2015年08月08日

滋魂 野菜味噌らーめん(温野菜トッピング)

新潟市東区の人気店「滋魂」へと行ってきました。

jikon_201508_1.jpg


各種メニューが総じてレベルが高く、オープン以来ちょくちょくと通っているお店です。

ただ、色々なお店を巡る中、最近は行ってなかったので1年ぶり位の訪問となりました。
その位の時間が経過しても、各メニューの味を鮮明にイメージ出来る程、こちらのお店の味のインパクトはハンパではありません手(チョキ)


ラーメンが出てくるまでの間にテーブル調味料などをチェック

オニオンチップ、ラーメンタレ、辛味噌、胡椒

jikon_201508_2.jpg


これらの調味料を使用する事で味の変化が可能ですが、こちらのお店のラーメンからは味をプラスする必要性を全く感じないので、ほとんど使用した事がありません。

そういでばラーメンタレって前からありましたっけ?
ここ数年、ラーメン屋にタレがあるとレンゲに少し入れて味見しているのですが、想像通り旨味たっぷりの刺激的な味でしたひらめき


ルービックキューブと知恵の輪が置いてありました。

jikon_201508_3.jpg


こういうのは以前は無かったと思うので、追加した様ですね。
ラーメンを待つ若いお客さんが、ラーメンが出るまでの間になんとか揃えようと夢中で楽しんでいました。
ちなみに私も頑張ってみましたが、一面すら揃える事は出来ませんでしたたらーっ(汗)

こちらのお店は味もさる事ながら、元気の良い接客や店内への気配りの素晴らしさに定評がありますよね。
人気が出ると謙虚さを失うお店も多いですが、滋魂の凄いところは、これ程ブレイクしてもオープン当初からの姿勢を崩さない点だと思いますぴかぴか(新しい)



注文したのは野菜味噌ラーメンです。

jikon_201508_4.jpg


今回は初めて「温野菜」をトッピングしてみました。
野菜味噌に合うかが分からずプラスするか迷っていましたが、別皿にしてもらえました。

jikon_201508_5.jpg


味噌スープと温野菜をレンゲで合わせてみると、当然のごとく美味しかったので普通にのっける事にしました。

jikon_201508_6.jpg

jikon_201508_7.jpg


野菜味噌にのってる野菜は、炒めてスープと絡めてあり、温野菜の方は茹でたものに軽くタレがかかっています。
温野菜はスープをくぐらせるか、またはそのまま食べてたまの箸休めにしてもも良いでしょう。

強烈な旨味と高めの塩分でインパクト抜群のスープと野菜の相性はバッチリです。
テーブル調味料にタレもあるので、かかってるタレが不要な位でした。


素材の味や旨味をギリギリまで詰め込んだこの味は、他では食べられない一杯だと思います手(チョキ)



続きまして、中華そば 鬼脂に玉ねぎをトッピングしてみました。

jikon_201508_8.jpg


鬼脂にすると、たっぷりの背脂が浮いてきます。
液状の油と、細かくなった背脂身がまじり、コクと甘味を与えてくれます。
フワフワとした部分は、それ程しつこくなく、食感が良いですね。

濃い目の味を脂のまろやか感が緩和してくれています。

とても美味しい一杯でした手(チョキ)



食後に店主さん、奥様、そして元気一杯のスタッフさん達を撮影させて頂きました。

jikon_201508_9.jpg


この暑い夏に、更に暑い厨房での昼営業の激務をこなした後でしたが、それを感じさせない笑顔がさすがですねぴかぴか(新しい)


滋魂の詳細
posted by BBSHIN at 22:38| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。