のあっさりで少し感じた動物臭は全くしませんでした。
野菜の臭み消しの力はさすがですね。
このスープ量に対して、この量の野菜を使えば当然の事ではありますが。

上にはおろし生姜がたっぷりとのっており、終盤は味が変化してきます。

たっぷりの野菜でサッパリ感を得る事が出来るので、恐らくスープは「こってり」を選んだ方が全体のバランスが良いのではないかなと思います。
「あっさり」の方もたくさんの野菜を後味良く食べられるので良かったですけどね。


吉風丼

kippu_shindai_7.jpg


肉には酸味的な味付けがしてあったでしょうか。
ラーメン屋のサイドメニューとして食べるには初めての味でした。
美味しかったですね。


餃子

kippu_shindai_8.jpg


モチモチの皮にキャベツ、ニンニクなどの具が入っています。
恐らくキャベツでしたが、カットが大きめになっており、シャキッっという歯応えが良かったですね。


麺や吉風 新大前店の詳細
posted by BBSHIN at 21:21| Comment(0) | 新潟市西区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。