2014年11月29日

麺マッチョ 辛味噌ラーメン(野菜増し増し)

新潟市東区の「麺マッチョ」へと行ってきました。

men_macho_201411_1.jpg


今回は、2、3ヶ月前よりこちらのお店が使用する麺が丸榮製粉藤屋製麺所が粉の配合などを試行錯誤し共同開発した特注麺に変わっていたという話を聞き食べに行ってみる事に。


特注麺はコチラ

men_macho_201411_6.jpg


今回写真は撮れませんでしたが、特注麺の粉はマッチョのロゴが印刷された専用の袋に入っているとの事。
いずれはお店にも掲示されるのでしょうか?



今回注文したのは、辛味噌ラーメン(野菜増し増し)です。

men_macho_201411_2.jpg


想像していたものより盛りが良く驚いてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
以前食べたマッチョ増し程ではないにせよ、かなりの迫力でした。

野菜の他に、にんにく、油、鰹節、しょっぱさが価格が変わらず調節可能なので、今回は野菜増し増し以外にしょっぱさを増す事にしました。


そのままだと野菜が崩れて食べずらいので取り皿を出してくれます。

men_macho_201411_3.jpg


取り皿に結構な量を分けて、やっと麺に辿りつきます。

men_macho_201411_4.jpg


スープは恐らく普通の味噌ラーメンと同じで、このお好みのペースで辛味噌を溶かしながら食べる様です。

men_macho_201411_5.jpg


オープン当初にこちらに食べた時に比べ、だいぶ印象的な味になったと思いますひらめき
最初の一口目のインパクトが出たかなと。
やはりこの手のラーメンは、最初にガツンとくる力強さと旨味が大事です。
かなり美味しくなりましたねぴかぴか(新しい)

店主に軽く話を聞きましたが、スープの味が強くなる様に、仕込みの手順に変更を加えたとか?

ところで、今回の注目の麺についてですが、ツルモチ食感ながら、しっかりとした歯応えもあり、スープや油が程よく絡み、この一杯に実に良くフィットしています。

ちなみにコチラの麺については、以前自宅でラーメンを作った際に、藤屋製麺のレギュラー太麺の他にこちらの麺も数玉入手し、自分で作ったスープと合わせて試していました。
食べてみるとスープの絡みがそれ程でもなく、麺の存在感が際立つものになってしまい、コッテリ系なら大抵はしっくりくるレギュラー麺に比べ、なかなか使いどころが難しい麺だと思っていましたが、今回食べた一杯は麺にスープと油がしっかりと馴染んでおり、全然違う麺だと感じる程でした。
プロとアマチュアの差を実感すると共に、当たり前の事ながら「スープと麺のバランス」の重要さを再認識致しました。
さすがは、このお店の為に作られたという特注麺という事ですねひらめき


麺マッチョの詳細
posted by BBSHIN at 19:07| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。