2015年06月05日

ラーメン亭 鶏和っ賛。

新潟市中央区、弁天インター近くにオープンした「ラーメン亭 鶏和っ賛。」へと行ってみました。

toriwattsan_1.jpg


お店の外壁にデカデカと「鶏白湯」と書いてあるので、まずは白湯系を試してみることに。

白醤油白湯

toriwattsan_2.jpg

toriwattsan_3.jpg


鶏白湯スープは比較的ライトで重さがなく飲みやすいですね。
タイトルにある通り白醤油を使っているらしく、塩味の鶏白湯の様な見た目となっています。

鶏以外には貝出汁を使っているとの事です。
少し飲んだだけでは良く分からなかったのですが、数口飲むと白湯スープのコクに覆われる形となっている貝の強い旨味が口の中に広がってきます。

麺は低加水とまではいかないまでも、中加水位でスープの馴染みが良いタイプです。
パツパツとしてそうでいながら、しっとりなめらか食感が特徴的です。
ツルモチ主体に慣れた新潟の方々には馴染みが無いタイプだと思いますが、新潟は麺の多様性に若干欠ける部分があるので、こういった麺が現れたのは嬉しい事だと思います。
新潟でも創作系のラーメンを提供しているお店のものに少し似た感じです。
個人的には好きなタイプの麺でした。

トッピングとしては、豚肉のチャーシューと鶏チャーシュー、青菜、水菜、揚げネギ、ハンペン?、エディブルフラワー、メンマなどがのっていました。

豚チャーシューはレアとローストが選択可能でしたが、こちらはローストを選択しました。
鶏チャーシューはしっとり食感が良いですね。
メンマは、切れ目がたくさん入っているタイプで、新潟ではまだ珍しく、口にしたのは2、3回目位でしょうか。

茶色っぽいのは多分揚げたネギで、この香りが店外まで漂っていました。
スープに混ざると独特の変化を与えます。

色々な工夫が詰まった美味しい一杯でした手(パー)


白醤油ラーメン

toriwattsan_4.jpg


こちらは鶏白湯に比べ、貝系の味がストレートに伝わってきます。

チャーシューはレアを選んでみました。
といっても、そこまでレアでは無いですね。
実際、レアであればスープにしばらく漬ければ熱が入るので、本気でレア感を出したいのであれば、見た目を犠牲にしてでもメンマや鶏チャーで土台を組んで上にのせるなどの工夫が必要になるかと。
ただ、まだまだ「レアチャーは苦手」という人も多いでしょうし、この位がちょうど良いのかもしれません。


2杯食べてみて、とても面白いタイプのラーメンを出すお店だと思ったので、もう一品が気になり注文してみました。

へぎつけ麺

toriwattsan_5.jpg

toriwattsan_6.jpg

toriwattsan_7.jpg


かなり斬新な見た目ですね〜グッド(上向き矢印)

新潟の中越地域の名物「へぎそば」を彷彿とさせる盛り付けです。

トッピングとしては、水菜、豚チャーシュー(レアかロースト)、鶏チャーシュー、油で焼いた茄子(揚げ茄子かも)、トマト、メンマ、青菜、きんちゃく、でした。

麺はへぎそば風に一口大にクルンと巻いてあります。

つけダレはあっさり系で、最初に食べた2杯のラーメンよりも強い貝の味を感じました。

麺はラーメンと同じ麺ですが、シメられた事で歯応えが生まれ、独特の弾力感が良いですねぴかぴか(新しい)

きんちゃくの中にはカレーが入ってあり、つけダレに入れて破ると劇的に味が変化します。

味も良く、創意工夫を感じる一品でした手(パー)

まだプレオープンという事で、この3品のみを提供している状況でしたが、今後が楽しみなお店です。


ラーメン亭 鶏和っ賛。の詳細
posted by BBSHIN at 01:03| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。