2015年07月09日

らぁ麺屋 飯田商店 (神奈川県)

アルビレックス新潟対湘南ベルマーレの試合を観た翌日、宿泊していた平塚駅前から車を1時間程走らせ「らぁ麺屋 飯田商店」へと行ってきました。

開店30分前に着きましたが、既に数人が並んでいました。

iidasyoten_1.jpg


並んでいる一人ひとりから、ラーメンが好きそうなオーラがたっぷりと漂ってきます手(パー)


注文したのは「醤油らぁ麺」です。

iidasyoten_2.jpg

iidasyoten_3.jpg


スープは比内地鶏の丸鶏、ガラ、東京軍鶏の丸鶏から取った鶏清湯、そして表面にはスープを取る際に浮かびあがる鶏油が浮かせてあります。
醤油ダレには、3種の生醤油、薄口醤油、たまり醤油をブレンドし、火入れした後に寝かせているとのこと。

生醤油鶏清湯のスープは醤油の深みのある味わいが実に良く、また、良質な鶏油と醤油の相性も実に良いです。
醤油の深みの中にも、動物系の厚みが見え隠れし、下支えしていると感じます。

麺は自家製で、しなやかな食感でコシがあり、実に美味しい麺です。
スープとの相性も抜群ですね。

この系統では王道系のスタイルの味わいで、トッピングやスープ、麺など細部に渡る完成度が高い一杯だと感じます。

こういったスタイルのラーメンは新潟ではお目にかかった事がないので、いずれは出現してくれる事を期待したいと思います。
新潟には関東から伝わるスタイルが定着する事も多いので、恐らく2、3年以内には普及するのではないかと。


塩らぁ麺(味玉)

iidasyoten_4.jpg

iidasyoten_5.jpg


醤油の深みが印象的な醤油らぁ麺と比べ、こちらはストレートに出汁感が出てきます。

どちらかといえば、醤油の方が好きですが、こちらも負けじとレベルが高いです。


そして、前日から連食を重ねて若干体が重くなりかけていた身ながら、二人とも余裕の完食となりました。

iidasyoten_6.jpg

iidasyoten_7.jpg


実に旨かったですグッド(上向き矢印)


お店を出る頃には雨が降っていましたが、傘を差して並んでいるお客さん達がいました。

iidasyoten_8.jpg


駐車場の車のナンバーを見ると、色んな所からこちらのお店のラーメンを食べにきている事が分かりました。

そこまでして食べにくるのも納得の味だと思います。


らぁ麺屋 飯田商店の詳細
posted by BBSHIN at 20:53| Comment(0) | 神奈川県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。