2015年06月09日

剛龍飯店

新潟市西区、大堀幹線沿いにオープンした「剛龍飯店」へと行ってきました。
場所は優雅の隣です。

gouryuhanten_1.jpg


こちらの剛龍飯店は、惜しまれながら閉店してしまった広来飯店駅南店出身の方がオープンしたお店との事です。
広来飯店駅南店がビルの取り壊しによって閉店した事により、このお店をオープンするに到り、当時のスタッフ達も移籍してきたそうです。
そういった経緯などもあり、メニュー構成やスタイルなども、ほぽ広来飯店駅南店と同じとなっています。

という事で注文したのは、以前のお店からの人気メニューだった「エビそば」です。

エビそば

gouryuhanten_2.jpg

gouryuhanten_3.jpg


あっさり塩味のスープは緩やかな塩メインの味わいで、いかにも中華系で使われる様な主張少なめのスープです。
そこに程よく卜ロみがつけられた塩系の五目餡がかかり、餡の味わいがサッパリとしたスープに移りちょうど良いバランスとなります。
餡は野菜などの火加減も良く、また海老がプリプリとしており、とても美味しいですねるんるん

麺はツルモチ系でスープを弾くタイプの細麺で、餡を絡めて食べるとちょうど良いですね。

シンプルながらもとても美味しい一杯でしたぴかぴか(新しい)


鶏肉細切りスープそば

gouryuhanten_4.jpg


タイトル通りトッピングとして鶏肉がのっています。
熱の通し方などもちょうど良く、美味しい鶏肉でした。

スープはエピそばと同じ塩味のスープだと思いますが、少し塩分と旨味が強い様に感じます。
恐らくエビそぱの方は餡と合わさる事を考慮し抑え目にしてあるのかなと。


蒸し餃子

gouryuhanten_5.jpg


餃子は「焼き」と「蒸し」があったので、今回は「蒸し」を選択しました。
焼き餃子に比べて、脂感が少なく、サッパリ感が良いですね。
ただ、食べ応えを重視する方は焼き餃子の方が良いかなと思います。


春巻

gouryuhanten_6.jpg


パリパリと仕上がっていて美味しいですね。
ケチャップと辛子がついてくるので、備え付けの醤油なども含め、お好みに味付けて食べると良いでしょう。


他にも中華系の一品料理等がたくさんあるので、何人かで行って色々な物を注文し取り分けたり、または、コースを注文したりしても楽しめそうです。


剛龍飯店の詳細
posted by BBSHIN at 20:25| Comment(0) | 新潟市西区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。