2015年12月10日

中華そば 来味 亀田店

新潟市江南区、真玄跡地にオープンした「中華そば 来味 亀田店」へと行ってきました。

raimi_kameda_1.jpg


最近新潟で人気のラーメンと半チャーハンのセット「ラーチャン」がメインメニューとの事だったので、そちらを注文してみることに。


ラーチャン

raimi_kameda_2.jpg


にぼしラーメンを単体で撮影

raimi_kameda_3.jpg

raimi_kameda_4.jpg


あっさりとしながらも、煮干しが強めに効き印象的な味わいとなっていますぴかぴか(新しい)

油がほとんど浮かずスープの味がメインとなっていますが、それでも物足りなさを感じないのは、出汁がしっかりと出ているからですね手(パー)

しっかりと煮干しが効いている割りには苦味がほとんどありません。
といっても、全く苦味が無い訳ではなく、強めに煮干し出汁を出している事でほんの少しの苦味がありますが、そこがまた煮干しらしさを感じさせてくれますひらめき

麺は、この手のラーメンに良くある様なツルモチ多加水の中華麺ではなく、しっとり滑らかな食感のストレート細麺です。


セットの半チャーハン

raimi_kameda_5.jpg


固めに芯を残す様に炊かれたご飯を、パラパラとした食感に仕上げてあります。

煮干しの効いたあっさりラーメンのスープとパラパラ食感のチャーハンが実に良く合いますねぴかぴか(新しい)

ラーメンの油の少ないサッパリな仕上がりは、チャーハンと合わせて食べる事を前提としているからなのですね。

こういったスタイルのセットは、大抵、単体ではボヤけた味だったとしても合わせて食べる事で美味しくなったりしますが、今回食べたものは、ラーメン、チャーハン、それぞれが単品でも十分いける様な輪郭のハッキリした味わいになっていたと思います手(チョキ)


食べやすさと美味しさにより、余裕の完食となりましたわーい(嬉しい顔)

raimi_kameda_6.jpg


続きましては「つけめん」

raimi_kameda_7.jpg

raimi_kameda_8.jpg


あっさり醤油味のスープには、強めの酸味と甘味、そしてほんの少しの辛味が加えられています。
上に浮いた油はエビ油とのこと。

一口目を飲んだときは、かなり複雑な味となっている事で、何の味なのかハッキリ分かりませんでした(^^;)

麺をすすり、噛む辺りで軽く煮干しの味が口に広がり、ラーメンと同じスープを使っている事が分かりました
食べ進むと、徐々に煮干し味が前に出てきて、酸味や甘味の中にもしっかりとした煮干し出汁を感じる様になってきますひらめき

酸味や甘味が強く、油がエビである事には分からなかったのですが、バランスとしては油が煮干し出汁に勝っている様で、食べ進み油が減ってくる事で、煮干し出汁が主張してくる様です。

つけ麺には珍しい細麺もスープと合っていて良かったですねぴかぴか(新しい)

来味系列の繊細な麺は乾きに弱く麺同士がくっつきやすいという点はあるものの、スープに浸すとすぐにほぐれるので、食べにくさは特にありませんでした。

これを食べた人は

「食べやすく、独特の味で美味しかった」

と言ってましたぴかぴか(新しい)

麺も美味しいので、大盛り(無料)にするのも良いでしょう手(パー)


ラーチャンは、この味とボリュームで850円なら、だいぶお得感があると思いました。
また食べに行きたいですねグッド(上向き矢印)


中華そば 来味 亀田店の詳細
posted by BBSHIN at 22:55| Comment(0) | 新潟市江南区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。