2014年09月28日

滋魂 空前絶後のチキン オンザ・カレーらーめん(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

新潟市東区の滋魂へと行ってきました。

jikon_201409_1.jpg


こちらのお店は、2011年、2012年と過去に2度グランプリに輝いたお店です。

ストロング味噌つけ麺(2011年)

禁断の特濃みそらーめん(2012年)

昨年のオキテ破りのグラン・ソルト(2013年)も3位に輝くなど、今回も優勝候補の筆頭に挙げられるお店です。


そんな滋魂が送り出す一杯はこちら

空前絶後のチキン オンザ・カレーらーめん

jikon_201409_2.jpg

jikon_201409_3.jpg


まず、大胆なネーミングが特徴的ですよね。
「禁断の」「オキテ破りの」に続いての「空前絶後の」ですから。。
新たな領域に踏み入るという意味で、次は「人類未踏の・・・」とかだったりしてたらーっ(汗)

まずは、スープを一口飲むと、コクのあるカレー風味を感じます。
スープにはトロみがあるので、麺にしっかりと絡みついてきます手(パー)

そして、テーマの「肉」には鶏の唐揚げをもってきました。

カリカリの唐揚げを、スープに浸かっていない部分は、食感を楽しみつつも、ひたされた部分はカレー味との融合を楽しめます。
これが何ともいえず良いんですよねるんるん
原理は簡単で、昔から慣れ親しんでいるカツカレーの様なものです。
単純なやり方ではありますが、斬新さと懐かしさを同時に体感させてくれます手(チョキ)

2色のパプリカとピーマン、白いタマネギなど、色彩が実に豊かで、盛り付けなどの見た目が、食べる前の期待感と満足度に与える影響が大きい事をあらためて実感させてくれます。


滋魂の今までの傾向からいくと、バトルラーメンとしては、カレースープに強烈な風味の香味油でも重ねてくるのかなと思っていましたが、そこの部分は思いの他シンプルで食べやすいバランスに仕上げてきたという印象です。

お店に今回のラーメンについての質問はしていないので、実際のところは分かりませんが、プラス50円で追加される半ライスも考慮してのバランスなのかなと思われます。
通常サイドメニューは注文しない事と決めていますが、バトルラーメンメニューに「半ライスは+50円」と書いてあるので、そこも含めてバトルに対してのお店が提供するサービスと考え、注文する事としました。

半ライス

jikon_201409_4.jpg


スープをライスにかけても良し、ライスを投入し穴開きレンゲで食べてもヨシ。

トータルで最後まで飽きずに美味しく、お腹いっぱいにしてくれる逸品だと感じましたぴかぴか(新しい)


野菜味噌らーめん

jikon_201409_5.jpg


相変わらず、強い旨味のスープに加わる野菜の美味しさ。
表面の油も含めたトータルのコッテリ感、少ししょっぱめと感じさせるスープはインパクト抜群ですねひらめき


滋魂の空前絶後のチキン オンザ・カレーらーめんについて

滋魂の詳細
posted by BBSHIN at 00:19| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。