2014年12月16日

日の出製麺

三条市にオープンした「日の出製麺」へと行ってきました。

hinodeseimen_1.jpg


こちらのお店、三条市に5店舗ある居酒屋(漁師ダイニング日本海ばん屋、博多もつ鍋酒場 一番星、炊き餃子専門 大丸総本店、鶏と炭、炭火焼肉・塩ホルモン・もつ鍋「越後肉蔵堂」)の系列店らしいです。

お店の売りとしては「自家製麺」らしいです。
小麦粉は地元三条産の「ゆきちから」、北海道産の「ゆめ飛龍」、「傾奇者」を使用しているとのこと。

ということで、お勧めメニューは「つけ麺」と「まぜそば」らしいです。

まずはお勧め通り「つけ麺」を。

濃厚煮干しつけめん

hinodeseimen_2.jpg

hinodeseimen_3.jpg


スープは説明書きによると豚の丸骨(ゲンコツ)、鶏骨、野菜、うるめいわし、片口いわし、鰹厚削り、日高昆布、干し椎茸を使用しているとのこと。
魚介風味はそれ程前に出ていなく、酸味、甘味が特徴的です。
あと、スープはそこまで濃厚でもなく、表面に浮いた油も含め、結構コッテリとしています。

自信があるという麺がとても美味しいでするんるん
歯応えが良く、ひやもりがピッタリとくる良い麺ですね。
麺は全粒粉入りらしく、小麦粉の皮の部分が混じった感じになっています。

つけダレだけ飲むとそこまでのインパクトは無いのですが、麺との相性が良いので、トータルレベルの高い一杯だと思いますぴかぴか(新しい)

とても美味しいつけ麺でした手(チョキ)


煮干しらーめん

hinodeseimen_4.jpg

hinodeseimen_5.jpg


魚介風味と醤油風味が半々位で、程よく油浮いています。

麺は歯応えの強い平打ち太麺です。
固めのきしめんを食べている様な独特の食感ですね。

淡いスープに対し、麺の主張がとても強い印象です。

ストレート中細、中加水などで麺の主張が抑えられていれば、流行りの醤油清湯に近くなる気もしますが、「麺が自慢で麺の美味しさを味わって欲しい」というお店の趣旨からすると、狙い通りといったところなのでしょうか。

機会あればもう一つのお勧め「まぜそば」の方も試してみたいですねひらめき


日の出製麺の詳細
posted by BBSHIN at 20:06| Comment(0) | 三条市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。