2015年06月30日

源次郎 油そば

新潟市西区の「源次郎」へと行ってきました。

genjirou_201506_1.jpg


以前きた時からは2年数ヶ月が経過しており、結構久しぶりです。


今回は初めて食べる「油そば」を注文してみました。

genjirou_201506_2.jpg

genjirou_201506_3.jpg


ガッシリとした歯応えの強い中太麺に、たっぷりのタレが絡みついてきます。

タレは旨味が強く海老風味でしたひらめき
聞いたところによると、海老の味が強いラー油によるものらしいです。
ただ、ラー油といっても、辛さはそれ程でもありません。

モヤシやネギなどの野菜に、旨味が強いタレを絡めて食べるととても美味しいです。

上にのった温玉を崩すとマイルド感が加わるので、お好みのタイミングで箸を入れると良いでしょう手(パー)


ギトギトしてる訳ではないのに、インパクトたっぷりの味わいの一杯でしたぴかぴか(新しい)


メニューには「油そば専用ライス」(100円)というのがありました。

genjirou_201506_4.jpg


これを麺を食べた後のタレに入れてかき混ぜます。

少し見栄えの良くない絵面となってしまいましたがご了承願います

genjirou_201506_5.jpg


味の濃いタレはご飯と良く合います。


テーブル調味料は基本的なタイプが揃っています。

genjirou_201506_7.jpg


酢、ラー油、醤油、唐辛子、ブラックペッパー、ホワイトペッパーがありました。

油そばにお好みのタイミングで酢を加えても面白いかもしれませんね。
ラー油や唐辛子などもアリかも?


壁には「油そば専用ライス 〜食べ方〜」というのが貼ってありました。

genjirou_201506_8.jpg


1.まずはお好きな様に... めん食べる!

2.食べ終わったタレに... ブチ込む!

3.よーく... よーく... 混ぜる!

4.これで完成... そして... ウマイ!


ヒゲ面の男性が実に個性的ですねたらーっ(汗)



続きましては「けにじろう肉」です

genjirou_201506_9.jpg

genjirou_201506_10.jpg


「・・じろう」

という名前やガツ盛りの見た目からは、二郎インスパイア系を連想させますが、実際はかなりオリジナルな一品です。

背脂がたっぷりと浮いたスープは、醤油風味が強く少ししょっぱめで、旨味も強いです。
醤油の奥に豚骨と思われる動物系のスープも感じます。

麺は細くストレートでパツパツとした食感です。
低加水系の麺で、個人的に好みのタイプでした。

チャーシューは薄くカットされた肉が敷き詰める様にのっています。
脂身まじりの肉がロール状となっており、見た目のイメージよりもしまった肉質で歯応えがあります。
油やスープをくぐらせて食べると美味しいですねぴかぴか(新しい)



店内にはおもちゃがたくさん置いてあり、その中にはガンダム系のアイテムもいくつかありました。

ザクヘッド

genjirou_201506_11.jpg


シャアザクヘッド

genjirou_201506_12.jpg


ザク

genjirou_201506_13.jpg



工事現場で作業する人の様に、ライトを持ったガンダム

genjirou_201506_14.jpg


人知れず明かりを灯してくれているその姿には胸を打たれました・・・


源次郎の詳細
posted by BBSHIN at 21:28| Comment(0) | 新潟市西区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。