2014年11月10日

らー麺 羽屋

南魚沼市にある「らー麺 羽屋」へと行ってきました。

haneya_1.jpg


こちらのお店、以前はらー麺てつやの名前で営業していましたが、色々と事情があり「らー麺 羽屋」と改名したとの事です。
店名は変わりましたが、以前と同じ様な営業スタイル、メニューでやっている様ですね。


まずは、友人が注文した「しょうゆ」

haneya_2.jpg

haneya_3.jpg


こちらの地域によるあるタイプの醤油が色濃く出たあっさりスープです。
魚介系の出汁も使われているでしょうか。

麺はモッチリ系で中太位の太さです。

トッピングとしては、食感が良く程よく味の染みたチャーシュー、極太メンマ、青菜、ネギです。

昔ながらの地域の味とも、新しい味の淡麗系醤油とも、どちらとも取れる様な美味しい一杯ですねぴかぴか(新しい)


テーブル調味料で味の変化も楽しめます。

haneya_4.jpg


黒胡椒、唐辛子、ゆず塩(ハーブ、スパイス入り)、しょうゆラーメンのタレが置いてありました。


こってり塩

haneya_5.jpg


器の表面にはきめ細かな背脂が浮き、スープはライトな白湯スープです。
メニューにあっさりスープと白湯スープを合わせていると書いてあるので、ライトな感じになっているのでしょう。
ただし、ライトといっても下のスープの話で、表面に多めの背脂が浮いているので、全体的には結構コッテリした仕上がりです。

スープの方は醤油に比べるとシンプルな塩ダレでしょうか。
背脂の甘味が際立ちます。
あっさりスープと白湯を合わせたといってもあっさり醤油の時に感じた味は前には出ていなく、浮いた背脂も含め、ほぼ動物系なスープです。
かなりストレートな味わいの一杯で、個人的好みでいえば、醤油の深みとタレの旨味が活きた「こってり醤油」の方が好きな味でした。

試しに「こってり塩」に軽く醤油ダレを入れてみたところ、当然結構しょっぱくはなりましたが、スープの風味的にはだいぶ好みの味になりました。
味の濃さの調節が可能らしいので、塩ラーメンを薄味で注文し、醤油ダレで調節すると、塩ダレ、醤油ダレのブレンド状態になり面白いかなと思いました。
醤油ダレをテーブル常備にしている以上、お店的にもそういう味変はアリなのかなと思います。
あっさり塩+醤油なんかも美味しそうですね。
(あくまで想像です手(パー)


2杯ともしっかりと丁寧に作られたラーメンという印象で、とても美味しかったでするんるん


機会あれば、つけ麺や味噌ラーメンなども試してみたいですね。
限定の「てつ二郎」なるメニューも気になりますひらめき


らー麺 羽屋の詳細
posted by BBSHIN at 22:44| Comment(0) | 南魚沼市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。