2014年10月04日

らぁ麺 武者気 豚バラ × 豚モツ辛つけ麺(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

長岡市にある「らぁ麺 武者気」へと行ってきました。

mujaki_201410_1.jpg


コチラのお店に行くのは今回で2度目です。
前回行った際には、魚介の効いた醤油ラーメンと辛味噌ラーメンが美味しかった記憶があります。

前回らぁ麺 武者気に行った際の記事

当時は大盛り100円でしたが、10円のサービス価格に変更されていました

地元の人々にも人気が出ているらしく、この日は満席で店内の待合スペースにも多くの人が待っていました。

途中でメニューを配ってもらえるので、特に待たされている感じはありません手(パー)
店員さん達も元気良く動いており、お店自体から活気を感じます。


そんな長岡の人気店「らぁ麺 武者気」のバトルラーメンはコチラ

豚バラ × 豚モツ辛つけ麺

mujaki_201410_2.jpg


麺は「あつもり」と「ひやもり」があり、店員さんがお勧めは「ひやもり」と言っていました。
元々「ひやもり」にしようと思ってはいましたが、お勧め通り「ひやもり」を頂くことに。

mujaki_201410_3.jpg


パっと見、真っ赤なスープと、たっぷりと盛りつけられた「肉」が特徴的です。

ストレートに辛さが伝わるスープに、肉や麺をひたして食べると、それぞれに辛さが移り、食欲をかきたててくれますぴかぴか(新しい)

麺は歯応えの良い太麺でした。

定番のチャーシューの他、味付けられた豚バラ肉、豚モツと3種の「肉」がのり、ボリューム満点で食べ応え抜群、かつ、辛く印象的なつけダレもあってか最後まで飽きる事はありません手(チョキ)


お願いすると割りスープをもらえます

mujaki_201410_4.jpg

まずは薄めずに割りスープを単独で飲んでみると、エグくないレベルでしっかりと味が出ている魚介スープでした。

「辛つけ麺のスープが辛過ぎる」
という人は序盤からお好みの辛さまで薄めて食べると良いかなと思います。
私は特に問題なかったので、麺を少し残し普通の辛さで食べた後、最後の一口を割りスープで薄めてから食べてみましたが、食べやすくまた、美味しく頂く事が出来ました。

こういう辛さが前面に出たスープの場合、特に「割りスープを混ぜた事により動物系が薄まりボディが弱くなる」といった様な心配をする必要はなく、お好みの辛さに調節をする事で無理なく美味しく頂く事が出来るのかなと思います。

刺激的で美味しいつけ麺でした手(チョキ)


以前から気になっていた「武者気RED」を注文してみました。

mujaki_201410_5.jpg

mujaki_201410_6.jpg


もの凄く辛そうに見えますねあせあせ(飛び散る汗)

しかし実際飲んでみると、見た目程の辛さはなく、飲みやすいスープだという印象です。

今回のつけ麺の方が辛かったかな?
辛さがダイレクトに伝わるつけ麺に比べ、こちらはスープに酸味があり、独特の飲み心地になっているという印象です。
白菜、ニラ、にんじん、きくらげ、ネギなどが入っており、スープには唐辛子が浮き、酸味もあるので、若干キムチと似た雰囲気を出しています。

独特の味わいを持つ一杯でしたひらめき


らぁ麺 武者気の豚バラ × 豚モツ辛つけ麺について


らぁ麺 武者気の詳細
posted by BBSHIN at 20:53| Comment(0) | 長岡市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。