2015年01月24日

二郎 大宮店 (埼玉県)

埼玉県さいたま市、大宮駅の近くにある「二郎 大宮店」へと行ってきました。

jirou_oomiya_1.jpg


お店の前には6〜7人が並び、それ以降は道路の反対側に並びます。
茹で麺器の単位だと思いますが、6人単位でお店の中に呼ばれていきます。

お店の入ってすぐ左側に券売機があり、並ぶ前に食券を購入しておきます。
購入する事を知らなかった人は一つ後ろのグループにまわされていました。

この日は二郎に初めて行く友人と共に行きましたが、小さなカウンターだけの店舗に大勢の人達が並んでいる事に驚いていた様です。


ラーメン(ニンニク)

jirou_oomiya_2.jpg

jirou_oomiya_3.jpg


スープは豚の香りはするもののそれ程乳化しておらず、比較的アッサリめだと思いますが層を作る程に浮いた油により、かなりコッテリとしています。

チャーシューは肉の旨味の大半をスープかタレに落としているのか、かなりパサパサとしていました。
私はジロリアンではないので理解しにくい部分はありましたが、好きな人にはきっとこの辺りもたまならない魅力なのでしょう。

麺は歯応えの強い太麺です。

モヤシやキャベツがたっぷりとのっていました。


卓上調味料

jirou_oomiya_5.jpg


ラーメンタレ、胡椒、一味が置いてあるので、味の調節が可能です。



ちなみに、一緒に行った友人には注文する手前で軽く説明しようと思ってましたが、その考えは甘かった様です。
空いた席から飛び飛びに座る事となり、友人とは離れた席に座る事となってしまいました。

私は友人に伝える事は諦め、
「分からなくて黙ってればトッピング無しで出てくるだけだろう」
と思い、そのままにしていたところ、友人は予想外の行動力を見せ、私の隣の席が空いたタイミングに「席を移らせて下さい」と店員さんにお願いしたところ、店員さんに注意されていました。
「席移動させてくれるかはお店側の配慮次第なので受身でいるべき」的な事をネットで見た事がありましたが、確かにそうなのですね。

結局友人は許可され、私の隣にやってきましたが、そうこうしてるうちにトッピングの注文タイミングを逃した彼は、かねてより注文したいと思っていた「野菜マシ」をくじけずにお願いしていました。
お店の人はかなりイライラしながらも、「はい、野菜ね」と言ってましたが、出てきたものを見ると私のものとほぼ変わらないサイズでした。

jirou_oomiya_4.jpg


友人は飲食店の客としては、よくあるレベルの行動を取っただけといえますが、やはり「郷に入っては郷に従え」という事なのでしょうね。
連れて行った私の経験不足も大きかったと思いますたらーっ(汗)

色々ありながらも初めて二郎のラーメンを食べた友人は、あまりのボリュームに驚いていた様です。
お腹いっぱいになり満足した様だったので、とりあえずは良かったです。


二郎 大宮店の詳細
posted by BBSHIN at 17:16| Comment(0) | 埼玉県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。