2015年04月05日

中華そば ふじの 東中野山店 つけそば、味噌担々麺

新潟市東区、竹尾インターから横越方面に向かう途中の左側にある「中華そば ふじの 東中野山店」へと行ってきました。

fujino_nakanoyama_201504_1.jpg


駐車場はお店の横に数台と、赤道から入りお店の脇を抜け、細い道路を挟んで向かいに駐車場を4台確保してある様です。

fujino_nakanoyama_201504_9.jpg



以前、こちらのお店や新津店で食べた野菜つけ麺が美味しかったので、今回はノーマルのつけ麺を注文してみました。

つけそば(並)

fujino_nakanoyama_201504_2.jpg

fujino_nakanoyama_201504_3.jpg


あっさり系の醤油つけダレは、程よく魚介が効き、ほんのりとした甘味もあります。
ゴマなども入っているでしょうか。

麺は中位の太さで、ツルツルの質感、モッチリというよりはしなかやな食感です。
強い歯応えはありませんが、サッパリした飲み心地のスープと良く合っている麺ですね。

つけダレの中には、柔らかく仕上げれたバラ肉のロールチャーシューを厚く切り、一口大にカットされたものが数個、そして、味玉、メンマなどが入っていました。

とてもバランス良い仕上がりの、美味しいつけ麺でした手(チョキ)



レギュラーメニュー以外に「味噌担々麺」なるものがあったので注文してみました。

fujino_nakanoyama_201504_4.jpg

fujino_nakanoyama_201504_5.jpg


店員さんによると、期間限定で発売し、期間を終えた後も好評のため、販売を延長したとのこと。

スープは、ラーメン、つけ麺などと同じアッサリ系がベースだと思われますが、かなり濃い味わいになっています。
味噌とチーマージャン、そして辛味油が、強く効き、特徴的な味わいとなっています。
練りゴマのまろやかさ、コク、クリーミー感を、味噌の風味が上回る独特なバランスの仕上がりです。

肉味噌は甘味や辛味を前に出さず、混ざる際にスープや油との味の対比が楽しめる様になっています。

もし、自分がこの一杯のアレンジをするなら、味噌を少し減らしてこちらのお店の醤油ダレで調整し、バランスを整えるかな?
まあ実際やってみないと分からないですが。。

そんな事がふと頭によぎる程に、味噌とゴマを強く出し、直球勝負で印象的な味わいの一杯でしたダッシュ(走り出すさま)
機会があれば是非お試し下さい手(パー)


ちゃーしゅう丼

fujino_nakanoyama_201504_6.jpg


小さくカットし炙られたチャーシューがのり、タレ、マヨネーズで味付けられています。
味も良く、肉の量もそこそこあり、これで200円はお得かと思いますぴかぴか(新しい)



テーブル調味料

fujino_nakanoyama_201504_7.jpg


胡椒、醤油、酢、ラー油、そして辛味噌が置いてあります。
今回は使用しませんでしたが、辛味噌を使って味の変化を与えても良いでしょう。


辛味噌

fujino_nakanoyama_201504_8.jpg


中華そば ふじの 東中野山店の詳細
posted by BBSHIN at 00:51| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。