2015年08月20日

医食同源 漢×2 鶏白湯担々麺

新潟市中央区の「医食同源 漢×2」へと行ってきました。

kan2_201508_1.jpg


店内に入ると、動物系白湯を加熱し続けると出てくる独特な臭いが漂っています。
家系のお店に入ったのではと錯覚する程でした。


ちなみに、こちらのお店に行くのは今回で2度目です。

鶏白湯と季節の素材のスープを使った鶏金湯ラーメンが美味しかったので再訪してみることに。

前回の食べ歩き記事はこちら

メニューを見てみると「鶏金湯ラーメン」はなくなっており、「鶏爽湯ラーメン」なるものが季節限定として追加されていました。

限定メニューも気になりましたが、今回は担々麺を注文してみることに。


鶏白湯担々麺

kan2_201508_2.jpg

kan2_201508_3.jpg


見た目からかなり辛そうですが、実際に結構辛いです。

ただ、単に唐辛子系の辛味だけでなく、かなりスパイシーな仕上がりのスープです。

上にのった黒い物を溶かすと、コクとまろやさかさ、そして更なるスパイシー感が加わります。
唐辛子系の辛味と痺れる様な辛さ、そして鶏白湯のコクが合わさった独特な味わいのスープです。


プラス150円のライスを注文しました。

kan2_201508_4.jpg


山盛りのご飯です。
嬉しい悩みではありますが、ラーメンのサイドメニューとしてはこの半分位で十分ですねたらーっ(汗)

しかし、コクとスパイシー感のあるスープと合わせながら食べると普通に食べられました。


かなりお腹一杯になりましたが、完食です手(チョキ)

kan2_201508_5.jpg


辛味レベルでいうと、苦手な位の辛さでしたが、独特の辛味が折り重なり、飽きを感じさせないので、普通に食べ切る事が出来ました。

担々麺というと、昔ながらの定食屋等の物を除くと、大体チーマージャンのコクとクリーミー感をメインにそこに辛味や風味付けしていくケースが多いですが、こちらのお店の一杯は一般的なラーメン屋の物とは味の組み立て方が違うと思いました。
系列店が中華料理店だったりと、中華系とラーメン屋を合わせた発展形的な感じでしょうか。

とても美味しかったですねわーい(嬉しい顔)


医食同源 漢×2の詳細
posted by BBSHIN at 22:10| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。