2015年05月04日

あわしま屋

粟島港近くにある「あわしま屋」へ行ってきました。

awashimaya_1.jpg


粟島巡りを計画する中、数店の飲食店に営業情報やラーメンがあるかを聞いたところ、

「うちはラーメンやってないけど「あわしま屋」さんならラーメンありますよ」
「観光できてラーメンを食べるなら、名物の「わっぱ煮」とラーメンがある「あわしま屋」さんに行ってみては」

と、他の飲食店の方々がすすめていたので、期待を持ってやってきました。
しかし、事前リサーチで他の飲食店をすすめられたのは今回が初です。
地域の連帯感と人間の温かみを感じますねぴかぴか(新しい)


夫婦二人でやっているらしく、この日は前回の記事で掲載していたじゃがいも早食い選手権の手伝いをしながらの営業だったらしく、忙しそうだったので中華そばのみを注文しました。

中華そば

awashimaya_2.jpg

awashimaya_3.jpg


あっさりながらもコクのある醤油味のスープです。

一見「昔ながらの醤油ラーメン」風ではありますが、しっかりとしたボディの厚みを感じるスープですねぴかぴか(新しい)


チャーシューはこの手のタイプには珍しい厚めに切られたバラ肉のロールチャーシューでした。
柔らかそうな見た目とは違って固めの食感です。
味が良く染み込み、結構しょっぱめな味わいでした。

自宅でチャーシュー作りを試す中で、茹でてからから漬け込むと比較的柔らかくなり、醤油で煮ると固めになっていたので、こちらは後者かなと思い聞いてみると当たりでした。
親切なおかみさんは、煮込み時間まで教えてくれました。

そうして肉の旨みがたっぷりと染み出た醤油をタレとして用いる事で、深みのある醤油スープになっているのかなと思いました。
チャーシューとスープの旨味バランスでスープに重きを置いているのかなと。

基本的な手法ではありますが、シンプルながらもハッキリとした味わいに仕上げているのはさすがだなと思いました手(パー)

話を聞くと試行錯誤しながら、今の作り方に落ち着いたとのこと。


麺は、昔ながらのラーメンに多いツルモチ縮れとは少し違い、弾力感がありながらもスープの馴染みが少し良いタイプでした。
スープとの相性、全体のバランスも良いですねぴかぴか(新しい)


ちなみに、上にたっぷりとのった海苔も独特です。

awashimaya_4.jpg


弾力感ある歯応えと、磯の香りが特徴的です。

聞いてみると、自分で岩場で採取したものを、小石などの異物を丁寧に取り除き、乾燥させ焼いたものを切って使用しているとのこと。

ラーメンでこういう海苔がトッピングされていたのは初めてですねるんるん


ちなみにこちらのお店、老夫婦二人で営んでおり、話をしてくれたおかみさんは現在75歳とのこと。
今のところ後継者は決まっておらず、このままいくと店を閉めることになってしまうそうですが、80歳まではやりたいと考えているとのこと。

機会があれば、是非試してみて下さいぴかぴか(新しい)


あわしま屋の詳細
posted by BBSHIN at 08:44| Comment(0) | 粟島浦村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。