2015年09月18日

坂内食堂 (福島県)

福島県喜多方市にある「坂内食堂」へと行ってきました。

bannaisyokudou_1.jpg


この日は会津若松市経由で、こちらのお店が3軒目でした。
会津と喜多方は新潟市からは比較的近く、同じ新潟県内の上越市や糸魚川市に行くよりも短い時間で行けます。

16時頃に行ったので店外に行列はありませんでしたが、店内に20人程が並んでいました。
まず会計をしてから席に着くという独特のスタイルです。


一面チャーシューで覆われた「肉そば」も魅力的でしたが、連食だった事もあり「支那そば」を注文しました。

bannaisyokudou_2.jpg

bannaisyokudou_3.jpg


透き通る程のスープは油もほとんど浮いていなく、かなりあっさりしています。
塩メインにも思える見た目です。
一口で「豚」と分かる味と香りのスープは、調味料由来と思われる強い旨味が加えられています。

麺は中位の太さのツルモチ多加水麺でした。

上にのったチャーシューはとても柔らかく仕上げられ、味も良く染みこんでいました。

昔ながらの構成と手法で刺激的な味わいに仕上げられた一杯で、周囲の人達も「旨い!」を連呼しながらスープを飲んでいました。
こういう風にあっさりながらもインパクトある味が人々の心をつかむのも納得です。


次の一杯は「冷やしそば」です。

bannaisyokudou_4.jpg

bannaisyokudou_5.jpg


底には氷がたくさん入っていました。

bannaisyokudou_6.jpg

スープやタレ等の氷ではなく、普通の氷が多めに入っているので融け切らないうちに食べた方が良さそうですね。

こちらは、支那そばとは違い、醤油メインと思われるスープです。
冷たい事もありますが、醤油感が強いと豚っぽさをほとんど感じません。

ツルモチ麺が冷たくシメられ、強い歯応えとなっていました。


テーブル調味料

bannaisyokudou_7.jpg


良く見ると、、、

bannaisyokudou_8.jpg


新潟の加島屋ではないですか!

胡椒を加島屋のビンに入れ、フタに穴を開けるこのスタイル。
どこかで見た記憶があったので調べてみましたが、新潟県燕市の老舗店「杭州飯店」でした。

歴史的名店同士、通じる物があるのかもしれませんね。。

または、じいちゃんばあちゃん達がこぞって加島屋の紙袋を日常使いする様な感覚に似た物があるのかも??

さすがは加島屋ブランドひらめき


お店を出る頃には店外にも行列が出来ていました。

bannaisyokudou_9.jpg


坂内食堂の詳細
posted by BBSHIN at 03:48| Comment(2) | 福島県
この記事へのコメント
高速ができる前でも近かったですね。
Posted by タテさん at 2015年09月18日 08:02
>タテさん さん

そうなんですね!

高速でしか行った事無かったので初めて知りました。
Posted by bbshin at 2015年09月19日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。