2015年11月09日

ラーメン二郎 新潟店

新潟市中央区にオープンした「ラーメン二郎 新潟店」に行ってきました。

jirou_niigata_1.jpg


※私はジロリアンという訳ではないので普通のラーメン好き目線で感想を書いています


オープン初日は深夜より多くの人が並び、早朝に行った人の話では、朝5時の段階で150番目位だったとのこと。(整理券を配布していたそうです)

オープン2日目は16時の開店より30人程が並び、夜までその行列が続いていました。

jirou_niigata_2.jpg


お店の前の黒烏龍茶が全て売り切れとなっていました。

jirou_niigata_3.jpg




40分程並び店内に入ると、お店の中にも待合席があり、そこでも20分程待つ事となりました。

カウンターのみの店内で、空いた席から座っていくシステムで、ロット単位に先行で麺を茹でる為に、待合席に待っている間に麺量が「大」の人がいないかを店員さんが確認していました。

今回は奥さんと一緒に行った為、店員さんに状況次第で並んで座る事は可能かを聞いたところ「それは無理」との事でした。
二郎ファンからするとありえない質問だったかもしれませんね。
会津若松店は小上がりもあり家族連れに優しい営業スタイルだったので、地方店という事で似た感じかとも思っていましたが、そこはシビアなスタイルの様です。
ちなみに、大宮店では、空気の読めない私の友人が「ここに移りますね〜」と席を移動しようとし、お店の人に怒られていました。

席につくまで、短い時間しかなかったので、注文方法を知らない奥さんに
「待ってて何か聞かれたら「野菜とニンニクと油を入れて下さい」と言えばオッケーだ」
とだけ教え、別々の席に座りました。


そして私のラーメンが登場

ラーメン小 ぶた入り ヤサイ・ニンニク・アブラ

jirou_niigata_4.jpg

jirou_niigata_5.jpg

jirou_niigata_6.jpg


二郎が好きな人風にいうと

「そこそこ乳化したスープ」

という感じでしょうか?

普通のラーメン的にいえば、ライトな豚骨白湯スープで、旨味調味料の強い旨味が加わり、刺激的な味わいとなっています。
会津若松で食べた時は、かなり軽めの白湯で、旨味も控えめでしたが、それよりも濃い目のスープで旨味も格段に強かったですね。
そして、結構しょっぱめでした。

チャーシューは旨味が抜け切ったパサパサな物を出てくるお店もありましたが、こちらのお店は程よく旨味を残し、そして濃い醤油味が染みこみ、かなりしょっぱかったです。

背脂は他のお店でもそうでしたが、細かくする作業をしていない切り身の様な脂身がのっています。
ただ、しっかりと煮込まれており、油は程よく抜け出ており、見た目程の重たさはありません。
乳化促進に使われ、脂の大部分はスープに溶け込んでいるのでしょう。
パっと見雑な感じにも見えますが、これも二郎の良さの一つなのかもしれません手(パー)

麺はガッシリ食感で歯応えの良い極太麺です。
醤油の強いスープが染みこみ、終盤は麺自体にも強い醤油風味がついてきます。

ちなみに、初日に食べた人の話の中で、
「終盤しょっぱく感じる様になってきた」
という感想がありましたが、私も同様の感想を持ちました。

恐らくは、麺が醤油を吸いしょっぱくなる事と、元々しょっぱいスープのところに終盤表面の脂が減り塩分の緩和がなくなっていく事、そして、チャーシューに染み込んだ醤油ダレがスープに落ちる事、といった事などが原因かなと思いました。
ただ、それも含め、刺激的なインパクトで良いのかなと思いました。



テーブルには醤油ダレが置いてあるので、自分でカラメにする事が可能です。

jirou_niigata_7.jpg



食後、奥さんに感想を聞いてみると

「ニンニク入れますか?」

と聞かれたから

「はい」

と答えた為、他のトッピングは出来なかったとのこと。
即席レクチャーは失敗に終わりましたたらーっ(汗)

そして、感想としては

「チャーシューの味が薄かった」

というものでした。

???

幾度となく一緒にラーメンを食べてきて、浮き油と白湯油への耐性の違いはあるもの、出汁と塩分の感じ方については味覚のすり合わせをしてあるはずなので、疑問に感じながら帰宅しました。

奥さんは注文は間違えつつも、しっかりと写真を撮っていた様なので、帰宅後に見せてもらう事に。

ラーメン 小 ニンニク

jirou_niigata_8.jpg


あぁ、、

チャーシューへの醤油ダレの染みこみっぷり全然違うのですね。
表面の味が濃く、中心部が薄いのは良くある事ですが、ここまで違いがあるのもなかなか珍しいですね。

このブレも含めて二郎の醍醐味なのでしょうね。

「昨日のは少しイマイチだったけど、今日のは最高だったよ!」

みたいな楽しみ方がきっとあるのでしょう手(パー)


とりあえず、全国的にも話題となっている二郎新潟店のブレイクはしばらく続くものと思われます。


二郎 新潟店の詳細
posted by BBSHIN at 23:40| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。