2014年12月08日

のろし 粟山店 台湾まぜそば

新潟市東区にある「のろし 粟山店」

noroshi_awayama_1.jpg


今回の目的はPR情報を掲載していた「台湾まぜそば」です。

のろしの台湾まぜそばのPR情報


台湾まぜそば

noroshi_awayama_2.jpg

noroshi_awayama_3.jpg


絵的にはネットで見かけた愛知県名古屋市の台湾まぜそば発祥のお店のものとそっくりですね。
そちらでは食べた事が無いので、味の方が似ているかまでは分かりませんが、今度東京に行った時に同系統のお店に行ってみたいと思います。

食べ方としては、メニューの説明によると

1.箸・レンゲを使ってよくかき混ぜる
2.刻みニンニクを入れることで更においしさUP!
3.お好みで、酢、ラー油を入れ、自分流にカスタマイズ
4.麺を食べ終えた後、丼に残った具材の中に、「追い飯」(無料)を混ぜ食べる

との事です。

という事で、まずは混ぜてみました。

noroshi_awayama_4.jpg


味の方は辛味や刺激的なものは、デフォルトではそんなに感じず、普通に美味しい「混ぜそば」と感じました。

少し食べてからお勧め通り、自分流にカスタマイズしていきました。

テーブル調味料
(刻みニンニク、酢、醤油、唐辛子、ラー油、胡椒)

noroshi_awayama_6.jpg


まずは刻みニンニクを投入です。

おぉ!
うまいグッド(上向き矢印)

当然ではありますが劇的に変化します。
しかし、ニンニクが与える変化は想像以上のものでしたひらめき

次に入れたのは酢とラー油です。
一気に入れると良く分からなくなりそうなので、部分的に酢とラー油を投入し、その後にニンニクを含め全体を混ぜました。
酢はサッパリ感と強烈な味の変化を与えてくれるので良いですねわーい(嬉しい顔)
ラー油の辛味も良い変化を与えてくれましたが、元々のタレに油が結構入っているので、更に油を加える事になるので、程ほどに抑えた方が良さそうです。
あとで、テーブル調味料の写真を見て思ったのですが、唐辛子をふりかけていれば、油を気にせず辛味を追加出来たかなと思いました。


ラストはお願いすると「追い飯」を出してくれますぴかぴか(新しい)

noroshi_awayama_5.jpg


これを残った具材に混ぜて食べました。
写真の方は、ご飯や具材を混ぜに混ぜ合わせ、人様にお見せ出来る状態ではなかったので掲載を控えたいと思いますたらーっ(汗)

タレや具材の美味しさをご飯が吸い、実に美味しく、そして、お腹いっぱいになる事が出来ますグッド(上向き矢印)

「追い飯」と名前についている通り、ご飯を追加して混ぜ合わせるのが定番みたいですが、タレの味や油が結構強いので、ご飯を入れて混ぜ合わせると、タレや油を全部吸ってしまい結構重くなる印象です。
あくまで個人的意見ですが、残った具をレンゲですくい油を切りながら、ご飯にかけて食べた方がスッキリとし、更に美味しく頂けるかなと思いました手(チョキ)


ラーメン(肉三枚)+野菜増し

noroshi_awayama_7.jpg

noroshi_awayama_8.jpg


こちらの粟山店では、まだ塩や汁なしを食べた事が無かったので、いつもの食べ歩きであれば食べた事が無いそちらを注文する様にしていますが、のろしに限っては、この醤油は外せません手(パー)

豚骨スープに醤油ダレの旨みや醤油風味が深みを与えています。
醤油が全体を支配しておらず、豚の香り、コクを前に出しつつ、タレは全体をまとめる下支え的な役割に徹している様に感じます。

+120円の野菜トッピングでボリュームも満点です。
終盤野菜の水気で少し薄まる感がありますが、特に気にならず美味しく頂けます。

ここに、お好みでニンニクを加えて食べるのがお勧めです。
すぐ後に結婚式二次会が控えていたというのに、ついつい途中でガッツリとニンニクを加えてしまいましたたらーっ(汗)

台湾混ぜそば、醤油ラーメンともに、とても美味しかったでするんるん手(チョキ)

のろし 粟山店の詳細
posted by BBSHIN at 00:29| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。