2015年04月05日

北海道産小麦「春よ恋」を使った中華麺

厨房設備や調理器具などを販売しているリスペースへと行ってきました。

haruyokoi_201504_1.jpg


店内に北海道産小麦「春よ恋」を使った中華麺のPRチラシが貼ってありました。

haruyokoi_201504_2.jpg


サンプル品の余りがあったので入手し、ラーメンを作ってみる事にしました。


まずは、ハタハタだけで作られた「秋田しょっつる」を用いた塩ラーメンです。

ハタハタしょつる塩らぁ麺

haruyokoi_201504_3.jpg

haruyokoi_201504_4.jpg


麺の茹で時間は2分、もしくは少し長めで、しっかりと茹でた方が美味しかったです。

ツルツルモチモチ食感の細麺は、弾力感があり、しっかりとした歯応えが特徴的です。
麺の味わいも良いですが、スープを邪魔しない良い麺ですね。

スープは、しょっつると昆布塩ダレだけでは少し物足りない感じがあったので、鶏スープに煮干し出汁も加えました。

香味油を作る時間が無かったので、余っていたカツオ油を用いたところ、これを食べた人は
「カツオ出汁であっさりなラーメン」
と言っていました。
やはり油が与える印象というのは大きいですね。


続きましては、烏賊いしると生醤油を用いたラーメンです。

烏賊いしるラーメン

haruyokoi_201504_5.jpg

haruyokoi_201504_6.jpg


烏賊いしる自体が旨味の他に酸味があるタイプだったので、ラーメン全体が酸味に覆われました。
その味に慣れてしまえば、美味しく頂けるスープです。


ラストは関ヶ原たまり醤油を用いたラーメンです。

たまり醤油らぁめん

haruyokoi_201504_7.jpg

haruyokoi_201504_8.jpg


たまり醤油の味だけでは一辺倒になりそうだったので、タレの3分の1位を昆布藻塩ダレと魚醤をブレンドしたものを用いました。
ですので、醤油だけにし、旨味調味料などを用いればもっと濃い色合いと深い醤油風味に出来そうです。
ただ、醤油自体の印象が強いので、無化調でも十分いけますね。

麺はスープを弾きそうな質感に見えますが、程よく馴染むので、醤油風味が強く、濃い味わいのスープが良く絡みバランス良く仕上げる事が出来ました。

普段は低、中加水のストレート麺を好んで用いていますが、こういった多加水麺も良いものですね。
とても美味しい麺でした手(パー)
posted by BBSHIN at 22:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。