2015年07月22日

中華そば さぶろう

新潟市江南区にオープンした「中華そば さぶろう」へと行ってきました。

saburou_1.jpg


場所は今年の春に閉店した「膳」の跡地です。
膳に関しては当初移転予定と聞いていましたが、最近確認していないので後日確認したいと思います。


濃厚煮干中華

saburou_2.jpg

saburou_3.jpg


結構濃厚な動物系スープに煮干しが効いています。

麺は噛み切る時の食感がバツンバツンという感じの中細麺です。
新潟ではまだ珍しいタイプですが、私はこういう麺好きですね。

チャーシューは厚めに切られ柔らかく煮込まれています。

序盤はスープの煮干し感は程よいレベルで飲みやすかったのですが、終盤ガラっと変わってきました。

丼の底には煮干し魚粉がたっぷりと沈んでおり、下の方の麺を引き上げると煮干粉がたっぷりと絡みついてきます。

saburou_4.jpg


レンゲを底からすくうとこんな感じです。

saburou_5.jpg


この煮干し魚粉は、頭や内臓も含めそのまま破砕されているのか、かなりエグみの強いタイプでした。
今まで「ド煮干」と呼ばれるものは何度か食べてきましたが、このタイプはちょっと予想外ですね。
魚粉を使う事はあってもまさかここまでとは、、

序盤はかなり食べやすいですが、終盤一気に強烈な味わいへと変化しました。

丼の上部は煮干しがそこまで効いてなかったので、恐らくは提供時に魚粉をプラスしていると思われます。
手鍋でスープを温め、この煮干し魚粉を入れて数秒沸騰手前まで加熱し、丼に注ぐ際に手網で濾す様にすればガツンとした煮干し風味が入り、魚粉のザラ付きも抑えられる気もしますが、それではオペレーション的に厳しいかもしれませんね。

ただ、店内の説明には「煮干しが苦手な人は底から混ぜないで下さい」的な事が書いてあるので、お店側の狙い通りの味なのでしょうひらめき

個人的には終盤の魚粉のザラついた苦味は苦手でしたが、序盤はかなり好きな味でした手(チョキ)


中華そば

saburou_6.jpg

saburou_7.jpg


甘味のあるあっさり醤油味のスープです。
魚介風味もほんのりと漂っているでしょうか。

麺はパツパツとしたストレート細麺です。

店主はだるまや系出身との事ですが、こちらの一杯はだるまや系列で良くあるタイプのあっさり醤油と関東の淡麗醤油を足して2で割った様な味でした。
今までとの大きな違いは麺でしょうか。

こちらは、シンプルなスタイルの美味しさでしたね。

2杯を食べ比べてみると、中華そぱの方が食べやすかったですが、個人的には濃厚煮干の方がインパクトがあり良かったかなと思います。
他ではなかなか食べられない味だったのも好感が持てます。

あえていうなら、魚粉を3分の1位にし、残り3分の2はお好みでの後入れにするとか、もう少し工夫が見られれば尚良いかなと思います。


中華そば さぶろうの詳細
posted by BBSHIN at 19:31| Comment(4) | 新潟市江南区
この記事へのコメント
店名が さぷろう になってますよー
Posted by さぶちゃん at 2015年07月23日 22:03
>さぶちゃんさん

間違えたのをコピペしてたので、何から何まで「さぷろう」になってました!

早速修正しました!
Posted by bbshin at 2015年07月23日 23:50
中華そぱ なってます。。
Posted by さぶちゃん at 2015年07月24日 07:31
>さぶちゃんさん

度々申し訳ありません。。

またもや全箇所「そぱ」になってました

以後気をつけます!
Posted by bbshin at 2015年07月24日 07:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。