2015年11月21日

鶏の旨味がたっぷりと詰まり濃厚ながらも淡麗系な仕上がり 麺や来味の「俺の鶏白湯塩らぁ麺」

新潟市東区の「麺や来味」へと行ってきました。

menyaraimi_201511_1.jpg


今回の目的はPR情報として掲載していた「俺の鶏白湯塩らぁ麺」です。

俺の鶏白湯塩らぁ麺のPR情報

俺の鶏白湯塩らぁ麺

menyaraimi_201511_2.jpg

menyaraimi_201511_3.jpg


来味の限定というと、魚介や野菜等のテーマの素材を決め、その味をメインにした構成にしてくる事が多かったので、動物系をストレートに出してくるというのはなかなか珍しいと思います。

スープを一口飲むと、鶏の風味が口いっぱいに広がりますグッド(上向き矢印)

スープ自体はトロみがそこまで強かったりはせず、ガッツリ濃厚という訳ではないのですが、鶏の香りや味、そして香ばしさなどが強く出ています。

試作段階で聞いた話では、長時間煮込んでいる訳ではなく、圧力鍋で炊き込み比較的短時間で仕上げているとか。
その意図を聞いた訳ではないので分かりませんが、想像するに煮込み時間は短い方が良いと考えているのではないかなと。
長時間煮込むと、手間とガス代がかかるというのはもちろんのこと、スープや油が劣化してしまうので、圧力鍋で短時間で仕上げる事で、鶏のフレッシュな旨味を残しつつ、旨味も詰め込む事が出来るのかなと思います。

そして浮いた油も良い仕事をしていますぴかぴか(新しい)


ちなみに、動物メインのスープを無化調で仕上げるのはとても難しい事です。
魚介系スープであれば、魚介素材からの旨味で補えるところ、動物系メインのバランスにした場合は、工夫をしないと旨味が不足してしまいます。
「豚骨と化調は合う。使うのは当たり前」
と言われていますが、似た感じで鶏白湯も無化調は難しかったりします。
(醤油や味噌を使うと、だいぶ解決しますが)

そういう意味でも、来味店主の味のバランスの取る技術は秀逸といっても良いと思います。

といっても、私は旨味調味料を否定している訳ではありません。
ちょっと使う分には分からないし、味に芯が生まれます。
ただ、それに頼らずに作られたスープには、頼ったスープには出せない様な味にする事が出来るかなと。
といっても、化調を使おうが使うまいが、一番大事なのは「美味しいラーメンにすること」だと思っています。

だいぶ話が逸れてしまいましたが、、

とても素晴らしい鶏白湯でした手(チョキ)



次はこちら

油そば(特盛り)※麺大盛(2玉)

menyaraimi_201511_4.jpg

menyaraimi_201511_5.jpg


トッピングの生玉子

menyaraimi_201511_6.jpg


長年、来味に通ってきましたが、「特盛り」というのは麺が多いものなのだと思い、一度も注文した事がありませんでした。
ただ、今回油そばをジャンク風にしようと思い「生玉子」「もやし」「焼チーズ」と注文したところ、店員さんより
「トッピングを複数注文するなら、「特盛り」がお得ですよ」
と教えてもらい注文してみました。

「特盛り」というのは「トッピング特盛り」の事なのですね(^^;)



各種調味料を出してもらえます。

menyaraimi_201511_7.jpg


以前食べた時は、調味料が6種類でしたが、8種類に増えています。

追加されていたのは、「マヨネーズ」と「カレー粉」です。

常連さんの依頼で追加注文で出していたらしいのですが、大形店ではレギュラー化したそうです。

「マヨネーズ」は今回の自分のテーマ「ジャンクまぜそば」にもってこいのアイテムですよねぴかぴか(新しい)

正直そのまま何も入れずに食べ続けると、美味しいながらも味が少し一辺倒な感じになってしまいますが、各種調味料を加え変化させていく事で、全く飽きずに食べる事が出来ますグッド(上向き矢印)

追加トッピングで定番のベビースターなんかあっても面白いかもしれませんね。

とても美味しい油そばでしたるんるん


ライス

menyaraimi_201511_8.jpg


ラーメンスープと合わせてもよし、生卵と共に油そばに投入してもよし。

欲張って注文し過ぎたので、お腹いっぱいになりましたが、美味しかったので大満足です手(チョキ)


麺や来味の詳細
posted by BBSHIN at 09:42| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。