2014年10月01日

ラーメン亭 孔明 長潟店 台湾つけめん(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

新潟市中央区、弁天インター近くにある「ラーメン亭 孔明 長潟店」へと行ってきました。

koumei_201409_1.jpg

ラーメン亭 孔明 長潟店は前回のラーメンバトルで、かなり辛味が効いた野菜つけ麺で参戦してきました。

つけ麺 赤(2013年)


かなりの辛さに驚いた記憶が今でも残っています。

そんな孔明の今回のバトルラーメンはコチラ

台湾つけめん

koumei_201409_2.jpg

koumei_201409_3.jpg


前回に引き続き、今回も辛いつけ麺で勝負に出てきましたダッシュ(走り出すさま)

魚介の効いたあっさり味のつけダレに、辛味の効いた挽肉がたっぷりと入っています。
つけダレには、挽肉以外のもモヤシとニラなどが入り、ゴマも浮いていたでしょうか。

挽肉の辛味がスープに徐々に溶けてくる事で味に変化が起こり、次第に魚介を感じなくなり、強い辛味のあるスープへと変貌します爆弾
といっても、前回程の辛さではなく、結構な辛味ながらも辛味が苦手な人でも食べられそうなレベルの辛さかと思います。
もし、それでも辛いという方は割りスープで薄めると良いでしょう手(パー)

麺は「あつもり」と「ひやもり」が選べたので、「ひやもり」を選択しました。
太麺をつけダレに漬けると、辛さがたっぷりと絡みついてくるので、飽きる事なく頂く事が出来ます。
麺の上にのった甘いクコの実が良い箸休めとなりますぴかぴか(新しい)

ラストは割りスープで薄めて飲んでも良し、または、穴開きレンゲで挽肉、モヤシなどの具をすくって食べても良し。

辛味のインパクト抜群のつけ麺でした手(チョキ)


らーめん

koumei_201409_4.jpg

koumei_201409_5.jpg


あっさり魚介の効いたスープは美味しいですねるんるん

程よく油が浮き、柔らかく味の良く染みたチャーシューがのっていたりと、あっさりながらも食べ応えがある仕上がりです。

以前と変わらぬ安定した美味しさを持つ一杯でしたぴかぴか(新しい)


ラーメン亭 孔明 長潟店の台湾つけめんについて

ラーメン亭 孔明 長潟店の詳細
posted by BBSHIN at 20:13| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。