2015年08月04日

らいふ 背油中華

長岡市、北長岡駅近くにある「らいふ」へと行ってきました。

life_201508_1.jpg


こちらのお店に行くのはオープン以来なので、かなり久しぶりですね。

まずは、背脂中華そぱ

life_201508_2.jpg

life_201508_3.jpg


背脂が浮いた醤油ラーメンで、燕三条系背脂ラーメンに似たバランスかなと思います。

麺は中太麺位でしょうか。

背脂のコッテリ感と醤油風味と出汁感が良い感じですね。
脂が少し独特な匂いだったかなと。
(勘違いか背脂入りではない後述のしおそばからも似た匂いがした気がします)

トッピングはレアチャーシュー、岩のり、タマネギ、メンマでした。
クラシックスタイルの背脂中華そばにレアチャーシューという組み合わせが新しいですねひらめき

こちらのお店は限定麺を色々と発表していると聞いていたので変化球的なものが出てくる事も予想していましたが、レギュラーメニューはオーソドックスなスタイルでしっかりと美味しい一杯でした手(チョキ)


続きまして「しおそば」
券売機で中華そばを購入し、注文時に口頭でチェンジしてもらうスタイルです。

life_201508_4.jpg

life_201508_5.jpg


あっさりとしながらも、複雑に出汁感が折り重なっています。
説明書きには鶏や魚介などの素材が書いてありましたが、―つーつの素材の輪郭は私には分かりませんでした。
関東の一線級のお店などでも、軸を持たせず複雑な味を重ね、それぞれの素材を際立たす手前で留める手法を取るお店がありますが、それに近い味わいとなっているかなと。

麺は柔らかめで、噛み切る際に緩い弾力感が残る独特の食感でした。
ここでパッツリストレート中細麺とかだと前述の最近多い淡麗系スタイルとなるのですが、こういった組み合わせはなかなか珍しかったかなと。



続きまして、もう一品。

つけ麺(半麺)

life_201508_6.jpg

life_201508_7.jpg


王道スタイルの豚骨魚介つけ麺ですね。

濃厚で魚介が強く効いたつけダレは少ししょっぱめです。
軽く甘昧もあったかと思いますが、塩分の強さで目立たなくなっています。

麺は軽く平打ち的な多加水の太麺です。
丸い断面でガッシリした歯応えの太麺とかだと、いかにも良くありそうな濃厚魚介系になりそうですが、麺の部分で少し独特なバランスになってるかなと思いました。

3品とも美味しかったですね手(チョキ)

今度は限定麺なども試してみたいと思います。


らいふの詳細
posted by BBSHIN at 19:19| Comment(0) | 長岡市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。