2015年10月03日

麺屋 愛心 ニラそば

新潟市中央区、古町の大竹座向かいにオープンした「麺屋 愛心」へと行ってきました。

aishin_201510_1.jpg


前回食べた「金色煮干し中華そば」が美味しかったので、珍しく早めのリピートをする事としました。

前回のブログ記事


今回は前回食べに行った「ニラそば」を注文してみました。

aishin_201510_2.jpg

aishin_201510_3.jpg


繊細で淡麗系な味わいの煮干し醤油、香味塩とは違い、個性的な味わいの一杯となっています。

たっぷりとニラがのっていますが、ニラ特有の臭みはなく仕上げられています。

スープは他のラーメンとは違い、濃い目の醤油風味となっており、そこに胡椒と生姜が強めに効き、上にのったニラの味も加わり、独特な個性を放つ刺激的なスープとなっています。

麺は中〜低加水の中細麺で、味の強いスープをたっぷりと吸い上げます。

辛味と生姜の効果により、血行促進効果があるのか、食べていると体が温かくなってきます。
これからの寒い冬にお勧めです。

塩や煮干し醤油とはまた違った中華的テイストを感じさせる一杯でした手(パー)



続きましては、「特製香味中華そば(塩)」に「香るトリュフ雲呑トッピング」をトッピングしてみました。

aishin_201510_4.jpg


ワンタンはとても丁寧に作られており美味しかったですねぴかぴか(新しい)

スープは、前回同様香味油の印象がかなり強いです。
前回、油の奥に強めに感じたハマグリの味は今回はそこまで主張していないと感じました。
色々な工夫を織り込んでいる事もあり、油の温度や効き方などにより多少のバランスのブレはあるのかなと思います。

ハマグリ出汁にトリュフという組み合わせは東京の有名店を想像させますが、そこは意識していない様で、味のバランスも異なります。
ただ、煮干し醤油と塩は明らかに関東の最近の流れを意識した構成となっています手(パー)


今回はこちらに初めて行く友人も連れてきました。

友人にはお勧めの「金色煮干し中華そば」をチャーシュー入りで食べてもらうことに。

金色煮干しチャーシュー麺

aishin_201510_5.jpg

aishin_201510_6.jpg


エグみが無いけど深い味わいの煮干し出汁が美味しいですね〜るんるん

チャーシューも美味しいので、チャーシュー麺はお勧めです。
ただ、もし初めて行くのであれば、チャーシュー無しの方が全体バランスが分かりやすくスープの良さが際立っていたので、最初はノーマルメニューを注文する事をお勧めします。


飲みやすく美味しいスープは自然と完食してしまいます。

aishin_201510_7.jpg



今回はサイドメニューとして「カレー丼」を注文してみました。

aishin_201510_8.jpg


じっくり長時間煮込んだというカレーはコクがあり深い味わいでとても美味しいですね〜手(チョキ)

このカレー丼が美味しかったので、もう一品注文してみる事にしましたぴかぴか(新しい)


白カレー丼

aishin_201510_9.jpg


こちらは焼きチーズがのっています。

熱々でトロけるチーズがカレーと合っていて実に美味しいです。

器全体が熱くなっており、熱さとチーズのまろやかさ、カレーの旨味などが合わさり、とても美味しかったですぴかぴか(新しい)

聞いてみると、提供前に器ごと温め、その後に上のチーズを炙っているとか。

ノーマルのカレー丼も美味しかったですが、個人的には白カレー丼の方がお勧めです。

全体的に細部までこだわっており、とても良いお店ですねわーい(嬉しい顔)


麺屋 愛心の詳細
posted by BBSHIN at 11:57| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。